つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:ジョコビッチ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が勝利し3回戦へ進みました。
Australian Open Tennis Championships
杉田祐一、伊藤竜馬、日比野菜緒は敗退しました。

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が32位で第30シードのダニエル・エヴァンス(Daniel Evans)に6-4、6-3、6-4のストレートで勝利。
2連勝と相性の良い対戦相手に対して西岡が危なげなく3セットストレートで勝ちました。
3回戦では2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は西岡の1敗。
勝つのは難しいでしょうが好調の西岡のテニスがどこまで通用するのか見るのが楽しみです。

89位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 16位で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)に2-6、3-6、6-7のストレートで敗退。
188cmの長身のルブレフのサービスが絶好調でファーストサーブが入るとほとんどポイントが取れませんでした。第3セットではタイブレークまで持ち込みましたが押し切られてしまいました。

144位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
やはりジョコビッチは強かった。
第2セットの前半では拮抗した場面もありましたが、ジョコビッチが少しギアアップすると全く歯が立ちませんでした。チャレンジャー大会がメインでポイントを稼いできた伊藤選手にとってはトップ選手のボールについて行くことが難しかったのでしょう。


WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が42位のゼン・サイサイ(Saisai Zheng)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットの序盤ではサイサイの横に曲がる緩いスライスボールをハードヒットしてのミスショットを連発し、ブレークされてるシーンもありましたが、何とか冷静になりスライスボールにも慣れてくると2-4から一気に4ゲーム連取して勝ちました。
3回戦では67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝。急激に成長している15歳。侮れない相手です。

103位の日比野菜緒(Nao Hibino)が23位で第22シードのマリア・サッカリ(Maria Sakkari)に6-7、4-6のストレートで敗退。
十分に勝てるチャンスがあったので残念な試合結果となりました。
敗退しましたが、予選から勝ち上がって2回戦まで進んだことにより80位台へランキングを上げてきたので、これからの活躍が期待されます。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
日比野菜緒公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているウインブルドンテニスのシングルス準々決勝で、錦織圭がジョコビッチに敗退。ジョコビッチは優勝しました。
これで、対戦成績は錦織の2勝14敗となってしまいました。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング28位で第24シードの錦織圭(Kei Nishikori)が21位で第12シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、6-3、2-6、2-1で敗退。
同じタイプのプレーヤーでサービス、ストローク、フットワーク、どれを取っても少しジョコビッチが上回る状況で、体力面でも4回戦をストレートで楽に勝ち上がってきたジョコビッチの方が有利。他の対戦相手なら返って来ないボールをジョコビッチには返されてしまいます。最後まで勝機は見出すことはできませんでした。

ジョコビッチは準決勝でランキング1位のナダルに勝ち、決勝戦では203cmのビッグサーバーのケビン・アンダーソンにストレートで勝利。絶好調のジョコビッチから1セット奪っただけでもかなりの善戦。準々決勝でジョコビッチ以外の選手と当たっていれば勝ち進めるチャンスは十分にありました。

敗れはしましたがベスト8まで進んだことにより、これからのハードコートシーズンの結果が良ければ、ツアーファイナルへの出場が手の届くところに来ました。
調子が上がってきているので、全米オープンでの活躍が期待できそうです。

錦織選手のTwitterによると、今週末にマイケルのチャリティに参加予定のようです。
Michael Chang Tennis Classicのページには21日にニューポート・ビーチ・テニスクラブのセンターコートで、チャンと錦織のペアが他のプロテニスプレーヤーと対戦するとあります。
Exhibition -Michael Chang Tennis Classic


錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているウインブルドンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利、準々決勝に進みました。
Wimbledon - The Home of Tennis
3回戦は今夜行われる予定です。

ATPランキング28位で第24シードの錦織圭(Kei Nishikori)が138位のエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis)に4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で勝利。
ビッグサーバーが有利となる芝のコートで、予想通りガルビスの210kmを超えるファーストサーブに苦戦しましたが、予選を勝ち抜いてきたガルビスが力尽きる形での勝利となりました。
第1セットをガルビスにサービスゲームをブレークされ、そのままブレークバックを取れずに4-6で落としました。
第2セットは互角の展開でお互いにサービスキープでタイブレークへ。タイブレークではほんの少し集中力の勝る錦織選手が取りました。
第3セットもお互いサービスキープでタイブレークへ。このタイブレークで逆を突かれたガルビスが足を滑らせて転倒、左膝を強く地面にぶつけて怪我をしてしまいました。
メディカルタイムアウトを取ってからの復帰後も善戦しましたが、このタイブレークを錦織が取ると、第4セットは動きの悪くなったガルビスに対して錦織の一方的な展開となり、6-1で取りました。

3回戦のキリオス戦とは異なり、ガルビスのサーブになかなかタイミングが合わずに苦戦しましたが、リターンの位置を変えたりと工夫をしながら、徐々に攻略の糸口を掴んで行きました。あきらめず、集中力を切らさずに戦ったことで徐々に相手の疲労が蓄積し、最後は試合をもぎ取ることができました。
また、試合序盤に錦織選手が右ひじを気にし、付けていたテーピングを外してマッサージを行っていた事が心配されます。次の試合までに回復してくれると良いのですが。

準々決勝では21位で第12シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝13敗。2014年の全米オープンでの勝利以来連敗中。苦戦が予想されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているATP1000の大会、ムチュア・マドリッド・オープンのシングルス1回戦で錦織圭がジョコビッチに敗退しました。

ATPランキング20位の錦織圭 (Kei Nishikori)が12位で第10シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に 5-7、4-6のストレートで敗退。

第1セットの出だしはジョコビッチにミスが多くみられ、先に錦織がブレークに成功しましたが、すぐにブレークバックされ徐々にジョコビッチのペースに。

第1セットは5-6からの錦織のサービスゲームをブレークされ、
第2セットは4-5からの錦織のサービスゲームをブレークされました。

集中力をアップして鋭いファーストサーブそ入れてくるジョコビッチに対して、緊張からなのかファーストサーブの入りが悪くなる錦織。勝負所での集中力の差が出たように見えた試合でした。

エンドラインやサイドラインぎりぎりに入るストロークの打ち合いでの見ごたえのある試合で、負けはしましたが、ジョコビッチ相手に互角の戦いができるところまで戻ってくることができましたので、今シーズンのこれからが楽しみです。

ダニエル・太郎がイスタンブール・オープンで優勝しましたし、今年の全仏での、日本人選手の活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭が勝利。準々決勝へ進みました。
Mutua Madrid Open

ジョコビッチとの準々決勝はNHKのBS1で今夜の午後7時から生中継される予定です。

ATPランキング8位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が30位のダビッド・フェレール(David Ferrer)に6-4、6-3のストレートで勝利。
予想通り激しい打ち合いの試合になりましたが、出だしから特にバックハンドのダウンザラインが好調の錦織がフェレールを振り回して、ウイナーで決める展開で、危なげなく勝つことができました。
積極的なネットプレーも見られました。

準々決勝では2位で第2シードのノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝11敗。
2014年の全米オープンで勝利して以来連敗しています。
威力の無い錦織のサービスだと、厳しいリターンで攻撃されキープに苦労すると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic

3回戦以上に激しい打ち合いとなると思われます。全仏を前にして手首の痛みが再発しないか心配です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の準決勝。錦織がジョコビッチに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 2位のノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、1-6のストレートで敗退。
会場に登場したときの錦織選手が俯き加減で、表情に精気がなくすごく心配でした。
やはり、試合が始まると、ジョコビッチの左右の振り回しに対して反応が鈍く、ヒッティングポイントに入って力強く振り抜く事が出来ず、ミスショットとなるか、威力の無いショットが餌食となっていました。

錦織のファーストサーブも勢いが無く、レシーブが得意なジョコビッチに強烈なショットで返球され、ほとんどサービスゲームのキープが出来ませんでした。

今回はマレー戦の疲れが最後まで影響してしまったようです。準決勝進出が決まっていた、チリッチ戦では少し手を抜いてジョコビッチとの準決勝に体力を温存するような作戦もあったのではないかと思われます。

身長の低い錦織選手はサービスエースで得点を重ねる長身選手と比べると、体力消耗が激しく不利となる事は致し方ありません。観客には申し訳ありませんが、時には体力を消耗しないために試合を棄てる様な戦略も必要となってくるのではないでしょうか。

錦織選手の年内の公式戦は終了しましたが、2つのエキジビションマッチが日本で開催されます。
11月26日に有明コロシアムで 日清食品ドリームテニス
12月2日〜12月4日にさいたまスーパーアリーナでインターナショナルプレミアテニスリーグ(IPTL)
日清食品ドリームテニスの方は全ての席のチケットが既に売り切れでした。
IPTLの方はまだ残っていますが、すごく高額な料金設定となっています。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ