つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: シングルス

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス2回戦 錦織圭、大坂なおみが勝利、3回戦へ勝ち上がりました。
>The Championships, Wimbledon


ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 122位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)に 6-4、6-7、6-1、7-6で勝利。
ランキングは下ですが2連敗中の対戦相手。本当に苦戦しました。
同じフォームで打ってくる、スタコフスキのスライスやドロップショットに悩まされました。

第1セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして、1度ブレークバックされて6-4取り、幸先の良いスタートでした。

第2セットは先にサービスゲームをブレークされての2-5から追いつきタイブレークへ。
しかし、7-6のセットポイントでネットインのボールの処理をミスし、次のサーブをダブルフォルト。
逆にサービス力のあるスタコフスキのサービスエースが決まって7-9で落としました。
このタイブレークをきっちり取りきっていればもう少し楽な勝ち方が出来ていたでしょう。

第3セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして6-1。

第4セットではお互いにサービスキープでタイブレークへ。
タイブレークでは集中力をアップした錦織に対して、予選勝ち上がりのスタコフスキに疲れが目立つ様になり、8-6で取りました。
1回戦とは異なり長い試合となりましたが、2連敗中の相手に4セットで勝ち切ったことは、今後につながる良い勝利でした。
試合を通してサービスエース7本でダブルフォルトが8本。ダブルフォルトが目立つ試合でした。

3回戦の対戦相手は19位で第18シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)。
錦織の4連勝中。2回戦ほどは苦戦しないのではないかと思われます。


44位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が51位のエイドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)に1-6、7-5、6-4、6-7、2-6のフルセットで敗退。
先週のアンタルヤ・オープンの決勝で杉田がストレートで勝っていましたが、今回は終盤にエネルギー欠となりました。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が23 位で第22シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に 6-1、0-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セットはストリツォワのサービスゲームを2度ブレークして6-1で取りましたが、

第2セットは逆に一方的な展開で0-6で落としました。

ファイナルセットではストリツォワのサービスゲームを1度ブレークして6-4で取りました。
サービス力が魅力の大坂ですが、もう少しファーストサーブが入らないと3回戦以降の苦戦が予想されます。

3回戦では11 位で第10シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)と対戦します。
今回が初の対戦となります。
強敵ですが37歳のヴィーナス。十分に勝チャンスはあります。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよテニスの聖地イギリスのウインブルドンでの試合が始まりました。
>The Championships, Wimbledon

シングルス1回戦では、錦織圭、杉田祐一、大坂なおみが勝利、
ダニエル太郎、土居美咲、、尾崎里紗、日比野菜緒、奈良くるみ、が敗退しました。

今回は、非常にオーダーに恵まれていたのでもっと沢山の選手が勝ち上がると期待していましたが、グランドスラムは甘くありませんでした。

ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 105位のマルコ・チェッキナート(Marco Cecchinato)に 6-2、6-2、6-0のストレートで勝利。
相手のサーブ力が弱く、ストローク戦になれば錦織が一枚も二枚も上手。本当に一方的な試合でした。
錦織にとっては良いスタートになりました。

2回戦の対戦相手は122位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)。
過去の対戦成績は錦織の2連敗中ですが2011年の対戦です。今の錦織の実力なら問題なく勝てる相手と思われます。

44位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 232位のブライダン・クライン(Brydan Klein)に7-6、6-3、6-0のストレートで勝利。
第1セットをタイブレークで取ると杉田のペースに。クラインは転倒し膝を痛めた事が影響したのか、動きが悪くなり、終盤は一方的な展開となりました。

2回戦の対戦相手は51位のエイドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)
過去の対戦成績は杉田の1勝0敗。
先週のアンタルヤ・オープンの決勝で杉田がストレートで勝っています。


92位のダニエル太郎(Taro Daniel)が 118位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)に6-4、4-6、6-7、2-6の逆転で敗退。
第1セットを取って好スタートを切ったダニエルでしたが、惜しくも逆転負けを喫してしまいました。
ただ、以前のベースラインでのプレーだけでなく、積極的なネットプレーやサービスの威力など、かなり実力はアップしています。
グラスコートでの経験が少ないからか足を滑らせる事が何度もありました。
来年はもう少しグラスコートでの戦いを積んでから出場した方がよいでしょう。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が 100位のサラ・ソリベス トルモ(Sara Sorribes Tormo)に 6-3、7-6のストレート勝利。
第1セットを先取して、第2セットも6ー5のサービングフォーザマッチでしたが、ここでブレークバックされてタイブレークへ。
タイブレークをきっちり取りきることが出来なかったらどうなったか分かりませんでした。

2回戦では23 位で第22シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の0勝1敗。厳しい試合になると思われます。


57位の土居美咲(Misaki Doi) が 88位のキルステン・フリッペンス(Kirsten Flipkens)に4-6、3-6のストレートで敗退。スコア以上に競った試合でしたが、土居のストロークの精度が少しばかり劣っていました。
動きに今ひとつ、切れが欠けていたので、体調も100%の状態でなかったのかもしれません。


77位の尾崎里紗(Risa Ozaki) が 107位のデニサ・アレルトバ(Denisa Allertova)に6-7、6-2、3-6のフルセットで敗退。
第1セットは、お互いに相手のサービスゲームを1回ブレークしてタイブレークに。タイブレークを5-7で落としますが、第2セットに入るとアレルトバのサービスゲームを2どブレークして6-2で取りました。
しかし、ファイナルセットは終盤に崩れてしまいました。本当に惜しい試合でした。


92位の日比野菜緒(Nao Hibino) が 18位で第17シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)に4-6、2-6のストレートで敗退。
スコア以上に競った試合でしたが、肝心なところでミスが出てしまいました。グランドスラムの舞台で少し緊張があったのかもしれません。


94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 142位のフランソワーズ・アバンダ(Francoise Abanda)に2-6、4-6のストレートで敗退。
両足太ももにテーピングをしていた奈良は。いつもの躍動感ある動きがありませんでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
尾崎里紗 twitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

トルコのアンタルヤで開催されているアンタルヤ・オープンのシングルスで杉田祐一が優勝しました。
>Antalya Open

ATPランキング66位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 62位のエイドリアン・マンナリノ(Adrian Mannarino)に6-1、7-6で勝ちました。
第2セットはタイブレークになりましたが、7-4できっちり勝ちきりました。

ウインブルドン直前の大会なので強豪選手は出場していませんが、それでも2回戦では元世界3位のデビッド・フェレールに勝っていますから、実力アップしているのは確かです。

ATP公式サイトには表彰式での杉田選手の喜びの勝利者スピーチが掲載されていました。
>Sugita spoke to ATPWorldTour.com after winning his first title in Antalya

Instagram Posts.Antalya Open Tennis Tournament

親日国のトルコですから、きっと観客席からは暖かい応援があった事でしょう。
もしかしたらエルトゥールル号の生存者の子孫が観戦していたかもしれません。
>エルトゥールル号遭難事件 - Wikipedia
本大会は今回が第一回大会です。記念すべき大会の優勝者が日本人と言うのも因縁めいたものを感じます。

杉田選手の優勝は日本人選手としては松岡、錦織に次ぐ3番目の優勝となります。

また、次回のランキング更新ではついに松岡さんのキャリアハイ46位を超えて、44位あたりに上がってくると思われます。

錦織選手は芝コートでの負傷が多いですが、杉田選手は芝のコートが得意なようなので、これから開催されるウインブルドンでの活躍が期待されます。彼の活躍で錦織選手のプレッシャーが少し軽くなってくれると良いのですが。

杉田選手のブログの6月7日の投稿には、全仏オープンでの錦織選手のラケットの破壊を受けての彼の意見が書かれています。トップ選手が年間100試合もの全試合を闘争心を絶さず闘い抜く事の難しさ、なるほどと思わされる内容でした。
テニスファンには一読をオススメします。
杉田祐一公式ブログ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのハレで行われている、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス2回戦で錦織が途中棄権しました。
>>GERRY WEBER OPEN

ATPランキング9位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 38位のカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)に2-3で途中棄権しました。
錦織が押し気味の試合でしたが、5ゲーム目の途中で足の付け根か腰あたりを傷めたようで、メディカルタイムアウトを取りマッサージ治療を受けましたが、回復せずにリタイアとなってしまいました。
特に滑ったりとかはありませんでしたのでそれほど大きな怪我ではないとは思いますが、ウインブルドンに向けて不安が残る試合結果でした。
1日も早い回復に期待したいところです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのハレで行われている、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス1回戦で錦織が勝利、杉田は敗退しました。
>>GERRY WEBER OPEN

ATPランキング9位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 34位のフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に6-7、6-3、6-4の逆転で勝利。
サウスポーのベルダスコのサーブに苦しんだ錦織。
ファーストセットは両者サービスゲームをキープしてタイブレークに。先にミニブレークした錦織でしたが、7-9で落としてしまいました。
直近で4連勝中の錦織でしたので、最後は逆転するのではと思っていたらやはり、33歳のベルダスコのスタミナが徐々に切れてきて、終盤は錦織の優勢になりました。
第2セットはベルダスコのサービスゲームを2回ブレークして、1回ブレークバックされて6-3。
第3セットはベルダスコのサービスゲームを1回ブレークして、自身のサービスゲームは全てキープして6-4で取りました。

本日行われる2回戦では、38位のカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。
昨年の全米オープンで勝っていますが、21歳の若手でランキング上昇中の選手ですので侮れません。
Kei Nishikori vs Karen Khachanov

また、錦織はベルダスコと組んでダブルスにも出場しましたが、初戦で第1シードに、スーパータイブレークで敗れました。


ATPランキング66位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 5位で第1シードのロジャー・フェデラー(Roger
Federer
)に3-6、1-6のストレートで敗退。
試合時間52分での完敗でした。
さすがに、芝のコートを得意としているフェデラー相手には全く勝負になりませんでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

杉田祐一公式ブログ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよウインブルドンへ向けての芝シーズンが始まりました。

ドイツのハレで行われている、ゲリー・ウェバー・オープンの今日のシングルス1回戦に錦織が登場します。
>>GERRY WEBER OPEN

ATPランキング9位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)対 34位のフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)

過去の対戦成績は錦織の4勝2敗で、錦織の4連勝中です。
体調さえ万全なら問題なく勝てると思われます。
Kei Nishikori vs Fernando Verdasco
この試合はBS朝日で中継される予定です。

この大会の第1シードはフェデラー、第2シードはティーム。
錦織が順調に勝ち上がると準決勝でフェデラーと対戦します。
芝でどこまでフェデラーに通用するか、ぜひとも準決勝まで勝ち上がって欲しいところです。

また、錦織はベルダスコと組んでダブルスにも出場しています。芝のコートでの試合を多くこなして、コートへの適応力アップを図るためと思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このページのトップヘ