つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:テニス協会

ブログランキング・にほんブログ村へ

添田豪選手のブログに「今後の事や取り組みはテニスマガジンの連載に載っているので、そちらをチェックしてくれると助かります。」とあったので、本当に久しぶりでテニスマガジンを購入して読ませてもらいました。

添田さんは現在、ロンドンオリンピック出場を目指してがんばっています。
今頑張らなくて、いつ頑張るんだ、という気持ちです。
とありました。あと2カ月、何とかオリンピック出場を勝ち取ってくれることを祈ります。


ところで、武田薫さんの巻末コラムサーティオールになかなか興味のある事が書かれていました。
有明コロシアムで伊達公子がグラフを破ったあの感動のフェドカップですが、実は当初は浜松の会場での開催が予定されたそうです。これに反発したのがナショナルチームの指導現場にいた竹内映ニさん達だったそうです。この熱意で会場は有明に変更されたけれど、若手のコーチたちには券売を求められたようです。
そして15年経った今年のデビスカップがたった2000人しか入らない兵庫の山の中の会場で行われました。
全く体質が変わっていないと言うことのようです。

ネットで探したら、武田薫さんが2002年のフジテレビのスポーツコラムにフェドカップでの出来事を「日本のスポーツ界の嫌らしさが出た事件だった。」と書いているのを見つけました。
日本テニス界の姿 - 武田薫のフジテレビ・スポーツコラム
あの当時、協会と伊達さんが揉めていたことは記憶に残っていますし、伊達さんの疲れた姿が印象に残っていますが、協会の体質がこれほどひどかったとは知りませんでした。

鈴木貴男さんが、今回の竹内監督の後任に坂井利郎さんが選ばれたことに対する疑問をブログに書いています。
鈴木貴男オフィシャルブログ
現役選手が立場が悪くなるのを承知でこのような意見を書くとはよほど腹にすえかねたのでしょう。

どうも、日本ではどの分野でも上の方が腐っているようです。
老害は本人が自覚できないところが困ったところです。

ちなみにWikipediaで老害(Wikipedia:老害)を調べると
老害(ろうがい)とは、高齢者たちが実権を握り、若年者(若者)たちが充分に活動できない状態を言う。また、企業や政治の指導者層の高齢化が進み、円滑な世代の交代が行われず、組織の新陳代謝(若返り)がはばまれる状態と定義される。
とありました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ


昨日のニュースによると、デビスカップの日本チームの竹内映二前監督(52)の後任に、坂井利郎(64)さんの就任が決まったようです。
また、松岡修造(44)さんがテニス協会強化副本部長に就任したようです。
スポーツ報知:松岡修造氏が第2の錦織育てる…テニス協会強化副本部長に就任

坂井さんは27年ぶりのデ杯監督復帰のようです。10歳以上も年上の人に交替するとは、トップテニス界は相当な人材不足なのでしょうか。
企業で言ったら、引退した元社長が会社の危機に際して復帰するようなもので、あまり良い印象は持ちませんでした。せっかく錦織人気で盛り上がってきたのに、水を差された感じです。

松岡監督就任へのワンクッションなのでしょうか。
デビスカップ JTA 公式サイト

もしや学閥とかがあるのでは?と思い、前回の坂井監督からの歴代監督の出身校をJTAのサイトで調べてみましたが、特に特定の大学出身者で占められていると言ったことは無いようです。。

JTA:日本デビスカップチーム 歴代代表監督
JTA:プレイヤー (プロフィール) トップページ

坂井利郎 早稲田大卒
柳恵誌郎 法政大卒
本井満  関西学院大卒
広瀬均  早稲田大卒
福井烈  中央大中退
神和住純 法政大卒
竹内映二 米シュライナー・ジュニア大
坂井利郎 早稲田大卒

ちなみに、松岡修造さんは 米パーマーアカデミー卒となっていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ