つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ウインブルドン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス3回戦 錦織圭、大坂なおみが敗退しました。
>The Championships, Wimbledon


ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 19位で第18シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)に4-6、6-7、6-3、3-6で敗退。
各セットの終盤に集中力が切れてサービスの入りが悪くなり、ミスが多くなり落とすと言う流れでした。
軽やかなステップワークの錦織のプレーがグラスコートでは滑るので、なかなか思ったようなプレーが出来ずにストレスがたまり、集中力が落ちてしまうのではないかと思われます。
錦織の4連勝中の対戦相手だったので、これほどの苦戦になるとは予想外でした。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が11 位で第10シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)に6-7、4-6のストレートで敗退。
ハードヒッター同士の迫力ある試合でした。
ヴィーナスのセカンドサーブではエンドラインの中に入って強打する攻撃的なテニスを最後まで貫く。負けはしましたが、将来に期待を持たせてくれる試合でした。
満員の第1コートの観客は大いに満足したことでしょう。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス2回戦 錦織圭、大坂なおみが勝利、3回戦へ勝ち上がりました。
>The Championships, Wimbledon


ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 122位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)に 6-4、6-7、6-1、7-6で勝利。
ランキングは下ですが2連敗中の対戦相手。本当に苦戦しました。
同じフォームで打ってくる、スタコフスキのスライスやドロップショットに悩まされました。

第1セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして、1度ブレークバックされて6-4取り、幸先の良いスタートでした。

第2セットは先にサービスゲームをブレークされての2-5から追いつきタイブレークへ。
しかし、7-6のセットポイントでネットインのボールの処理をミスし、次のサーブをダブルフォルト。
逆にサービス力のあるスタコフスキのサービスエースが決まって7-9で落としました。
このタイブレークをきっちり取りきっていればもう少し楽な勝ち方が出来ていたでしょう。

第3セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして6-1。

第4セットではお互いにサービスキープでタイブレークへ。
タイブレークでは集中力をアップした錦織に対して、予選勝ち上がりのスタコフスキに疲れが目立つ様になり、8-6で取りました。
1回戦とは異なり長い試合となりましたが、2連敗中の相手に4セットで勝ち切ったことは、今後につながる良い勝利でした。
試合を通してサービスエース7本でダブルフォルトが8本。ダブルフォルトが目立つ試合でした。

3回戦の対戦相手は19位で第18シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)。
錦織の4連勝中。2回戦ほどは苦戦しないのではないかと思われます。


44位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が51位のエイドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)に1-6、7-5、6-4、6-7、2-6のフルセットで敗退。
先週のアンタルヤ・オープンの決勝で杉田がストレートで勝っていましたが、今回は終盤にエネルギー欠となりました。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が23 位で第22シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に 6-1、0-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セットはストリツォワのサービスゲームを2度ブレークして6-1で取りましたが、

第2セットは逆に一方的な展開で0-6で落としました。

ファイナルセットではストリツォワのサービスゲームを1度ブレークして6-4で取りました。
サービス力が魅力の大坂ですが、もう少しファーストサーブが入らないと3回戦以降の苦戦が予想されます。

3回戦では11 位で第10シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)と対戦します。
今回が初の対戦となります。
強敵ですが37歳のヴィーナス。十分に勝チャンスはあります。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよテニスの聖地イギリスのウインブルドンでの試合が始まりました。
>The Championships, Wimbledon

シングルス1回戦では、錦織圭、杉田祐一、大坂なおみが勝利、
ダニエル太郎、土居美咲、、尾崎里紗、日比野菜緒、奈良くるみ、が敗退しました。

今回は、非常にオーダーに恵まれていたのでもっと沢山の選手が勝ち上がると期待していましたが、グランドスラムは甘くありませんでした。

ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 105位のマルコ・チェッキナート(Marco Cecchinato)に 6-2、6-2、6-0のストレートで勝利。
相手のサーブ力が弱く、ストローク戦になれば錦織が一枚も二枚も上手。本当に一方的な試合でした。
錦織にとっては良いスタートになりました。

2回戦の対戦相手は122位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)。
過去の対戦成績は錦織の2連敗中ですが2011年の対戦です。今の錦織の実力なら問題なく勝てる相手と思われます。

44位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 232位のブライダン・クライン(Brydan Klein)に7-6、6-3、6-0のストレートで勝利。
第1セットをタイブレークで取ると杉田のペースに。クラインは転倒し膝を痛めた事が影響したのか、動きが悪くなり、終盤は一方的な展開となりました。

2回戦の対戦相手は51位のエイドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)
過去の対戦成績は杉田の1勝0敗。
先週のアンタルヤ・オープンの決勝で杉田がストレートで勝っています。


92位のダニエル太郎(Taro Daniel)が 118位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)に6-4、4-6、6-7、2-6の逆転で敗退。
第1セットを取って好スタートを切ったダニエルでしたが、惜しくも逆転負けを喫してしまいました。
ただ、以前のベースラインでのプレーだけでなく、積極的なネットプレーやサービスの威力など、かなり実力はアップしています。
グラスコートでの経験が少ないからか足を滑らせる事が何度もありました。
来年はもう少しグラスコートでの戦いを積んでから出場した方がよいでしょう。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が 100位のサラ・ソリベス トルモ(Sara Sorribes Tormo)に 6-3、7-6のストレート勝利。
第1セットを先取して、第2セットも6ー5のサービングフォーザマッチでしたが、ここでブレークバックされてタイブレークへ。
タイブレークをきっちり取りきることが出来なかったらどうなったか分かりませんでした。

2回戦では23 位で第22シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の0勝1敗。厳しい試合になると思われます。


57位の土居美咲(Misaki Doi) が 88位のキルステン・フリッペンス(Kirsten Flipkens)に4-6、3-6のストレートで敗退。スコア以上に競った試合でしたが、土居のストロークの精度が少しばかり劣っていました。
動きに今ひとつ、切れが欠けていたので、体調も100%の状態でなかったのかもしれません。


77位の尾崎里紗(Risa Ozaki) が 107位のデニサ・アレルトバ(Denisa Allertova)に6-7、6-2、3-6のフルセットで敗退。
第1セットは、お互いに相手のサービスゲームを1回ブレークしてタイブレークに。タイブレークを5-7で落としますが、第2セットに入るとアレルトバのサービスゲームを2どブレークして6-2で取りました。
しかし、ファイナルセットは終盤に崩れてしまいました。本当に惜しい試合でした。


92位の日比野菜緒(Nao Hibino) が 18位で第17シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)に4-6、2-6のストレートで敗退。
スコア以上に競った試合でしたが、肝心なところでミスが出てしまいました。グランドスラムの舞台で少し緊張があったのかもしれません。


94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 142位のフランソワーズ・アバンダ(Francoise Abanda)に2-6、4-6のストレートで敗退。
両足太ももにテーピングをしていた奈良は。いつもの躍動感ある動きがありませんでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
尾崎里紗 twitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよテニスの聖地イギリスのウインブルドンでの試合が始まります。
>The Championships, Wimbledon

男子選手は錦織圭、杉田祐一、ダニエル太郎、
女子選手は土居美咲、大坂なおみ、尾崎里紗、日比野菜緒、奈良くるみ、
の計8選手が本戦に出場します。

既にオーダーが発表されていますが、非常にオーダーに恵まれ、初戦からシード選手と対戦するのは日比野菜緒一人です。それ以外の選手は全員がランキング格下選手との対戦となりました。
ランキング通りなら7選手が1回戦を勝ち上がれる計算になります。
明日からの観戦が楽しみです。

ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)対 105位のマルコ・チェッキナート(Marco Cecchinato)
今回が初対戦となります。

66位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 230位のブライダン・クライン(Brydan Klein)
今回が初対戦となります。

89位のダニエル太郎(Taro Daniel)対 118位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)
今回が初対戦となります。

女子選手の対戦相手は、
WTAランキング57位の土居美咲(Misaki Doi) 対 88位のキルステン・フリッペンス(Kirsten Flipkens)
過去の対戦成績は土居の0勝1敗です。

59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 100位のサラ・ソリベス トルモ(Sara Sorribes Tormo)
今回が初対戦となります。

77位の尾崎里紗(Risa Ozaki) 対 107位のデニサ・アレルトバ(Denisa Allertova)
過去の対戦成績は尾崎の0勝1敗です。

92位の日比野菜緒(Nao Hibino) 対 18位で第17シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)
今回が初対戦となります。

94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 142位のフランソワーズ・アバンダ(Francoise Abanda)
今回が初対戦となります。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
尾崎里紗 twitter


人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス3回戦。錦織圭、土居美咲が勝ち、4回戦に進みました。
Wimbledon - The Home of Tennis
錦織、土居ともに今日4回戦が行われます。

ATPランキング6位で第5シードの錦織圭 (Kei Nishikori) が 42位のアンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)に7-5、6-3、7-5で勝利。
第1セット、クズネツォフに先にサービスゲームをブレークされる展開でしたが、直ぐにブレークバックし追いつくと6-5からのクズネツォフのサービスゲームをブレークして7-5で取りました。
第3セットでもいきなりサービスゲームをブレークされ0-3とリードされましたが、直ぐにブレークバックして最後は第1セット同様に終盤にギアアップして7-5で取り、勝ちました。
スライスとドライブを上手く使い分けて、相手のミス引き出していました。スコア以上に実力差を感じる試合でした。

4回戦の相手は13位で第9シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic)
過去の対戦成績は錦織の7勝3敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Marin Cilic
対戦成績は錦織が有利ですが、全米オープンの決勝で敗れている事が大きく印象に残っています。
芝のコートだとサービスに威力があるチリッチの方が有利のよう思われますが、ファーストサーブの読みが当たってうまく返球できれば勝機が見えてくると思われます。


WTAランキング49位の土居美咲(Misaki Doi) が 57位のアンナ-レナ・フリードサム(Anna-Lena Friedsam)に7-6、6-3のストレートで勝利。
第1セットでは先にブレークポイントを取られましたが、何とかしのぎきりタイブレークに持ち込むと、7-1で取りました。
第2セットでは雨での中断もありましたが、土居が終始厳しいストロークで攻めまくり勝ちきりました。
土居のスピードのあるコーナーへの厳しいショットが面白いように決まっていました。土居選手は本当に強くなりました。

4回戦では、4位で第4シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)と対戦します。
過去の対戦成績は土居の4連敗中ですが、今年の全豪オープンでは優勢に試合を進め、先にマッチポイントを取るところまで行っての逆転負けでした。今回はきっとリベンジを果たしてくれるでしょう。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Angelique Kerber

ダブルスでも勝ち上がっている土居は今日はシングルスとダブルスの2試合が予定されています。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

土居美咲公式ブログ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス2回戦。錦織圭、土居美咲が勝ち、3回戦に進みました。
奈良くるみは敗退しました。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング6位で第5シードの錦織圭 (Kei Nishikori) が 547位のジュリアン・ベネトー(Julien Benneteau)に4-6、6-4、6-4、6-2の逆転で勝利。
ベネトーは現在のランキングは怪我の影響で低いですが、キャリアハイ25位の実力はさすがでした。
序盤は脇腹の故障の影響か、錦織のスピードの無いサーブを厳しいところに返され、防戦一方の展開に。
錦織が決めに行ったフォアハンドの逆クロスでのサイドアウトが目立ち、なかなかベネトーのボールにアジャストできないようでした。
しかし第2セットの中盤あたりからは、錦織が調子を上げると共に、ベネトーに疲れが見え始め、最後は一方的な展開となりました。体調が悪い中でも何とか勝ちをもぎ取るところができるのがトップ選手の実力です。

3回戦の相手は42位のアンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)
過去の対戦成績は1勝1敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Andrey Kuznetsov
2回戦の状況からすると脇腹の故障が完全に癒えていないようなので、体調がどこまでリカバリーできるかにかかっていると思われます。


WTAランキング49位の土居美咲(Misaki Doi) が 17位で第15シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova)に7-6、6-3のストレート勝利。
第1セットを接戦の末にタイブレークで取ると、第2セットは一気にプリスコバのサービスゲームを2回ブレークして6-3で取りました。土居は本当に強くなりました。

3回戦では、57位のアンナ-レナ・フリードサム(Anna-Lena Friedsam)と対戦します。
過去の対戦成績は土居の2勝0敗。今の土居の調子なら勝ち上がってくれるでしょう。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Anna-Lena Friedsam


93位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 109位のカリーナ・ウィットフェフト(Carina Witthoeft)に3-6、0-6のストレートで敗退。
右足の太もものテーピングが痛々しい奈良くるみ。1回戦では試合後にコートに倒れこみ立ち上がれなくなるほどでした。やはり1日での回復は無理だったようです。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

土居美咲公式ブログ
奈良くるみ公式ブログ

このページのトップヘ