ブログランキング・にほんブログ村へ

 ネットで話題になりましたが、テレ朝の「モーニングショー」と、フジテレビの「バイキング」で、緊急事態宣言前の3月の映像があたかも最近の撮影のように編集され、緊急事態宣言の外出自粛を守らない人が多くて混雑しているように見せかけた放送がされたようです。
モーニングショー「撮り鉄集結」写真を誤紹介 実は2カ月前でした...放送中に訂正・謝罪-J-CASTニュース
「バイキング」が捏造報道!ウソを暴いたのはマックの人気メニューだった-AsageiBiz

 先日のブログで紹介しましたが、外出自粛にもかかわらず商店街が混雑していると言った報道写真では、混雑しているように見える写真撮影手法が使われていたようです。
吉祥寺、戸越銀座の「自粛無視」報道写真のウソ-日刊SPA!

 大手マスコミの報道番組では取材に行って撮影した実際の映像を流すのではなく、
「緊急事態宣言に従わない国民が多く混雑が発生している」
とのストーリーありきで、撮影・編集されたドラマを流しているようです。
ドラマとしたらインパクトがある映像で視聴率は稼げるかもしれませんが、テレビしか見ない情報弱者の高齢者がこのような事実と異なる報道を信用してしまうことが心配です。

 今回のケースだけでなく、真逆に編集された報道例もあります。
「恣意的な編集」で"真逆の報道”と批判されたテレ朝の報道番組 BPOは動くのか?-Yahoo!ニュース
「政府の施策は誤り」との前提でのドラマ作りなのでしょう。

 このような捏造報道はYoutuberなどのネットビジネスで稼いでいる人からすると格好のビジネスチャンスとなります。Youtubeで「モーニングショー 捏造」、「バイキング 捏造」、「テレ朝 捏造」などと検索すると沢山の動画が見つかります。
モーニングショー 捏造-Youtube
バイキング 捏造-Youtube
テレ朝 捏造-Youtube

 電波法で守られた少数の放送局が高額なスポンサー広告で膨大な利益を上げてきましたが、テレビ局の作る偏った内容のニュースのお陰で、多数のYoutuberなどがネット広告の収入を得て生活しています。
「捏造報道の大手マスコミ」対「捏造を暴くネットの個人」の構図が確立してきました。
 捏造報道を今か今かと待ち構えている人が多い状況で、一人が見つけるとネットワークを介して一気に拡散されますから、偏向報道摘発に要する時間は今後益々短縮されていくでしょう。

 昨年の広告市場ではネットがテレビを上回りました。若い層の新聞・テレビ離れが進んでいます。大きなメディアの転換期にさしかかっていると思われます。