つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: チェコ

ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップのチェコとの準々決勝は初日のシングルス2敗に続き、昨日のダブルスにも負けて敗退が決まりました。
初日は有明で観戦し、昨日はWOWOWで観戦しましたが、本当におしい戦いでした。

4月4日金曜日
伊藤竜馬がラデク・ステパネク に7-6、6-7、1-6、5-7 で敗れました。
最初は押し気味の展開だったのですが、第2セット終盤から動きが悪くなってきて、どうしたのかなと思ったら、第3セットに入ってメディカルタイムアウトを取りました。腹痛だったようです。風邪でも引いていたのでしょうか。
押し気味だっただけに惜しい敗戦でした。伊藤選手のテニスは何度も観戦していますが、自分のミスで淡泊な試合展開で敗戦することが多いのが気になります。試合には通常いくつもの波がありますが、相手にもって行かれた流れを取り戻すことが出来ません。今回の試合でも、慎重に打ち合っているケースでは五分五分以上でも、イージーなミスが目立ちました。ドラゴンショットと言われる、強力なストロークを持っているのですから、慎重につないで、チャンスが来たら決める、メリハリのある攻撃が必要だと思います。
デビスカップ準々決勝チェコ戦 伊藤竜馬

デビスカップ準々決勝チェコ戦 伊藤竜馬

デビスカップ準々決勝チェコ戦 伊藤竜馬


ダニエル太郎が ルカシュ・ロソルに、4-6、4-6、6-3、6-4、2-6 で敗れました。
最初はロソルのスピードについていけない状況で、全く試合にならないのではと思いましたが、粘りのテニスがロソルのミスを誘い、徐々にストローク戦では互角以上の戦いに。しかし、2-2からのファイナルセットでは、初めからギアアップしてきたロソルに一気に押し切られてしまいました。ロソルの210kmを超えるサーブに対して、ダニエルはファーストでも180km。もう少しサーブ力を上げないとトップレベルの選手との対戦で勝つのは難しいと思われます。
デビスカップ準々決勝チェコ戦 ダニエル太郎

デビスカップ準々決勝チェコ戦 ダニエル太郎

デビスカップ準々決勝チェコ戦 ダニエル太郎


4月5日のダブルス、
伊藤竜馬/内山靖崇組 が ラデク・ステパネク/ルカシュ・ロソル組に 4-6、4-6、4-6のストレートで敗れました。
シングルスプレーヤーの伊藤はストロークは良いのですが、ボレーのミスが多く、そこが狙われてしまいました。
チェコチームのロソルもボレーが上手くありませんが、そこをステパネクがうまくフォローしていました。
試合結果はストレートでの配線ですが、日本チームが押し気味だっただけに惜しい敗戦でした。
Iフォーメーションで何度もストレートに抜かれているのが気になりました。

シングルス戦にも言えることですが、もう少しデータ分析を行って、相手の傾向を分析しながら、戦術を変えて行くような方法が必要だと思われます。

昨日の日経朝刊のスポーツ欄の記事が気になりました、
ロソルは強力なサーブが武器。第1、2セットはそのサーブに圧倒された。そこで上田監督から「何か工夫しろ」とハッパを掛けられた。
「下がって受けるようにしたら取れるようになった」とダニエル。

ハッパを掛けるだけではなく、的確な状況分析に基づいた、指示を与えてあげて欲しいものです。
選手は目の前の戦いに熱中しているのですから、冷静な目でアドバイスを与えるバックアップ体制が必要なのではないでしょうか。実力で劣る分をIDでカバーしないと勝つのは難しいと思われます。

日本チーム
添田豪 (Go Soeda)134位
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)146位
ダニエル太郎 (Taro Daniel.
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)268位

チェコチーム
ルカシュ・ロソル(Lukas Rosol)40位
ラデク・ステパネク(Radek Stepanek) 47位
イジ・ベセリー(Jiri Vesely) 67位
ヤン・ハイェク(Jan Hajek) 125位

デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup 公式サイト

添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
Facebook Taro.DanielTwitter Taro.Daniel

錦織圭 公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日からデビスカップのチェコ戦が始まります。
公式サイトにオーダーが発表されていますが、錦織圭に続き、添田豪も体調不良で試合に出れないようです。

初日の今日は、伊藤竜馬とダニエル太郎が出場します。
実力的にはかなり格上との対戦となりますが、ホームアドバンテージを生かして、何とか勝利をもぎとってくれると期待しながら、有明で応援したいと思います。
添田は体調が戻れば2日目以降の出場の可能性はあるようです。

4月4日 シングルス2試合
1 伊藤竜馬 対 ラデク・ステパネク
2 ダニエル太郎 対 ルカシュ・ロソル

4月5日 ダブルス1試合
3 伊藤竜馬/内山靖崇 対 ラデク・ステパネク/イジ・ベセリ

4月6日 シングルス2試合
4 伊藤竜馬 対 ルカシュ・ロソル -
5 ダニエル太郎 対 ラデク・ステパネク

日本チーム
添田豪 (Go Soeda)134位
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)146位
ダニエル太郎 (Taro Daniel.)190位
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)268位

チェコチーム
ルカシュ・ロソル(Lukas Rosol)40位
デク・ステパネク(Radek Stepanek) 47位
イジ・ベセリー(Jiri Vesely) 67位
ヤン・ハイェク(Jan Hajek) 125位

デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup 公式サイト

添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
Facebook Taro.DanielTwitter Taro.Daniel

錦織圭 公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

明日 金曜日からのデビスカップのチェコ戦が始まりますが錦織圭選手が欠場し、代わりにダニエル太郎選手が出場するようです。
錦織目当てに、初日の観戦チケットを購入した私としては残念ですが、着実に実力を上げてきているダニエル太郎の活躍を期待したいと思います。
錦織代役は8頭身ハーフ 21歳ダニエル太郎をデ杯チェコ戦抜てき:スポニチ
ダニエル太郎はスペインを拠点にしているので、国内ではなかなか試合観戦の機会がありませんが、慶応チャレンジャーで来日した時に日吉の慶応大学で観戦しました。190cmの長身ですが、長身を生かしてガンガン強力なサーブを入れてくるというタイプではなく、地道なストローク戦タイプの選手です。特にアウェー戦のクレーコートでの試合で今後活躍が期待できると思われます。

チェコチームはトップ選手のATPランキング5位のトマス・ベルディフ(Tomas Berdych )が欠場していますが、それでも、両チームの参加メンバーのATPランキングを見ると、ランキング通りなら日本は1勝もできない計算になりますが、ホームのアドバンテージを生かして、善戦してくれることを期待します。

日本チーム
添田豪 (Go Soeda)134位
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)146位
ダニエル太郎 (Taro Daniel.)190位
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)268位

チェコチーム
ルカシュ・ロソル(Lukas Rosol)40位
デク・ステパネク(Radek Stepanek) 47位
イジ・ベセリー(Jiri Vesely) 67位
ヤン・ハイェク(Jan Hajek) 125位

デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup 公式サイト

添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
Facebook Taro.DanielTwitter Taro.Daniel

錦織圭 公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

有明コロシアムで行われているデビスカップのカナダ戦最終日の第一試合のシングルスで錦織圭が勝利し、準々決勝へ進出しました。
準々決勝はチェコと4月4日から有明コロシアムで行われるようです。

ATPランキング18位の錦織圭(Kei Nishikori) が 119位のフランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)に 6-2、1-0、途中リタイアで勝ちました。
添田戦の時にがんがん決まっていたダンチェビッチのファーストサーブを錦織はきっちり返球していました。こうなると、ストローク力で勝る錦織の一方的な試合に。途中で腹筋を痛めたダンチェビッチが戦意喪失してしまったと言う感じの途中棄権でした。

試合が決まった後に行われた第5試合では、140位の添田豪 (Go Soeda)が 135位のピーター・ポランスキー(Peter Polansky)に6-1、6-4で勝ちました。
現在のランキングでは下ですが、キャリアハイ47位の添田の方が実力的には上ですので、プレッシャーのない状況で戦えば、すんなりと勝つことが出来ます。チームリーダーの添田豪が勝ったことは次の試合につながると思います。

4月の準々決勝の対戦相手のチェコにはATPランキング7位でキャリアハイ5位の強敵トマス・ベルディフ(Tomas Berdych)がいます。一回戦のオランダ戦では錦織と同様に3試合に出場し3勝しています。4月の戦いは錦織 対 ベルディフの一騎打ちの戦いになります。錦織のトップ10入りの実力アップが勝利につながります。



日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)
添田豪 (Go Soeda)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)



カナダチーム
フランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)
ピーター・ポランスキー(Peter Polansky)
ヴァセク・ポスピシル(Vasek Pospisil)
ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

選手の公式サイトやブログ
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのドュッセルドルフで開催されている、パワー・ホース世界チーム・カップ(POWER HORSE WORLD TEAM CUP)2日目のチェコとの対戦で、NO1シングルスの添田豪対トマス・ベルディフ(Tomas Berdych)は、1-6,6-3,1-6で敗れ、
ダブルスでも添田豪、伊藤竜馬組対フランティセク・チェルマク、ラデック・ステパネク組に2-6,6-7で敗れました。
初日のNO2シングルスで伊藤竜馬が勝っていたので、最後までどちらが勝つかわからないきわどい勝負でした。

ダブルス戦をネットのライブストリーミングで観戦しましたが、添田よりも伊藤がかなり調子が良いように見えました。2セット目はタイブレークでの惜しい敗退でした。

テニスのパワー・ホース世界チーム・カップ チェコ戦 ダブルス テニスのパワー・ホース世界チーム・カップ チェコ戦 ダブルス

この大会は出場8カ国がレッドグループとブルーグループの二つに分けて総当たりで試合を行い一位のチーム同士が優勝を争う形式となります。
日本はレッドグループで、日本、チェコ、アメリカ、アルゼンチン、
ブルーグループにはセルビア、ドイツ、ロシア、クロアチアが入っています。

これからレッドグループのアメリカ、アルゼンチンと対戦しますが、アメリカには勝てる可能性があるのではないかと思います。期待しています。

POWER HORSE WORLD TEAM CUP 公式サイト

佐藤選手と、増田健太郎コーチのブログに現地の写真が掲載されています。
佐藤文平 公式ブログ
増田健太郎 公式ブログ

添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬 公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ