つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:デビスカップ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪の靱テニスセンターで開催されていたテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループのプレーオフで日本チームがウクライナに3連勝し、来年のワールドグループへの残留が確定しました。
Davis Cup

今回は初日のシングルス1、2に錦織を起用せずにダニエルと西岡で2勝出来た事で、圧勝の結果となりました。
今までの試合ではシングルスで錦織が2勝しても他が取れない試合が見受けられました。
今回は、錦織をダブルスへ回す事でダブルスの1勝がかなり確実に見込めるので、初日にシングルスでダニエルか西岡のどちらかで1勝出来れば、最終日のシングルス第1試合で日本が負けて2-2とされた場合には錦織を出して3-2で勝ちに行く作戦だったと思われます。
初日のシングルスの組み合わせが逆だったら、初日での2連勝は無かったかもしれません。
今回は組み合わせ的に非常に上手くいきました。

シングルス1
ATPランキング88位のダニエル太郎(Taro Daniel)が105位のセルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)に7-6、7-6、6-1のストレートで勝利。
第1、2セットはスタホフスキーにかなり押されていましたが、暑い気象条件もあり、スペイン仕込のダニエルの粘りのテニスで、徐々にスタホフスキーを消耗させミスを導き出して、第3セットではダニエルの一方的な展開に持って行くことが出来ました。
特にクレーコートでの試合ではエンドラインの2メートル以上後ろでプレーしているダニエルですが、昨日はかなりポジションを浅めに構えて、ダウンザラインへのウイニングショットや、たまに見せるネットプレーなど、以前よりも攻撃面でのパワーアップが見られました。
彼はデビスカップのたびに成長していきます、これからの活躍が楽しみです。

シングルス2
96位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が50位のイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)に6-4、5-7、6-4、7-5で勝利。
ランキング的には上の対戦相手ですが、今年メンフィスでストレートで勝っている相手と言う事もあり、冷静に戦えたのが良かったと思われます。
西岡のクレバーなストロークの展開力に、疲弊してきたマルチェンコがミスを連発し始めて、第4セットは2-5のビハインドな状況から5連続でゲームを取っての勝利でした。

ダブルス
錦織圭 (Kei Nishikori)/杉田祐一(Yuichi Sugita)組がアルチョム・スミルノフ(Artem Smirnov)/セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)に6-3、6-0、6-3のストレートで勝利。
序盤は、錦織/杉田組はサービスゲームのキープに苦しみましたが、苦しみながらも何とかキープする事により、徐々に調子を上げて行き、中盤からは一方的な展開となっていきました。
初日のシングルスの疲れが残っていたからか、スタホフスキーのプレーに精彩が無くミスが多く見受けられました。
初日にダニエルが粘り強いテニスでスタホフスキーを疲れさせた事が2日目の楽な戦いにつながりました。
監督の采配とチームワークにより、非常に素晴らしい戦いとなりました。
来年のワールドグループでの戦いが楽しみです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス準決勝で、錦織圭がワウリンカに敗退しました。
US Open Official Site

ATPランキング7位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori) が3位で第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に6-4、5-7、4-6、2-6の逆転で敗退。
出だしは錦織のペースでワウリンカにミスが目立ち、第1セットはブレークポイントを一度も与えずに、ワウリンカのサービスゲームを1度ブレークして6-4。
ワウリンカのサービスゲームで始まった第2セットもいきなりブレークする好調なスタート。しかし、錦織の表情に精彩が無く、疲れが見えていたのが気になりました。
2-1からのサービスゲームをダブルフォルトなどもあり落としてしまうと、その後は明らかに動きが悪くなり、ショットの精度も落ちてきて、ずるずると3セットを連取されてしまいました。

第1セットでは71%だったファーストサーブインの確率が、第2セット49%、第3セット66%、第4セット48%。
第3セット途中に雨の中断があり、少しばかり体力が回復しましたが、セットを取るところまでには至りませんでした。

2年前の全米オープンでは準々決勝でワウリンカ、準決勝でジョコビッチを破り勝ち進んだ決勝戦でチリッチに敗退。今回も、現時点で最強と思われるマレーを準々決勝で倒しましたが、4時間にも及ぶ死闘で体力を使い切ってしまったようです。
背の低い錦織選手はどうしても体力消耗が大きく、グランドスラムの7試合連続での勝利にはもう少しオーダーに恵まれないと難しいのかもしれません。

ただ、今回準々決勝まで勝ち上がった事で、ランキングは5位に上がってきます。
もう一つ上げて、トップ4に入ってくれば、シード的には勝ち上がりがもう少し楽になります。
秋の楽天ジャパンオープンやアジアシリーズでポイントを稼いでのランキングアップに期待したいと思います。

錦織選手は休む間もなく大阪へ移動して、16日の金曜日からデビスカップが始まります。錦織一人に過度に依存している現状ですが、来年のグランドスラムでの活躍のためにも酷使しない事を望みます。
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

9月16日(金曜日)から大阪の靱テニスセンターでテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループのプレーオフが行われます。

デビスカップ JTA 公式サイトのチケット情報から、「チケットぴあ」を見てみましたが、初日と最終日のシングルスの試合は、錦織人気のお陰でしょうが、車いす席以外は既に全て売り切れとなっていました。


対戦相手はウクライナで、チーム別の世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。
Current Ranking | Davis Cup
ウクライナはATPランキング57位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)が出場メンバーに入っていないので日本が有利のように思われますが、錦織に続く選手のレベルが低い日本は苦戦が予想されます。

ウクライナはATPランキング84位のマルチェンコと85位のスタホフスキーがシングルスNO1、2に出てくると思われます。
マルチェンコは全米オープンでベスト16まで勝ち上がっていて調子が良さそうで、来週発表のランキングでは50位あたりに上がってくると思われます。要注意です。

過去の対戦を見ると、マルチェンコに対しては錦織、西岡がともに1勝0敗。
193cmの長身のスタホフスキーに対しては、錦織が0勝2敗、西岡が0勝1敗と不利な成績となっています。
杉田とダニエルは過去の対戦がありません。

錦織がスタホフスキーに負けたのは2011年、最近は211cmのカルロビッチのサービスを上手くリターンしているくらいですから、多分2勝は硬いと思われますが、問題はNO2シングルス。
杉田、西岡、ダニエルの誰をシングルスに出場させるか、監督の采配が勝敗を大きく左右すると思われます。

また、毎回ダブルス要員として出場していた内山選手が今回は入っていないので、ダブルス出場選手も非常に興味深い選択となります。


過去のATPツアーでの対戦成績
錦織 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Illya Marchenko
錦織 対 スタホフスキー 0勝2敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sergiy Stakhovsky

西岡 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Illya Marchenko
西岡 対 スタホフスキー0勝1敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Sergiy Stakhovsky


日本の出場予定選手のATPランキング
7位 錦織圭 (Kei Nishikori) 
82位 杉田祐一(Yuichi Sugita)
85位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)
101位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナの出場予定選手のATPランキング
84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)
85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)
308位 アルチョム・スミルノフ(Artem Smirnov)
667位 ダニロ・カレニチェンコ(Danylo Kalenichenko)


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダのトロントで開催されていた、ロジャーズ・カップのシングルス決勝戦で、錦織がジョコビッチに敗退。準優勝となりました。

ATPランキング6位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が1位で第1シードのノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic) に3-6、5-7のストレートで敗れました。
このところのジョコビッチ戦では、善戦はするが勝てない試合が続いています。
錦織も良いショットを放っていましたが、ジョコビッチのストロークの方が僅かに質が高く、スピン量の変化をつけたショットなどによりミスをさせられてしまっていました。
体調万全状態のジョコビッチに勝つのは相当に難しそうです。

もう直ぐオリンピックが始まります。トップ選手の多くが欠場しておりメダルの可能性もありますが、日本での秋のシーズンを万全な体調ですごせるように、過密スケジュールでの怪我の無いように戦って欲しいと思います。

9月16日から18日に大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで開催されるデビスカップワールドグループのプレーオフ 日本 対ウクライナ戦のサポーターズシートのチケットの抽選受付が8月6日(土曜日)に始まります。
錦織人気で多くのファンが応援に駆けつけることでしょう。

デビスカップ|JTA
World Group Play-offs

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップワールドグループのプレーオフ 日本 対ウクライナ戦が、9月16日から18日に大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで開催されます。
デビスカップ|JTA
World Group Play-offs

ウインブルドンテニスのシングルス4回戦で怪我の為に途中リタイアした錦織選手が万全の体調で出場出来るか心配ですが、もし出場したら大勢のファンが集まる事でしょう。

チームの世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。少しばかり日本が上ですが、日本は錦織に続く選手のレベルが低いので苦戦が予想されます。
Current Ranking
現在のランキングでトップ1、2選手が出場すると仮定すると、
ナンバーワンシングルスで錦織が2勝
ナンバー2シングルスで西岡が2敗。
ダブルスでの勝敗で決まる事となります。

日本のトップ選手のATPランキング
6位 錦織圭 (Kei Nishikori) 

93位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)

106位 杉田祐一(Yuichi Sugita)

113位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナのトップ選手のATPランキング
37位 アレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)

84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)

85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)

ヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦のオーストリア戦にはドルゴポロフは出場しませんでした。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ1回戦の日本対イギリス戦は予想通り、3日目のトップ決戦となりましたが、錦織がマレーに敗れ、トータル1ー3で1回戦敗退となりました。

1勝5敗と分が悪かったマレー相手に、十分に勝てる可能性のある戦いをしましたが、なかなか勝たせてくれないのがさすがに世界ランク2位。

悔やまれるのはマレーのサービスゲームで始まった第一セットの第一ゲーム。ファーストサーブの入りが悪くストロークも安定していない状況でのブレークチャンスを生かせなかったこと。

3ー4セットを取り返して、錦織ペースとなった最終セットの出だしでマレーのサービスゲームをブレークした直後にブレークバックされてしまったこと。

錦織選手が負けるパターンは、ブレークチャンスはあってもブレークできないフラストレーションのたまった試合が多く見受けられます。
また、優勢になったところで、サーブが入らず、ダブルフォルトをしてしまうようなケースも多く見られます。
疲れきった表情で、ミスをしたらラケットを叩き割ったり、かなりナーバスになっているように見えたマレーですが、最後まで精神が折れずに戦っていました。
トップ選手との実力的には拮抗してきているので、後は精神面での勝負になってくるでしょう。

今回、マレーは2日目のダブルスにも含めて3日連続の出場で3連勝。結局はマレーを破ることができなければ勝てない試合でした。
解説の松岡さんはマレー同様に錦織選手の3連戦出場を薦める様な事を言っていましたが、小柄の錦織は体力消耗が激しく、5セットマッチの3連戦は体に大きなダメージになると思われるます。
2日目のダブルスに錦織・内山で戦う場合には、最終日のシングルス2に勝負をかける作戦になると思われます。
今回の敗退により、9月にプレーオフが行われます。


今週はアメリカのインディアンウェルズで行われている、BNPパリバ・オープンに出場の予定です。
シード選手ですので2回戦からの登場です。
BNP PARIBAS OPEN

2回戦では69位のダニエル・ムニョス-デラナバ(Daniel Munoz-De La Nava)と90位の ミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)の勝者と対戦します。
このレベルの選手には体調さえ問題なければ取りこぼしは無いと思われます。

シード選手が順当に勝ち上がると、3回戦で35位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)、4回戦で11位の ジョン・イズナー(John Isner )との対戦となります。208cmの長身のイズナーとの対戦が第一関門となります。



デビスカップ日本チーム
シングルス
錦織圭(Kei Nishikori) シングルス 6位 
ダニエル太郎(Taro Daniel) シングルス 87位 

ダブルス
西岡良仁(Yoshihito Nishioka) シングルス124位、ダブルス426位
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)  シングルス257位、ダブルス317位

イギリスチーム
シングルス
アンディ・マレー(Andy Murray) シングルス 2位 
ダニエル・エヴァンス(Daniel Evans) シングルス 157位 

ジェイミー・マレー(Jamie Murray) ダブルス2位
ドミニク・イングロット(Dominic Inglot)ダブルス32位



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook
内山靖崇公式ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ