つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ドロー

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

平昌冬季オリンピックの日本チームが3位に入賞したカーリング女子三位決定戦での、英国チームのスキップ、イブ・ミュアヘッド選手の最後のショット。
ネットの記事によると「100回中99回成功できたはず」の易しいショットだったようです。
美女スキップの“1%の失投”に英名手は同情「残酷な終焉になってしまった」-THE ANSWER

日本チームは藤沢選手が投げた時点で負けたと思ったようですので、それほど難しいショットではなかったようです。
しかし、私にはビデオ画像を何度見ても、2点取るのはかなり難しそうに思えてなりません。

投げる前の時点では赤石が1、4番、黄石が2、3,5番。
投球した赤石が黄石3番に当たり、撥ねた黄石3番が赤石1番に当たりほんの少し中心方向へ移動して1番となりました。黄石2番は狙い通り中心から遠くへ移動しましたが1番を取った黄色の勝ち。

テレビではもう少し厚く当たればと解説していましたが、確かにもう少し厚く当たっていれば、撥ねた黄石3番がもう少し勢い良く右下に出て行ったかもしれません。

しかし、厚く当たりすぎた場合には黄石3番が下方向にある赤石4番に当たり出してしまうかもしれません。狙う範囲はかなり狭いように見えます。

素人目には、ドローで1,2番狙いのショットをした方が、失敗しても赤石1番は残るので良かったと思われますが、黄石3番が邪魔になってそれも難しかったのでしょう。

結果はともかく、予選から3位決定戦まで、ワクワクするゲームを堪能させていただきました。

カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


黄石2が中心へ移動し1番。日本の勝利に。
カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスの本戦が月曜日から行われますが、そのドローが発表されました。

ATPランキング8位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 64位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)
過去の対戦成績は錦織の2勝1敗です。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Ivan Dodig
今の錦織の実力なら、問題なく勝てる相手だと思われますが、錦織はマレーシアオープンで決勝まで勝ち進んでいます。移動して直ぐの試合となるので、その疲れが少しばかり心配です。

ATPランキング102位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) 対 4位で第1シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)
過去の対戦はありません。初戦からいきなり第一シードとはきつい対戦相手となってしまいましたが、ホームの応援をバックに、勝つつもりで戦いに挑んで欲しいと思います。

ATPランキング109位の添田豪 (Go Soeda) 対 50位のドナルド・ヤング(Donald Young)
過去の対戦成績はATPツアーレベルでは添田の1敗です。
最近の添田の調子からするとかなり勝つのは難しいと思われますが、ホームのメリットを生かして、勝利をもぎ取って欲しいと期待しています。
ATP Head-To-Head:Go Soeda vs Donald Young

ATPランキング156位のダニエル太郎(Taro Daniel)  対 59位のデニス・イストミン(Denis Istomin)
過去の対戦はありません。ランキング急上昇中のダニエルが番狂わせを演じてくれることを期待したいと思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ13日月曜日からオーストラリアのメルボルンで今年最初のテニスのグランドスラム 全豪オープン テニス(Australian Open Tennis Championships)が開幕します。

既に女子シングルスドローが発表されています。
トップ100位以内に4選手がいる女子テニスは4選手が本戦にストレーインしています。
初戦の対戦相手は、

WTAランキング56位の森田あゆみ(Ayumi Morita)は1回戦で100位のナディア・キチェノック(Nadiya Kichenok )と対戦します。過去の対戦成績はありません。

WTAランキング69位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm)は予選勝ち上がりの選手と対戦します。

WTAランキング74位の奈良くるみ(Kurumi Nara)は39位のポン・シュアイ(Shuai Peng)と対戦します。
過去の対戦はありません。

WTAランキング88位の土居美咲(Misaki Doi)は8位で第8シードのイェレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic
過去の対戦は土居の0勝1敗です。元世界一位の強敵です。現在の土居のテニスがどのくらい通用するかを見るのが楽しみです。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Jelena Jankovic

現在行われている予選では、162位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が3回戦まで勝ち上がっています。今日の試合に勝つと本戦へ出場となります。
尾崎里紗のコーチのブログ 川原コーチの遠征記を見ると、予選の様子がわかります。

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年もテニスのウィンブルドン選手権が来週から始まります。
ドローが決まりましたが、日本人選手は比較的恵まれた対戦相手となりました。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランク11位で第12シード 錦織圭(Kei Nishikori) 対 110位 マシュー・エブデン(Matthew Ebden
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗です。昨年の全豪オープンで2セットダウンから逆転で勝っています
ATP Head-To-Head Kei Nishikori vs Matthew Ebden

ATPランク130位 添田豪(Go Soeda)  対 108位 アンドレアス・ハイデル=マウアー(Andreas Haider-Maurer)
過去の対戦はありません。

WTAランキング50位 森田あゆみ(Ayumi Morita)  対 71位 マリーナ・イラコビッチ(Marina Erakovic)
過去の対戦成績は森田の6勝1敗で、圧倒的に森田が有利のように見えますが、森田の唯一の敗戦がグラスコートであったことが気になるところです。ニュージーランドにはグラスコートがあるのかもしれません。
WTA Head-To-Head Ayumi Morita vs Marina Erakovic

WTAランキング84位 クルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 191位 カリーナ・ウィットホウト(Carina Witthoeft )
過去の対戦はありません。191位とランキングはかなり下ですが、18歳の伸び盛りの選手ですので、油断は出来ません。

WTAランキング94位 土居美咲(Misaki Doi) 対 73位 シルビア・ソレル=エスピノーサ(Silvia Soler-Espinosa)
過去の対戦成績は土居美咲の0勝1敗です。昨年のマイアミで敗戦しています。
WTA Head-To-Head Misaki Doi vs Silvia Soler-Espinosa

第12シードで出場している注目の錦織は順当に勝ち進むと、
4回戦で第8シードのデルポトロ 対戦成績 0勝4敗
準々決勝で第4シードのフェレール 対戦成績 2勝3敗
準決勝で第1シードのジョコビッチ 対戦成績 1勝1敗
となります。
苦手としている198cmで97kgの巨体のデルポトロとの4回戦が大きな関門になります。
ちなみに、錦織はデルポトロから過去に1セットも取れていませんが、昨年のウインブルドンやロンドンオリンピックではではタイブレークまでは行っています。
ATP Head-To-Head Kei Nishikori vs Juan Martin Del Potro

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年最初の4大大会 全豪オープンテニスが始まります。
予選は既に始まっており、日本人選手が多数出場しましたが残念ながら全員予選敗退でした。

本戦へは男女ともに3名がダイレクトインしています。日本期待の錦織は第16シードで出場しています。

公式サイト(Australian Open Tennis Championships)には、既にドローが発表されています。
初戦にシード選手と対戦するのは伊達さんだけなので、比較的恵まれたドローではないかと思われます。
特に男子の添田と伊藤は対戦相手がランキング100位以下の選手ですので、地元オーストラリアの選手なので油断はできませんが、普段の実力が出せれば勝つことが出来ると思われます。

ひざの怪我が心配される錦織はエキシビション大会のクーヨン・クラシックに出場して勝利しているので、戦えるレベルまで回復してきていると思われます。シード通りベスト16までは勝ち上がってほしいところです。

日本人選手の初戦の対戦相手とランキングは次の通りです、
ATPランキング18位で16シードの錦織圭 対 61位のヴィクトル・ハネスク(Victor Hanescu)
ATPランキング73位の添田豪  対 349位のルーク・サビル(Luke Saville)
ATPランキング85位の伊藤竜馬 対 191位のジョン・ミルマン(John Millman)

WTAランキング81位の森田あゆみ 対 52位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)
WTAランキング92位の土居美咲 対 61位のペトラ・マルティッチ(Petra Martic)
WTAランキング112位の伊達公子  対 12位で第12シードのナディア・ペトロワ(Nadia Petrova)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

森田あゆみオフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年最後の4大大会の全米オープンテニスの本戦が来週始まります。
本戦シングルスのオーダーが発表されました。

各選手の対戦相手は下記の通りです。添田と森田が初戦からきつい相手となりました。

ATPランキング18位で第17シードの錦織圭 vs 予選勝ち上がり選手
ATPランキング55位の添田豪 vs 24位で第23シードのマーディ・フィッシュ(Mardy Fish)
ATPランキング67位の伊藤竜馬 vs 71位のマシュー・エブデン(Matthew Ebden)

WTAランキング94位の森田あゆみ vs 29位で第26シードのモニカ・ニクルスク(Monica Niculescu)
WTAランキング103位のクルム伊達公子 vs 51位のソフィア・アービッドソン(Sofia Arvidsson)

予選には杉田祐一、守屋宏紀、土居美咲、瀬間詠里花、瀬間友里加、奈良くるみ 、波形純理 、中村藍子などが参加しましたが、ほとんどの選手が一回戦敗退のなか、守屋宏紀が2回戦を勝ち上がり最終の3回戦に進出しました。勝ち上がっての本戦出場に期待しています。

Official Site of the 2012 US Open Tennis Championships
錦織圭公式 公式ブログ
添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ