つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: カルロビッチ

ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで行われている、男子テニスツアーのアメリカ国際インドアテニス選手権(U.S. National Indoor Tennis Championships )のシングルス準決勝で、ATPランキング16位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)がATPランキングで80位のイヴォ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)に6-4、 7-6(0)のストレートで勝ち、昨年に続き本大会2連勝となりました。

第1セットはカルロビッチのサービスゲームをひとつブレークし、それを守りきって6-4で取りました。
第2セットはお互いにサービスキープでタイブレークへ。そこで、錦織が驚異的な集中力を見せ、相手に一本もポイントを与えずに、7-0で取りました。
試合後には2連勝の錦織の名前が壁に書き込まれました。
アメリカ国際インドアテニス選手権決勝で錦織圭がカルロビッチに勝利 大会2連勝 アメリカ国際インドアテニス選手権決勝で錦織圭がカルロビッチに勝利 大会2連勝 アメリカ国際インドアテニス選手権決勝で錦織圭がカルロビッチに勝利 大会2連勝

カルロビッチは既に34歳でランキングでは格下ですが、211cmで104kgの巨体からの強烈なサーブを武器にしています。
過去の対戦成績(ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Ivo Karlovic)は錦織の0勝2敗でした。
先日行われた、PBZザグレブ・インドアの1回戦で、サービスエース44本の歴代最高タイ記録を達成していて、今日も錦織は2セット合計で20本のサービスエースを奪われました。
少しでも気を抜いて、サービスゲームをブレークされたら、セットを取られてしまいます。
昨年までの錦織は、試合の途中で集中が切れることが度々ありましたが、マイケル・チャンがコーチに加わり、厳しい目でコートサイドから睨み付けていることもあると思いますが、最後まで集中力を切らさずに勝ち抜くことが出来ました。
アメリカ国際インドアテニス選手権決勝で錦織圭がカルロビッチに勝利 マイケル・チャン
 
この調子ならトップ10入りも間近だと思われます。今年の活躍が楽しみです。

エルヴィス・プレスリーゆかりの地での大会らしく、優勝トロフィーはギターの形をしたラケットでした。
アメリカ国際インドアテニス選手権決勝で錦織圭がカルロビッチに勝利 優勝トロフィーはギターの形をしたラケット
 

大会公式サイトの錦織2連覇のニュースに、マイケル・チャン他のスタッフ陣との写真が掲載されていました。
Kei Nishikori Repeats As Memphis Champion

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで行われている、男子テニスツアーのアメリカ国際インドアテニス選手権(U.S. National Indoor Tennis Championships )のシングルス準決勝で、ATPランキング16位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が98位のマイケル・ラッセル(Michael Russell)に6-3、 6-2のストレートで勝ちました。

第1セットはラッセルにサービスゲームをひとつブレークされますが、2個ブレークバックして6-3で取りました。
第2セットはブレークポイントを一つも与えない一方的な展開で、ラッセルから2個のサービスゲームをブレークして6-2で取りました。ラッセルは最高ランキングでも60位の実力の選手。今の錦織の調子では相手になりませんでした。

決勝戦では準決勝でルー・イェンスン(Yen-Hsun Lu)に途中リタイアで勝った、ATPランキング80位のイヴォ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)と対戦します。
錦織が勝てば、昨年に続く本大会2連勝となります。

カルロビッチは既に34歳でランキングでは格下ですが、211cmで104kgの巨体からの強烈なサーブを武器にしています。
過去の対戦成績(ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Ivo Karlovic)は錦織の0勝2敗です。

兵庫県のビーンズドームで行われた、2012年のデビスカップ クロアチア戦は生観戦しましたが、頭の上まで弾んでくるサーブに全く歯が立ちませんでした。錦織はストローク戦で組み立てて行くタイプなので、このようなタイプの選手を不得意としています。

カルロビッチは先日行われた、PBZザグレブ・インドアの1回戦で、サービスエース44本の歴代最高タイ記録を達成しています。
今大会もサービスが絶好調で、2回戦ではATPランキング26位で第2シード、昨年準優勝のフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)から19本のサービスエースを奪っています。

マイケル・チャンのコーチングで実力アップした錦織が、全く相手にならなかったカルロビッチに対して、どのような作戦を立ててくるのかが楽しみです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップのクロアチア戦の3日目はWOWOWで観戦しましたが、残念ながら一勝一敗で、トータル2−3でクロアチアに負けました。

第一試合の錦織圭 VS イワン・ドディグ(Ivan Dodig)の試合は7-5, 7-6(4), 6-3のストレートで勝利しました。
現在の実力からすると、ストロークのレベルは錦織の方が上なので、ドディグのサーブがガンガン入らない限り勝てるであろう展開で、結局、ドディグのファーストサーブが56%程しか入らなかったこともあり、負ける気のしない試合でした。
デビスカップ クロアチア戦 錦織圭 デビスカップ クロアチア戦 錦織圭


添田豪 VS イヴォ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)の試合は6-7(4),1-6, 4-6の3-ストレートで敗退しました。
208cm、104kgの巨体からのサービスは錦織でもそうでしたが、どうしても崩すことが出来ませんでした。
ファーストセットは添田もサービスキープしてタイブレークに持ち込み、タイブレークでもかなり良い戦いをしましたが、もう少しの所で、勝ち切る事が出来ませんでした。
また、インドアだとサービスが安定するので、ビッグサーバーにはより有利になるようです。
せっかくのホームでの開催なのに、どうしてもう少しこちらに有利なサーフェスを準備できなかったのか疑問が残ります。
デビスカップ クロアチア戦 添田豪 デビスカップ クロアチア戦 添田豪


結局、添田も初日の錦織よりはかなり良い戦いをしていましたが、カルロビッチから一度もブレークを取る事が出来ませんでした。
サービスとサービスダッシュで決めてしまう省エネテニスなので、なかなか疲れてくれないし、勝つことは本当に難しそうに見えました。

錦織、添田があと一勝するか、伊藤/杉田のダブルスが勝てればとのあと一歩の所でしたが、今回は初日1番手シングルスの添田がワールドグループでの歴史的な一勝に始まり、最終日の最終試合まで、はらはらドキドキの試合を楽しませてもらいました。素晴らしい活躍をしてくれた選手や監督に感謝します。

JTA:BNPパリバ デビスカップ 2012ワールドグループ 1回戦「 日本 対クロアチア」

錦織圭公式ブログ
添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ