つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: セリーナ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

大坂なおみが優勝した全米オープンテニスでは、セリーナの3度の違反行為に対するゲームペナルティーにより後味の悪い試合となってしまいましたが、この審判の処分に対しては海外では意見が2分されているようで、男女差別だとの主張もあるようです。
テニス=セリーナへの処罰の是非、テニス界で二分-REUTERS
Williams' U.S. Open treatment divides tennis world-REUTERS

しかし、この記事の中にある、マッケンローの発言には納得がいきません。

男子テニスのレジェンド、ジョン・マッケンロー氏(米国)は、主審はラケットの破壊に対しては違反を取るべきではなく、もしセリーナが態度を改めない場合はどうなるかを先に伝えるべきだったとし、米ESPNで「男子に対する基準と異なるというのは、間違いなく彼女が正しい」と発言。

Tennis great John McEnroe, one of the game’s most tempestuous characters in his playing days, said the sport must find a way to allow players to express feelings and inject their personality into the game while adhering to the rules.

Ramos should not have given Williams a violation for breaking her racquet and should have warned her early on about what would happen if she did not move on, he said.

“I’ve said far worse,” McEnroe, a seven-times Grand Slam singles winner, said on ESPN. “She’s right about the guys being held to a different standard, there’s no question.”


「男子に対する基準と異なるというのは、間違いなく彼女が正しい」(“She’s right about the guys being held to a different standard, there’s no question.”)と、あたかも男子選手がラケットを破壊しても違反行為とならないようなことを言っていますが、マッケンローの現役時代はそうだったかも知れませんが、現在は男子選手でも違反行為となります。審判はルールに従った判定をしたまでです。

ちなみに、昨年の全仏オープンの3回戦では錦織選手がラケットを破壊して警告を取られています。
また、この行為に対しては契約するラケットメーカーへの違約金支払いの可能性も取り沙汰されています。
錦織圭 巨額違約金に要注意指定…ラケット破壊が招く痛い代償-週刊女性

私が一番好きなテニス選手のマッケンローがこの様なテニスを知らない読者をミスリードするような発言を行ったことは本当に残念です。
彼がプレーしていた時には審判には暴言の言い放題でしたし、それが彼のプレースタイルでしたが、今の時代は違います。

ただし、1個目のコーチングの違反は少し厳しかったようにも思いました。
女子のツアーではオンコートでのコーチングが許されているくらいですから、4大大会でもジェスチャーくらいは許すようにルールを変更した方が良いと思います。

セリーナの暴言は今回が初めてではありません、2009年にもフットフォルトを取った線審への暴言でのペナルティーで負けた事があります。
セリーナ・ウィリアムズの反則負けは、人種問題に火をつけるか?-ニューズウィーク日本版
この時の線審はアジア系で、相手選手は産休明けのキム・クライシュテルス。
何か因縁めいたものを感じます。

また、今回の件では伊達さんが2013年の東レ・パンパシフィック・オープンでダブルフォールトした時に「アー」と観客がため息をつくと「ため息ばっかり!」と怒ったことが思い出されました。
クルム伊達 ため息に切れた/テニス-日刊スポーツ
自分の失敗を他人のせいにする、それも一番大切なファンに対して行うとは最低の行為です。伊達さんの現役復帰後、会場まで行って応援してきた私は、これは引き時だなと感じ、この試合を最後に応援を止めました。

セリーナ選手もそろそろ引き時かもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス決勝、大坂なおみがセリーナに勝ち優勝しました。
US Open Official Site

WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が26位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)に6-2、6-4のストレートで勝利。

スロースターターのセリーナ、第1セットはミスが多く、最初から集中力全開の大坂がセリーナのサービスゲームを2個ブレークし、自らのサービスゲームは全てキープして6-2で取りました。

4回戦ではカネピに第1セット0-6のベーグルから逆転勝ちしているセリーナ、もちろん簡単には勝たせてくれません。

第2セット、セリーナが第1ゲームをキープしての大坂のサービスゲームから、試合は思わぬ展開となって行きます。

第2ゲームの大坂のサービスゲーム中にセリーナが自陣に目を向けた時に、コーチのパトリック・ムラトグルー(Patrick Mouratoglou)が、両手を前にプッシュするようなジェスチャーをしました。
カルロス・ラモス (Carlos Ramos)主審がこれに対して、試合中の違反行為であるコーチングの警告を出しました。
セリーナはコーチングは受けていない謝れと審判に抗議しますが撤回されません。徐々にセリーナのストレスがたまっていきます。
全米オープンテニスのシングルス決勝、大坂なおみがセリーナに勝ち優勝。新旧世代交代へ


このゲームを大坂がキープし、次のゲームをセリーナがキープしての1-2からの大坂のサービスゲームをセリーナがブレークして1-3に。
しかし次のセリーナのサービスゲームを大坂がリターンエースや2連続のダブルフォルトなどもあり直ぐにブレークバックし2-3とすると、自分の不甲斐無さに怒りを抑えられなかったのか、セリーナがラケットをコートに叩きつけて破壊してしまいました。
全米オープンテニスのシングルス決勝、大坂なおみがセリーナに勝ち優勝。新旧世代交代へ


この行為は先ほどのコーチングと合わせて2個目の違反なので、ラモス主審が今度は1ポイントのペナルティーを取りました。
益々セリーナのストレスがたまっていきます。

第6ゲームは大坂がサービスゲームをキープして3-3。

次のセリーナのサービスゲームを大坂がリターンエースなどもありブレークして4-3としてからの休憩中に、最初のコーチング警告に怒りの収まらないセリーナが審判を何度も"thief" (泥棒、盗人)などと口汚くののしりました。
これが3個目の違反行為で1ゲームのペナルティーとなり、大坂が次のサービスゲームをキープしたこととなり5-3。

このペナルティーに納得のいかないセリーナは激怒し、オフィシャルを呼ぶように要求。
男女2名のオフィシャルが出てきてセリーナを何とかなだめて試合再開しました。

次のセリーナのサービスゲーム、セリーナの形相に圧倒されたのか、大坂は1ポイントも取れず、ラブゲームでキープされてしまいました。

萎縮してしまうのではないかと心配された5-4からの大坂のサービングフォーザマッチ。

プレーに集中した大坂は190km近いサーブをセンター、ワイド、ボディーへうまく散らして、勝ち切りました。

後味の悪い試合で、主審が出てこない異常な表彰式でブーイングが止みませんでしたが、徐々に冷静になったセリーナが大坂をいたわり、大坂選手の素晴らしいプレーを称え、観客にブーイングを止めるように求めると、ようやくブーイングが終了しました。

後味の悪い勝ち方でしたが、このような状況にセリーナを追い込んだのは大坂選手の実力が勝っていたと言うことです。

運命的な出会いである元セリーナのヒッティングパートナーのサーシャ・バインがコーチとなってから急速にレベルアップした大坂選手が、新旧女王の世代交代を実現しました。
これから10年は大坂の時代となるであろうと感じさせる歴史的な一戦でした。
全米オープンテニスのシングルス決勝、大坂なおみがセリーナに勝ち優勝。新旧世代交代へ

コーチのサーシャは愛称でATPサイトの選手情報にはAleksandar Bajin(アレクサンダー・バジン)で選手時代の情報が掲載されています。
Aleksandar Bajin
キャリアハイが2007年の1,149 位です。選手としては大成できませんでしたが、女子選手のコーチとしては偉業を成し遂げました。

海外のニュースによるとセリーナのコーチのパトリック・ムラトグルーは試合中のコーチング行為を認めているようです。
U.S. Open 2018: Patrick Mouratoglou admits to coaching Serena Williams during final
もしかしたら女子(WTA)のツアーではオンコートコーチングも許されているくらいですから、このような行為を大目に見ているのかもしれません。ラモス審判が男子のツアーメインなので厳しかったのかもしれません。

また、大坂選手の父親はハイチ出身ですので、会場にはハイチの国旗を振って応援している人たちが見られました。
ハイチのニュースには"Haitian Japanese"(ハイチ系日本人)となっています。
Haitian Japanese Naomi Osaka Faces Her Idol, Serena Williams, in U.S. Open Final

全米オープンテニスのシングルス決勝、大坂なおみがセリーナに勝ち優勝。新旧世代交代へ


3歳の時に家族でアメリカへ移住して育った大坂選手、ダイバシティー時代を象徴するような育ち、カタコトの日本語しか話せませんでしたが、最近はずいぶんと上手に話せるようになってきました。
凱旋帰国する東レPPOでのスピーチが楽しみです。

大坂選手は以前に有明の東レPPOで観戦した時と比べて、ずいぶんとスリムになっています。
2016年東レPPO
東レ パン・パシフィックオープン・テニス シングルス1回戦 大坂なおみが土居美咲に勝利 2回戦へ


2015年東レPPO
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス準決勝、錦織圭はジョコビッチに敗退しましたが、大坂なおみは勝利し、セリーナとの決勝へ進みました。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) が6位で第6シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
以前のランキング1位だった時のレベルに完全復活してきたジョコビッチには隙がありませんでした。
トータルのウイナーの数は錦織が22でジョコビッチが16で優っていましたが、アンフォーストエラーは錦織が51でジョコビッチが29。
打っても打っても返ってくるジョコビッチの完璧なコートカバリングに最後は錦織がミスをさせられてしまうパターン、特にフォアハンドのミスが目立ちました。
サービスゲームでも深く返球されて、主導権をとることができませんでした。

第1セット出だしから硬さがみられた錦織ですが、第2セット序盤には互角のプレーでブレークチャンスもありましたが、結局最後までジョコビッチのサービスゲームをブレークすることができませんでした。
このブレークチャンスに1ゲームでもブレークできていたらもう少し善戦ができていたかもしれません。
苦しい展開の中でも、局面を打開するためにネットプレーにトライしたり、素晴らしいプレーも見せてくれました。

敗れはしましたが、怪我の影響で1月の全豪オープンを欠場してATPチャレンジャー大会から復帰してきた錦織選手、フレンチオープンでベスト16、ウインブルドンでベスト8、今回の全米でのベスト4と順調に成績アップし、ランキングも来週には12位くらいに上がってくると思われます。
今後の活躍が期待されます。


WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が14位で第14シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)に6-2、6-4のストレートで勝利。
ストレート勝ちでしたがスコア以上に競り合った試合でした。
4回のブレークチャンスで3回ブレークした大坂に対して、キーズはブレークチャンスが13回もありながら一度もブレークできませんでした。
重要な場面で絶対にミスをしないショットの安定した大坂に対して、キーズは力んでミスを重ねていました。
フットワーク、ストローク力、コース選択、メンタル面など、すべての面で大幅にアップしてきています。
決勝戦が楽しみです。


決勝では26位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)と対戦します。
今年のマイアミで大坂が勝っていますが、その時のセリーナは出産後の復帰直後で全く参考にはなりません。
セリーナの200kmサーブを大坂が深く返球できるか、最近はコース重視でサーブのスピードを抑えてきた大坂が決勝戦では200kmサーブを打ち込んでくるか?
元セリーナのヒッティングパートナーで、セリーナの長所・欠点を知り尽くしたコーチのサーシャ・バインがどのような攻略作戦を授けるのか、明日の戦い方が注目されます。

1981年生まれで今年37歳のセリーナ。1997年生まれの大坂がアメリカへ渡った翌年の2002年にはWTAランキング1位となっています。
子供の頃から憧れてきたセリーナに大坂が勝てば、世代交代との大きなニュースとなる事間違いないでしょう。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ