つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ: 留学

先日、アメリカで留学ビジネスをされている方に伺ったところ、子供が一人で海外へ旅行に行くのをサポートする航空会社のサービスの事をアナカン(unaccompanied child)と言うそうで、5歳から一人での旅行が出来るそうです。JALのサイトを覗いてみたら、そのようなサービスの説明が出ていました。

最近は日本からアメリカのサマーキャンプに一人で行く小学もいるそうです。
それより小さい幼児などの場合には、お母さんが一緒に出かけるそうです。子供をサマースクールに入れてネイティブの英語を学ばせる間に、お母さんはゆっくり観光を楽しむと言うパターンのようです。
子供を出しにして、自分が夏休みに遊びでアメリカへ行きたいお母さんも多いのかもしれません。

ただ、アメリカでは夏休みは6月に始まるので、サマーキャンプなどは3月ごろから申し込みが始まっていて、UCLAのような人気のあるサマーキャンプは早く埋まってしまうそうです。
また航空運賃が夏休み直前になると高くなるので、早めに手配するのが費用的にも有利だそうです。
小学生のころから、広いアメリカで世界中の人と交流する機会があれば、随分と人生が変わってきますね。

JAL お子様の国際線ご利用についてのご案内

サマーキャンプ留学、母子留学
お稽古留学
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、テニスの帰りの飲み会の時に、ハーバード大学学長が日本人の入学が少ないと言っていたとの話が話題になりました。

ヨミウリオンラインによると、3月の来日前の会見で、「2009〜10年度の学部への日本人留学生は5人にすぎない」と語ったそうです。
09〜10年度で学部・大学院を合わせた留学生数で、日本は101人、中国は463人、韓国は314人だそうです。

優秀な人はアメリカに行かなくても、日本で学べば十分に良い仕事につけるとか、日本の大学での教育レベルが上がったので、海外に行く必要が無いと言ったポジティブな話なら良いのですが。

これに関して、アメリカで留学ビジネスをしている人に伺ったところ、アジア枠の問題もあるようです。
アメリカの大学では、特定の人種が増えすぎないようにアジア系はだいたい25%以下に抑えられているそうで、最近は、中国人や韓国人の学力レベルが高くなって、日本人が相対的に入りにくくなってしまったためのようです。中国の人口は日本の10倍以上なので、これからは中国人が益々増加するのでしょうか?

日本では世界中へ留学に気楽に行ける時代になって、若いOLの短期でダンスなどの習い事と観光を兼ねた留学や、学生のサマーキャンプなど幅広い層が行くようになっています。今の時期だとちょうどサマーキャンプの申し込みの時期で、中学生や高校生の申し込みも多いそうです。このような留学には試験がありませんから、お金さえあれば行けます。

反面、アメリカのトップレベルの大学を目指すような留学には特に英語力を必要とするので、お金があっても学力がなければ留学できません。中国人も更に豊かになって、あまりがつがつしなくなると、日本と同じようにハーバードへの留学は減っていくのかもしれません。

Youtubeで探したら、ドル―・ギルピン・ファウスト(Drew Gilpin Faust)学長の3月15日に日本記者クラブでのインタビューが掲載されていました。普段映画などで聴きなれているアメリカの日常会話とは違って、聞き取りやすい英語です。通訳も付いているので、英語の勉強に役立つと思います。

YomiuriOnline:ハーバード大学長会見
日本記者クラブ:ドル―・ギルピン・ファウスト学長

お稽古留学
サマーキャンプ留学
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

常円寺 大銀杏
昨日は、仕事で子供向けの英語教室へ行ってきました。子供と言っても、なんと日本語もまともに話せない1歳児からです。

英語と言えばゴルフの石川遼選手がスピードラーニングで学習しているとかで有名ですが、彼のように強い意志でやり続けることの出来る人は別ですが、普通の人はなかなか自分で勉強できないので、幼い時から外国人と一緒に話したり遊んだりすることにより、自然と英語を身に付けさせてしまおうということなのでしょう。

小学校や幼稚園に通いながら、塾へ通うような形で、英語学校へ通って英語の勉強をするパターン以外に、アメリカの幼稚園と同じような環境のクラスもあって、これをインターナショナル・プリスクールと言うそうです。(プレスクールとも発音するようです)

日本の幼稚園に入れる代わりに、子供をこのようなところに通わせる親も多いようです。

この教室では英語の発音とつづりの規則性を学ぶ学習法「フォニックス」と言うメソッドでネイティブスピーカーの発音を教えています。
大きくなってから学んだ日本人の英語の発音はイマイチですし、ネイティブスピードの英語のヒアリングはかなり困難ですが、小さい時から音から入る方法で言語中枢を鍛えておけば、国際結婚した家庭の子供のように2ヶ国語を理解できるようになるかもしれません?

今回、トヨタの社長がアメリカの公聴会で英語で話していましたが、ビジネスの世界でも大手の会社の社長は海外渡航経験がある人が多数います。
グローバル化の時代、英会話が出来ないと、ビジネス、スポーツを問わずどの分野でも話にならないと思います。
最近はアパートの管理人でも外国人が多くなってきているので、英語力が必要になってきているとのお話も先日伺いました。

このような英語教育のニーズは今後、益々高まってくるのではないかと思います。
子供向けの英語教室

参考:
子供向け英語教室 ズーフォニックス
フォニックスとは
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

錦織圭さんの公式サイトに、本日、来週のハワイで開かれる、試合に出場すると掲載されていました。

24-31日にハワイのホノルルで開催される、ATPのチャレンジャーのツアー(2010 Honolulu Challenger)です。
サイトに行って覗いて見たらエントリーリストに "Nishikori、Kei "と掲載されていました。
待ち遠しかったファン待望の復帰となります。添田豪、伊藤竜馬の名前もありましたので、日本人には楽しめそうな試合です。

錦織圭さんの公式サイトには最近の英語でのインタビューがあり、ATPランキング17位のトミー・ハース(Tommy Haas)と練習したと言っていました。
IMGニック・ボロテリー・テニスアカデミーに留学していて、普段からこう言ったレベルの高い人とプレーできるので、どこの試合に出ても物おじしないのだと思います。

錦織圭公式サイト

2010 Honolulu Challenger


アメリカ スポーツ留学
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

海外の英語教師宅へホームステイすることをティーチャーズホームステイと言うそうです。
教師宅に宿泊して、お料理やスポーツなどのレッスンを受けたり、親子での宿泊も出来るようです。

ホームステイにはかなりいい加減な家もあって、知人がアメリカへ留学した時に、ホームステイ先がひどくて、変えたと言う話を聞いたことがあります。

英語教師の自宅へホームステイすれば、そのようなトラブルが比較的少ないと言うことなのでしょうか?

ティーチャーズホームステイ

ダンス留学

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日、久しぶりに錦織圭選手の公式サイトを見てみたら、IMGアカデミーでの練習風景のビデオがアップされていました。

今年は彼の活躍が楽しみです。

錦織選手は中学生の時から、ソニー創業者の盛田昭夫さんの弟の盛田正明さんのテニスファンドでアメリカのIMGアカデミーへ留学しているので、もう人生の半分はアメリカ生活と言うことになります。シャラポアでもそうですが、テニスは本場のアメリカに留学しないと、なかなか世界レベルの選手にはなれないようです。

ギャラリー 錦織圭ブログ

アメリカ スポーツ留学
中高留学
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ