ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

5:セビーリャ、コルドバ観光=>マドリッドへ

○スペイン広場
1929年に開催された「イベロ・アメリカ博覧会」のスペイン館であったものだそうです。

○カテドラル(大聖堂)
ムリージョ公園から細い街の中を歩いて、Barで一休み。Barではイベリコブタのハムなども食べられます。インド古文書館、王宮の横を通ってカテドラルへ。カテドラルの中にはコロンブスが埋葬されています。コロンブスの棺をレオン、カスティーリャ、ナバーラ、アラゴンの4人の国王がかついでいます。鐘楼 ヒラルダの塔は歩いて登ることができ、セビーリャの町が一望できますます。

セビーリャ観光後はバスでコルドバへ。

コルドバには、ローマ時代の2000年も前の橋がありました。

○タパスメニュー(tapas)のランチ
タパスとは小皿料理のことだそうです。キノコのニンニク野菜炒め、イカ、スペインオムレツ、ビーフのトマト煮込み、レモンシャーベットの昼食。

○メスキータ(Mezquita)
785年に建設が始まり2万5000人が収容できたというモスクで、カトリック教徒によりキリスト教の教会に改築されたもの。2重アーチと大量の柱が特徴的です。メスキータの裏は旧ユダヤ人街で迷路のような細い道が続きます。花の小道と言われる、ゼラニウムで飾られた花の小道も通ってきました。

コルドバ観光の後はセビーリャから新幹線(AVE)でマドリッドへ。振動の全くない快適な旅でした。
宿泊先は ラファエル ホテル(Rafaelhoteles Atocha)。夕食は中華料理店へ。久しぶりのお粥の味で満足でした。


ローマ橋カテドラル

カテドラル ヒラルダの塔カテドラル

カテドラル ヒラルダの塔からの眺めタパスメニュー

メスキータ(Mezquita)コロンブスの棺

花の小道コルドバの駅

新幹線(AVE)マドリッドの電飾

マドリッドでの中華料理

阪急交通社のトラピックス(trapics)のパックツアー「決定版スペイン8日間」に参加