つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

カテゴリ : エコ・節電

ブログランキング・にほんブログ村へ

窓の結露防止と寒さ対策の為に、簡易的な二重窓(内窓)を作成しました。

結露の激しいリビングの北側の大きな出窓については、出窓のガラスに4mm厚の中空ポリカーボネイト板を貼って、更に内側に簡易二重窓を作る対策を行いました。
ほぼ結露が無くなりましたが、これから更に気温が寒くなった場合にどうなるかは定かではありません。

●購入したもの
1)ガラス戸レール上部
2)ガラス戸レール下部
3)中空ポリカーボネイト板
4)エンビジョイナー コ型
5)すき間モヘヤシール
6)ビニール補修用テープ
7)両面テープ
車を処分してしまったので、このような大きなものの購入にはネット通販が助かります。

●製作手順
窓の寸法を測って、レールをカット
下に下用のガラス戸レールを両面テープで貼り付け、
上と左右に上用のガラス戸レールを両面テープで貼り付け、

出窓のガラスの大きさに中空ポリカーボネイト板をカットして、ビニール補修用テープで張り付け。

中空ポリカーボネイト板を、レールにはめ込めるサイズにカットしてはめ込み。
補強と動かしやすいように、中空ポリカーボネイト板にエンビジョイナーコ型を取り付け。

奥と手前の中空ポリカーボネイト板間の隙間を通る空気を減らすために、すき間モヘヤシールを貼り付け。

窓の結露防止と寒さ対策の為に、簡易的な二重窓(内窓)を作成しました。<br>


中空ポリカーボネイト|楽天市場
ガラス戸レール|楽天市場

ブログランキング・にほんブログ村へ

窓の結露防止と寒さ対策の為に、簡易的な二重窓(内窓)を作成しましたが、思っていたよりも簡単にできました。

●購入したもの
1)ガラス戸レール上
2)ガラス戸レール下
3)4mm厚の中空ポリカーボネイト板
4)エンビジョイナー コ型
5)ビニール補修用テープ
6)両面テープ
車を処分してしまったので、このような大きなものの購入にはネット通販が助かります。

●製作手順
窓の寸法を測って、
下に下用のガラス戸レールを両面テープで貼り付け、
上と左右に上用のガラス戸レールを両面テープで貼り付け、

中空ポリカーボネイト板を、はめ込めるように寸法計算してカット。
今回は横目方向にカットしましたが、上下のレールへ入れる容易さを考えると、縦目方向にした方が良いです。
カット面にはビニール補修用テープを貼りました。

今回は3枚で、奥に1枚手前に2枚の構成にしました。
手前の中空ポリカーボネイト板の端に開けやすくするためにエンビジョイナー コ型を付けました。

最初は横にも上用のガラス戸レールを貼ることを考えていなかったのですが、横にも貼った方が断熱効果が良さそうなので急遽近所のDIYで購入。同じ色が無かったので少し色が違ってしまいました。

昨日今日と暖かいので、まだ結露防止の効果は定かではありませんが寒くなるのが楽しみです。
窓の結露防止と暖房効率向上の為に、簡易的な二重窓を作成

窓の結露防止と暖房効率向上の為に、簡易的な二重窓を作成

窓の結露防止と暖房効率向上の為に、簡易的な二重窓を作成


窓の結露防止と暖房効率向上の為に、簡易的な二重窓を作成

中空ポリカーボネイト|楽天市場
ガラス戸レール|楽天市場

我が家では、従量電灯Cから従量電灯Bへの変更、屋根の2重化、LED照明への変更、エアコンの入替などで、電気代をかなり節約してきましたが、今回の窓の2重化でさらに電気代削減につながるのではないかと期待しています。
従量電灯Cから従量電灯Bへの変更で電気料金が安くなりました  ブレーカー設置工事が必要 従量電灯Cとは 従量電灯B、Cの違い

ブログランキング>ブログランキング・にほんブログ村へ

このところ、首都圏の水不足がニュースになっています。
矢木沢ダム、貯水率15%に 8ダム合計43%、農業用水の需要拍車 群馬 産経ニュース

ネットで調べたところ、国土交通省のWebサイトに、貯水池の貯水量に関するリアルタイム情報が掲載されていました。
現在のダムの貯水量、貯水率、流入量などを見ることが出来ます。
利根川水系のリアルタイム貯水量情報

今朝からの雨でずいぶんと回復したのかと思いましたが、ほとんど変わっていませんでした。
8ダム合計の貯水量が平成4年から27年の平均値の51%と、かなり少ない数値となっています。
当分節水を心がける事が必要のようです。


電力消費に関しては、東京電力のでんき予報があります。
でんき予報 - 東京電力

先週の9日木曜日には午前11時から12時のピーク時に供給能力の91%に達していました。
今年はかなり暑い夏になりそうなので、電力供給も厳しそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

以前に従量電灯Cから従量電灯Bへ変更し(「従量電灯Cから従量電灯Bへの変更で電気料金が月に1,000円以上も格安に」)、長いこと電気料金を無駄に沢山支払っていたことが判明しましたが、今回、火災保険も見直したら1割ほど安くなりました。
家を建て直してから20年以上、こちらもかなり無駄な出費をしていたようです。

ブログランキング>ブログランキング・にほんブログ村へ

新聞購読が減ってきているようです、
新聞購読、最低の74%=電子版利用は3%−時事世論調査|時事通信
「テレビやインターネットなどで情報が得られるから」との理由がトップのようです。テレビのデジタル化で放送プログラムがテレビで見れるようになったことも影響していると思われます。

我が家では日経を購読していますが、昔は目を通していた株式欄やテレビ欄は全く見なくなりました。ニュースもネットの方がタイムリーですし、スマートフォンが普及した今の時代に新聞は情報を伝達する手段としては役目を終えたと思われます。

いったいどのくらいの新聞紙が販売されているのかネットで調べてみたところ、
読売新聞広告ガイドのページに全国紙の朝・夕刊別販売部数の情報がありました。
掲載エリアと販売部数:メディアデータ|読売新聞広告ガイド

日本経済新聞朝刊の総販売部数は2,769,732部。
今朝の朝刊の重さを量ったら204グラムでした。単純に掛け算すると毎日565トンもの紙がゴミになっていることになります。
読売新聞の朝刊は日経の3倍以上の9,561,503部。少し軽い150グラムで計算すると1,434トンになります。
スポーツ新聞や地方紙などを加えた総量は相当なものになるでしょう。

紙は再利用されるとは言え100%ではありません。印刷インクの消費も膨大でしょう。印刷に使われる電力、配達・回収に使われる燃料などを合わせると膨大な資源を浪費していることになります。

9月も貿易収支は赤字で27ヶ月連続の赤字になるようです、
指標予測=9月貿易収支は7770億円の赤字、円安で輸出が増加|ロイター
輸入量を減らす意味でも紙媒体の新聞を減らして行くのは有効と思われます。

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年のノーベル物理学賞が青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授、天野浩名古屋大教授、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の3人に授与されることになり、大きなニュースになっています。
関連ニュースでは、赤・緑・青の光の三原色が出来たことにより、白色光の実現が出来たとの説明が多いので、LED電球には、赤・緑・青の3色のLEDが使われているのかとばかり思っていました。

しかし、今朝のNHKを見ていたら、実際のLED電球には「青色LED+黄色蛍光体」を用いているとの説明がありましたので、ネットで調べてみたら、Panasonicのサイトの説明を見つけました。

ガス灯=>白熱灯=>放電灯(蛍光灯)=>白色LEDの照明の歴史から、LEDの原理、応用など詳しく説明がされています。

LEDには赤色、橙色、黄色、緑色、青色、赤外線などの多くの種類があり、白色を出すためには3つの方法があるようです。発明当時から更に進化しているようです。
LEDの基礎|パナソニック照明設計サポート

我が家では節電の為に白熱電球や蛍光灯をパナソニックや東芝のLEDに交換して利用させてもらっています。

このページのトップヘ