つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ダニエル太郎

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されている今年最初のテニスのグランドスラム大会 全豪オープンの1回戦で錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、大坂なおみが勝ち上がりました。伊藤竜馬と土居美咲は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 176位のカミル・マイクシャク(Kamil Majchrzak)に3-6、6-7、6-6、6-2、3-0 途中棄権で勝利。
第1セットのブレークのチャンスで取れなかったことでマイクシャクに勢いを与え、試合展開が厳しいものとなってしまいました。
錦織はバックサイドの打ち合いに持ち込んでいたようですが、マイクシャクのバックハンドはフラット系のダブルハンドとスライス系のシングルハンドが良いコースに決まり、先に錦織がミスをする流れとなってしまいました。第2セットをタイブレークで取られて後がない状況でしたが、予選から勝ち上がってきたマイクシャクに疲れが出てきたのか、第3セットになると足に痙攣を起こしてほとんど動けなくなってしまいました。マッサージなどで回復を試みていましたが、そのまま第5セット途中でリタイアとなりました。本当に危ない試合でした。
2回戦では73位のイボ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)と対戦します。
211cmの長身のカルロビッチのサービスゲームのブレークには苦労すると思いますが、39歳で最近は錦織の3連勝中のですので、問題なく勝ち上がれることと思います。

82位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 144位のタナシ・コキナキス(Thanasi Kokkinakis)に5-7、4-2途中棄権で勝利。
予選から勝ち上がってきたコキナキスは肩を痛めており、ファーストサーブでも150km台で、普通の男子選手のセカンドよりも遅いくらいのスピード。本来ならファーストサーブからガンガン攻めて行けば、ダニエルの一方的な試合になったと思いましたが、うまく攻めることができず第1セットを落としてしまいました。しかし、第2セット途中でコキナキスがリタイアとなり勝ちました。
何故もう少しアグレッシブに攻めれなかったのかと、疑問の残る試合でした。
2回戦では、27位で第25シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)と対戦します。
過去の対戦はありません。

69位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 41位の テニーズ・サンドグレン(Tennys Sandgren)に6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。
どちらに転んでもおかしくない互角の相手に対して、西岡がきっちり勝ち切った試合でした。
2回戦では、11位で第10シードのカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)と対戦します。
過去の対戦はありません。

150位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が 189位の ダニエル・エバンス(Daniel Evans)に5-7、1-6、6-7のストレートで敗退。
時々は伊藤の良いショットが決まっていましたが、ミスが多く一方的な試合となってしまいました。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 80位のマグダ・リネッテ(Magda Linette) 6-4、6-2のストレートで勝利。
第1セットではリネッテに一度サービスゲームをブレークされましたが、試合全般を通して危なげのない戦い方でした。初戦がセンターコートのナイトセッションと言うことに、大坂の注目度の高さがうかがえます。
2回戦では、78位のタマラ・ジダンセク(Tamara Zidansek)と対戦します。
過去の対戦はありません。

103位の土居美咲(Misaki Doi)が88位のマディソン・ブレングル(Madison Brengle)に4-6、0-6のストレートで敗退。
第1セットでは土居にも良いプレーがありましたが、第1セットを落とすと第2セットは一方的な試合となってしまいました。
それでも予選を勝ち抜いて本戦に出場できたことで、今シーズンこれからの活躍に期待が持てます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

土居美咲公式ブログtwitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のグランドスラム 全米オープンテニスが始まります。

今年のシングルス本戦には男子は錦織圭、ダニエル太郎、杉田祐一、西岡良仁、女子は大坂なおみ、奈良くるみの合計6選手が出場します。

既にドローが発表されていますが、西岡選手が初戦でいきなりフェデラーと対戦します、勝つのは難しいでしょうが、西岡選手がどのような戦い方をするか楽しみです。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 50位のマキシミリアン・マーテラー(Maximilian Marterer)

64位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対45位のアレックス・デ ミナー(Alex de Minaur)

91位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 25位で第26シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)

177位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 2位で第2シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)


WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 146位のラウラ・シゲムンド(Laura Siegemund)

99位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 15位で第15シードのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

杉田祐一公式ブログ,Twitter

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

奈良くるみ公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス1回戦で、杉田祐一、ダニエル太郎、大坂なおみ、日比野菜緒、尾崎里紗、奈良くるみが勝ち、2回戦へ進みました。
土居美咲、江口実沙は敗退しました。
錦織選手が欠場していますが、他の選手ががんばってくれています。

US Open Official Site

ATPランキング 43位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 331位のジェフリー・ブランカノ(Geoffrey Blancaneaux)に6-2,6-2,6-0のストレートで勝利。
第1、2セットを連取して、第3セット目に入ったところで雨の中断となり翌日に順延となりましたが、再開後の第3セットは0-6で圧倒しました。
テンポの速いグランドストロークが深くく決まり、相手をエンドライン後方へ追いやって有利に試合を進めていました。かなり調子が良さそうです。
2回戦では59位のレオナルド・メイヤー(Leonardo Mayer)と対戦します。
過去の対戦はありません。
191cmの長身のメイヤー。1回戦で第26シードのガスケを敗っているので、かなり好調と思われます。
ランキング的には下ですが、苦戦が予想されます。

118位のダニエル太郎(Taro Daniel)が 159位の トミー・ポール(Tommy Paul)に6-1,4-6,4-6,6-2,6-2のフルセットで勝利。
第1セットを6-1で取りましたが、第2セットからファーストサーブの入りが悪くなり苦戦しました。
3時間近い試合となりました。
2回戦では1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
いつもの粘りのダニエルのプレースタイルでは、強烈なトップスピンのナダルに対しては全く相手にならないと思われるので、どのような戦略で挑むのか見るのが楽しみです。


WTAランキング45位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が 6位で第6シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に6-2、6-1のストレートで勝利。
終始、攻撃力で勝る大坂が攻めきっての勝利でした。
以前は目立っていた200km/h以上のスピードのファーストサーブに頼ることなく、グランドストロークでケルバーから大量のウイナーを奪っていました。
昨年の3回戦、ファイナルセット4-0から逆転されて敗北した経験のある大坂でしたが、今回は浮き足立つことなく最後まで落ち着いてプレーができました。
このプレーを続けられればベスト8位までは行けると期待できます。

2回戦では90位のデニサ・アレルトバ(Denisa Allertova)と対戦します。
過去の対戦はありません。
第6シードに勝っている大坂ですので、このレベルの相手なら問題なく勝ち上がってくれると思われます。

80位の日比野菜緒(Nao Hibino)が 36位のキャサリン・ベリス(Catherine Bellis)に6-3,4-6,7-5のフルセットで勝利。
第1セットをベリスのミスに助けられ6-3で取り、良いスタートを切った日比野でしたが、第2セットに入るとベリスのミスが減り、逆に日比野のミスが増える悪い展開に。
第2セットを4-6で落とすと、第3セットも悪い雰囲気で先行されましたが、3-5からの日比野のサービスゲームから、開き直ったのか積極的なプレーで切れの良いショットが復活し、一気に4ゲームを連取して勝ちました。
良いプレーをしているのに、逆転負けでの惜しい敗戦が多く見受けられた日比野選手なので、第3セットの序盤ではもうだめかと思いましたが、精神的にずいぶんとタフになってきました。
今までのグランドスラムではドローに恵まれず、初戦でトップシード選手との対戦も多く、今回が8回目の挑戦での初勝利でした。
決定力のあるショットを持つ選手なので、これからの活躍が楽しみです。

2回戦では37位のルーシー・サファロバ(Lucie Safarova)と対戦します。
過去の対戦はありません。
サファロバはキャリアハイ5位の強敵ですが、日比野が実力通りのプレーが出来れば十分に勝ち上がりの可能性があると思われます。

96位の尾崎里紗(Risa Ozaki) が 219位のダニエル・ラオ(Danielle Lao)6-3,6-7,7-6のフルセットで勝利。
ランキング下位の選手相手でしたが、きわどい試合を何とか物にしての勝利でした。

2回戦では26位で27第シードのザン・シュアイ(Shuai Zhang)と対戦します。
過去の対戦成績は、尾崎の0勝1敗。厳しい戦いとなることが予想されます。

116位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が 86位のサラ・ソリベス トルモ(Sara Sorribes Tormo)に6-1,6-2のストレートで勝利。
キャリアハイ32位の奈良選手。ここのところ調子を落としていましたが、相性の良い全米で元気なプレーが戻ってきました。
これで、トルモには2連勝となりました。

2回戦では8位で第8シードのスヴェトラナ・クズネツォワ(Svetlana Kuznetsova)と対戦します。
過去の対戦成績は、奈良の0勝3敗。厳しい戦いとなることが予想されます。

94位の土居美咲(Misaki Doi)が 25位で第 23シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に1-6,3-6のストレートで敗退。
キャリアハイ30位の土居選手ですが、ここのところストロークや動きに切れが無く、ミスショットも多く勝てなくなっています。
今は再起へ向けての辛抱の時なのかもしれません。

316位の江口実沙(Misa Eguchi)が 41位のクリスティーナ・プリスコバ(Kristyna Pliskovaに2-6,2-6のストレートで敗退。
怪我からの復帰の影響か、江口選手の動きには精彩がありませんでした。
100%の状態で無いと、このレベルの選手とは勝負になりません。

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
尾崎里紗 twitter
江口実沙公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年2戦目のグランドスラム 全仏オープンテニスが始まりました。
>>Roland Garros French Open - Official Site

日本人選手は怪我で西岡良仁が出場していませんが、男子選手は錦織圭 、杉田祐一、ダニエル太郎、
女子選手が大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ、尾崎里紗、加藤 未唯、
の合計9名が本戦に出場。
錦織圭 、ダニエル太郎、奈良くるみが1回戦を勝ち上がりました。

今回のオーダーを見ると比較的恵まれているようです。

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)がタナシ・コキナキス(Thanasi Kokkinakis)に4-6、6-1、6-4、6-4の逆転で勝利。
第1セット、コキナキスのサーブ苦戦し、ブレークチャンスまでは行っても一度もブレークすることが出来ず、逆にサービスゲームを一度ブレークされて4-6で落としました。

第2セットに入り、コキナキスのサーブに対して徐々にタイミングが合ってきた錦織が2ゲームブレークし、自身のサービスゲームは一度もブレークポイントすら与えない一方的な試合展開で、6-1,で取りました。

第2セットの流れのまま押し気味に試合を進め、第3、4セットを連取して勝ちました。

2回戦では74位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の5勝2敗で、錦織の4連勝中。肘の具合さえ問題なければ勝てると思われます。
ATP head to head:Kei Nishikori vs Jeremy Chardy

102位のダニエル太郎(Taro Daniel)が164位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)に6-4、6-4、6-4のストレートで勝ちました。
スペインを拠点にしていてクレーを得意としているダニエルが、粘り強いストロークプレーでヤノヴィッツにストレートで勝ちました。
ダニエルはサービス力ストローク力がかなり向上してきていますが、今のエンドラインから大きく下がってのプレースタイルではトッププレーヤーには通用しないと思われます。

2回戦では第20シードで21位のパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)と対戦します。
過去の対戦成績はダニエルの0勝1敗。
ATP head to head:Taro Daniel vs Pablo Carreno Busta

78位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が第25シードで26位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)に3-6、3-6、7-6、7-6、3-6のフルセットで敗退。
第25シードのジョンソン相手に完全に互角の戦いをしました。ずいぶんと実力が上がってきました。
杉田の流れになっていた第4セットの4-2の時点で日没順延となったのが少し不利に働いたと思われます。



WTAランキング90位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が15歳で主催者推薦で出場のアマンダ・アニシモワ(Amanda Anisimova)に3-6、7-5、6-4の逆転で勝利。
第1セットをアニシモワにサービスゲームを2ゲームブレークされ一度もアニシモワのサービスゲームをブレークできずに3-6で落としましたが、粘る奈良に徐々にアニシモワに疲れが見えミスが増えてきて、2、3セットを連取して勝ちました。

2回戦では第10シードで11位のヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)と対戦します。
過去の対戦成績は奈良の1勝2敗ですが、昨年のインディアンウェルズで奈良が勝っています。


55位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が113位のアリソン・バン ウィトバンク(Alison Van Uytvanck)に3-6、5-7で敗退。
ほぼ互角の試合展開でしたが、わずかばかり大坂のミスが多く出てしまいました。
サービス力のある大坂ですが少しコースが単調になってしまっています。もう少し工夫が必要と思われます。


58位の土居美咲(Misaki Doi)が 91位のサラ・エラーニ(Sara Errani)に6-7、1-6のストレートで敗退。
激しいストロークの打ち合いの試合で、ブレーク合戦となりましたが、エラーニのスタミナが勝っていました。
試合の終盤には痛めている脇腹の痛みが出てしまって動きが悪くなってしまいました。


72位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が57位のユージニー・ブシャール(Eugenie Bouchard)に6-2、3-6、2-6の逆転で敗退。
第1セットいきなり5セットを連取した尾崎でしたが、続く尾崎のサービスゲームをブレークされるたところで、流れがブシャールに。第1セットは6-2で何とか取りましたが、流れを取り返すことが出来ませんでした。


83位の日比野菜緒(Nao Hibino)が第28シードで27位のキャロライン・ガルシア(Caroline Garcia)に2-6、2-6のストレートで敗退。
日比野のサービスゲームでトータルで5度ブレークされ、1ゲームブレークバック。一方的な試合展開での敗戦でした。


199位の加藤未唯(Miyu Kato)が121位のテイラー・タウンゼント(Taylor Townsend)に、4-6、0-6のストレートで敗退。
スコアほどには一方的ではない試合でした。
ほんの少しアウトするボールが多く、これが決まっていれば十分に勝てたチャンスはあったと思われます。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
加藤未唯Twitter
尾崎里紗 twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス2回戦。錦織圭、ダニエル太郎が勝利、杉田祐一、土居美咲、日比野菜緒が敗退。
女子ダブルスの土居美咲/ 穂積絵莉組も敗退しました。
Rio 2016 Drawsheet

今回のオリンピックではNHKがオンラインのストリーミングでライブや過去の試合の動画放送を行っているので見逃した試合を見れるので便利です。
テニス | NHKリオデジャネイロオリンピック

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が74位のジョン・ミルマン(John Millman)に7-6、6-4のストレートで勝ちました。
第1セット先にサービスゲームをブレークされて、何とか追いついたタイブレークでも0-4と苦しい展開でしたが、ここから一気に7ポイントを連取してセットを取りました。
第2セットも先にブレークされる展開でしたが、逆転して6-4で取りました。最近の錦織は格下の選手相手には、リードされても慌てることなく落ち着いて、相手を攻略して負けない戦いが出来るようになっています。

3回戦では121位のアンドレイ・マーティン(Andrej Martin)と対戦します。
過去の対戦はありません。


117位のダニエル太郎(Taro Daniel)が、81位のカイル・エドモンド(Kyle Edmund)に6-4、7-5のストレートで勝利。
第2セット最初のサービスゲームをブレークされて0-3の苦しいスタートとなったダニエルでしたが、直ぐにエドモンドのサービスゲームをブレークバックして追いつくと4-4からのエドモンドのサービスゲームを再度ブレークして6-4。
第2セットも先にブレークされて追いつく展開で5-5からのエドモンドのサービスゲームをブレークして7-5で取りました。ダニエルはエドモンドのボールが浅くなると積極的にウイナーショットを決めていました。以前と比較してずいぶんと攻撃力がアップしてきました。これからが楽しみです。

3回戦では141位のフアン・マルティン・デル ポトロ(Juan Martin del Potro)と対戦します。
過去の対戦はありません。
怪我の影響で現在のランキングは低いですが、キャリアハイ4位で、グランドスラム優勝の経験もある強敵です。ダニエルのテニスがどこまで通用するか見るのが楽しみです。

104位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が31位で第15シードのジル・シモン(Gilles Simon)に6-7、2-6のストレートで敗退。

37位の土居美咲(Misaki Doi)が、17位で第13シードのサマンサ・ストーサー(Samantha Stosur)に3-6、4-6のストレートで敗退。

75位の日比野菜緒(Nao Hibino)が4位で第3シードのガルビン・ムグルサ(Garbine Muguruza)に1-6、1-6のストレートで敗退。

土居美咲/ 穂積絵莉(Eri Hozumi)組がダリア・カサキナ/ スヴェトラナ・クズネツォワ組に4-6、6-1、1-6のフルセットで敗退。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
杉田祐一公式ブログ

土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
穂積絵莉公式ウェブサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのオーダーが発表されました。
Wimbledon - The Home of Tennis

シングルスには男子選手は錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁が、女子選手は土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみが出場します。
日比野が32シードのペトコビッチと対戦しますが、それ以外は比較的対戦相手に恵まれています。

ATPランキング6位で第5シードの錦織圭 (Kei Nishikori) 対 123位のサム・グロス(Sam Groth)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗です。昨年のワシントンの大会で勝っています。
体調さえ万全なら問題なく勝ち上がってくれると思います。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sam Groth

115位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対 97位のフアン・モナコ(Juan Monaco)
過去の対戦はありません。
モナコは今のランキングは低いですが、キャリアハイ10位の強敵です。厳しい戦いになると思われます。

122位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 92位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)
過去の対戦はありません。
予選3試合を勝ち抜いて来ている西岡がそのままの勢いで勝ち上がってくれると期待しています。


WTAランキング49位の土居美咲(Misaki Doi) 対 74位のルイザ・キリコ(Louisa Chirico)
過去の対戦はありません。

71位の日比野菜緒(Nao Hibino) 対 34位で32シードのアンドレア・ペトコビッチ(Andrea Petkovic)
過去の対戦はありません。

94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 62位のマディソン・ブレングル(Madison Brengle)
過去の対戦は奈良の2勝1敗。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Madison Brengle



錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook
守屋宏紀公式ブログ

土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ