つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 時事ネタ・ニュース

ブログランキング・にほんブログ村へ

韓国のホワイト国除外の件で連日の報道が続いています。
韓国にとっては半導体大手のサムスン電子、SKハイニックスなどの韓国の輸出産業を支える企業の業績にかかわる大問題でしょう。

このニュースを見ると思い出されるのが、韓国への東芝の半導体の研究データ流出事件です。
東芝研究データ流出、元技術者を起訴 不正競争防止法違反罪で東京地検
なぜ東芝の重要情報がライバルに漏れたのかー東洋経済オンライン

昨年、筑波大学名誉教授の遠藤誉氏の書かれた記事を見ると、日米半導体摩擦が始まってからの日本の半導体産業つぶしの経緯、当時の技術者による韓国への技術流出の実態が詳しく説明されています。
日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?(遠藤誉) - 個人 - Yahoo!ニュース
 その人は元東芝の社員で、非常に高度な半導体技術の持ち主だった。しかし半導体部門が次々に閉鎖され、上級技術者もリストラの対象となって、すでに「もしもし」と声がかかるようになっていた。解雇は時間の問題だった。そういった人たちのリストを韓国は手にしていた。そこで水面下でこっそりと近づき、甘い誘いを始めたのだ。
 金曜日の夜になると東京からソウルに飛び、土曜と日曜日の2日間をかけて、たっぷりとその半導体技術者が持っている技術をサムスン電子に授ける。日曜日の最終フライトで東京に戻り、月曜日の朝には何食わぬ顔をして出社する。
 土日の2日間だけで、東芝における月収分相当の謝礼を現金で支給してくれた。領収書なしだ。

このような実態がありながら、何故、韓国への輸出を優遇してきたのか不思議でなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今日、「Amazonアカウントを利用制限しています」とのタイトルのメールが届きました。

怪しいメールではと思いネットで調べたら、Amazon.co.jpのヘルプページにAmazonを語ったフィッシング詐欺についての説明が出ているのを見つけました。
Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

メールに「あなたのアカウントは閉鎖されます」と書いてあるので、それは大変と慌ててメールに書いてあるアドレスにアクセスして、ユーザー名パスワードを入れてしまう人も多いのではないでしょうか。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

安部首相とトランプ大統領が千葉県茂原市の茂原カントリー倶楽部でプレーするようです。
もしかしたらメンバーでなくてもプレーできるのではないかと思って調べてみましたが、楽天Goraやじゃらんゴルフなどの予約サイトには茂原カントリー倶楽部のページはありますが、予約はできませんでした。
茂原カントリー倶楽部|Golfcource.jp
限られたメンバーで運営されている超高級なコースなのでしょうか。

また、茂原カントリー倶楽部オフィシャルホームページはセキュリティー上の問題か、アクセスが集中しているためなのか、現在開けない状況となっています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

中国のファーウェイの新製品のスマートフォンの発売を、KDDIとソフトバンクが延期、NTTドコモも今夏に発売を予定していた予約受付を停止。さらにアマゾンも日本で直販する新製品の販売を事実上停止したようです。
アマゾンもファーウェイ販売停止|NHK首都圏 NEWS WEB

欧州ではファーウェイ製品の「バックドア」が発見され問題となっています。
オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査|Forbes JAPAN

以前にファーウェイのCFOがカナダで逮捕されたとの報道もありましたが、今回の一連のファーウェイ排除の動きの元となっている、米国が本気で中国との冷戦に突入していると言うことは詳しく報道されていないようです。

中国で製造した製品を日本で販売している友人でさえ、米国で設置された「現在の危険に関する委員会:中国CPDC(Committee on the Present Danger : China)」のことを知りませんでした。

「冷戦すでに開始」米国、40年ぶりに危機委員会設置 対中国は初|@niftyニュース
危機委員会は、米国が直面する危機に応じて設置され、この度は約40年ぶり4回目となる。1回目はトルーマン政権の1950年代に、2回目は「力を通じた平和戦略」を掲げるレーガン政権の1970年代に、それぞれソ連に関する危機委員会が設立された。2004年の3回目となる設立は反テロを目的としていた。

1970年代の2回目の対ソ連から約40年ぶりと言うことのようです。

また、中国の改革開放に大きく貢献した松下幸之助氏創業のパナソニックが、いち早くファーウェイとの取引をいったん「中止」と表明した意味は非常に大きいものがあるように感じます。
パナソニック、ファーウェイとの取引を精査 いったん「中止」と表明|BBCニュース

小平氏が頼った松下幸之助氏 中国、改革開放貢献の外国人を表彰

この新冷戦、ソ連の解体と同様に、中国が解体しチベットなどの自治区が独立するまでの長い戦いになるのではないでしょうか。

中国経済の依存度が高い豪ドルの為替レートも最近は低下傾向にあります。経済面でも色々な所に波及していきそうです。

目が離せません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

紙幣が一新され、1万円札が渋沢栄一さんになるようです。
2012年に飛鳥山公園に寄り、渋沢史料館、旧渋沢庭園、、晩香廬、青淵文庫などを見物してきたのを思い出しました。

これから、訪れる人が増えることでしょう。

Wikipedia:渋沢史料館によると、
晩香廬(ばんこうろ)は渋沢栄一の喜寿を記念して清水組から贈られた木造の洋風茶室。様々な建築様式を取り混ぜ趣向を凝らした小建築で、賓客の接待に用いられた。
飛鳥山公園 晩香廬

青淵文庫(せいえんぶんこ)は、渋沢栄一の傘寿と子爵昇爵を祝って竜門社会員から贈られた鉄筋コンクリート造2階建ての書庫。「青淵」の名は渋沢栄一の号より。外壁は石貼り、テラスに面した窓の上部はステンドガラスで飾られている。
飛鳥山公園 青淵文庫


渋沢史料館は、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 1931年(昭和6年)11月11日)を生きた渋沢栄一を通して、明治維新以降の日本財界の発展ぶりをうかがい知ることが出来ます。
飛鳥山公園 渋沢史料館


Wikipedia:渋沢栄一によると、渋沢栄一は元大蔵官僚で、
退官後間もなく、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行(第一銀行、第一勧業銀行を経て、現:みずほ銀行)の頭取に就任し、以後は実業界に身を置く。また、第一国立銀行だけでなく、七十七国立銀行など多くの地方銀行設立を指導した。

第一国立銀行ほか、東京瓦斯、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖、澁澤倉庫など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上といわれている。1887年ころには、渋沢を慕う経営者や管理職が集まる龍門社が組織され、昭和初期には数千名の会員を数えた[。。。
とあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

元号が「令和」にきまりました。
出典は万葉集のようです。
Googleで「于時初春令月」と検索すると、万葉集関連のサイトが多数見つかります。
Googleで「于時初春令月」を検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ