つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: オリンピック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

日本人選手の活躍で盛り上がっている平昌冬季オリンピックですが、フィギュアスケートの男子フリーで中国人審判の採点が極端に中国人選手に有利に、ライバル選手に厳しく採点したのではないかとの不正採点疑惑がニュースになっています。

THE ANSWERの記事を見ると4位に入った中国の金博洋選手を高く、銀メダルの宇野昌磨、銅メダルのハビエル・フェルナンデスの採点を低く評価して、何とか銅メダルに食い込ませたかった意図があったように見えます。
フィギュア、中国人審判の不正採点疑惑が浮上 自国選手の高得点で調査へ…海外一斉報道-THE ANSWER
【これが問題となった採点表】羽生よりも金博洋が高得点 中国人ジャッジに不正採点疑惑?-THE ANSWER

ただ、中国以外でもスペイン人審判はフェルナンデスを羽生より高く評価し、日本人審判はフェルナンデスに厳しい採点を行っているようにも見えます。

フィギュアスケートでは2002年のソルトレイクでの不正採点が有名ですが、この不正を受けて、採点方法に改善がなされたようですが、今回の事例を見るとまだまだ改善の余地がありそうです。
ソルトレイクシティオリンピックにおけるフィギュアスケート・スキャンダル

フィギュアスケートの採点法 - Wikipedia

オリンピックの競技は夏の陸上や競泳、冬はアルペンスキーやスピードスケートなど、勝敗がはっきりと分かる競技の方が勝っても負けてもスッキリしていて心から楽しむ事が出来るので好みです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

先日、新宿へ行ったついでに都庁へ寄って、使わなくなった携帯電話やデジカメなどを2020年の東京オリンピックのメダル製作に利用される回収ボックスへ入れてきました。

携帯電話は破壊する機械が置いてあり、係りの人が目の前で破壊してくれたので安心でした。
デジカメやACアダプター、電源ケーブルなども回収していただけました。

帰りにはお礼としてマグネット型のオリンピックバッジをもらいました。

回収場所は東京都庁第一本庁舎の2階にあります。エスカレーターで上がった直ぐのところにあります。

不要な小型電子機器を回収し東京2020大会のメダル製作|東京都

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

携帯電話やデジカメを都庁の回収ボックスへ オリンピックメダルに利用されます

回収ボックスの上にはカウンターが付いています




携帯電話やデジカメを都庁の回収ボックスへ オリンピックメダルに利用されます

携帯電話を破壊する機械




携帯電話やデジカメを都庁の回収ボックスへ オリンピックメダルに利用されます

携帯電話だけでなくデジカメやACアダプターなども



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

未だに、リオオリンピックの陸上400mリレー決勝の興奮から冷めません。バトンパスの素晴らしさが言われていますが、技術だけでなく4人の10秒を切れそうな走力があったからこその銀メダルだと思います。
競泳の4×200mフリーリレーでも銅メダルを獲得しました。日本人アスリートの基礎体力がかなり向上している証でしょう。
400m決勝戦を見逃した方は、YoutubeのNHKチャンネルに動画がアップされているので、オススメです。
>>【NHKリオ】ノーカットで400mリレー決勝! アジアの短距離史上 最速の走りを目撃せよ

ところで、昨日の閉会式での東京五輪紹介のセレモニーでの「安部マリオ」の演出は、世界のメディアに対して大きなインパクトがあったようで、海外のニュースサイトでかなり詳しく画像入りで取り上げられています。

スーパーマリオ、パックマン、ドラえもん、キャプテン翼、ハローキティ、などの世界的に有名な日本のキャラクターが登場する楽しい演出でした。
日の丸を形作ったセグウェイに似た乗り物はトヨタのウィングレット と言う製品のようです。
最先端の拡張現実(拡張現実 - Wikipedia)などのハイテク技術と、30年以上の歴史ある世界で親しまれている日本のキャラクターの融合した、素晴らしいプレゼンテーションでした。

また、今回の演出では、オリンピックのエンブレムの市松模様デザインが非常に印象的でした。
小池都知事の和服も良かったし、エンブレムも都知事も、やり直しが大正解だったようです。

閉会式の東京五輪紹介のセレモニーを見逃した方は、こちらもYoutubeのNHKチャンネルにアップされています。
>>【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー

海外のニュースサイト
New York Times
A Morning Surprise for Japan: Shinzo Abe as Super Mario | New York Times

BBC
Tokyo 2020 clues: when Japan's PM dressed up as Mario | BBC

TIME
Japan’s Shinzo Abe Pops Up as Super Mario for Olympics Closing Ceremony|TIME

CNN
Mario steals the show for Nintendo at Rio Olympics closing ceremony |CNN Money

ABC NEWS
Rio 2016: Japan's Prime Minister Shinzo Abe appears at closing ceremony as Mario | ABC NEWS

Dailymail
Japanese Prime Minister Abe wows Rio finale as Super Mario | dailymail

Chicago Tribune
Japanese Prime Minister Shinzo Abe wows Rio finale as Super Mario |Chicago Tribune

the guardian
Why Japanese PM Shinzo Abe was dressed as Super Mario in Rio | the guardian


Wikipedia
トヨタ・ウィングレット - Wikipedia
ウィングレット(Winglet)とは、トヨタ自動車が製作した充電式の1人乗り車両であり、車輪の配置はセグウェイ同様の横二輪である。2008年8月1日に初めて一般公開された。

スーパーマリオブラザーズ - Wikipedia
『スーパーマリオブラザーズ』(Super Mario Bros.)は、任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。日本での発売は1985年(昭和60年)9月13日。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

パックマン - Wikipedia
『パックマン』(Pac-Man)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)より1980年5月22日に発表されたアーケードゲーム、またはそのシリーズのタイトルで同社の看板タイトルである。

ドラえもん - Wikipedia
『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品、及びそれを原作としたアニメ、映画、キャラクター商品である。

キャプテン翼 - Wikipedia
『キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一によるサッカー漫画。および、それを原作にした派生作品。サッカーに打ち込む少年達の姿を描き、連載時に日本国内でサッカーブームを起こすと、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた。
ブラジル代表のカカもキャプテン翼のファンであったようです。

ハローキティ - Wikipedia
ハローキティ(英語:Hello Kitty)は、株式会社サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス3位決定戦で錦織圭が勝利、銅メダルを獲得しました。
Rio 2016 Drawsheet

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 5位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に6-2、6-7、6-3のフルセットで勝利。

ナダルのサービスゲームで始まった第1セット、2-2から4ゲーム連取で6-2。
ダブルスにも出場し優勝しているナダル、さすがに疲れが蓄積しているようで、錦織にストロークで左右に振り回されると追いつけずミスが目立ちました。

第2セットもナダルのサービスゲームを2ゲームブレークして5-2、次のサービングフォーザセットの第8ゲームをキープすれば勝ちのところまで一気に来ました。
しかし、ここで勝ちを意識したためか、1勝9敗と大きく負け越している不安からか、急にダブルフォルトやストロークミスが出はじめ、このゲームを落としてしまうと徐々にナダルペースに。結局2ゲームブレークバックされてタイブレークへ。タイブレークでは1ポイントしか取れずに1-7で落としてしまいました。

これで、ナダルの勝ちムードに傾きかけましたが、錦織は第3セットとの間のバスルームブレークで、長時間をかけてリフレッシュし、気を取り戻してコートに戻ってきました。
逆に第2セットの流れから一気に勝ちに行きたかったナダルは、あまりにも遅い錦織に対してイタイラし、冷静さを失っていました。
テレビでの沢松奈生子さんが巌流島の戦い(巌流島の戦い - Wikipedia)の宮元武蔵に例えて解説していましたが、ナダルは試合をしていた1番コートのトイレを使ったが、錦織はセンターコートのトイレを使ったようで、それにより長時間かかったようです。大会関係者の案内で行ったのだと思いますが、結果的にはこの長いブレークタイムが錦織にはラッキーでした。

第3セットでは冷静さを取り戻した錦織が疲れの見えたナダルを振り回し、2-1からのナダルのサービスゲームをブレークしてそのまま逃げ切って6-3で勝ちました。

錦織のメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(アントワープオリンピック - Wikipedia)のシングルスで銀メダルを獲った熊谷一弥(熊谷一弥 - Wikipedia)さん以来となる96年ぶりのメダル獲得の快挙です。
また、熊谷さんは柏尾誠一郎(柏尾誠一郎 - Wikipedia)さんと組んでのダブルスでも準優勝しています。
この2個のメダルが、オリンピックでの日本人のスポーツ選手史上初めてのメダル獲得です。

錦織選手は今週からアメリカのシンシナティで開催されるウエスタン&サザン・オープンへ、第5シードで出場の予定です。1回戦は免除されていますが、きつい日程で疲労による怪我が心配です。
Western & Southern Open


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス準々決勝で錦織圭が勝利、準決勝へ進みました。
Rio 2016 Drawsheet

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が11位で第6シードのガエル・モンフィス(Gael Monfils)に7-6、4-6、7-6のフルセットで勝ちました。
第1セットをタイブレークした錦織が、第2セットの出だしのモンフィスのサービスゲームをいきなりブレークして、一気に錦織ペースになるかと思いましたが、すぐにブレークバックされ、さらに4-5からのサービスゲームをブレークされて落としてしまいました。

緊張感のある展開となった、第3セットもタイブレークに。
いきなり連続でミニブレークされて0-4に。一つミニブレークを返しましたが3-6でマッチポイントに。
しかし、ここから錦織が5連続ポイントを取って勝利。
前回と同様に、モンフィスはほとんど勝ちを手にした試合を取りこぼしてしまいました。
タイブレーク5-6からモンフィスが致命傷となるダブルフォルト。錦織に勝ったことのないモンフィスは、最後の1ポイントで緊張してサーブが入らなくなってしまったのでしょうか。

この試合でも、3回戦と同様に錦織のストロークミスが目立ちました。
また、わき腹に少し不安が残るのか、ファーストサーブインの確率が低く、スピードも出ていませんでした。

準決勝では2位で第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝6敗。
ファーストサーブがもう少し入って、ストロークの精度も上げていかないと勝つのは難しいと思われます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Andy Murray


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス3回戦。錦織圭が勝利、ダニエル太郎は敗退しました。
Rio 2016 Drawsheet

今回のオリンピックではNHKがオンラインのストリーミングでライブや過去の試合の動画放送を行っているので見逃した試合を見れるので便利です。
テニス | NHKリオデジャネイロオリンピック

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が121位のアンドレイ・マーティン(Andrej Martin)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
第1、2セットともに2-2から一気に4ゲーム連取して6-4で取りました。
スコア的には一方的な勝利で危なげない試合でしたが、錦織のミスショットがすごく目立ちました。
最近の錦織は、このクラスの格下選手相手には取りこぼしすることが無くなりましたが、これからの対戦相手にはもう少しショットの精度を上げて行かないと勝てないと思われます。

準々決勝では11位で第6シードのガエル・モンフィス(Gael Monfils)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の2連勝中です。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Gael Monfils


117位のダニエル太郎(Taro Daniel)が141位のフアン・マルティン・デル ポトロ(Juan Martin del Potro)に7-5、1-6、2-6の逆転で敗退。
第1セット、先にサービスゲームをブレークされたダニエルでしたが、ブレークバックして追いつきタイブレークへ。
タイブレークではデルポトロのサービスゲームを2個ミニブレークして7-4で取りました。
しかし、第2セットではダニエルのショットが浅くなり、ミスが目立つようになり、一気に5連続でとられて0-5に、結局1ゲームキープできただけで1-6で落としました。
第3セットは2-2から4ゲーム連取されて2-6で敗退。
試合には負けましたが、バックラインからのストロークが主体のダニエルですが、この試合では積極的なネットプレーなども見られました。着実に実力アップしてきています。これからが楽しみです。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ