つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 韓国旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


今回、韓国へはJALですが、羽田からキンポ空港へのルートで行きました。成田<=>インチョン間よりも近く、2時間程で到着しました。家から羽田までは40分程度なので、すごく近く感じました。ディスカウントのツアーで申し込んだのですごく費用も安く済みました。帰りは台風が来ていたので、北海道寄りのルートを飛んだようですが、羽田空港へは予定通り到着しました。東京の西寄りの住民にとっては、羽田空港の国際線への利用をもっと促進してほしいものです。今度の参議院選挙でこのあたり、選挙公約に入れている候補はいないもんでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


今回の韓国出張ではソウルの南方、車でフリーウエイを一時間弱のソンナム市のブンダンのビジネスホテルに宿泊しました。ビジネスホテルなのですがジャグジー付きのバスにスチームサウナ付きのシャワールーム、大型の液晶テレビと設備は豪華で、広々とした部屋でした。テレビはNHKも映っていましたし快適でした。インターネットは無料でつながりました。パソコンもあったので、それを使っても良いのですが、WindowsのOSが韓国語だったので、止めておきました。ケーブルを持っていったノートPCに接続して使いました。同行者の部屋では最初うまくつながりませんでしたが、ネットワークケーブルの不良が原因と判明しました。私はいつも旅行の時には持って行きますが、ネットワークケーブルは必須だと思います。

参考:HOTEL SR

ホテルSRホテルSR インターネット

ホテルSRのバスホテルSRのシャワールーム

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


韓国のベンチャーpolliwog社のセミナーに行った際に、ソウル市内を中心に観光をしてきました。前回行ったのが、10年以上前だったので、ずいぶんと綺麗になって豊かになったと言う印象でした。

ソウル中心部の国際展示場COEXにある水族館。
地元の川に住んでいる魚のコーナーの後、アマゾンなどの世界中の海のコーナーがありました。自然に近い雰囲気に作ってあり、また、巨大な水槽のパイプの下を歩けたりと、かなりの大規模な水族館でした。日本でも子供が大きくなって、最近は水族館へ行ったことは無いので、感動がありました。
COEX水族館COEX水族館
COEX水族館COEX水族館COEX

李氏朝鮮の王宮 景福宮(キョンボックン)
先ず、歩くのがしんどいくらいな広大な敷地にびっくりしました。韓国ドラマでも有名な場所なので、日本人の観光客も沢山来ていました。
京福宮京福宮京福宮

仁寺洞(インサドン)
おみやげ物屋さん、レストラン、喫茶店などが沢山ありましたが、どこも綺麗で時間があったら、色々とショッピングなどを楽しめる場所です。ここの喫茶店で「アイスゆず茶」を飲みましたが、風邪でのどが痛かったこともあり、美味でした。街を歩いていたらスターバックスのハングルの看板が目に入りました。スタポクスコピとか発音するのでしょうか。一般的に韓国語の発音の方が英語に近いと思います。
インサドンの通りインサドンのレストランの石焼ビビンバ
インサンドンのレストランのチジミインサドンのスターバックス

古民家レストラン古家
古民家を移築したレストラン古家でのお食事。
古民家レストラン古家レストラン古家の料理カルビのミンチレストラン古家の料理 デザート

ブンダンのレストラン
ブンダンのSRホテルと言うビジネスホテルに宿泊しました。新しく開発されている地域なので、綺麗で若々しい雰囲気のある町でした。ホテルの近くのレストランで食事をしましたが、韓国料理なので、焼肉を食べてお酒を飲んでからチゲ(鍋)と言うパターンです。滋養強壮によいと言う百歳酒と言うお酒を焼酎と割って飲みました。少し若返れるとありがたいのですが。
ブンダンのレストランの百歳酒ブンダンのレストランの豚の焼肉ブンダンのレストランのチゲブンダンのレストランの骨付きカルビ焼肉

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


日本での販売促進の支援をさせていただいている経緯から、韓国のソウルで行われた、polliwogと言う会社のセミナーに参加しました。まだ、30名弱の会社で、創業10年に満たない企業ですが、ソウルの中心にあるホテル インターコンチネンタルの大きな部屋に、300名以上の人を集め、無料のセミナーなのにステーキコースの昼食が付くと言う豪華なものでびっくりしました。会場の入り口には、韓国の習慣のようですが、30以上の大きな花輪が送られていました。財閥企業のSAMSUNGやLGからの花輪もありました。セミナーは創業者のCEO(Mr.SunHue HUH))の挨拶で始まってから、韓国の財閥企業のSAMSUNGやLGと言った大手企業の人が成功事例を発表したり、polliwog社の提携先の高速回路解析の分野では著名なアメリカの大学の教授(Dr.Andreas Cangellaris)が発表したり、と言った内容で、中身も充実していて感心しました。このソフトは韓国だけでなく中国でも使われていて、韓国で設計した電気製品を中国で生産するというグローバル化の仕組みに利用されています。資料は、韓国の人の発表も含めて全て英語でした。エリートは英語が当たり前なのでしょう。日本の企業と比べて韓国の財閥系企業は若い人がリードして新しい仕組みをどんどん作って、革新して行っているように感じました。日本の電気メーカーのIT担当者は業者へ丸投げし、今の仕組みを変更したくないような保守的な人が多いので、どんどん韓国に負けて行ってしまうのではないかと心配になります。白物家電が中国に負け、携帯電話が韓国に負けてしまった原因の一端を覗かせてもらった気がしました。

会社は、ソウルからフリーウエイで南へ一時間弱のソンナム市のブンダンという日本だったら港北ニュータウンのようなところにあって、直ぐ前の川沿いが大きな公園になっていて、魚や鳥が沢山いると言ったところで、環境は抜群でした。開発のトップ(CTO)はアメリカ在住ドクター(Mr.MyongGyou Jin)で、ベトナム人技術者も働いていたり(もちろん英語でコミュニケーション)と、すごく国際的ですが、社員食堂ではお母さんのようなやさしい人が作ってくれた家庭料理を食べられると言う家族的な雰囲気で。寝食を忘れて若い優秀な技術者が開発に燃えている雰囲気が伝わってきました。韓国では色々な受賞をしていて、期待の星と言った成長中のベンチャー企業です。日本でも、20年以上前はこのような雰囲気はありましたが、最近、これほどのアグレッシブな雰囲気に出会ったことが無かったので、とても新鮮でした。単に自分が歳をとってしまったせいかもしれませんが? このような人たちと触れ合えると、ポジティブなエネルギーをもらえるのがありがたいです。今年の後半は何か良い仕事が出来そうな気になってきました。カムサハムニダ。

参考:polliwog社
polliwog社のソフトウエア製品
セミナー会場 ソウル インターコンチネンタルホテルインターコンチネンタルのボールルームのエントランスpolliwogセミナー お祝いの花輪
ソウルの インターコンチネンタルのセイナールームpolliwogセミナー プログラム
polliwog CEO Mr.SunHue HUHpolliwogセミナー CTO Mr.MyongGyou Jinpolliwogセミナー Dr.Andreas Cangellaris

polliwog社の入り口polliwog社の外 公園polliwog社の社員食堂のランチ グンデチゲ

このページのトップヘ