つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: テニス

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのハレで行われている、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス2回戦で錦織が途中棄権しました。
>>GERRY WEBER OPEN

ATPランキング9位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 38位のカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)に2-3で途中棄権しました。
錦織が押し気味の試合でしたが、5ゲーム目の途中で足の付け根か腰あたりを傷めたようで、メディカルタイムアウトを取りマッサージ治療を受けましたが、回復せずにリタイアとなってしまいました。
特に滑ったりとかはありませんでしたのでそれほど大きな怪我ではないとは思いますが、ウインブルドンに向けて不安が残る試合結果でした。
1日も早い回復に期待したいところです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのハレで行われている、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス1回戦で錦織が勝利、杉田は敗退しました。
>>GERRY WEBER OPEN

ATPランキング9位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 34位のフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に6-7、6-3、6-4の逆転で勝利。
サウスポーのベルダスコのサーブに苦しんだ錦織。
ファーストセットは両者サービスゲームをキープしてタイブレークに。先にミニブレークした錦織でしたが、7-9で落としてしまいました。
直近で4連勝中の錦織でしたので、最後は逆転するのではと思っていたらやはり、33歳のベルダスコのスタミナが徐々に切れてきて、終盤は錦織の優勢になりました。
第2セットはベルダスコのサービスゲームを2回ブレークして、1回ブレークバックされて6-3。
第3セットはベルダスコのサービスゲームを1回ブレークして、自身のサービスゲームは全てキープして6-4で取りました。

本日行われる2回戦では、38位のカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。
昨年の全米オープンで勝っていますが、21歳の若手でランキング上昇中の選手ですので侮れません。
Kei Nishikori vs Karen Khachanov

また、錦織はベルダスコと組んでダブルスにも出場しましたが、初戦で第1シードに、スーパータイブレークで敗れました。


ATPランキング66位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 5位で第1シードのロジャー・フェデラー(Roger
Federer
)に3-6、1-6のストレートで敗退。
試合時間52分での完敗でした。
さすがに、芝のコートを得意としているフェデラー相手には全く勝負になりませんでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

杉田祐一公式ブログ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス準々決勝でアンディ・マレーに敗退した錦織圭のブログが、昨日(12日)付けで更新されました。
錦織圭 公式ブログ

マレー戦に関して悔やまれる点として、
「悔やむポイントとしては3セット目のタイブレークでしたね。
あそこでもう一踏ん張りできてればそのまま流れに乗れてたかもしれません。
反省点はたくさんありますがテニスに自信が戻ってきたのは感じてるのですごく収穫のあったフレンチでした。
やっと感覚が良くなってきたのでもう1大会ぐらいクレーで戦いたかったという思いがありますが次は芝です。
毎年芝でのプレーは最初は模索しながらのなのでウィンブルドンまでにはいい感覚で望めるようにしたいです!!」

とありました。
今年のクレーシーズンは出だしが良くありませんでしたが、最後はずいぶんと良い感じになっていたようです。

来週のゲリー・ウェバー・オープンからウインブルドンの芝での大会の準備が始まります。
ウインブルドンでの活躍が楽しみです。

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス準々決勝で錦織圭が第1シードで1位のアンディ・マレーに敗退しました。
>>Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が第1シードで1位のアンディ・マレー(Andy Murrayに6-2、1-6、6-7、1-6の逆転で敗退。
好調なスタートを切り錦織のペースで進んだ第1セット、マレーに1度もブレークチャンスすら与えずに6-2で取りました。

しかし、第2セットの1-1からのマレーのサービスゲーム。
40-40からのファーストサーブでタイムバイオレーションをとられたマレーのセコンドサーブが甘く入ります。
これを決めに行った錦織のショットがアウト。
怒りを力に変えたマレーのテンションが一気に上がりこのゲームをキープ。
「今日一番やってはいけないミス」と解説の松岡さんが指摘した通り、このゲームで大きく潮目が変わってしまいました。
これ以降、リズムが狂ってしまった錦織がミスを重ね、ファーストサーブも入らなくなり、5ゲーム連取されて1-6で落としました。

第3セットは何とか互角の展開でタイブレークに持ち込みましたが、タイブレークに入るとミスの連発で1ポイントも取れずに落とすとラケットをコートに叩きつけてしまいました。

第4セットは出だしのマレーのサービスゲームをいきなりブレークしての好調なスタートでしたが、次の自分のサービスゲームをブレークバックされると、そのまま6連取されて1-6で落としました。
錦織に再逆転する気力は残っていませんでした。

この試合、マレーのプレーは粘り強さはありましたが、それほど素晴らしいものではありませんでした。
ストロークのウイナーを決めて勝ち抜いて行く錦織は、ショットが決まれば勝てるしミスになれば敗戦となります。ストロークミスがサービスに影響し、フットワークのリズムも崩れてしまう負のスパイラルに陥ってしまいました。

最近の錦織選手の表情に明るさが無いのが気になります。
トップ8から落ちた事ですし、もう少し気楽にプレーしたら躍動感も戻ってくるのではないでしょうか。

恋人との関係が上手くいっていないことも気力低下の原因の一つかもしれません。
錦織圭 モデル恋人閉め出され…全仏で起きていた異例の事態 女性自身|Yahoo!ニュース

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス4回戦 錦織圭が勝利、準々決勝へ進みました。
>>Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が37位の フェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に0-6、6-4、6-4、6-0の逆転で勝利。
第1セット、明らかに体の切れが悪い錦織が、ベルダスコに左右に振られてミスを連発する展開で1ゲームも取れずに落としました。

ベルダスコのサービスで始まった第2セット。集中力を高めた錦織がいきなりベルダスコのサービスゲームをブレーク。直ぐにブレークバックされましたが互角の展開に。
4-4からのベルダスコのサービスゲームをブレークして次のゲームをキープして6-4で取りました。

第3セットでも先に錦織がベルダスコのサービスゲームを2度ブレーク。1度ブレークバックされましたが6-4で取りました。

第3セット終盤からは錦織の動きが軽快となり本来の切れの良いストロークが出始め、逆に疲れの見えるベルダスコの動きが落ちてくると一方的な展開となり、第4セットは6-0で取りました。

第1セットの状況では途中リタイアがあるかと懸念するほどのレベルでしたが、気力で乗り切っての奇跡的な逆転でした。


明日行われる準々決勝では、第1シードで1位のアンディ・マレー(Andy Murray)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝8敗です。
100%以上の力を出さないと勝てない相手ですが、連戦の疲労の蓄積が懸念されます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Andy Murray

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス3回戦 錦織圭が勝利、4回戦へ進みました。
>>Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が67位の チャン・ヘヨン(Hyeon Chung)に7-5、6-4、6-7、0-6、6-4のフルセットで勝利。
第1、2セットはチャンのファーストサーブの入りが悪いことにも助けられ、押し気味の試合展開で連取しましたが、第3セットに入るとチャンのファーストサーブが入るようになり、疲れが出てきたのか、錦織のファーストサーブインの確率が下がり押されぎみの展開に。
このセットをタイブレークで落とすと、第4セットは一方的な展開で2ダウンの0-3となってしまいました。
ここで、メディカルタイムアウトを錦織が取ると、丁度雨が強くなってきて中断となりました。
この雨に救われました。
昨日に行われた試合では、第4セットは0-6で落としましたが、ファイナルセットはチャンのサービスゲームを2回ブレークし、1度ブレークバックされましたが6-4で取りました。

第5セットでは無理をせずに、じっくり相手を振り回してから、ウイニングショットを決めていましたが、序盤の錦織は、攻め急ぎで、フラット系の強打をネットするケースが多数見受けられました。
最初から第5セットのようなテニスをすればもう少し簡単に勝てていたと思われます。

トップを目指す錦織としては、より攻撃的なテニスの形を試していたのかもしれません。

今日行われる4回戦では37位の フェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の3勝2敗で、3連勝中ですがいつも接戦となっています。
3日連続の試合で疲労の蓄積が懸念されます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Fernando Verdasco

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このページのトップヘ