つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: コロンビア

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

南米コロンビアのペレイラ(Pereira)で開催されていました、デビスカップのワールドグループのプレーオフ(World Group Play-offs )コロンビア戦の3日目のシングルスで日本が2連勝し、ワールドグループ残留が決まりました。

今回はアウェーでの戦いで苦戦が予想されましたが、最終決戦となったNO2同士の対決でランキング的に1ランク低いダニエル太郎が勝利したことの貢献度が非常に高い試合でした。
結果的にはワールドランキング14位の日本チームの、24位のコロンビアチームに対しての順当な勝利でした。

1試合目のシングルスNO1同士の対決は、ATPランキング6位の錦織圭(Kei Nishikori)が 59位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に 6-4, 6-2, 7-6のストレートで勝ちました。最終セットこそタイブレークにもつれこみましたが、終始安定してサービスゲームをキープし、一度もゲームをブレークさせない負ける気のしない試合展開でした。
過去の対戦成績も錦織が圧勝していますし初日に対戦したサウスポーのファジャよりも戦いやすかったのではないでしょうか。

2試合目のシングルスのNO2同士の対決は、ATPランキング124位のダニエル太郎(Taro Daniel)が 123位のアレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)に 7-6、6-3、6-2で勝ちました。第1セット序盤はファジャに強打やドロップショットで責められる展開でいきなり0-3と押される展開でしたが、徐々にダニエルのトップスピンのストロークが深く決まるようになり、ダニエルペースに。
ファジャのバックを攻めることにより、長いストローク戦はほとんどをダニエルが取れるような展開に。
終盤では明らかにファジャに疲れが見えてきて一方的な展開となり、一気に勝利をもぎ取りました。

ダニエルは以前見たときにはトップスピンストロークがほとんどでしたが、今日の終盤ではフラット系のウイニングショットも何本か決めていました。サービスエースも6本ありましたし、攻撃力がかなり向上してきているようです。
従来強かったディフェンス力に攻撃力が加わったことで、これからのランキングアップが期待されます。

スペインを拠点にしているダニエルはスペイン語で試合後のインタビューに答えていました。日本語よりも流暢なようでした。彼は英語、日本語、スペイン語に加えて最近はロシア語も出来るようになってきているそうです。テニスの世界ツアーで活躍するには語学力も重要です。

錦織が最年長のチームで、更に2日目のダブルスで錦織を出さず3日目に温存して勝利できたことで、日本のデビスカップチームも大きな節目を迎えました。来年のワールドグループでの活躍が期待されます。

日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)(シングルス6位、ダブルス416位)
ダニエル太郎(Taro Daniel)(シングルス124位、ダブルス1129位)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)(シングルス145位、ダブルス920位)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)(シングルス222位、ダブルス217位)



コロンビアチーム
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(シングルス59位、ダブルス97位)
アレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)(シングルス123位、ダブルス581位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス27位)
ロベルト・ファラ(Robert Farah)(ダブルス29位)


テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

内山靖崇公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日から南米コロンビアのペレイラ(Pereira)で始まったデビスカップのワールドグループのプレーオフ(World Group Play-offs )コロンビア戦の初日のシングルスは1勝1敗。今日はダブルスの試合が行われます。

ATPランキング124位のダニエル太郎(Taro Daniel)が59位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に4-6、3-6、6-3、6-1、4-6で惜しくも敗れました。
最初の2セット連取されたときにはワンサイドのゲームになるかと思われましたが、3セット目からはヒラルドにミスが目立ち始めダニエルが優勢に。しかし最終セットはヒラルドが集中を取り戻してショットの精度上げて来て取られてしまいました。非常に惜しい試合でした。
この調子ならダニエルが最終日のファジャ戦で勝てそうです。


ATPランキング6位の錦織圭(Kei Nishikori)123位のアレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)に7-6(3)、7-6(1)、7-5のストレートで勝ちました。
ランキングが100位以下で錦織が4連勝している対戦相手でしたが、思ったよりも苦戦をしました。
負ける気はしませんでしたが、サウスポー相手のアウェー戦で、やりにくかったのかもしれません。

今日のダブルスの試合は西岡良仁/内山靖崇 対 フアン・セバスチャン・キャバル/ロベルト・ファラの予定ですが、今日ストレートで勝った錦織に体力のゆとりがあれば、西岡を錦織に変更することも考えられます。

監督がどのような決断をするのか楽しみです。

日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)(シングルス6位、ダブルス416位)
ダニエル太郎(Taro Daniel)(シングルス124位、ダブルス1129位)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)(シングルス145位、ダブルス920位)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)(シングルス222位、ダブルス217位)


コロンビアチーム
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(シングルス59位、ダブルス97位)
アレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)(シングルス123位、ダブルス581位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス27位)
ロベルト・ファラ(Robert Farah)(ダブルス29位)



テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

内山靖崇公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップのワールドグループのプレーオフ(World Group Play-offs )コロンビア戦が、今日から南米コロンビアのペレイラ(Pereira)で開催されます。

日本チームは
錦織圭 (Kei Nishikori)(シングルス6位、ダブルス416位)
ダニエル太郎(Taro Daniel)(シングルス124位、ダブルス1129位)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)(シングルス145位、ダブルス920位)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)(シングルス222位、ダブルス217位)



コロンビアチームは
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(シングルス59位、ダブルス97位)
アレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)(シングルス123位、ダブルス581位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス27位)
ロベルト・ファラ(Robert Farah)(ダブルス29位)


のメンバー構成です。

ワールドランキングでは日本チームが14位で、コロンビアチームが24位。実力通りなら日本が勝てそうですが、今回はアウェーでクレーコートでの対戦ですし、ダブルスペアが強敵ですので苦戦が予想されます。

シングルスNO1出場が予想される錦織とヒラルドの対戦成績は錦織の6勝1敗、ファジャに対しては4勝0敗。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Santiago Giraldo
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Alejandro Falla

NO2のダニエルとヒラルド、ファジャの対戦はありませんがランキングでは少しダニエルの方がNO2のファジャより下です。

従って、ランキング通りの結果ですとシングルスで錦織が2勝、ダニエル2敗。
ダブルスではコロンビアチームはダブルス専門のランキングが高いキャバルとファラが組んでくる予定ですので、西岡と内山のペアではかなわない気がします。
従って、初日に1勝1敗となった場合には、錦織と内山のペアで2日目のダブルスを戦う可能性があります。錦織を酷使することが懸念されます。
その意味でも、スペインで練習していてクレーコートを得意としているダニエル太郎にコロンビアNO1のヒラルドを敗る金星を期待したいところです。

今回は添田と伊藤が外れ、錦織が最年長のメンバーに若返りましたが、デビスカップでは今回予想されるようにシングルスで2勝2敗で、ダブルスが勝敗を分ける場合が多いので、勝つためにはダブルスの強化が重要となります。
松岡修造さんは内山に期待していますが、今まで何度か試合を見ましたが、過度な期待に思えてなりません。
シングルスでも実力ある添田選手あたりがダブルスに転向してくれたら、もう少し結果が期待できるのですが。

アウェーでコロンビアまで応援に行けないので、WOWOWを観戦しながら応援したいと思います。

テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

内山靖崇公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

コロンビアとのデビスカップのワールドグループへの、プレーオフの3日目のシングルスに2勝し、日本は3勝、2敗でワールドグループへ復帰しました。昨日はWOWOWでの観戦となりました。

日本は予定していた昨日のダブルスを 錦織 圭/添田 豪 組から 杉田祐一/伊藤竜馬のペアに変更して敗戦しましたが、錦織と添田のスタミナが十分で万全のコンディションで最終日を戦うことが出来たのが勝因であると思われます。植田実監督の的を得た決断でした。

第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori) が 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に6‐1,6‐2,6‐4 のストレートで勝ちました。
キャリアハイ 39位の強敵で、188 cmの長身から打ち込んでくるヒラルドのビッグサーブにもう少し苦戦すると思いましたが、一方的な試合展開で、終始危なげない試合でした。ヒラルドは初日の添田戦で5セット振るマッチを戦っているので、その疲れの影響か、サービスに初日ほどの威力がないように見えました。
錦織のディフェンス力は素晴らしく、ヒラルドのスマッシュを返球するスーパーショットも見せてくれました。生錦織の観戦を目的に応援に出かけた錦織ファンには最高の試合内容でした。

このレベルの試合が出来れば、トップ10入りも間違いないと思われるのですが、錦織選手は精神的にのりの悪いと思われる試合も多く見受けられます。
昨年の楽天ジャパンオープンでの活躍や今回の生き生きとした表情を見ていると、日本に拠点を移すのも良いのではないでしょうか。IMGに渡って10年、節目としても良い時期ではないかと思われます。日米2拠点方式もありかと思います。


錦織が順当に勝ったので、2ー2の五分に。添田に日本の勝利が託されました。
第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)に4‐6,6‐4,6‐3,6‐3の逆転で勝ちました。
キャリアハイ 48位の強敵で、過去の対戦成績は添田の0勝1敗ですので、かなり厳しい試合になると思われましたが、素晴らしい精神力で勝ちきりました。

第1セットの序盤は添田のライン際を狙ったショットがほんの少しアウトするシーンが多く、ストロークで押しているのに、惜しいところで落としてしまいました。ボールの飛びを抑えるために、ガットのテンションを1ー2ポンド下げた事が効果があったのか、スイングもスムースになり、徐々にライン際のボールがオンラインに入るようになり、添田の流れになって行くと言う試合展開でした。添田にミスが目立って少なくなって行き、フラットな深いコースだけでなく、フォアの素晴らしいアングルショットが決まるようになり、逆にファリャは肝心なところでダブルフォルトをしてしまうなど、精神的な弱さが見られました。一度つかんだ試合の流れを相手に渡すことなく勝ちきることが出来ました。
テンションを上げるためか、試合中には何か言葉を常に発していて、今までに無い勝利への気迫の感じられる試合でした。この勝利は、今後の添田にとって大きな飛躍につながることは間違いありません。これからの活躍が期待されます。


この勝利で来年はワールドグループでの戦いを見ることが出来ます。錦織とナダルやジョコビッチとの対戦が実現するかもしれません。来年のデビスカップが今から楽しみです。

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

コロンビアとのデビスカップのワールドグループ プレーオフの2日目のダブルスは完敗で、日本は1勝、2敗と後がなくなりました。今日はWOWOWでの観戦となりました。


日本は予定していた 錦織 圭/添田 豪 組を 杉田祐一/伊藤竜馬のペアに変更して挑みましたが、ダブルスの得意なコロンビアペアに全く勝負になりませんでした。

杉田祐一(Yuichi Sugita)/伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)/ロバート・ファラ(Robert Farah)組に1‐6,2‐6,1‐6のストレートで敗れました。

今回のメンバー変更は正しい決断であると思われます。監督としてもこの敗戦は織り込み済みだと思われます。錦織 圭/添田 豪 組で負けた場合には、3日目のシングルスに疲れが及び、錦織 、添田ともに体力的にかなり不利になります。ここは、最終日のシングルスでの2勝にかけるのが道理でしょう。


今日の最終日はシングルスの2試合が行われます。
第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori) 対 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)。
キャリアハイ 39位の強敵です。
過去の対戦成績は錦織の2勝1敗ですが昨年のインディアンウエルズで7-5, 6-2 で負けています。現在のランキングからすると錦織の方がかなり上ですが、楽勝とはならないと思われます。
ATP Head-To-Head: Kei Nishikori vs Santiago Giraldo
188 cmの長身から打ち込んでくる210kmを超えるヒラルドのビッグサーブを錦織が返球することができるかが勝負の鍵となると思われます。

錦織が順調に勝った場合には第2試合の添田に勝敗がかかります、
第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)。
キャリアハイ 48位の強敵です。
過去の対戦成績は添田の0勝1敗です。今年のマイアミで7-5, 6-1 で敗れています。
ATP Head-To-Head: Go Soeda vs Alejandro Falla
初日のシングルスで5セットのフルセットマッチを戦った添田の体力がどこまで回復しているか、ホームでの大応援と絶対に負けられないプレッシャーに添田がどこまで耐えられるか、真価の問われる試合となります。
昨年のデビスカップのクロアチア戦で2セットダウンからの大逆転でイワン・ドディグに勝った試合のように、最後まで諦めずに、勝利を勝ち取ってくれることを期待しています。

この試合に勝つことができたら、今後の添田の大きな飛躍につながることは間違いありません。絶対に決めなければならない時に如何に冷静なショットを繰り出すことができるか、今日の試合から目が離せません。


日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ、コロンビアとのデビスカップのワールドグループ プレーオフが昨日から始まりました。
初日の昨日はシングルスの2試合が行われ、錦織で1勝、添田で1敗の五分五分のスタートとなりました。

第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)に、6-3, 6-4, 6-4のストレートで勝ちました。
過去の対戦成績は錦織の3勝0敗。勝利は間違い無いと思っていましたが、やはり終始錦織ペースの試合でした。この調子なら3日目のナンバーワン対決も問題無さそうです。


第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に、4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6のフルセットで敗れました。
本当に悔やまれる試合でした。添田のサービスゲームで始まった最終セット、1−0からのヒラルドのサービスゲームがすごく長いゲームとなりました。このゲームでブレークポイントを握った添田に決定的なチャンスがありました。相手を左右に振り回し、がら空きになったコートへのストレート。このショットを大きく外に出してしまいました。絶対に決めなければいけないショットでした。
疲れの見えてきたヒラルドは第4セットをすてて、第5セットに勝負をかけてきました。その出だしのヒラルドのサービスゲームをブレークしておけば、試合の流れは一気に添田に傾くところでした。絶対に決めなければならない一球でした。

「このポイントを取るために厳しい練習をしてきたんだろう??」

松岡さんがコートで叫んでいた、「この一球は絶対無二の一球なり」が思い出されます。
この一球は絶対無二の一球なり - 早稲田大学庭球部
この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし
この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球する心といふ


デビスカップ JTA 公式サイトには、「あれで相手は乗ってきて、僕の方は気持ちが落ちてしまった」との添田のコメントが載っていました。本人も相当に悔しかった事でしょう。世界トップレベルの選手は土壇場で崩れることがありません。添田に必要なのは、技術面よりも精神面の強化かもしれません。


2日目の今日はダブルスの試合が行われます。
予定では、
錦織 圭/添田 豪 対 フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)/ロバート・ファラ(Robert Farah)
となっていますが、日本、コロンビアともに直前にメンバー変更してくる可能性があります。

私としては、昨日シングルスを戦った錦織と添田は休ませて、杉田祐一、伊藤竜馬のペアで戦った方が良いと思います。相手はダブルスのスペシャリストですので、錦織と添田で組んだとしても確実に勝てるとは言えません。最終日のシングルスの2勝にかけた方が得策と思われます。オリンピック招致活動のように、オールジャパンで戦って勝利を手にして欲しいものです。

このレベルの選手とのホームでのナンバー1,2対決で2勝出来ないようでは、ワールドグループで戦う資格は無いと思います。
これからジャパンオープンも開催されます。そのためにも、ここで錦織と添田を酷使するのは良くないと思われます。

日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ