つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ダブルス

ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニス(US Open Official Site)の女子ダブルス準々決勝で、クルム伊達公子/バルボラ・ザフラヴォワ・ストリツォワ組が第8シードのアンドレア・フラヴァコバ/ジェン・ジー組に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝ち、準決勝へ進出しました。

WOWOWのテレビ中継は無かったのですが、メンバーズオンデマンドで配信されていたので、パソコンでの観戦となりました。伊達組が押し気味でしたが、スコアは拮抗し、どちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、きわどい勝負を物にしました。勝負強さはさすがです。

準決勝では第4シードのエカテリーナ・マカロバ/エレナ・ヴェスニナ組と対戦します。
マカロバはシングルスでも準決勝まで勝ち進んでいます。シングルスの疲れが出るようであれば、勝つチャンスがあると思われます。

また、マルチナ・ヒンギスがフラビア・ペンネッタと組んで同じく準決勝へ勝ち上がっています。
二人とも準決勝を勝ち上がれば決勝戦での対戦となります。二人の決勝対決が実現したら、大きな話題になるでしょう。

伊達公子オフィシャルブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

有明コロシアムで行われているデビスカップのカナダ戦2日目のダブルスに勝利し、今日のシングルスで1勝すれば、日本チームは準々決勝へ進出することとなりました。

当初は 杉田祐一/内山靖崇 対 ダニエル・ネスター/バセク・ポシュピシル の予定でしたが、
直前のメンバー変更で 錦織圭/内山靖崇 対 ダニエル・ネスター/ フランク・ダンセビッチ となりました。

ダブルスで4大大会で優勝しているネスターが出てくるし、以前の自信の無さそうな内山のプレーの印象があったので、まず勝ち目は無いと思っていましたが、すばらしいプレーの連続で日本チームが勝ちをもぎ取りました。

第一セットの2ゲーム目の最初の内山のサービスゲームをブレークピンチになりながらも何とかとることが出来たのが非常に大きかったと思います。これで落ち着いてプレーが出来るようになり、日本チームはがんがん強打を打ち込んで常に有利に試合展開を進めることが出来ました。

今日のシングルスは、
ATPランキング18位の錦織圭(Kei Nishikori) 対 119位のフランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)。

ATPランキング140位の添田豪 (Go Soeda)が 対 135位のピーター・ポランスキー(Peter Polansky)の試合が予定されています。

カナダチームはこれで後がなくなったので、必勝を期してATPランキング119位のフランク・ダンチェビッチに替えて、怪我の問題がありますが、25位のポシュピシルを出してくる可能性もあると思われます。錦織が連日の疲れで体調を壊していない限り、勝てると思われます。



日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)
添田豪 (Go Soeda)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)



カナダチーム
フランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)
ピーター・ポランスキー(Peter Polansky)
ヴァセク・ポスピシル(Vasek Pospisil)
ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

選手の公式サイトやブログ
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ昨日から有明コロシアムでデビスカップのカナダ戦が始まりました。少しでも力になれればと思い、ジャパンレッドのユニフォームを着て応援しましたが、カナダチームの応援団の太鼓や大きな顔写真を使っての活気ある華やかな応援に、会場が圧倒された感じでした。天井を締め切って行われたので、太鼓の響きがとりわけ大きく感じられました。

初日は一勝一敗で、結果的にはランキング通りでした。

ATPランキング18位の錦織圭(Kei Nishikori)が135位のピーター・ポランスキー(Peter Polansky)に6-4、6-4、6-4のストレートで勝ちました。格下の相手に対してサービスゲームをブレークされることもあり、思ったより苦戦した試合でしたが、実力で勝る錦織が慎重に試合を進めて勝った試合でした。錦織はサーブの調子が悪いようで、ファーストサーブが48%しか入っていませんでした。もう少し入れていかないと最終日の試合は厳しいと思います。

ATPランキング140位の添田豪 (Go Soeda)が119位のフランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)4-6、6-7、1-6のストレートで敗れました。
ファーストセットの出だしは添田ペースで先にサービスゲームをブレークして4−1まで行ったのですが、添田のストロークが少し浅くなってきたのと、ダンチェビッチが添田のフラット系の球筋に慣れてきたからなのか、一気に流れが変わってしまいました。
第2セットはお互いにサービスキープの緊張した展開でしたが、タイブレークではサービス力の勝るダンチェビッチに持っていかれてしまいました。
第3セットは一方的な展開となってしまいました。

最初の添田ペースの展開のときに、ダンチェビッチはゆるく高い球筋のストロークを打ってみたり、色々と工夫して打開してきました。それに対して、ダンチェビッチペースになってからの添田のプレーはワンパターンで持って行かれた感じがしました。ダンチェビッチは、ここと言うときには必ずといって良いほどにセンターに強烈なサーブを打って来ました。200kmを超えるファーストサーブですから、コースを絞って返球しないとなかなか返球できないと思います。監督が色々とアドバイスしているのだと思いまが、バレーボールでのデータ活用のようなID戦略も必要なのではないでしょうか。

今日のダブルスは、
杉田祐一/内山靖崇 対 ダニエル・ネスター/バセク・ポシュピシル
直前のメンバー変更の可能性がありますが、ネスターはダブルスランキング16位で、キャリアハイ1位の強敵です。既に41才ですが、錦織を出しても勝てる可能性は低いと思います。
今年の今後の試合のこともあるので、ここで錦織を酷使せずに最終日のシングルスでの2勝を狙うべきだと思います。

最終日のシングルスの予定は、
錦織圭 対 フランク・ダンセビッチ
添田豪 対 ピーター・ポランスキー
第一試合で錦織が勝つ可能性はかなり高いと思われます。

錦織が勝った場合に、カナダチームは必勝を期してATPランキング135位のポランスキーに替えて、怪我の問題がありますが、25位のポシュピシルを出してくる可能性もあると思われます。
前回のコロンビア戦同様に最終日の最終シングルスが決戦の場となる可能性はかなり高いと思われます。
日本チームチームリーダーの添田の勝利を信じて応援したいと思います。



日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)
添田豪 (Go Soeda)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)



カナダチーム
フランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)
ピーター・ポランスキー(Peter Polansky)
ヴァセク・ポスピシル(Vasek Pospisil)
ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

選手の公式サイトやブログ
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

明日から楽天ジャパンオープン テニスが開幕。

予選に出場した守屋宏紀 (Hiroki Moriya)、内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)、関口周一(Shuichi Sekiguchi)は全員が敗退してしまいましたので、錦織圭、添田豪、杉田祐一、伊藤竜馬の4名の出場になりました。

明日のオーダーが既に発表されましたが、錦織圭と内山靖崇がダブルスで登場するだけで、日本選手のシングルスは、火曜日以降になるようです。

一回戦での各選手の対戦相手とランキングは次の通りですが、全員が一回戦からかなり厳しい対戦相手となりました。

12位 錦織圭(Kei Nishikori) 対 26位 ユルゲン・メルツァー(Jurgen Melzer)
123位 添田豪(Go Soeda) 対 11位 ミロ・ラオニチ(Milos Raonic)
147位 杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 34位 イワン・ドディグ(Ivan Dodig)
163位 伊藤竜馬(Tatsuma Ito) 対 25位 フェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ


楽天ジャパンオープン2013
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

コロンビアとのデビスカップのワールドグループ プレーオフの2日目のダブルスは完敗で、日本は1勝、2敗と後がなくなりました。今日はWOWOWでの観戦となりました。


日本は予定していた 錦織 圭/添田 豪 組を 杉田祐一/伊藤竜馬のペアに変更して挑みましたが、ダブルスの得意なコロンビアペアに全く勝負になりませんでした。

杉田祐一(Yuichi Sugita)/伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)/ロバート・ファラ(Robert Farah)組に1‐6,2‐6,1‐6のストレートで敗れました。

今回のメンバー変更は正しい決断であると思われます。監督としてもこの敗戦は織り込み済みだと思われます。錦織 圭/添田 豪 組で負けた場合には、3日目のシングルスに疲れが及び、錦織 、添田ともに体力的にかなり不利になります。ここは、最終日のシングルスでの2勝にかけるのが道理でしょう。


今日の最終日はシングルスの2試合が行われます。
第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori) 対 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)。
キャリアハイ 39位の強敵です。
過去の対戦成績は錦織の2勝1敗ですが昨年のインディアンウエルズで7-5, 6-2 で負けています。現在のランキングからすると錦織の方がかなり上ですが、楽勝とはならないと思われます。
ATP Head-To-Head: Kei Nishikori vs Santiago Giraldo
188 cmの長身から打ち込んでくる210kmを超えるヒラルドのビッグサーブを錦織が返球することができるかが勝負の鍵となると思われます。

錦織が順調に勝った場合には第2試合の添田に勝敗がかかります、
第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)。
キャリアハイ 48位の強敵です。
過去の対戦成績は添田の0勝1敗です。今年のマイアミで7-5, 6-1 で敗れています。
ATP Head-To-Head: Go Soeda vs Alejandro Falla
初日のシングルスで5セットのフルセットマッチを戦った添田の体力がどこまで回復しているか、ホームでの大応援と絶対に負けられないプレッシャーに添田がどこまで耐えられるか、真価の問われる試合となります。
昨年のデビスカップのクロアチア戦で2セットダウンからの大逆転でイワン・ドディグに勝った試合のように、最後まで諦めずに、勝利を勝ち取ってくれることを期待しています。

この試合に勝つことができたら、今後の添田の大きな飛躍につながることは間違いありません。絶対に決めなければならない時に如何に冷静なショットを繰り出すことができるか、今日の試合から目が離せません。


日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスのウィンブルドン選手権はダブルスで準決勝に残っていた青山修子さんも敗退し、日本人選手は全ていなくなりましたが、少しばかり気になっていたところで、選手が獲得した賞金がどのくらいになるのかを調べてみました。
賞金に関してはオフィシャルサイトのPDFファイルに詳しく書かれています。
Prize Money and Finance-Wimbledon Official Site

イギリスでの開催なので通貨単位はポンド(£)です。
今年は昨年と比較するとシングルスの優勝賞金が40%ほどアップしたようです。
Year Men's s Men's D Ladies'S Ladies'D Mixed D
2012 1,150,000 260,000 1,150,000 260,000 92,000
2013 1,600,000 300,000 1,600,000 300,000 92,000
現在の為替レートですと1ポンドが150円ほどですので、シングルスの優勝賞金160万ポンドは、2億4千万円ほどになります。
さすがにグランドスラムですので、シングルス一回戦敗退でも、352万円もらえます。
ダブルスはシングルスと比較すると賞金はかなり低くなっています。

シングルス3回戦で敗退した錦織さんと伊達さんは6万3千ポンド(945万円)を獲得。
男子、女子シングルス
優勝 1,600,000
準優勝 800,000
準決勝 400,000
準々決勝 205,000
4回戦 105,000
3回戦 63,000
2回戦 38,000
1回戦 23,500

女子ダブルス準決勝で敗退した青山さんはペアで7万5千ポンド(1,125万円)。
伊達さんは女子ダブルス1回戦で敗退したので、ペアで7,750ポンド(116万円)。
男子、女子ダブルス(ペア)
優勝 300,000
準優勝 150,000
準決勝 75,000
準々決勝 37,500
3回戦 20,000
2回戦 12,000
1回戦 7,750

伊達さんはミックスダブルス3回戦で敗退したので、ペアで5千2百ポンド(78万円)。
ミックスダブルス(ペア)
優勝 92,000
準優勝 46,000
準決勝 23,000
準々決勝 10,500
3回戦 5,200
2回戦 2,600
1回戦 1,300
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ