つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ウクライナ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪の靱テニスセンターで開催されていたテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループのプレーオフで日本チームがウクライナに3連勝し、来年のワールドグループへの残留が確定しました。
Davis Cup

今回は初日のシングルス1、2に錦織を起用せずにダニエルと西岡で2勝出来た事で、圧勝の結果となりました。
今までの試合ではシングルスで錦織が2勝しても他が取れない試合が見受けられました。
今回は、錦織をダブルスへ回す事でダブルスの1勝がかなり確実に見込めるので、初日にシングルスでダニエルか西岡のどちらかで1勝出来れば、最終日のシングルス第1試合で日本が負けて2-2とされた場合には錦織を出して3-2で勝ちに行く作戦だったと思われます。
初日のシングルスの組み合わせが逆だったら、初日での2連勝は無かったかもしれません。
今回は組み合わせ的に非常に上手くいきました。

シングルス1
ATPランキング88位のダニエル太郎(Taro Daniel)が105位のセルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)に7-6、7-6、6-1のストレートで勝利。
第1、2セットはスタホフスキーにかなり押されていましたが、暑い気象条件もあり、スペイン仕込のダニエルの粘りのテニスで、徐々にスタホフスキーを消耗させミスを導き出して、第3セットではダニエルの一方的な展開に持って行くことが出来ました。
特にクレーコートでの試合ではエンドラインの2メートル以上後ろでプレーしているダニエルですが、昨日はかなりポジションを浅めに構えて、ダウンザラインへのウイニングショットや、たまに見せるネットプレーなど、以前よりも攻撃面でのパワーアップが見られました。
彼はデビスカップのたびに成長していきます、これからの活躍が楽しみです。

シングルス2
96位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が50位のイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)に6-4、5-7、6-4、7-5で勝利。
ランキング的には上の対戦相手ですが、今年メンフィスでストレートで勝っている相手と言う事もあり、冷静に戦えたのが良かったと思われます。
西岡のクレバーなストロークの展開力に、疲弊してきたマルチェンコがミスを連発し始めて、第4セットは2-5のビハインドな状況から5連続でゲームを取っての勝利でした。

ダブルス
錦織圭 (Kei Nishikori)/杉田祐一(Yuichi Sugita)組がアルチョム・スミルノフ(Artem Smirnov)/セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)に6-3、6-0、6-3のストレートで勝利。
序盤は、錦織/杉田組はサービスゲームのキープに苦しみましたが、苦しみながらも何とかキープする事により、徐々に調子を上げて行き、中盤からは一方的な展開となっていきました。
初日のシングルスの疲れが残っていたからか、スタホフスキーのプレーに精彩が無くミスが多く見受けられました。
初日にダニエルが粘り強いテニスでスタホフスキーを疲れさせた事が2日目の楽な戦いにつながりました。
監督の采配とチームワークにより、非常に素晴らしい戦いとなりました。
来年のワールドグループでの戦いが楽しみです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

9月16日(金曜日)から大阪の靱テニスセンターでテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループのプレーオフが行われます。

デビスカップ JTA 公式サイトのチケット情報から、「チケットぴあ」を見てみましたが、初日と最終日のシングルスの試合は、錦織人気のお陰でしょうが、車いす席以外は既に全て売り切れとなっていました。


対戦相手はウクライナで、チーム別の世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。
Current Ranking | Davis Cup
ウクライナはATPランキング57位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)が出場メンバーに入っていないので日本が有利のように思われますが、錦織に続く選手のレベルが低い日本は苦戦が予想されます。

ウクライナはATPランキング84位のマルチェンコと85位のスタホフスキーがシングルスNO1、2に出てくると思われます。
マルチェンコは全米オープンでベスト16まで勝ち上がっていて調子が良さそうで、来週発表のランキングでは50位あたりに上がってくると思われます。要注意です。

過去の対戦を見ると、マルチェンコに対しては錦織、西岡がともに1勝0敗。
193cmの長身のスタホフスキーに対しては、錦織が0勝2敗、西岡が0勝1敗と不利な成績となっています。
杉田とダニエルは過去の対戦がありません。

錦織がスタホフスキーに負けたのは2011年、最近は211cmのカルロビッチのサービスを上手くリターンしているくらいですから、多分2勝は硬いと思われますが、問題はNO2シングルス。
杉田、西岡、ダニエルの誰をシングルスに出場させるか、監督の采配が勝敗を大きく左右すると思われます。

また、毎回ダブルス要員として出場していた内山選手が今回は入っていないので、ダブルス出場選手も非常に興味深い選択となります。


過去のATPツアーでの対戦成績
錦織 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Illya Marchenko
錦織 対 スタホフスキー 0勝2敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sergiy Stakhovsky

西岡 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Illya Marchenko
西岡 対 スタホフスキー0勝1敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Sergiy Stakhovsky


日本の出場予定選手のATPランキング
7位 錦織圭 (Kei Nishikori) 
82位 杉田祐一(Yuichi Sugita)
85位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)
101位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナの出場予定選手のATPランキング
84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)
85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)
308位 アルチョム・スミルノフ(Artem Smirnov)
667位 ダニロ・カレニチェンコ(Danylo Kalenichenko)


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップワールドグループのプレーオフ 日本 対ウクライナ戦が、9月16日から18日に大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで開催されます。
デビスカップ|JTA
World Group Play-offs

ウインブルドンテニスのシングルス4回戦で怪我の為に途中リタイアした錦織選手が万全の体調で出場出来るか心配ですが、もし出場したら大勢のファンが集まる事でしょう。

チームの世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。少しばかり日本が上ですが、日本は錦織に続く選手のレベルが低いので苦戦が予想されます。
Current Ranking
現在のランキングでトップ1、2選手が出場すると仮定すると、
ナンバーワンシングルスで錦織が2勝
ナンバー2シングルスで西岡が2敗。
ダブルスでの勝敗で決まる事となります。

日本のトップ選手のATPランキング
6位 錦織圭 (Kei Nishikori) 

93位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)

106位 杉田祐一(Yuichi Sugita)

113位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナのトップ選手のATPランキング
37位 アレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)

84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)

85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)

ヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦のオーストリア戦にはドルゴポロフは出場しませんでした。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

マレーシア航空の旅客機がウクライナ上空で撃墜された可能性が高いようですが、各国の航空会社が、ウクライナ上空の飛行を回避することを決めたとのニュースが報道されています。
しかし、欧米の航空会社のことは書かれていますが、日本の航空会社のことは書かれていません。

これから夏休みの旅行シーズンに入りますので、ヨーロッパへ旅行に行かれる方は、飛行ルートを航空会社に確認しておいたほうが良いと思われます。

各国航空会社 ウクライナ上空の飛行回避:NHKニュース

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ