人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が勝利し3回戦へ進みました。
Australian Open Tennis Championships
杉田祐一、伊藤竜馬、日比野菜緒は敗退しました。

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が32位で第30シードのダニエル・エヴァンス(Daniel Evans)に6-4、6-3、6-4のストレートで勝利。
2連勝と相性の良い対戦相手に対して西岡が危なげなく3セットストレートで勝ちました。
3回戦では2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は西岡の1敗。
勝つのは難しいでしょうが好調の西岡のテニスがどこまで通用するのか見るのが楽しみです。

89位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 16位で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)に2-6、3-6、6-7のストレートで敗退。
188cmの長身のルブレフのサービスが絶好調でファーストサーブが入るとほとんどポイントが取れませんでした。第3セットではタイブレークまで持ち込みましたが押し切られてしまいました。

144位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
やはりジョコビッチは強かった。
第2セットの前半では拮抗した場面もありましたが、ジョコビッチが少しギアアップすると全く歯が立ちませんでした。チャレンジャー大会がメインでポイントを稼いできた伊藤選手にとってはトップ選手のボールについて行くことが難しかったのでしょう。


WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が42位のゼン・サイサイ(Saisai Zheng)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットの序盤ではサイサイの横に曲がる緩いスライスボールをハードヒットしてのミスショットを連発し、ブレークされてるシーンもありましたが、何とか冷静になりスライスボールにも慣れてくると2-4から一気に4ゲーム連取して勝ちました。
3回戦では67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝。急激に成長している15歳。侮れない相手です。

103位の日比野菜緒(Nao Hibino)が23位で第22シードのマリア・サッカリ(Maria Sakkari)に6-7、4-6のストレートで敗退。
十分に勝てるチャンスがあったので残念な試合結果となりました。
敗退しましたが、予選から勝ち上がって2回戦まで進んだことにより80位台へランキングを上げてきたので、これからの活躍が期待されます。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
日比野菜緒公式サイトFacebook