つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 時事ネタ・ニュース

ブログランキング・にほんブログ村へ

高校野球の県予選で選手や観客に熱中症の被害が続出しているようです。

将来ある若者にさらに大きな被害が出ないうちに、開催時期の変更や早朝・夜間に実施などの対策が必要と思われます。
熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会-静岡新聞SBS
高校野球県大会で選手がけいれん 病院搬送 熱中症か 高知-NHK NEWS WEB
高校野球応援中に熱中症か、34人搬送 熊本県高野連、全校応援の自粛を要請-西日本新聞
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

J-CASTニュースの記事によると、
政治系YouTuberとして最多級のチャンネル登録者を抱えるKAZUYAさんの動画チャンネル「KAZUYA Channel」が2018年7月18日、突然「BAN」(サイト運営側によって停止されること)された。「YouTubeのスパムポリシーに違反した」からだとの通知を受けたという。
ところが翌日、チャンネルは突如として「復活」。運営側の対応に、本人も「どういう判断基準なのか?」と戸惑いを隠せないようだ。
KAZUYAさん、チャンネルBAN→翌日復活の怪 YouTubeはノーコメント貫くが...-J-CASTニュース


一度は停止されて復活したと言うことは、Youtubeの投稿ルール(ポリシーとセキュリティ-Youtube)に対する違反行為があったと判断し、その後にその判断に誤りがあったと認めたと言うことでしょう。
しかし、その停止・復活に関して全く説明がされていないようです。
復活を受けて、グーグル日本法人の広報部に再び取材依頼したところ、
「個別の動画に関しての対応はしておりませんと、既にメールしているとおりです」
との一点張りだった。


YoutubeのKAZUYA Channelを見てみたところ、チャンネル登録者数が51万人となっていました。
KAZUYA Channel-Youtube

これほど読者の多いチャンネルを簡単に停止や再開出来ると言うことに、中国のネット検閲を連想させる恐ろしさを感じました。
中国のネット検閲 - Wikipedia


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 今朝行われたワールドカップの日本対ベルギー戦ではロスタイムの最後の最後に1点を入れられての残念な敗戦となってしまいましたが、このシーンを見ていて、なでしこジャパンがPK戦で優勝した、女子ワールドカップ2011年の決勝の日本対アメリカ戦が思い出されました。
 この大会では宮間選手のニアサイドへの低く早いコーナーキックに合わせた澤穂希選手の芸術的なシュートで奪った同点ゴールが脚光を浴びていましたが、延長後半のロスタイムに岩清水選手がPKエリア直前でファウルで止めたモーガン選手のシュートもキーポイントとなっていました。
岩清水選手はこれがサッカー人生で初のレッドカードであったようで、試合後のインタビューでは「あのシュートを打たれてたら入っていたと思っていた」と言っていました。
Youtubeにアップされているあのシーンの動画を見ましたが、ファウルで止めなければフリーでシュートを打たれて終わりだったと思われます。

 勝負事にレバタラはありませんが、残り時間がほとんどない状況でファウルしてでも止めていたら、PK戦に持ち込めて勝てていたかもしれません。レバタラを言い出したら、柴崎選手と本田選手との交代がなければキーパーに取られて逆襲されるような高いコーナーキックは打たなかったかもしれませんし、きりがありませんが、にわかサッカーファンとしては、このようなサッカーネタを肴にしてお酒を楽しませてもらっています。

 今回は、「ドーハの悲劇」の経験が生きたのか、予選リーグの最終戦ではボールをキープしてしたたかに勝ち上がりましたが、今回の経験がきっと将来のワールドカップ優勝につながる良い経験になると思います。
 4年後のワールドカップでのサムライジャパンの更なる活躍を楽しみにしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

一般社団法人地震予兆研究センター(EPRC)の6月25日の配信レポートによると、日本全国の地殻変動が報告されていますが、特に「和歌山県南部・四国南東部」における地殻変動が、東日本大震災発生1ヶ月前に類似している状況で、南海トラフで大規模な地震が懸念されるようです。

一般社団法人地震予兆研究センター:2018年6月25日配信レポート
「■M7:南海トラフ(今後地殻変動が反転した場合1ヶ月後程度・最大震度7)
1.最新週において「和歌山県南部・四国南東部」において「北北西に向かう地殻変動」が多くの地点において観測されています。1997年以降、過去事例において、このように複数の地点で集中的に大きな地殻変動が観測された事例はありません。しかしながらこのように多くの地点で同一方向への変動が事前に観測された事例としては「東日本大震災」があり、今回観測されたような状況は東日本大震災発生1ヶ月前に類似しています。その為、今後数週間以内に地殻変動方向が逆向き(南海トラフ方向)に反転した場合には、東日本大震災発生前と同様の推移をたどるため、南海トラフ巨大地震につながる可能性が生じます。今後の地殻変動値や地殻変動方向に注視し、このような地殻変動が継続する場合には都度臨時レポートを配信いたします。 」


また、日本経済新聞の6月25日の記事によると、

「30年以内に震度6弱以上」大都市圏のリスク浮き彫りー日本経済新聞

今後30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率が大都市圏の千葉市が85%、横浜市が82%となっています。


関東大震災(1923年9月1日)から今年で95年。
気になるのが、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)も関東大震災も亥年で、さらに遡ると江戸時代の富士山の宝永大噴火(1707年12月16日)も亥年。
東日本大震災(2011年3月11日)は卯年なので単なる偶然の一致かもしれませんが、亥年の来年が心配になってきました。

一極集中の東京に大震災が来たらとてつもない被害が発生します。日経の記事の画像を見ると日本海側には地震のリスクが比較的少ないようです。万が一の場合のための首都機能の日本海側の都市への分散も早急に必要なのではないでしょうか。

阪神・淡路大震災も東日本大震災もバブルの崩壊、政権交代、大震災のパターンになっていたので、2020年のオリンピック後のバブル崩壊以降が危ないと思っていましたが、30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率が横浜市で82%ですから、いつ起こっても不思議はありません。

関東大震災-Wikipedia
宝永大噴火 - Wikipedia
阪神・淡路大震災 - Wikipedia
東日本大震災 - Wikipedia

オリンピック後の202x年の日本の姿は? バブルの崩壊、大震災のパターンにならなければ良いですが
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

近畿地方で震度6弱の地震がありましたが、それほど大きな被害は出ていないようですが、2次災害を防ぐために、地震の揺れを感知してストップしたガスメーターの復帰には注意が必要となります。

ガス漏れを防ぐために、ガスの復帰にはすべてのガス栓・器具栓を閉めてから復帰作業を行う注意が必要です。
詳しい復帰手順は、大阪ガスや東京ガス のWebサイトに記載されています。
マイコンメーターの復帰手順ー大阪ガス

東京ガス : ガスご利用ガイド / ガスメーターの復帰方法

また、広い範囲で停電が発生しているようですが、停電時に避難するときはブレーカーを切っておくようにした方が良いようです。
東京電力エナジーパートナーのページに、地震が起きた時の注意点が掲載されています。
地震が起きた時は? でんきガイド 東京電力エナジーパートナー
〇使用中の器具はスイッチ切って、プラグを抜いて!
〇避難するときはブレーカーを切って!
〇災害時、エレベーターには乗らないで!
〇電気製品の消火は、必ず「消火器」で!
〇切れた電線にはさわらないで!
〇水につかった器具は使わないで!
〇日頃の備えが肝心です。電気製品には倒れない工夫を!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

片山晋呉プロがトーナメント前日のプロアマ戦で招待客を激怒させた事件は、片山選手が日大出身ということもあり、片山選手の過去のプロアマでの対応なども持ち出されてのバッシングが激しいようです。

しかし、万全なコンディションでのレベルの高いゴルフを観戦したい側からすると、トーナメントの前日に何時間も接待ゴルフが行われるというのは、いかがなものかと思います。

もちろん試合前日とはいえ、ゲストをないがしろにして不愉快にすることは、プロとしては失格だと思いますが、いくら気に障ったからと言って、ゴルフ場で怒鳴って帰ると言うのも、人の上に立つ企業の役員のする行為としては疑問が残ります。会社でも普段から部下に怒鳴っていたりしているパワハラ上司なのではと想像してしまいます。

ネットの記事によると、女子プロゴルフでは前々日にプロアマ戦が行われるケースもあるようですし、
前々日プロアマ戦のほうが選手とゲストの両方にメリットがある!?-ALBA

大会3日目の土曜日に予選落ちした選手がジュニアと回るイベントも開催されているようです。
男子ツアーの新たな試み「土曜プロアマ」どうだった!? 参加した額賀と小鯛に聞いてみた

選手会長の石川さんは選手のコンディション作りなどについても良く分かるのですから、このあたりの改善も行ってくれることを期待したいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ