つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ダニエル

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

9月16日(金曜日)から大阪の靱テニスセンターでテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループのプレーオフが行われます。

デビスカップ JTA 公式サイトのチケット情報から、「チケットぴあ」を見てみましたが、初日と最終日のシングルスの試合は、錦織人気のお陰でしょうが、車いす席以外は既に全て売り切れとなっていました。


対戦相手はウクライナで、チーム別の世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。
Current Ranking | Davis Cup
ウクライナはATPランキング57位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)が出場メンバーに入っていないので日本が有利のように思われますが、錦織に続く選手のレベルが低い日本は苦戦が予想されます。

ウクライナはATPランキング84位のマルチェンコと85位のスタホフスキーがシングルスNO1、2に出てくると思われます。
マルチェンコは全米オープンでベスト16まで勝ち上がっていて調子が良さそうで、来週発表のランキングでは50位あたりに上がってくると思われます。要注意です。

過去の対戦を見ると、マルチェンコに対しては錦織、西岡がともに1勝0敗。
193cmの長身のスタホフスキーに対しては、錦織が0勝2敗、西岡が0勝1敗と不利な成績となっています。
杉田とダニエルは過去の対戦がありません。

錦織がスタホフスキーに負けたのは2011年、最近は211cmのカルロビッチのサービスを上手くリターンしているくらいですから、多分2勝は硬いと思われますが、問題はNO2シングルス。
杉田、西岡、ダニエルの誰をシングルスに出場させるか、監督の采配が勝敗を大きく左右すると思われます。

また、毎回ダブルス要員として出場していた内山選手が今回は入っていないので、ダブルス出場選手も非常に興味深い選択となります。


過去のATPツアーでの対戦成績
錦織 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Illya Marchenko
錦織 対 スタホフスキー 0勝2敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sergiy Stakhovsky

西岡 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Illya Marchenko
西岡 対 スタホフスキー0勝1敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Sergiy Stakhovsky


日本の出場予定選手のATPランキング
7位 錦織圭 (Kei Nishikori) 
82位 杉田祐一(Yuichi Sugita)
85位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)
101位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナの出場予定選手のATPランキング
84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)
85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)
308位 アルチョム・スミルノフ(Artem Smirnov)
667位 ダニロ・カレニチェンコ(Danylo Kalenichenko)


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニス(Roland Garros French Open - Official Site)のシングルス1回戦で、錦織、ダニエル、奈良、大坂が勝ち2回戦へ。土居と日比野は1回戦で敗退しました。

ATPランキング6位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 31位のシモーネ・ボレッリ(Simone Bolelli)に、6-1、7-5、6-3のストレートで勝利。
先ずは順調に一回戦を勝利。終始、錦織優勢の試合展開でした。
第1セットを1ゲームしか与えないで取った後の第2セット。2ゲーム目のボレッリのサービスゲームをブレークして3-0のスタート。楽勝な展開と思いましたが、3-1からの錦織のサービスゲームで、甘いボールでネットに出てみたり、ダブルフォルトをしたりで、落としてしまいました。気を抜かずにしっかりキープしておけば、完全に一方的な試合展開になっていたと思われます。
錦織選手はリードしているところで、このようなプレーが目立つのが気になります。

2回戦は40位のアンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)との対戦となります。
過去の対戦成績は錦織の0勝1敗。格下ですが侮れない相手です。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Andrey Kuznetsov


91位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 46位のマーティン・クリザン(Martin Klizan)に3-6、4-6、7-5、6-4、3-0の途中リタイアで勝ちました。
2セットまでを見たところでは、勝てそうにありませんでしたが、徐々にクリザンの足の動きが悪くなり、最後はクリザンが肩の痛みを訴えて、メディカルタイムアウトを取りましたが、回復することなくリタイアとなりました。
スペイン仕込のダニエルの粘るテニスが勝利を導きました。
ダニエルは以前より、サービス力はかなり向上しています。もう少し攻めるストロークが出来ればさらにランクアップできると思われます。
2回戦は4位で第3シードののスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)との対戦となります。
今のダニエルの粘りのテニスでは、なかなか打ち負かすのは難しいと思われます。


奈良くるみ(Kurumi Nara) が 68位のダニサ・アレルトバ( Denisa Allertova )に、5-7、6-3、2-0の途中リタイアで勝ちました。
この試合は見ていないので状況は分かりませんが、奈良は3年連続の初戦突破。1セットを取られても、勝てると信じて戦ったのだと思われます。

大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 36位で第32シードのエレナ・オスタペンコ(Jelena Ostapenko)に6-4、7-5のストレートで勝ちました。
両選手ともに非常にミスショットの多い試合でした。オスタペンコは左太ももを痛めていて万全の体調ではありませんでした。大坂は勝ち上がりましたが、もう少しストロークの精度を上げていかないと更に勝ち上がるのは、難しいと思われます。

土居美咲(Misaki Doi) 対 23位で21シードのサマンサ・ストーサー(Samantha Stosur)に2-6、6-4、3-6のフルセットで敗れました。第2セットから第3セット初めまでは土居が押していましたが、最後は実力差で押し切られた感じでした。

日比野菜緒(Nao Hibino) 対 6位で第6シードのシモーナ・ハレプ(Simona Halep)に2-6、0-6のストレートで敗れました。日比野は右肩の関節の腫瘍の手術をして間が無く、ほとんど全仏でのクレーコートでの戦いの準備が出来ないままでの出場でしたので致し方ない結果と思われます。体調が万全になれば、また活躍してくれるでしょう。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
ダニエル太郎公式Blog,Twitter


土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式サイト
Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日行われた全豪オープン(Australian Open)のシングルス1回戦で、大坂なおみが勝ち上がりました。ダニエル、伊藤、杉田、土居は敗退しました。
今日は錦織、奈良のシングルス2回戦試合が行われます。


WTAランキング大坂なおみ(Naomi Osaka)が 104位のドナ・ヴェキッチ(Donna Vekic)に6-3、6-2のストレートで勝ちました。
大坂は200kmを超える高速サーブは打たずに、無理をせず余裕を持って戦っていて、危なげの無い試合展開でした。
実力の6割程度で戦っていたのではないでしょうか。
2回戦の対戦相手は21位で第18シードのエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)。
このレベルの選手でも互角の戦いになると思われます。明日の試合が楽しみです。


65位の土居美咲(Misaki Doi) が 7位で第7シードの アンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に、7-6、6-7、3-6の逆転で敗退しました。
過去の対戦成績は土居の3連敗中。第一セットをタイブレークで取り、今回はいけるかと期待しましたが、第2セットのタイブレークで落とすと、終盤はケルバーのペースとなってしまいました。
最後に実力差が出てしまいました。


ATPランキング97位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 54位のルカ・ロソル(Lukas Rosol)に6-7、5-7、7-5、7-6、1-6のフルセットで敗退しました。
2セット連取された後、2セットを取り返し2ー2の対に持っていったところではダニエルペースになったかと思われましたが、最終セット一気にロソルに持っていかれてしまいました。
第4セットをタイブレークで取って一息ついてしまったのかもしれません。最後に実力の差が出てしまいました。


122位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 24位で第23シードのガエル・モンフィス(Gael Monfils)に1-6、3-6、2-6のストレートで敗退しました。
実力差は大きく、一方的な試合になってしまいました。


123位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)  が 186位のラデック・シュティエパネック(Radek Stepanek)に4-6、3-6、7-6、2-6で敗退しました。
第3セットをタイブレークで勝って、そのまま一気に勝ちにつなげていけなかったのが残念です。
既に37歳のシュティエパネック。非常に恵まれた初戦のカードで勝てないと勝つチャンスはなかなかありません。

今日のシングルス2回戦では錦織と奈良の試合が行われます。
ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 103位のオースティン・クライチェック(Austin Krajicek)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。昨年のメンフィスの大会の準々決勝で勝っています。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Austin Krajicek

WTAランキング84位の奈良くるみ(Kurumi Nara)  対 58位のマルゲリータ・ガスパリョン(Margarita Gasparyan)
過去の対戦はありません。




錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ
西岡良仁 公式サイトFacebook


土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年初のテニスのグランドスラム 全豪オープン(Australian Open)が明日から始まります。
今回は男子選手はダイレクトインの錦織、ダニエル、西岡と予選勝ち上がりの伊藤、杉田の5名、
女子選手はダイレクトインの日比野、土居、奈良と予選勝ち上がりの大坂の4名が出場します。

今回の大会の注目選手はグランドスラム初優勝を目指す錦織圭はもちろんですが、18歳で180cmの長身の女子選手 大坂なおみ でしょう。
予選ファイナルの3回戦は大会のホームぺーージでライブストリーミングで配信されていましたが、190km台のフラットサーブと150km台のスライスサーブを打ち分けて安定してサービスゲームをキープ。
ストロークも強烈なトップスピンのクロスとフラット系のストレートが強力で、圧勝の試合でした。強い選手と戦うことで、どんどん実力アップしてきていますし、初のグランドスラム本戦で、あっと驚く活躍をしてくれるかもしれません。
大坂なおみ 全豪オープンテニス予選

大坂なおみ 全豪オープンテニス予選


初日の明日は錦織、西岡、日比野、奈良の試合が行われます。

男子選手1回戦の対戦カード
ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 34位のフィリップ・コールシュライバー(Philipp Kohlschreiber)
過去の対戦はありません。1回戦からキャリアハイ12位の強敵ですが、錦織の調子が悪くなければ問題なく勝てる相手だと思われます。

116位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 41位のパブロ・クエバス(Pablo Cuevas )
過去の対戦はありません。

97位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対 54位のルカ・ロソル(Lukas Rosol)
過去の対戦成績はダニエルの0勝1敗。1昨年のデビスカップの時に敗れていますが、もう少しで逆転勝利できそうな惜しい戦いでした。今回は勝ってくれると期待したいです。
ATP Head to Head:Taro Daniel vs Lukas Rosol


123位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)  対 186位のラデック・シュティエパネック(Radek Stepanek)
過去の対戦成績は1勝1敗、五分五分の対戦相手です。今回はきっと勝ってくれるでしょう。
ATP Head to Head:Tatsuma Ito vs Radek Stepanek


122位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 24位で第23シードのガエル・モンフィス(Gael Monfils)
過去の対戦はありません。


女子選手1回戦の対戦カード
WTAランキング58位の日比野菜緒(Nao Hibino) 対 5位で第5シードの マリア・シャラポワ(Maria Sharapova)
過去の対戦はありません。
最近の成長が著しい日本人女子最高ランキングの日比野のテニスがシャラポワにどの程度通用するのか、注目の一戦です。

65位の土居美咲(Misaki Doi) 対 7位で第7シードの アンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)
過去の対戦成績は土居の3連敗中です。厳しい対戦相手となりました。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Angelique Kerber

84位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 154位の オセアンヌ・ドダン(Oceane Dodin)
過去の対戦成績は奈良の1勝0敗です。昨年の全仏オープンで勝っています。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Oceane Dodin


大坂なおみ(Naomi Osaka)対 104位のドナ・ヴェキッチ(Donna Vekic)
過去の対戦はありません。
ランキング的に恵まれた対初戦の戦相手となりました。今の大坂ならきっと勝ってくれるでしょう。




錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ
西岡良仁 公式サイトFacebook


土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今日からフランスのパリで全仏オープンテニスの本戦が始まります。

日本人選手は西岡とダニエルが予選を勝ち上がりましたので、男子が、錦織、添田、伊藤、西岡、ダニエル、女子が奈良と土居の、合わせて7名が出場します。

初日の今日は錦織、添田、奈良、土居の試合が行われる予定です。

男子選手は全てボトムハーフとなっています。
初戦から第4シードとの対戦となった西岡以外は、比較的恵まれたドローだと思われます。

ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 123位のポール アンリ・マチュー
(Paul-Henri Mathieu)
過去の対戦成績は1勝1敗ですが、負けたのは2009年です。今の錦織なら問題なく勝つでしょう。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Paul-Henri Mathieu


90位の添田豪 (Go Soeda) 対 23位で第22シードのフィリップ・コールシュライバー(Philipp Kohlschreiber)
過去の対戦成績は添田の0勝1敗。
ATP Head to Head: Go Soeda vs Philipp Kohlschreiber


108位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)対 29位で第28シードのファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)
過去の対戦はありません。


149位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)対 4位で第4シードのトマス・ベルディヒ(Tomas Berdych)
過去の対戦はありません。


169位のダニエル太郎(Taro Daniel)対 33位で第32シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)



WTAランキング56位の奈良くるみ(Kurumi Nara)対  138位のオセアンヌ・ドダン(Oceane Dodin)
過去の対戦はありません。

112位の土居美咲(Misaki Doi)対 147位のオセアンヌ・ドダンペトラ・ツェトコフサ(Petra Cetkovska)
過去の対戦はありません。




錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook


奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ



Roland Garros French Open - Official Site

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ