つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : 仕事,就職,派遣


留学経験者向けのバイリンガル就職イベント「東京サマーキャリアフォーラム 2016」が今日から明日まで東京ビッグサイトで開催されます。
東京サマーキャリアフォーラム 2016

イベントには多数の大手企業が参加するようです。
参加企業リスト

その他にも、バイリンガル対象の就活イベントは色々とあるようです。
就職活動イベント|アメリカ留学機構

イギリスのEU離脱が話題になっていますが、グローバル化の流れは益々加速して行くと思われます。外資系企業に就職しなくても就活には語学力や留学経験などが重要になってくるでしょう。

一昨日の日経夕刊に「日本人留学生の求人活況 説明会の参加企業5割増」との記事が掲載されていました。
ネットで調べたら、日経のWebサイトに掲載されていました。
日本人留学生の求人活況 説明会の参加企業5割増
(無料会員登録すると閲覧できます。)

2012年春の新卒採用で、海外にいる日本人留学生の求人を増やす動きが広がってきた。」
とあります。
また、今年も秋にボストンでアメリカ在住の日英バイリンガルでを対象とした就活イベントがあります。
ボストンキャリアフォーラム
参加企業リストを見ると、
日本銀行、三菱東京UFJ銀行、フジテレビジョン、電通、野村総合研究所、パナソニック、富士通、その他の製造業、金融、マスコミなどの著名な企業が参加しています。

以前から何度かこの類の記事を紹介していますが、今の状況は就職難ではなくて、需要と供給のミスマッチだと思います。

ただし、アメリカの大学は簡単に卒業できないので注意が必要です。
以前にアメリカ留学を斡旋している方から、「アメリカの大学に留学した人の85%が卒業できない?」と伺いました。
大学の授業についていけるだけの語学力が無いのがネックのようです。
高校からアメリカに留学して、大学院を卒業した知人がいますが、高校から入ってしまえば大学へ行くころにはネイティブに近い英語力が身に付いているでしょう。

最近は幼児の頃からインターナショナル・プリスクールへ通わせて英語を音から身につけさせようとする親御さんも多いようですが、まずは相手が何を言っているか聞き取れる能力をつけることが最重要だと思います。

私は外国人と一緒に働いたことがありますが、読み書きや話すことは自分のペースで出来ますが、聞き取るほうはどうしても相手のペースになってしまいますので厄介です。

ネット時代で世界がどんどん近くなってきます。語学力はこれか益々重要になると思います。

参考:
インターナショナル・プリスクール ズーフォニックス・アカデミー
おけいこ留学ドットコム

昨日で、3月末と言うことで、請求、集金などの処理をしていましたが、長引く不況と震災の影響で厳しいお客様も多いのですが、逆にお互いに大変だろうと言うこともあり、お互いに少しでも儲けさせてあげようという気持ちになりました。

値引きの話になることも多いのに、大きな悲しみを目撃して、今の生活に感謝し、相手を思いやる気持ちが大きくなっているようです。
集金に伺ったら、いつも世話になっているからと、お土産をくださったお客様もいました。

売り上げは減って厳しいのに義援金に寄付したり、震災以降、人の心が優しくなったような気がします。

今回は本当に仕事を通じて良い人たちにめぐり巡りあえて良かったと思いました。

東京電力が昨年9月に実施した公募増資で米国の投資家も購入しているので、海外発での株主代表訴訟が起きる可能性も出てきたようです。
msn産経ニュース:米国で「東電には経営責任がある」株主代表訴訟も

この記事の中に米国家経済会議(NEC)前委員長のローレンス・サマーズ米ハーバード大学教授が23日、ニューヨーク市内の講演で「誠に残念ですが、日本は貧しい国になるでしょう」と話したとの事が掲載されていました。

今回の震災後の復興を明治維新、敗戦後に続く3度目の奇跡などと表現しているメディアもありますが、確かに広範囲の被害が出ており多くの死者が出ましたが、Wikipediaによると太平洋戦争では戦闘員174万人、民間39万人もの犠牲者が出ています。
福島原発の長期化が懸念されますが、現在の国力からして比較する程のダメージだとは思えないのですが。

Wikipedia:太平洋戦争

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

62歳になる姉が統一地方選挙のウグイス嬢をやっているそうです。若い頃に電話交換士をやっていたので、声が通るようです。ウグイス嬢は若い娘がやっていると言うイメージでしたのでびっくりしました。40年ほど前には大手の企業には沢山の電話交換士が、その時代には派遣業などはなかったので正社員でいました。

私が社会人になったころはさすがに電話交換士はいませんでしたが、新入社員で電話を受けるのには緊張したものです。

今は個人が携帯電話を持ち歩く時代ですから、新入社員にそのような緊張感はないのでしょう。随分と変わったものですが、40年も前の技術が今になって役立つと言うのはうれしいことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

ハケンの品格で同じ仕事で、別の派遣会社だと時給が少し高くなるとか言う話をやっていましたが、確かに時給が200円違うと月の給料で3万円以上違ってくるので、働いている人にとっては大きな問題でしょうしょう。身近にもそのような話を聞きます。でも、お金だけでつながる関係が行き着くところは決して会社にとっても働く側にとっても幸せだとは思いません。
同じ目標に向かって、時間も忘れて働くと言った事が無かったら本当に良い商品などは出来るものではないと思います。私の若い頃にはそんな生きがいのある仕事が出来たのですが、今の若い人がかわいそうになります。

このページのトップヘ