つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: セビージャ

ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

5:セビーリャ、コルドバ観光=>マドリッドへ

○スペイン広場
1929年に開催された「イベロ・アメリカ博覧会」のスペイン館であったものだそうです。

○カテドラル(大聖堂)
ムリージョ公園から細い街の中を歩いて、Barで一休み。Barではイベリコブタのハムなども食べられます。インド古文書館、王宮の横を通ってカテドラルへ。カテドラルの中にはコロンブスが埋葬されています。コロンブスの棺をレオン、カスティーリャ、ナバーラ、アラゴンの4人の国王がかついでいます。鐘楼 ヒラルダの塔は歩いて登ることができ、セビーリャの町が一望できますます。

セビーリャ観光後はバスでコルドバへ。

コルドバには、ローマ時代の2000年も前の橋がありました。

○タパスメニュー(tapas)のランチ
タパスとは小皿料理のことだそうです。キノコのニンニク野菜炒め、イカ、スペインオムレツ、ビーフのトマト煮込み、レモンシャーベットの昼食。

○メスキータ(Mezquita)
785年に建設が始まり2万5000人が収容できたというモスクで、カトリック教徒によりキリスト教の教会に改築されたもの。2重アーチと大量の柱が特徴的です。メスキータの裏は旧ユダヤ人街で迷路のような細い道が続きます。花の小道と言われる、ゼラニウムで飾られた花の小道も通ってきました。

コルドバ観光の後はセビーリャから新幹線(AVE)でマドリッドへ。振動の全くない快適な旅でした。
宿泊先は ラファエル ホテル(Rafaelhoteles Atocha)。夕食は中華料理店へ。久しぶりのお粥の味で満足でした。


ローマ橋カテドラル

カテドラル ヒラルダの塔カテドラル

カテドラル ヒラルダの塔からの眺めタパスメニュー

メスキータ(Mezquita)コロンブスの棺

花の小道コルドバの駅

新幹線(AVE)マドリッドの電飾

マドリッドでの中華料理

阪急交通社のトラピックス(trapics)のパックツアー「決定版スペイン8日間」に参加
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


4:グラナダ観光、ミハス観光=>ボルムホフへ
○ヘネラリーフェ庭園 (Garten des Generalife)
アルハンブラ宮殿は一日に入れる人数制限があり、予約で入れる時間を決められています。入れるまで時間に隣のヘネラリーフェ庭園を見物。 

○アルハンブラ宮殿
世界遺産のアルハンブラ宮殿へ。13世紀ごろから作られたイスラム建築のアルハンブラ宮殿は裁判所、礼拝堂、ハーレムなどで構成されています。緻密な壁の模様は漆喰に型押しをして作られたそうです。壁一面の模様は見事なものですが、長年あこがれていた自分のイメージが大きすぎたせいか、思った程の感動はありませんでした。この宮殿は海抜800mにあるり、ネバダ山脈からひいてきた水が流れて涼しい環境でした。実際に宿泊できるホテルも隣にありました。こちらの宮廷に勤める男性は中国と同じ宦官(かんがん)(去勢された官吏)だったそうです。ガイドさんに勧められたW・アービングの「アルハンブラの思い出」を買って帰ってきて、ただ今読書中です。

アルハンブラ宮殿の観光の後はバスでミハスへ。

○ミハス(Mijas)観光
白い漆喰の美しい家並みのミハスは、海抜430mの別荘地で、65,000人の住人の35%がイギリス人だそうです。年金生活になったら物価の安いスペインでと言ったところでしょう。小さな闘牛場があったので見学。闘牛は夏場に行われているようです。こちらには地元の「サルガデロス陶器」を売っているお店があったので記念に購入。

お昼は見晴らしの良いレストラン パドラストロ(El Padrastro)で。ニンニクのスープ、魚のフライ、缶詰の果物のデザート。
El Padrastro

昼食の後はバスで宿泊先のセビーリャの隣町(ベッドタウン)のボルムホフのホテルベルティーチェ・アルハラフェ(Vertice Aljarafe)へ。
夕食はホテルでバイキング形式でパエリア等の定番メニューでした。食事の後はホテルから5分ほどの所にスーパーがあったので買い物へ。

ヘネラリーフェ庭園

アルハンブラ宮殿アルハンブラ宮殿

パドラストロレストラン パドラストロからの眺め

ミハス(Mijas)街並みミハス(Mijas)の小さな闘牛場

お土産店 サルガデロス陶器ボルムホフのホテル ベルティーチェ・アルハラフェの夕食


阪急交通社のトラピックス(trapics)のパックツアー「決定版スペイン8日間」に参加


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

決定版スペイン8日間の旅行ルート
トラピックス(trapics)の格安ツアーでスペインへ
ツアーの日程
?成田空港=>パリ経由でバルセロナへ
?バルセロナ観光=>バレンシアへ 
?ラマンチャ観光=>グラナダへ
?グラナダ、ミハス観光=>ボルムホフへ
?セビーリャ、コルドバ観光=>マドリッドへ
?マドリッド、トレド観光
??マドリッド=>パリ=>成田空港

毎年、年末に出かけている海外旅行として、今年は阪急交通社のトラピックス(trapics)パックツアー「決定版スペイン8日間」に行ってきました。妻が初めてのスペインで、もう二度といけないかもしれないという事でてんこ盛りのツアーを選択。年老いた両親と同居して面倒を見てもらっている立場上、妻にはまったく逆らうことができません。

飛行機の往復と、ホテル宿泊6日、朝昼晩3食、タブラオでのフラメンコディナー、
現地でのバス・列車料金込みで199、800円+年油チャージ料の格安ツアーでした。
バルセロナ、バレンシア、ラ・マンチャ、グラナダ、ミハス、セビーリャ、コルドバ、マドリッド、トレドを一週間で回ると言う強行日程でした。昨年のイタリアに続き、とにかく疲れました。

?成田空港=>パリ経由でバルセロナへ
バルセロナ到着後にバスで1時間ほどで、リゾート地シッチェスの宿泊先のホテル ANTEMARE(アンテマーレ)へ。
到着が11時頃で、機内で食事をとってあったので、この日はとりあえず寝るだけ。


成田空港のエアーフランスエアーフランスの機内食

エアーフランスの機内からの夕日リゾート地シッチェスのホテル アンテマーレ


阪急交通社のトラピックス(trapics)のパックツアー「決定版スペイン8日間」に参加

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ