つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 美術・絵画・水墨画作品,展覧会,作家

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

根津のギャラリー マルヒで開催中の『藤田朋一個展「城の男」The Man in the Castle』に寄らせていただきました。

藤田さんは元は家具職人で、その技法を用いたユニークな作品が展示されています。
10月21日(日)まで開催されています。
『藤田朋一個展「城の男」The Man in the Castle』ギャラリー マルヒ

『藤田朋一個展「城の男」The Man in the Castle』ギャラリー マルヒ

『藤田朋一個展「城の男」The Man in the Castle』ギャラリー マルヒ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

江戸時代の浮世絵版画の技術を伝承されている、彫師の朝香元晴先生の版画教室の作品展が、昨日から根津の「ギャラリーKingyo」で始まりました。

朝香先生は江戸時代の伝統的な手法で多数の復刻版画の製作を行っています。
浮世絵版画に用いる道具も展示されています。興味のある方にはオススメです。

第8回朝香伝統木版画教室作品展
2018年10月16日(火)−10月21日(日)
11:00−18:00(但し最終日は16:00迄)
GALLERY KINGYO
〒113-0022
東京都文京区千駄木2-49-10
東京メトロ千代田線根津駅1番出口より徒歩7分
匠木版画工房

「第8回朝香伝統木版画教室作品展」根津のギャラリーKingyo

「第8回朝香伝統木版画教室作品展」根津のギャラリーKingyo



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

善福寺公園サービスセンター内のミニギャラリーで10月12日まで開催予定の「創作木版画 作品展」に知人が出品しているので、うかがわさせていただきました。

創作版画の素晴らしい作品がたくさん展示されていました。

「創作木版画 作品展」善福寺公園サービスセンター内のミニギャラリー

「創作木版画 作品展」善福寺公園サービスセンター内のミニギャラリー

「創作木版画 作品展」善福寺公園サービスセンター内のミニギャラリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

江戸時代の浮世絵版画の技術を伝承されている、彫師の朝香元晴先生の版画教室の作品展が、今年は千駄木の「GALLERY KINGYO」で開催されます。

朝香先生は江戸時代の伝統的な手法で多数の復刻版画の製作を行っています。
浮世絵版画に興味のある方にはオススメです。

第8回朝香伝統木版画教室作品展
2018年10月16日(火)−10月21日(日)
11:00−18:00(但し最終日は16:00迄)
GALLERY KINGYO
〒113-0022
東京都文京区千駄木2-49-10
東京メトロ千代田線根津駅1番出口より徒歩7分



匠木版画工房

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

王子の北とぴあ 地下展示ホールで9日まで開催されていた、ステンドグラス作家の小林未季さんのお教室の生徒さんなどのステンドグラスの展覧会へうかがわさせていただきました。

定番のランプなどの小さな作品から、大きな窓の作品など素晴らしい作品がたくさん展示されていて、良い刺激になりました。
また、会場ではアトリエでのステンドグラスの制作過程が動画で紹介されていました。
用意されたデザインでステンドグラス制作の基礎を学んでから、オリジナルデザインの作品へと進んで行くようです。

この展覧会は3年毎に開催されているようです。
ステンドグラス 未季会
未季会「第12回ステンドグラス作品展」王子 北とぴあ 地下展示ホール



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日は銀座和光の和光ホールで11月12日(日) までの予定で開催中の「並木恒延 漆芸展−時を刻む−」へ。

漆芸と言うと器のイメージがありますが、今回出品されているのはパネル作品です。
静かな空間で幻想的な作品を堪能させていただきました。

下絵のイメージを、大きさの異なる貝やウズラの卵の小片を貼り付けて陰影を表現していくためには、作品の完成イメージが完全にできている必要があると思います。
緻密な作成手順で、巨大なパネル作品を作り上げて行くには気の遠くなるような手間がかかっていることでしょう。

下絵作成のためのスケッチも展示されていて、製作過程を説明する詳しい展示や、動画も上映されていました。

良い勉強をさせていただきました。

「並木恒延 漆芸展−時を刻む−」銀座和光の和光ホール


展覧会のご案内/和光ホール | 銀座・和光

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ