つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:シングルス

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 全米オープンテニス(US Open Official Site)のシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利、優勝しました。

WTAランキング9位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 58位のビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)に1-6、6-3、6-3の逆転で勝利。
準決勝でセリナ・ウイリアムズを破って勝ち上がって来た元世界1位のアザレンカ、本当に厳しい試合となりました。

第1セット、アザレンカのサーブとストロークの調子が良く、ほとんどファーストサーブが入って、ストロークも切れ切れのショットが両コーナー深くへ入ってきて振り回されっぱなしの大坂。
一方的な試合展開で1ゲームしか取れずに1-6で落としました。

第2セットに入っても流れは変わらず第2ゲームの最初のサービスゲームをブレークされて0-2の悪いスタート。
しかし、次のアザレンカのサービスゲームでストロークの球速を落としてスピン系のボールでリズムを変えるとアザレンカがミスを犯すようになり、大阪はボールに追いつく余裕ができてきてこのゲームをブレークすると流れは一気に大坂に。
2-3から4ゲーム連取で6-3で取ることができました。

第3セットは大坂が先にアザレンカのサービスゲームをブレークし、ブレークバックされますが、4-3から2ゲーム連取して6-3で優勝。

第1セット中盤では大坂選手がラケットをコートに投げるシーンなどもあり、第2セット初めまでの流れではそのまま負けてしましまうのではないかと思われましたが、良く挽回して勝利を勝ち取りました。

毎試合、黒人犠牲者の名前の入ったマスクをして入場してきた大坂選手の今回のマスクは「Tamir Rice」。
7枚のマスクを用意して決勝まで進むことを決意して挑んだ大会。
精神的に崩れることの多かった大坂選手の気力充実にもつながった面もあったのかもしれません。

全米オープンテニスのシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利し優勝

全米オープンテニスのシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利し優勝


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 アメリカのニューヨークで開催中のテニスのW&Sオープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝利、決勝へ進みました。

大坂選手の準決勝ボイコット宣言から一転し、1日試合を休みとし1日延期しての試合となりました。

WTAランキング10位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が22位で第14シードのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)に6-2、7-5のストレートで勝利。

第1セットは大坂がメルテンスのサービスゲームを3ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて6-2。

第2セットも先に大坂がメルテンスのサービスゲームをブレークする良いスタートでしたが、ブレークバックされてタイブレークに持ち込まれました。タイブレークでは4-5とリードされたところから3ポイント連取して7-5で勝利。タイブレークを落としていたら結果は逆になっていたかもしれません。

試合を通してファーストサーブインの確率が5割以下。決勝戦ではもう少し入れていかないと苦しいと思います。

 この試合は新型コロナ対策のため、無観客で、選手が入場の時にはマスク着用、線審もいなくてボールキッズは3人でマスク着用、タオルは選手が自ら取りに行く方式で行われています。
試合終了後の握手やハグはなくラケットをタッチしていました。
テニスのW&Sオープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝利、決勝へ

テニスのW&Sオープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝利、決勝へ


決勝では59位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)と対戦します。
過去の対戦成績は3勝1敗。2018、2019年と大坂が連勝しています。
アザレンカは元世界1位の強敵ですが、気力や体調に問題がなければ勝てる相手だと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 アメリカのニューヨークで開催中のテニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ進みました。

WTAランキング10位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が20位で第12シードのアネット・コンタベイト(Anett Kontaveit)に4-6、6-2、7-5の逆転でで勝利。

第1セットは2-2からの大坂のサービスゲームをブレークされそのまま4-6で落としました。
大坂選手のストロークが伸びてバックアウトするシーンが多くみられました。

第1セットの悪い流れのまま始まった第2セットは、1ゲーム目の大坂のサービスゲームでダブルフォルトなどもあり落してしまいました。しかし、0-2からの大坂のサービスゲームを苦しみながらもキープすると、落ち着いたのか一気に6ゲーム連取で6-2で取りセットカウント1-1に。

第3セットは先に大坂がコンタベイトのサービスゲームをブレークし3-0の良いスタートでしたが、ブレークバックされて拮抗した試合展開に。最後は6-5からのコンタベイトのサービスゲームをブレークして取りました。タイブレークに持ち込まれたら負けていた可能性もある試合でした。

大坂選手はコロナ休みの調整がよかったようで、体が絞れていて動きもスムーズでサービス、ストロークともに好調です。

 この試合は新型コロナ対策のため、無観客で、選手が入場の時にはマスク着用、線審もいなくてボールキッズは3人でマスク着用、タオルは選手が自ら取りに行く方式で行われています。
試合終了後の握手やハグはなくラケットをタッチしていました。

テニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ

テニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ

テニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ 試合終了後の握手やハグはなくラケットをタッチ


準決勝では22位で第14シードのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗。昨年の東レ パンパシフィックの準決勝では大坂がストレートで勝っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 新型コロナの影響で中断中のテニスが再開され来週は全米オープンが開催されますが、その前哨戦のW&Sオープンがアメリカのニューヨークで開催されています。
シングルス2回戦で大坂なおみが勝利、3回戦に進みました。
残念ながら錦織選手は新型コロナ陽性のために欠場しています。

WTAランキング10位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が26位のカロリーナ・ムチョバ(Karolina Muchova)に6-7、6-4、6-2の逆転で勝利。

第4シードの大坂は初戦の2回戦で、第1セットはムチョバのフォアハンドスライス、ドロップショットにロビングなどの多彩なショットに翻弄されて苦しみ、タイブレークで落としてしまいました。
第2セットは第1ゲームのムチョバのサービスゲームをブレークしてそのまま逃げ切って6-4で取ると、第3セットは一方的な展開で最初の4ゲーム連取してそのまま6-2で勝利。
ムチョバは足を痛めていてテーピング治療を受けていて、終盤は左右へのボールに追いつけなくなってしまっていました。

 長いブランクでしたが、大坂選手は体が絞れていてコンディションはかなり良さそうでした。後は試合慣れしてくれば調子が上がってくると思います。

この試合、Youtubeのライブで観ましたが、無観客で線審もいなくてボールキッズも3人でマスクをしていて、タオルは選手が自ら取りに行っていました。
また、ムチョバ選手の治療の際にはマスクをしていました。
コロナ対策が徹底されているようです。
テニスのW&Sオープンのシングルス2回戦で大坂なおみが勝利3回戦へ。コロナ対策で無観客で線審も無し

テニスのW&Sオープンのシングルス2回戦で大坂なおみが勝利3回戦へ。コロナ対策で無観客で線審も無し

テニスのW&Sオープンのシングルス2回戦で大坂なおみが勝利3回戦へ。コロナ対策で無観客で線審も無し


3回戦では25位で第16シードのダイアナ・ヤストレンスカ(Dayana Yastremska)と対戦します。
過去の対戦はありません。
ヤストレンスカは格下ですが20歳の伸び盛りの選手で、コーチは以前の大坂のコーチのサーシャ・バイン。大坂攻略法をしっかり伝授されて対策を練ってくるでしょう。厳しい試合になると予想されます。

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

US Open Official Site

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス3回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、2-6、2-6のストレートで敗退。
3セットともにセット初めにサービスゲームをブレークされてしまい、あとはジョコビッチは軽く流している感じの一方的な試合展開となってしまいました。
サービス力があってストローク力で西岡を大きく上回るジョコビッチのサービスゲームをブレークできるチャンスはありませんでした。
ナダル、フェデラー、ジョコビッチの3強の実力はやはりずば抜けています。

WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)に3-6、4-6のストレートで敗退。
両者集中して入った第1セットの序盤では互角の打ち合いでしたが、3-4からの大坂のサービスゲームで、30-15からのガウフの当たりそこないの浅く入ったショットをバックハンドでストレートに強打したショットがネットしたところから大坂のバックハンドが大きく乱れていきます。
3連続でバックハンドショットをネットしてこのゲームを落とすとそのまま次のゲームをキープされて3-6で落としました。
第2セットの第1ゲームの大坂のサービスゲームでは今度は深めに打ったバックハンドストロークがオーバーしてアウトするようになりいきなりブレークされてしまいました。
直ぐに次のゲームをブレークバックしましたが、再度3-3からのサービスゲームをブレークされて、そのままブレークバックできずに逃げ切られてしまいました。
大坂選手にミスが多く、バックハンドが振り切れなくなってしまったようで、軽いイップスのような状況でした。勝たなければと言うプレッシャーが多きかったからなのでしょうか。
ガウフはファーストサーブが190kmを超え、スライスショットにドロップショット、ネットプレーなどバリエーション豊富なプレーでとても15歳とは思えない素晴らしいプレーをしていました。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が勝利し3回戦へ進みました。
Australian Open Tennis Championships
杉田祐一、伊藤竜馬、日比野菜緒は敗退しました。

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が32位で第30シードのダニエル・エヴァンス(Daniel Evans)に6-4、6-3、6-4のストレートで勝利。
2連勝と相性の良い対戦相手に対して西岡が危なげなく3セットストレートで勝ちました。
3回戦では2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は西岡の1敗。
勝つのは難しいでしょうが好調の西岡のテニスがどこまで通用するのか見るのが楽しみです。

89位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 16位で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)に2-6、3-6、6-7のストレートで敗退。
188cmの長身のルブレフのサービスが絶好調でファーストサーブが入るとほとんどポイントが取れませんでした。第3セットではタイブレークまで持ち込みましたが押し切られてしまいました。

144位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
やはりジョコビッチは強かった。
第2セットの前半では拮抗した場面もありましたが、ジョコビッチが少しギアアップすると全く歯が立ちませんでした。チャレンジャー大会がメインでポイントを稼いできた伊藤選手にとってはトップ選手のボールについて行くことが難しかったのでしょう。


WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が42位のゼン・サイサイ(Saisai Zheng)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットの序盤ではサイサイの横に曲がる緩いスライスボールをハードヒットしてのミスショットを連発し、ブレークされてるシーンもありましたが、何とか冷静になりスライスボールにも慣れてくると2-4から一気に4ゲーム連取して勝ちました。
3回戦では67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝。急激に成長している15歳。侮れない相手です。

103位の日比野菜緒(Nao Hibino)が23位で第22シードのマリア・サッカリ(Maria Sakkari)に6-7、4-6のストレートで敗退。
十分に勝てるチャンスがあったので残念な試合結果となりました。
敗退しましたが、予選から勝ち上がって2回戦まで進んだことにより80位台へランキングを上げてきたので、これからの活躍が期待されます。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
日比野菜緒公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ