つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ: テニス、錦織圭

ブログランキング・にほんブログ村へ

 久しぶりにテニス教室へ通いだしたのですが、レッスンの最初のスイング調整のためのコーチの手出しのボールに対するフォアハンドストロークで手がぐらついてまともなスイングが出来ません。ネットの向こうからラケットで打っての球出しや打ち合いに対しては全く問題ありません。

 しかし、テニスを始めたころの経験や、ゴルフのショートパットのイップスの経験もあり、色々と改善を試みたところ随分とスムースにスイングが出来るようになってきました。
また、自分の場合のテニスのフォアハンドのイップスとゴルフのショートパットのイップスの共通点なども見えてきました。
 また、ネットでイップス改善に役立ちそうなサイトや動画を見つけ参考にさせてもらいました。イップスでお悩みの方が多いようなので、私の経験が参考になればと思い、今までの経緯と改善策について記してみました。

(1)イップス経験ゴルフ ショートパット
 60歳を過ぎてから30年ぶりでゴルフを再開してから1年半年ほどしてのコースラウンドでショートパットでインパクト時に突然手首が震えるようになってしまいました。それ以来50cmほどのパットが手がぐらついて入らなくなってしまいました。切っ掛けは多分、ショートパットで振りが大きいと指摘され、それを意識してから手首がビビッと震えるようになってしまいました。 
 軽いピンのパターから重いオデッセイのネオマレット型に変えたり、握り方をクロスハンドにして左手中心で打つようにして一時的に良くなりましたが、何か月かしたら今度は左肩が硬直してバックスイングがスムースに引けなくなってしまいました。
 その後、精神的な問題ではと思いイップス専門クリニックへ通ったり、呼吸法とか色々とトライしましたが改善しませんでした。
 最終的には、テレビのゴルフ中継でフィル・ミケルソンが太いスーパーストロークのグリップのパターでクローグリップでパッティングする様子を見たのがきっかけで、太いスーパーストロークのグリップに変えてクローグリップにしたら今のところ全く手が震えることがなくなりました。
不思議なもので、1年近く問題なくパットができる状況が続いたら、細いグリップの昔のピンのパターでのラウンドを試してみたら普通にショートパットができるようになりました。
 パターイップスの改善には、とりあえずクラブと握りを色々と変えてみて、何とか打てるパターンを見つけて、成功体験を重ねることが重要なようです。

(2)イップス経験テニス フォアへの浅いボール
1)テニスを始めてしばらくして浅い緩いボールがフォアハンドで打てなくなった
 40年以上前に会社のテニス部で硬式テニスを始め熱中していました。
だいぶ腕を上げてきてから、早いボールの打ち合いは良いのですが、ホワンと浅いボールがフォアに来ると手首が酷くぐらついて上手く打てないことが続きました。
 ボレーや速いボールに対するストロークは問題がなかったので、フォアハンドストロークではラケットの引き方を浅くしてボレーのような打ち方でスライスで返球したり、球を極端に引き付けてから打ったりなどの対処を試みて何とか打てるようになりました。
 これ以来フォアハンドストロークがスライスになってしまいましたが、趣味のテニスレベルではあまり問題なくテニスを楽しめていました。

2)テニス教室での手出しのボールに対して手がグラつく
 コロナの影響で区営コートが使えなかったことがきっかけでテニス教室に通い出したのですが、最初にコーチの手出しの緩いボールをその場でほとんど動かずに打つのですが、それが上手くできません。打ち方の修正を指導されますが、スイングを直そうとすると手首がぐらついてイップスが再発しそうで恐ろしくなってしまい、コーチにはイップスだったことを話し、あまりストロークの矯正は行いませんでした。ネットの向こうからのラケットでの球出しやストロークの打ち合いなどの勢いのあるボールに対しては全く問題がありません。特に一生懸命に追っかけて打ったボールに対しては素晴らしい返球ができたりします。

 それから、ゴルフのパターイップスを改善できた経験を生かして、テニスのフォアハンドについても手の握り方やスイングの方向などの変更による改善方法はないものかと試行錯誤してみたところ、極端に厚いグリップで握り、左肩を上げたアッパーブローの打ち方にすると、手出しのボールに対しても手のぐらつきを感じずにストロークできました。現在は握りを少しずつ調整しながら落としどころを調整中です。グラつかずに打てるようになるとスイングに対する不安が消えてスイングも大きくなり、コーチにも随分とスイングが良くなったと言われました。

 このような経験から、私の場合には、手のひらの向きと動く方向の関係を変えることにより手首のぐらつきが改善できるようです。手のひらの方向に動かすと手首が前に折れやすくなり、自分の意思と関係なく勝手に手首の関節がビクつきながら折れる動作が発生してしまいます。手首がぐらつかないようにと意識すればするほど緊張して、自分の意思と関係なく勝手にグラグラしてしまいます。
 パターのクローグリップやテニスの極端に厚いグリップでは手首の関節が折れる方向と異なる方向へスイングすることになるので、ぐらつかなくなるのだと思われます。
 野球のピッチャーがイップスになってオーバースローからサイドスローに変えて改善した例や、直球を投げるとイップスになるが、スライダーだと大丈夫といったケースもあるようですが、これも手手首の関節や手のひらの向きと投げる方向に関連があるのではないでしょうか。
 グリップやスイングを大きくいじってグラつかないパターンを見つけることが重要で、何とかグラつかずに打てるようになると、精神的に楽になってスイングに対する不安が消えていきます。


(3)イップス改善の参考になる動画やサイト
今回、ネットで色々な動画やサイトで実際にイップスになった方の改善例を見つけて参考にさせていただきました。
イップスで悩んでいる方には非常に参考になると思います。

● NPゴルフスタジオ ゴルフ
イップス対処のための、クロスハンドグリップ、クローグリップ、クワガタグリップ、グリップ圧を変えるなどの様々なパターの握り方の紹介
【ゴルフレッスン】様々なパターイップスの対処方法例(パター)- NPゴルフスタジオ

● 横田真一チャンネル ゴルフ
突然のパットイップスの経験と長尺パターへの変更。
アプローチイップスの人が右打ちから左打ちに変更して対処した例もあるようです。
なかなか話せなかったあの病気について真剣にお話しします 横田真一が泣いた日 そして長尺に持ち替えた瞬間とイップスのきっかけを赤裸々告白-横田真一チャンネル

● さゆーちゅーぶ! 高島早百合チャンネル ゴルフ
真野佳晃プロ、横田真一プロをゲストにイップスについて語る。
横田真一プロはパターイップスを長尺パターで改善。
真野佳晃プロはスイングができなくなったのを、初動でクラブヘッドを前に突き出すことによって改善しようです。
【ゲスト登場】話したくない『あの話し』を大先輩プロを招いてとことん語っちゃいました!イップス王登場!?【コラボ企画】-さゆーちゅーぶ! 高島早百合チャンネル 

●愛甲霞のテニスの時間 テニス
脇を締めて小さくスイング。ドライブボレーで練習。
テニスイップス のなおしかた (後編)私が克服した方法-愛甲霞のテニスの時間

● こちら野球放送席 〜イージーパイ〜 野球
岩本選手のイップスの経験と改善の経験。
止まったものに自分が力を与えてその先に何かが起きると言った種目ですごくプレッシャーを感じた時に誤作動が起きるようです。
イップスになってからの猛練習の努力と克服のお話はとても感動的です。
【イップス】岩本勉が語る!イップスとの向き合い方-こちら野球放送席 〜イージーパイ〜

● デーブ大久保チャンネル
デーブ大久保さんは野球ではイップスの経験はありませんが、ゴルフでなった経験があるそうです。
野球ではスローイングイップスで苦しんだ選手が沢山いて、投げる方向が乱れたり、全く投げれなくなったりといろいろな症状があるようです。
【恐怖】突然やってくる“イップス” 誰も笑うことができない謎の病-デーブ大久保チャンネル
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 女子ゴルフの最終戦リコーカップの生中継を見たくて2週間無料トライアルに加入したHuluで、2017年の映画「ボルグ/マッケンロー」を見たのですが、この映画にボルグの息子レオさんが出演していたのでネットで調べたところ、テニス選手で今年の2月18日にイタリアのベルガモで行われたチャレンジャー大会(Trofeo Perrel - Faip Bergamo-ATP Challenger)に参加していたことが分かりました。ATPのチャレンジャー大会なので動画(bergamo-chun-hsin-tseng-vs-leo-borg-ATP)も見つかりました。
 ATPの選手のプロフィール(Leo Borg-ATP)を見るとレオさんの生年月日は2003.05.15とあるので、動画に出ている時点では16歳で現在は17歳でと言うことになります。
残念ながら初戦で台湾のChun-hsin Tseng選手に敗退しています。
16歳にしては随分と大柄な選手のようですが、まだATPポイントは獲得できていないので、まだランキングはありません。
父親の特徴のあるスイングとはだいぶ違いますが、ボルグ・マッケンロー時代にテニスをしていた人たちにとっては非常に興味深い映像ではないかと思います。

 また、10月26日からエジプトのシャルム エル シェイクで行われたITFのM15の大会(M15 Sharm El Sheikh-ITF)にも出場していて、こちらも一回戦敗退となっていました。
ちなみに、この大会には日本の望月慎太郎(Shintaro Mochizuki)選手が出場していて、初戦で第2シードに勝って準々決勝(3回戦)まで進んでいます。望月選手はレオ選手と同じ2003年生まれ(2003.06.02)の17歳でATPランキング634位です。近い将来に有明コロシアムで二人が対戦と言うこともあるのではないかと楽しみです。
ビヨン・ボルグの息子レオ選手のイタリアのベルガモチャレンジャー大会1回戦のプレー動画

ビヨン・ボルグの息子レオ選手のイタリアのベルガモチャレンジャー大会1回戦のプレー動画

ビヨン・ボルグの息子レオ選手のイタリアのベルガモチャレンジャー大会1回戦のプレー動画

ATPチャレンジャー ベルガモ大会動画 chun-hsin-tseng-vs-leo-borg


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 今日は2020年東京オリンピックの公式ライセンスボールであるブリヂストンXT8のテニスボールを使ってテニスをしました。
 弾みが良くて感触の良いボールでした。硬式ボールと言うことで普段より少しばかりテンションが上がりました。
コロナの影響でどうなるか分かりませんが、もし来年にオリンピックが開催されると有明でこのボールが使われることになります。
2020年東京オリンピックの公式ライセンスボール ブリヂストンXT8のテニスボールを打ってみました

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

久しぶりの錦織選手のグランドスラム復帰戦となった全仏オープンですが、残念ながら2回戦での敗退となりました。西岡選手、日比野選手も2回戦敗退となり、日本勢は2回戦で姿を消しました。

ちなみに、ジョコビッチとナダルは準々決勝まで残っています。さすがに強いですね。

Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング35位の錦織圭 (Kei Nishikori)が74位のステファノ・トラヴァグリア(Stefano Travaglia)に4-6、6-2、6-7、6-4、2-6のフルセットで敗退。
4時間近い長い戦いとなりました。
試合展開的には第1セットを落とした後、第2セットを取り返し、第3セットをタイブレークで落としてしまったところが勝負の分かれ目だったように思われます。
1回戦では第32シードの選手にフルセットで勝っていますし、長期のブランクから徐々に回復してきていると思われますが、錦織選手は今年12月で31歳になるのであまり大きな期待はできないと思います。

52位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が239位のヒューゴ・ガストン(Hugo Gaston)に4-6、6-7、6-3、2-6で敗退。
とにかく、ガストンのドロップショットに翻弄された試合でした。深い位置での打ち合いの得意な西岡選手のショットが少し浅くなるととたんにドロップショットを打たれてしまいました。サービスリターンからのドロップショットもありで、最後まで悩まされました。

WTAランキング72位の日比野菜緒(Nao Hibino)が第30シードのオンス・ジャバー(Ons Jabeur)に6-7、4-6のストレートで敗退。ストレート負けでしたが、第30シードのジャバーのサービスゲームを何度もブレークし、十分に勝てる可能性のある試合でした。今後の活躍が楽しみです。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

日比野菜緒公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニス関連のサイトのリンク集。



男子選手のATPサイトのページ。現在のランキング。
錦織圭 (Kei Nishikori)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
ダニエル太郎(Taro Daniel)
添田豪 (Go Soeda)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)
守屋宏紀(Hiroki Moriya)
綿貫陽介(YosukeWatanuki)
中川直樹Naoki Nakagawa

マクラクラン勉(Ben Mclachlan)


女子選手のWTAサイトのページ。現在のランキング。
大坂なおみ(Naomi Osaka)
土居美咲(Misaki Doi)
日比野菜緒(Nao Hibino)
奈良くるみ(Kurumi Nara)
日比万葉(Mayo Hibi)
内藤祐希(Yuki Naito)
村松千尋(Chihiro Muramatsu)
穂積絵莉(Eri Hozumi)
二宮真琴(Makoto Ninomiya)
加藤未唯(Miyu Kato)
尾崎里紗(Risa Ozaki)



選手の公式サイトやブログ

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ
内山靖崇公式ブログTwitter
ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram
添田豪公式サイト,Facebook
綿貫陽介TwitterInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

日比野菜緒公式サイトFacebook
土居美咲公式ブログ
奈良くるみ公式ブログ
穂積絵莉公式ウェブサイト
加藤未唯Twitter
尾崎里紗 twitter,instagram
伊達公子オフィシャルブログ
江口実沙オフィシャルブログ
森田あゆみオフィシャルブログ

松岡修造オフィシャルサイト
杉山 愛・ツアーより愛をこめて


海外の選手のオフィシャルサイト
ラファエル・ナダル(Rafael Nadal)
ロジャー・フェデラー(Roger Federer)
ノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)

キャロリーン・ウォズニアキ(Caroline Wozniacki)
キム・クレイステルス(Kim Clijsters)
マリア・シャラポワ(Maria Sharapova)


テニス協会関連
ATP Tennis
WTA Tennis
ITF Tennis
日本テニス協会公式サイト
日本テニス協会公式ブログ


デビスカップ,フェドカップ
Davis Cup
Fed Cup
デビスカップ JTA 公式サイト
フェドカップ JTA 公式サイト



4大大会
Australian Open Tennis Championships
Roland Garros French Open - Official Site
Wimbledon - The Home of Tennis
US Open Official Site


ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)


日本の大会
楽天・ジャパン・オープン・テニス
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS
JAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS
安藤証券オープン

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント
ダンロップワールドチャレンジテニス
兵庫ノアチャレンジャー


甲府国際オープンテニス
岐阜 カンガルーカップ
福岡国際女子テニス
久留米市ベストアメニティカップ
軽井沢国際女子
JPTA能登国際女子オープンテニス
東京有明国際女子オープン
ゴーセンカップ牧之原国際

東急ハーヴェストカップ浜名湖
島津全日本室内テニス選手権大会

全日本テニス選手権
テニス 日本リーグ



その他
テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
GAORA テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 全米オープンテニス(US Open Official Site)のシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利、優勝しました。

WTAランキング9位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 58位のビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)に1-6、6-3、6-3の逆転で勝利。
準決勝でセリナ・ウイリアムズを破って勝ち上がって来た元世界1位のアザレンカ、本当に厳しい試合となりました。

第1セット、アザレンカのサーブとストロークの調子が良く、ほとんどファーストサーブが入って、ストロークも切れ切れのショットが両コーナー深くへ入ってきて振り回されっぱなしの大坂。
一方的な試合展開で1ゲームしか取れずに1-6で落としました。

第2セットに入っても流れは変わらず第2ゲームの最初のサービスゲームをブレークされて0-2の悪いスタート。
しかし、次のアザレンカのサービスゲームでストロークの球速を落としてスピン系のボールでリズムを変えるとアザレンカがミスを犯すようになり、大阪はボールに追いつく余裕ができてきてこのゲームをブレークすると流れは一気に大坂に。
2-3から4ゲーム連取で6-3で取ることができました。

第3セットは大坂が先にアザレンカのサービスゲームをブレークし、ブレークバックされますが、4-3から2ゲーム連取して6-3で優勝。

第1セット中盤では大坂選手がラケットをコートに投げるシーンなどもあり、第2セット初めまでの流れではそのまま負けてしましまうのではないかと思われましたが、良く挽回して勝利を勝ち取りました。

毎試合、黒人犠牲者の名前の入ったマスクをして入場してきた大坂選手の今回のマスクは「Tamir Rice」。
7枚のマスクを用意して決勝まで進むことを決意して挑んだ大会。
精神的に崩れることの多かった大坂選手の気力充実にもつながった面もあったのかもしれません。

全米オープンテニスのシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利し優勝

全米オープンテニスのシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利し優勝


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ