つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: クルム伊達公子

ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニス(US Open Official Site)の女子ダブルス準決勝で、クルム伊達公子/バルボラ・ザフラヴォワ・ストリツォワ組が第4シードのエカテリーナ・マカロバ/エレナ・ヴェスニナ組に5-7、3-6で敗れました。

今回はめずらしく、WOWOWがダブルスの試合をテレビ中継してくれました。

第1セット序盤は伊達/ストリツォワ組が押し気味で5-2まで進みました。
しかし、8ゲーム目の伊達のサービスゲームで2度のセットポイントを取ることが出来ずに落とすと、このゲームがターニングポイントとなり、一気にマカロバヴェスニナ組のペースに。
一気に連取され、5-7で落としてしまうと、第2セットも一気に0-4になってしまい、3-6で落としました。

あのゲームを取っていれば、試合展開は全く違っていたと非常に悔やまれますが、土壇場で取らせてくれないのが、世界トップレベルの選手の実力です。

また、マルチナ・ヒンギスはフラビア・ペンネッタと組んで同じく準決勝を勝ち、決勝戦へ進出しました。

ヒンギスとの決勝対決を楽しみにしていましたが、残念な結果となってしまいました。

伊達さんのブログを見ると、ストリツォワの調子がいまいちで、伊達さんの調子も落ちてしまったのが敗因だったようです。
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニス(US Open Official Site)の女子ダブルス準々決勝で、クルム伊達公子/バルボラ・ザフラヴォワ・ストリツォワ組が第8シードのアンドレア・フラヴァコバ/ジェン・ジー組に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝ち、準決勝へ進出しました。

WOWOWのテレビ中継は無かったのですが、メンバーズオンデマンドで配信されていたので、パソコンでの観戦となりました。伊達組が押し気味でしたが、スコアは拮抗し、どちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、きわどい勝負を物にしました。勝負強さはさすがです。

準決勝では第4シードのエカテリーナ・マカロバ/エレナ・ヴェスニナ組と対戦します。
マカロバはシングルスでも準決勝まで勝ち進んでいます。シングルスの疲れが出るようであれば、勝つチャンスがあると思われます。

また、マルチナ・ヒンギスがフラビア・ペンネッタと組んで同じく準決勝へ勝ち上がっています。
二人とも準決勝を勝ち上がれば決勝戦での対戦となります。二人の決勝対決が実現したら、大きな話題になるでしょう。

伊達公子オフィシャルブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニス(US Open Official Site)の女子ダブルス3回戦で、クルム伊達公子/バルボラ・ザフラヴォワ・ストリツォワ組が第2シードのシェ・シュウェイ/ ペン・シュアイ組に7-6、6-4のストレートで勝ち、準々決勝へ進出しました。
WOWOWの中継が無かったので、試合の状況が分かりませんが第2シードに勝ったとはこれからが更に楽しみです。
公式サイトにニュースが掲載されていました。
Date-Krumm makes first US Open quarterfinal in 20 years

準々決勝では第8シードのアンドレア・フラヴァコバ(Andrea Hlavackova)/ジェン・ジー(Jie Zheng)組と対戦します。

また、マルチナ・ヒンギスがフラビア・ペンネッタと組んで同じく準々決勝へ勝ち上がっています。
二人ともこのまま勝ち上がれば決勝戦での対戦となります。二人の決勝対決が実現したら、大きな話題になるでしょう。

期待したいですが、伊達さんの山にはウイリアムス姉妹がいるので、決勝まで勝ち上がるのは、かなり難しいと思われます。
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年最後のグランドスラム 全米オープンテニス(US Open Official Site)の本戦が昨日から始まりました。時差の影響で日本時間では深夜からの試合開始となるので、これから寝不足の毎日となってしまいそうです。


昨日は、奈良くるみ、クルム伊達公子、ダニエル太郎の3名の日本人選手が登場しました。
第31シードの奈良くるみは順当に勝ち上がりましたが、残念ながら伊達とダニエルは1回戦敗退となってしまいました。



WTAランキング33位で第31シードの奈良くるみ(Kurumi Nara) が 97位のアレクサンドラ・ウォズニアク(Aleksandra Wozniak ) に6-2、6-1のストレートで勝ちました。
昨年はランキング100位以下で予選から出場した奈良が今年は第31シード。この一年での実力アップを見せ付ける、まったく危なげな戦い方でした。
2回戦では58位のベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic)と対戦します。17歳の伸び盛りの選手ですのでランキングは下ですが侮れない相手です。


88位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) が 20位のヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)に6-2、3-6、3-6の逆転で惜しくも敗退しました。
第2セットからネットに引っかかる伊達のショットが目立つようになりました。動きが少し遅くなり、振り遅れるようになってしまったのかもしれません。これでヴィーナスには4連敗となってしまいましたが、毎回本当に惜しい試合です。次の対戦の時にはきっと勝ってくれると期待したいと思います。


186位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 6位で第5シードのミロ・ラオニッチ(Milos Raonic)に3-6、2-6、6-7のストレートで敗退しました。
スコア的にはストレートでの敗退でしたが、一方的な試合ではありませんでした。
特に第3セットは先にブレークされてしまいましたが、4-5からのラオニッチのサービスゲームをブレークし、タイブレークまで持っていくことが出来ました。
ダニエルは2年前に慶應チャレンジャーで見たときより、大分筋肉がついて来たようで、サービスの威力もずいぶんと向上してきました。クレーコートで磨き上げた粘り強いストロークに力強さが加わり、かなり実力アップしてきたことが感じられます。予選3回戦を勝利しての本戦出場で、ランキングもキャリアハイを更新してくると思われます。これからの活躍が期待されます。



今日は錦織、西岡、土居の3人が登場します。

ATPランキング11位で第10シードの錦織圭 (Kei Nishikori) 対 176位のウェイン・オデスニク (Wayne Odesnik )
過去の対戦はありません。足の手術が回復していれば、難なく勝てる相手だと思われます。
錦織はシード選手が順当に勝ち上がると、 3回戦でATPランキング26位で第23シードのレオナルド・マイエル(Leonardo Mayer)と対戦します。


245位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 78位のパオロ・ロレンジ(Paolo Lorenzi)
過去の対戦はありません。
西岡は今回が始めてのグランドスラム予選出場でしたが、3回戦を勝ち抜き本戦出場を獲得しました。今の調子なら勝てない相手ではないと思われます。


90位の土居美咲(Misaki Doi) 対 17位で第16シードのヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)
過去の対戦はありません。かなり厳しい対戦相手となりましたが、土居がどこまで通用するのか、観戦が楽しみです。




伊藤の試合は明日になるようです。
126位の伊藤 竜馬(Tatsuma Ito) 対 51位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson
過去の対戦成績は伊藤の0勝1敗ですが、勝てない相手ではないと思われます。
ATP Head-To-Head:Tatsuma Ito vs Steve Johnson

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

中国の北京などの都市で大気汚染が「厳重汚染」となっていますが、その影響か、伊達さんが頭痛と目眩でチャイナ・オープンを途中棄権したようです。

9月28日のブログには
「頭痛だけでなく途中から目眩と
息苦しくなってきてテニスどころではなくなりました。」
とあります。1日に雨が降って青空が戻ったようですが、このような場所でテニスをするのには相当な危険が伴うのではないでしょうか。他の選手への影響が心配です。

1回戦で伊達さんに勝った土居美咲は2回戦で敗退しました。

毎日.jp:中国:PM2.5汚染最悪 北京、天津で基準値の3倍以上

伊達公子オフィシャルブログ

土居美咲公式ブログ - 美咲ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニスはいよいよ今日、決勝を迎えます。
先日は伊達さんの観客の応援に対する態度が、話題になっていましたが、昨日、現場で応援していたテニス仲間に会う機会があり、うかがったところ、まさか自分達に怒っているとは思わなかったようです。失敗した自分自身に向かって気合を入れているのだとばかり思っていたようです。もし、せっかく一生懸命に応援している自分たちが怒られていると知ったら、もう応援する気にもならなかった事でしょう。

Youtubeには伊達さんの「シャラップ!」、「ため息ばっかり!」などと観客に対して激怒したシーンの動画が沢山アップされていますし、この件に対しての批判の記事なども見かけられます。
SANSPO.COM:【甘口辛口】ため息連続でも…観客に「シャラップ」はない


以前にデビスカップの観戦に行った時に、試合の前に松岡修造さんが出てきて、「ため息」は絶対だめですと注意していたのが思い出されました。それ以来、私も注意していますが、ついつい思わず出てしまうことがあります。今回は、タイブレークの最初のサーブでいきなりダブルフォルト。あのシーンで「あー!」とため息がついつい出てしまうのは仕方が無いことです。

どのような緊張した場面でも普段練習してきた事を冷静に実行できるかどうかがトッププレーヤーとの差です。男子の添田豪や伊藤竜馬が、ここと言う場面で失敗し、崩れて行ってしまうシーンを何度か観戦しています。日本人選手にはもう少し精神力を鍛える必要があるようです。

それにしても観客に対して、「シャラップ!」(Shut up.)(黙れ!)とはひどい話。ペナルティーを取られてもおかしくないのではないでしょうか。私は伊達さんの復帰以来、東京有明国際女子オープンなど、何度もコートに足を運んで応援してきましたが、今回の件には本当にがっかりさせられました。


「過去と他人は変えることができないけれど、自分は変わることが出来る。」
観客の応援を気持ち良いものにするためには、肝心なときにミスをしないプレーを見せるしかないのではないでしょうか。ミスした時の観客のため息は、「よし!負けないぞ!」と自分の発奮材料に変えていく、そのくらいの気持ちの切り替えが出来ないなら、これからプレーを続けていくのは難しいのではないでしょうか。そろそろ引き時かもしれません。


今日は、WTAランキング 11位のペトラ・クヴィトバ(Petra Kvitova) 対 9位のアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerberの)の決勝戦が行われます。
大会の公式サイトを見ると Winnerには$426,000の賞金となっていますから、優勝すると4千万円ほどの賞金をもらえるようです。賞金に見合った観客を魅了するプレーを見せてくれることを期待しています。
東レ パン・パシフィック・テニス - TORAY PPO TENNIS
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ