つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 留学


留学経験者向けのバイリンガル就職イベント「東京サマーキャリアフォーラム 2016」が今日から明日まで東京ビッグサイトで開催されます。
東京サマーキャリアフォーラム 2016

イベントには多数の大手企業が参加するようです。
参加企業リスト

その他にも、バイリンガル対象の就活イベントは色々とあるようです。
就職活動イベント|アメリカ留学機構

イギリスのEU離脱が話題になっていますが、グローバル化の流れは益々加速して行くと思われます。外資系企業に就職しなくても就活には語学力や留学経験などが重要になってくるでしょう。

一昨日の日経夕刊に「日本人留学生の求人活況 説明会の参加企業5割増」との記事が掲載されていました。
ネットで調べたら、日経のWebサイトに掲載されていました。
日本人留学生の求人活況 説明会の参加企業5割増
(無料会員登録すると閲覧できます。)

2012年春の新卒採用で、海外にいる日本人留学生の求人を増やす動きが広がってきた。」
とあります。
また、今年も秋にボストンでアメリカ在住の日英バイリンガルでを対象とした就活イベントがあります。
ボストンキャリアフォーラム
参加企業リストを見ると、
日本銀行、三菱東京UFJ銀行、フジテレビジョン、電通、野村総合研究所、パナソニック、富士通、その他の製造業、金融、マスコミなどの著名な企業が参加しています。

以前から何度かこの類の記事を紹介していますが、今の状況は就職難ではなくて、需要と供給のミスマッチだと思います。

ただし、アメリカの大学は簡単に卒業できないので注意が必要です。
以前にアメリカ留学を斡旋している方から、「アメリカの大学に留学した人の85%が卒業できない?」と伺いました。
大学の授業についていけるだけの語学力が無いのがネックのようです。
高校からアメリカに留学して、大学院を卒業した知人がいますが、高校から入ってしまえば大学へ行くころにはネイティブに近い英語力が身に付いているでしょう。

最近は幼児の頃からインターナショナル・プリスクールへ通わせて英語を音から身につけさせようとする親御さんも多いようですが、まずは相手が何を言っているか聞き取れる能力をつけることが最重要だと思います。

私は外国人と一緒に働いたことがありますが、読み書きや話すことは自分のペースで出来ますが、聞き取るほうはどうしても相手のペースになってしまいますので厄介です。

ネット時代で世界がどんどん近くなってきます。語学力はこれか益々重要になると思います。

参考:
インターナショナル・プリスクール ズーフォニックス・アカデミー
おけいこ留学ドットコム

ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

昨日は、アメリカで日本からの留学斡旋の仕事をされている方とお話をしました。
今は、ちょうどアメリカのサマーキャンプへの申し込みの時期で、サマーキャンプ自体が日本より早く6月ごろから始まるようです。

最近は小さい時から生の英語の経験をさせたくて、アメリカのサマーキャンプへ小学生や中学生のお子さんを一人で短期留学させたり、これを機会に子供とお母さんも一緒に行くといった形の留学もあるようです。

ただ、、今年はすごく航空運賃が値上がりしているとのお話でした。原因は石油が値上がりしているからでしょうか。

これから原発の稼働率が下がって、石油に頼るようになると、さらに値上げに拍車がかかるのではないでしょうか。

お稽古留学ドットコム サマーキャンプ




昨日は2008年度の日本人留学生が11%減って過去最低となり、日本人の内向き志向がはっきりとしてきたと言ったニュースがテレビや新聞に掲載されていました。
以前にハーバードのドル―・ギルピン・ファウスト学長の「中国や韓国の留学生に比べ、日本人留学生の存在感が薄い」との発言がありましたが、益々アジアでの日本の地盤沈下が益々進むのではないかと心配です。

日経の社会面には逆に企業側の留学経験者への求人は増加しているとの記事がありました。この記事は東京で行われたセミナーに関する内容でしたが、アメリカでは例えばボストンでは日本人留学生向けにボストンキャリアフォーラムと言う就活イベントがあって、ソニー、NEC、NTTドコモ、その他の大手企業がずらりと参加しています。
知人の娘さんも大手の電機メーカーへ就職しましたが、こちらは就職難には全く関係が無いようです。
やはり、現在は就職難と言うよりもミスマッチでしょう。

短期の観光旅行を兼ねてダンス留学などのお稽古留学に行く若い女性は多いようですが、海外の高校・大学へ留学するとなるとかなりの英語力を必要とするので話は別です。
以前に留学関係のお仕事をされている方に、アメリカの大学に留学した日本人の85%が卒業できないとのお話を伺ったことがあります。

10年間英語の勉強をしても日常会話や英文メール作成すら出来ないようでは、無駄な教育をしているとしか思えません。日本の学校教育をあきらめて、横浜の中華学校へ子供を入学されたり、幼児の頃から外国人と一緒のインターナショナルプリスクールへ通わせる親御さんが増えているようですが、ごく一部の子供の話で、一般の学校教育を何とかしないとだめでしょう。

少子化で子供がどんどん減っていることが根本的な問題かも知れませんが。

インターナショナルプリスクール ズーフォニックスアカデミー

先日、アメリカで留学斡旋のお仕事をされている方からお話を伺う機会があり、最近扱った、障害者留学のお話をうかがいました。

アメリカは学校や公共の施設(レストランなど)でバリアフリーが進んでいるので、下半身が不自由で車いすを利用する人が留学すると言うのは分かりますが、聴覚障害の方が、短期ですが実際に語学留学を経験したというお話には驚かされました。

一般の学生レベルでの留学意欲は大分落ちていて、最近は日本からアメリカへの留学生は減っている様ですが、障害をお持ちの方の意欲は逆に向上しているようです。

テニスの世界では車いすテニスの国枝慎吾さんが有名ですが、障害者の方の精神力には感心させられます。

聴覚障害を乗り越えて英語研修が楽しめたロサンゼルス夏体験

おけいこ留学ドットコム

先日、アメリカで留学のお仕事をしている方と話をしましたが、留学斡旋業者サクシーオの倒産で、秋からアメリカへ留学する予定だった人で、払い込んだお金が留学先の大学に支払われていなくて困っている人がいるそうです。

Googleで”サクシーオ”で探したら、株式会社サクシーオ 破産管財人のホームページと言うのが見つかりました。以前は株式会社サクシーオのホームページだったようで、GoogleやYahooの検索エンジンのキャッシュにはこのサイトの以前のページ内容が残っていました。

帝国データバンクのサイト(帝国データバンク:株式会社サクシーオ 破産手続き開始決定受ける)によると負債8億3200万円とありました。大阪や名古屋など8か所に支店もあったようですから、被害者の数はかなりなものになると思います。

最近、アメリカの大学を卒業した知人の娘さんが、アメリカの就職フォーラムで見つけた日本の大手企業へ就職したとうかがいました。キャリアフォーラムネットのボストンで行われる、ボストンキャリアフォーラムのページの参加企業リストを見たら、日本の大手企業の名前が沢山掲載されていました。

日本では就職できない大学生が多いようですが、不景気の影響だけでなく企業側の欲しい人材と日本の大学生のレベルとのミスマッチが原因ではないでしょうか? 日本の大学を卒業しても日常英会話すら話せないレベルの人が多いですから。
カンブリア宮殿で、就職率100%の大学として、秋田の「国際教養大学」が紹介されていましたが、企業が採用するのは専門学部の学力だけでなく、語学力がキーになっていると思います。

最近は中国や韓国からの留学者数は増加しているのに、日本人留学生は減少してしまっているようです。このようなことが原因で、益々減少しないことを祈ります。

公的なお金での救済は無理でしょうが、夢を抱いて留学を目指していた若者がこのような業者のせいで挫折してしまわないことを祈ります。
参考:ARC:西日本・東日本留学センター倒産で泣き寝入りの方へ

このページのトップヘ