つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 時事ネタ・ニュース

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

大坂なおみが優勝した全米オープンテニスでは、セリーナの3度の違反行為に対するゲームペナルティーにより後味の悪い試合となってしまいましたが、この審判の処分に対しては海外では意見が2分されているようで、男女差別だとの主張もあるようです。
テニス=セリーナへの処罰の是非、テニス界で二分-REUTERS
Williams' U.S. Open treatment divides tennis world-REUTERS

しかし、この記事の中にある、マッケンローの発言には納得がいきません。

男子テニスのレジェンド、ジョン・マッケンロー氏(米国)は、主審はラケットの破壊に対しては違反を取るべきではなく、もしセリーナが態度を改めない場合はどうなるかを先に伝えるべきだったとし、米ESPNで「男子に対する基準と異なるというのは、間違いなく彼女が正しい」と発言。

Tennis great John McEnroe, one of the game’s most tempestuous characters in his playing days, said the sport must find a way to allow players to express feelings and inject their personality into the game while adhering to the rules.

Ramos should not have given Williams a violation for breaking her racquet and should have warned her early on about what would happen if she did not move on, he said.

“I’ve said far worse,” McEnroe, a seven-times Grand Slam singles winner, said on ESPN. “She’s right about the guys being held to a different standard, there’s no question.”


「男子に対する基準と異なるというのは、間違いなく彼女が正しい」(“She’s right about the guys being held to a different standard, there’s no question.”)と、あたかも男子選手がラケットを破壊しても違反行為とならないようなことを言っていますが、マッケンローの現役時代はそうだったかも知れませんが、現在は男子選手でも違反行為となります。審判はルールに従った判定をしたまでです。

ちなみに、昨年の全仏オープンの3回戦では錦織選手がラケットを破壊して警告を取られています。
また、この行為に対しては契約するラケットメーカーへの違約金支払いの可能性も取り沙汰されています。
錦織圭 巨額違約金に要注意指定…ラケット破壊が招く痛い代償-週刊女性

私が一番好きなテニス選手のマッケンローがこの様なテニスを知らない読者をミスリードするような発言を行ったことは本当に残念です。
彼がプレーしていた時には審判には暴言の言い放題でしたし、それが彼のプレースタイルでしたが、今の時代は違います。

ただし、1個目のコーチングの違反は少し厳しかったようにも思いました。
女子のツアーではオンコートでのコーチングが許されているくらいですから、4大大会でもジェスチャーくらいは許すようにルールを変更した方が良いと思います。

セリーナの暴言は今回が初めてではありません、2009年にもフットフォルトを取った線審への暴言でのペナルティーで負けた事があります。
セリーナ・ウィリアムズの反則負けは、人種問題に火をつけるか?-ニューズウィーク日本版
この時の線審はアジア系で、相手選手は産休明けのキム・クライシュテルス。
何か因縁めいたものを感じます。

また、今回の件では伊達さんが2013年の東レ・パンパシフィック・オープンでダブルフォールトした時に「アー」と観客がため息をつくと「ため息ばっかり!」と怒ったことが思い出されました。
クルム伊達 ため息に切れた/テニス-日刊スポーツ
自分の失敗を他人のせいにする、それも一番大切なファンに対して行うとは最低の行為です。伊達さんの現役復帰後、会場まで行って応援してきた私は、これは引き時だなと感じ、この試合を最後に応援を止めました。

セリーナ選手もそろそろ引き時かもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

日本体操協会の塚原夫妻によるパワハラ騒動の報道の影響で、朝日生命体操クラブが存続危機とのニュース記事を見ました。
塚原夫妻パワハラ疑惑で朝日生命体操クラブ存続危機-日刊スポーツ

朝日生命のコールセンターに苦情などが殺到しているようですが、ボクシングでの奈良判定と似たような、過去の疑惑の判定なども報道され、朝日生命の企業イメージダウンにつながってきたことで企業側が動き始めているのでしょう。

Googleトレンドで過去30日間の「朝日生命 解約」の検索状況を見ると、
8月30日から一気に増加しています。
これでは本業にも悪影響が出てきそうです。
日本体操協会の塚原夫妻によるパワハラ騒動の報道の影響で、朝日生命体操クラブが存続危機


また、Wikipediaの朝日生命保険を見ると、近年スポーツから撤退していっているようです。
ネット生保へのシフトでビジネスが厳しくなっていることも影響しているのでしょう。

朝日生命保険 - Wikipedia

朝日生命塚原体操クラブ - 2002年に中心的指導者だった塚原光男・塚原千恵子夫妻が設立した「有限会社塚原体操センター」に運営を移管し、命名権の形でチーム名を継続。
朝日生命硬式野球部 - 東京都を拠点に活動していた社会人野球チーム。2002年に解散。
朝日生命女子バレーボール部 - 東京都を拠点に活動していた女子バレーボールチーム。2005年より休部。
朝日生命テニス部 - 2002年に解散。

朝日生命テニス部はテニス日本リーグの第1回大会で男女共に優勝した実業団の名門チームで、西が丘のナショナルトレーニングセンター(NTC)ができる前には朝日生命の久我山にNTCがありました。

このような流れに今回の事件。体操からの撤退が検討されても不思議ではありません。

テニス日本リーグ - Wikipedia


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

高齢者が多数、NTTのフレッツ光回線の契約変更の被害にあっているようです。
「光回線」変更に注意 苦情は年1万件、高齢者多く-産経ニュース
国民生活センターは26日、インターネットの光回線契約の変更を勧誘された消費者から苦情が2015年以降、毎年約1万件寄せられているとして注意を呼び掛けた。約半数は60歳以上で、苦情は(1)覚えのないオプションがつき、以前より高額になった(2)プラン変更だと思ったら別業者との契約になっていた−という内容が多い。。。

元ネタの国民生活センターのサイトを見ると、とんでもない事例が掲載されています、
光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!第2弾−安くなると言われても、すぐに契約しないようにしましょう-国民生活センター
相談事例
【事例1】
契約先のプラン変更だと思ったら、別業者との契約になっていた
【事例2】
契約先事業者だと思ったが別業者だったので解約したいが、連絡先がわからない
【事例3】
光回線の変更が必要であるかのような勧誘により契約してしまった
【事例4】
料金が安くなると言われて契約したら、説明されていないオプションが契約になっており、高額な請求を受けた
【事例5】
スマートフォンの説明を聞きに行ったのに、光回線の転用手続きが行われていた

先日、我が家にも 「フレッツ光が安くなります。この電話の後にもう一度電話がかかるので、ネットがつながるパソコンでお待ちください。」 と言った内容の電話がかかってきました。
怪しい電話だと思い断わった後に、NTTに何か料金プランに変更があたのかと電話して確認したところ、多分「光コラボレーション事業者」の売込みであろうと言うことが分かりました。
もう一度電話をかけてくるのは、NTTから「光コラボレーション事業者」に変更する手続きに必要な、「転用承諾番号」をネットで取得するためのようです。
転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)-NTT西日本公式ホームページ

NTT西日本のホームページを見ると大量の「光コラボレーション事業者」が掲載されています。
光コラボレーション事業者-NTT西日本公式ホームページ
これらの大量の業者が毎日フレッツ光加入者に勧誘の電話をかけまくっているのでしょうが、フレッツ光への加入状況の情報がこのような業者に渡っていることが納得いきません。
新聞記事も国民生活センターの発表内容をそのまま転用して記事にするだけでなく、このような被害をなくすためにどうしたら良いのか、突っ込んで取材してほしいと思うのですが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

酷暑が続いていますが、気象庁のサイトのヒートアイランド現象に関するページに1901年から2014年までの気温の変化のグラフが掲載されていますが、日本近海の水温上昇が1度程度なのに対して、東京においては約3度の上昇がみられます。
ヒートアイランド現象と地球温暖化は違うのですか?-気象庁

「都市の気温はどのくらい上昇しているのですか?」のページには 日本の各都市と都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点平均の都市化率と年、季節平均した平均気温、日最高気温、日最低気温の100年間での変化の表が掲載されています。
都市化の進んだ東京では特に冬場の気温上昇が大きいようです。
都市の気温はどのくらい上昇しているのですか?-気象庁

都心部では建設ラッシュで高層ビルを建てて風の通り道を塞いでいますが、そろそろ東京の開発にも限界が来ているのではないでしょうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

デイリー新潮のサイトに、英国のオックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が発表した「Digital News Report 2018」の中の日本のメディアに関するグラフで、朝日新聞が産経、毎日よりも下の大手紙では最下位との記事が掲載されていました。
「ロイター 朝日 信頼 最下位」のストーリーの画像|デイリー新潮


元ネタを探してみたところ、「Reuters Institute Digital News Report」のサイトの、「Digital News Report 2018」の、「Analysis by Country」の「Japan」にある「BRAND TRUST」のグラフが元ネタのようです。
それほど大きな差ではありませんが新聞では、日経、読売、産経、毎日、朝日の順番で、捏造記事で信頼度を落とした朝日が大手新聞で最下位になっています。
Japan|Analysis by Country|Digital News Report 2018|Reuters Institute Digital News Report

「ロイター 朝日 信頼 最下位」のニュース


このサイトにはオンラインのニュースに関するグラフもありますが、Yahoo!がダントツの1位となっています。
オンラインのニュース Yahoo!がダントツの1位


若い人は新聞の購読をしていない人が多くなっているので、ニュースはパソコンやスマホで見るケースが今後ますます増加していくことでしょう。
Yahoo!のニュースでは同じ事象に関する複数の記事を閲覧することができます、いろいろな観点で記事を比較して見るという点でもオンラインの方が優れているし、紙ごみを削減するエコの観点でもオンラインの方が良いと思われます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

高校野球の県予選で選手や観客に熱中症の被害が続出しているようです。

将来ある若者にさらに大きな被害が出ないうちに、開催時期の変更や早朝・夜間に実施などの対策が必要と思われます。
熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会-静岡新聞SBS
高校野球県大会で選手がけいれん 病院搬送 熱中症か 高知-NHK NEWS WEB
高校野球応援中に熱中症か、34人搬送 熊本県高野連、全校応援の自粛を要請-西日本新聞
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ