つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:カーリング

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

平昌冬季オリンピックの日本チームが3位に入賞したカーリング女子三位決定戦での、英国チームのスキップ、イブ・ミュアヘッド選手が勝利を狙って2点を取りに行った最後のショット。
ネットの記事によると「100回中99回成功できたはず」の易しいショットだったようですが、
美女スキップの“1%の失投”に英名手は同情「残酷な終焉になってしまった」-THE ANSWER
素人目には、2点取るのはかなり難しそうに思えてなりませんでした。
あれ以来、最後の映像が目から離ずいろいろと試してみたくて、ついついシミュレーションソフトを作ってしまいました。
簡単な数値モデルなので、実際とは動きが異なると思いますが、そこそこそれらしい結果が出ました。

実際の最後の映像と同じような動きをするようにパラメーターを調整していき、
実際に近いケース、
同じスピードで厚く当たる、2,4,6,8,10cm左を通るケースと、
薄く当たる、2,4,6,8,10cm右を通るケース。
今回のシュミレーションでは4cm左を通るケースで赤石が1,2番となり2点で英国の勝ちとなりました。
2cmと、6cmのケースでは2点取れない結果となりましたので、かなり狭い範囲の精度の要求されるショットであったように思われます。

女子カーリング3位決定戦の最後のショットをシミュレーションしてみた -youtube
http://www.curingsimulation.jp/

実際の映像では 赤石1番、4番 黄石2番,3番,5番の状態から
カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


黄石2が中心へ移動し1番。日本の勝利に。
カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット



実際には氷が融けることによる摩擦の変化、ストーンの重心が少しずれていたり、正確にシミュレーションするのは難しいことだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

平昌冬季オリンピックの日本チームが3位に入賞したカーリング女子三位決定戦での、英国チームのスキップ、イブ・ミュアヘッド選手の最後のショット。
ネットの記事によると「100回中99回成功できたはず」の易しいショットだったようです。
美女スキップの“1%の失投”に英名手は同情「残酷な終焉になってしまった」-THE ANSWER

日本チームは藤沢選手が投げた時点で負けたと思ったようですので、それほど難しいショットではなかったようです。
しかし、私にはビデオ画像を何度見ても、2点取るのはかなり難しそうに思えてなりません。

投げる前の時点では赤石が1、4番、黄石が2、3,5番。
投球した赤石が黄石3番に当たり、撥ねた黄石3番が赤石1番に当たりほんの少し中心方向へ移動して1番となりました。黄石2番は狙い通り中心から遠くへ移動しましたが1番を取った黄色の勝ち。

テレビではもう少し厚く当たればと解説していましたが、確かにもう少し厚く当たっていれば、撥ねた黄石3番がもう少し勢い良く右下に出て行ったかもしれません。

しかし、厚く当たりすぎた場合には黄石3番が下方向にある赤石4番に当たり出してしまうかもしれません。狙う範囲はかなり狭いように見えます。

素人目には、ドローで1,2番狙いのショットをした方が、失敗しても赤石1番は残るので良かったと思われますが、黄石3番が邪魔になってそれも難しかったのでしょう。

結果はともかく、予選から3位決定戦まで、ワクワクするゲームを堪能させていただきました。

カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


黄石2が中心へ移動し1番。日本の勝利に。
カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今朝は早くから生中継していた、オリンピックのカーリングを応援しましたが、残念ながら中国に敗退しました。
これで2敗なので、六勝三敗以上が目標と言われている、決勝リーグへの進出はかなり難しくなってきたようです。

昨日の世界ランク一位のカナダ戦も五分五分の戦いでしたが、毎日惜しい戦いで、ついつい最後まで見てしまいます。

中国女子カーリングチームは昨年の世界選手権決勝で優勝している強豪ですが、中国でのカーリングの歴史は非常に短く、カナダ人のコーチを招へいして強化を行い、わずか9年で世界一になったようです。

NumberWebに中国のオリンピックに対する戦略についての記事がありました。それによると、ショートトラックの選手をカーリングへ転向させて選手に育てたようです。

日本のようにクラブチームの中なら強いところが出て来るのと違い、最初から世界一を狙ってナショナルチームを作っていく処が強みだと思います。

日本の場合はマリリン(本橋麻里)を中心とした人気が先行していますが、あまりメダルにギラギラしないでところが日本の良いところのような気もします。

“ソ連”の凋落と中国の台頭。国家戦略としての五輪スポーツ。〜カーリング女子・中国代表の凄さ〜
マイナー競技の金メダルは中国独占!?五輪で顕在化する国家スポーツ戦略。

Wikipedia カーリング
チーム青森公式サイト
本橋麻里 Official Web Site
Wikipedia 本橋麻里
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ