つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ナダル

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス準々決勝 錦織がナダルに完敗しました。
Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 2位で第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に1-6,1-6,3-6のストレートで敗退。
100%の状態でもクレーキングのナダルに勝つのは難しい状況ですので、長時間の連戦の疲がある状況ではとても勝負になりませんでした。3セットで全部で7ゲームのサービスゲームをブレークされました。

ただ一つ気になったのが、ファーストサーブが入った時のポイント獲得率が44%。セカンドサーブの50%よりも低くなっている点です。

サウスポーのナダルには右利きのスライス回転のサーブをバックハンドに入れた方が返球しにくいと思われますが、フォアサイドへ入るファーストサーブが多く見受けられました。このサーブをいきなり強烈なトップスピンの深い返球をされてしまい、常に受け身の展開となってしまいました。連日の疲れで冷静な状況判断もできなくなっていたのかもしれません。

負けはしましたがベスト8。ナダルともつれた試合を行って体を壊すよりは良かったと思われます。次のウインブルドンへ向けての活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス4回戦、錦織が勝利し準々決勝へ進みました。
Roland Garros French Open - Official Site
クレーキング ナダルとの準々決勝は今日行われます。

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 38位のブノワ・ペール(Benoit Paire)に6-2, 6-7, 6-2, 6-7, 7-5のフルセットで勝利。
3回戦とほぼ同じような試合となりました。
第1セットを錦織、第2セットをペール、第3セットを錦織、第4セットをペールが取るシーソーゲームの2ー2でファイナルセットへ。
先にサービスゲームをブレークされた錦織がブレークバックして追いつき、更にブレークされてもブレークバックして追いついて迎えた5ー5からのペールのサービスゲームをブレークして次のサービスゲームをきっちりキープして勝ち切りました。最終的にペールの方に疲れによる集中力の低下によるミスに救われました。

この試合、ペールのサービスゲームで始まった第1セット、第2ゲームで先にサービスゲームをブレークされて0-2となりますが、ここから一気に6ゲーム連取で6-2で第1セットを取ると、第2セットもその勢いで、第1ゲームのペールのサービスゲームで15-40とブレークチャンスを握りました。
ここでこのゲームをブレークすることが出来ていたら、すんなりと3セットストレートで日没前に勝てていたように思われます。結果的に、ここでペールに息を吹き返させてしまい、もつれた試合展開となり、日没順延で2日がかりの戦いとなってしまいました。
ロングラリーで疲労度の高いクレーコート。集中を高めたままで維持するのは相当に難しいことなのでしょう。

準々決勝では 2位で第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝10敗。
万全な体調でも勝つのが難しい対戦相手。深く大きく跳ねてくるボールに対して、ショートポイントで取って行くのは容易ではありません。日没順延で休日なしの戦いとなってしまった錦織の疲労の回復がどこまでできているかが心配です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

モナコのモンテカルで行われていた、テニスのモンテカルロマスターズのシングルス決勝で錦織がナダルに敗退しましたが、グランドスラムに次ぐポイントの多い大会での決勝進出により、ATPランキングを22位まで大幅にアップしました。

ATPランキング36位の錦織圭 (Kei Nishikori)が1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に 3-6、2-6のストレートで敗退。
第1セットの出だしから強烈な打ち合いで互角に戦った錦織でしたが、打っても打ってもさらに厳しいところへ返球してくるナダル相手に徐々に疲労が見えてきました。
途中、ストロークのリズムを変えてみたり、ネットプレーなど色々とトライしていましたが、クレイキングと言われる鉄壁の守りのナダルに死角はありませんでした。

錦織選手の改善中のサーブですが、ファーストサーブインの確率が52%、得点率が54%。ファーストサーブがなかなか入らず、入れに行って甘くなると叩かれると言う悪循環をなかなか改善することが出来ません。

今大会はノーシードから第2シードのチリッチと第3シードのズベレフに勝ち上がっての決勝戦でしたので、1回戦免除でストレートで楽に勝ち上がってきたナダルと比べての疲労度の違いも大きかったと思われます。
負けはしましたが、トップ10に戻れる実力を示した大会となりました。

決勝戦まで過酷な戦いとしたので疲れが心配ですが、このままの調子で全仏を迎えることができれば、好成績が期待できます。

今週はスペインのバルセロナでバルセロナオープンに出場します。
今大会は第14シードで2回戦からで、一回戦で杉谷に勝って2回戦に上がってきた、69位のギエルモ・ガルシア=ロペス(Guillermo Garcia-Lopez)と対戦。
過去の対戦成績は錦織の3勝0敗。疲労回復ができていれば、すんなり勝ち上がれると思われます。
勝ち上がると3回戦ではナダルと対戦することが濃厚です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス3位決定戦で錦織圭が勝利、銅メダルを獲得しました。
Rio 2016 Drawsheet

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 5位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に6-2、6-7、6-3のフルセットで勝利。

ナダルのサービスゲームで始まった第1セット、2-2から4ゲーム連取で6-2。
ダブルスにも出場し優勝しているナダル、さすがに疲れが蓄積しているようで、錦織にストロークで左右に振り回されると追いつけずミスが目立ちました。

第2セットもナダルのサービスゲームを2ゲームブレークして5-2、次のサービングフォーザセットの第8ゲームをキープすれば勝ちのところまで一気に来ました。
しかし、ここで勝ちを意識したためか、1勝9敗と大きく負け越している不安からか、急にダブルフォルトやストロークミスが出はじめ、このゲームを落としてしまうと徐々にナダルペースに。結局2ゲームブレークバックされてタイブレークへ。タイブレークでは1ポイントしか取れずに1-7で落としてしまいました。

これで、ナダルの勝ちムードに傾きかけましたが、錦織は第3セットとの間のバスルームブレークで、長時間をかけてリフレッシュし、気を取り戻してコートに戻ってきました。
逆に第2セットの流れから一気に勝ちに行きたかったナダルは、あまりにも遅い錦織に対してイタイラし、冷静さを失っていました。
テレビでの沢松奈生子さんが巌流島の戦い(巌流島の戦い - Wikipedia)の宮元武蔵に例えて解説していましたが、ナダルは試合をしていた1番コートのトイレを使ったが、錦織はセンターコートのトイレを使ったようで、それにより長時間かかったようです。大会関係者の案内で行ったのだと思いますが、結果的にはこの長いブレークタイムが錦織にはラッキーでした。

第3セットでは冷静さを取り戻した錦織が疲れの見えたナダルを振り回し、2-1からのナダルのサービスゲームをブレークしてそのまま逃げ切って6-3で勝ちました。

錦織のメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(アントワープオリンピック - Wikipedia)のシングルスで銀メダルを獲った熊谷一弥(熊谷一弥 - Wikipedia)さん以来となる96年ぶりのメダル獲得の快挙です。
また、熊谷さんは柏尾誠一郎(柏尾誠一郎 - Wikipedia)さんと組んでのダブルスでも準優勝しています。
この2個のメダルが、オリンピックでの日本人のスポーツ選手史上初めてのメダル獲得です。

錦織選手は今週からアメリカのシンシナティで開催されるウエスタン&サザン・オープンへ、第5シードで出場の予定です。1回戦は免除されていますが、きつい日程で疲労による怪我が心配です。
Western & Southern Open


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのハーレで開催されている、ゲリー・ウェバー オープンの2回戦では、錦織選手が怪我のために残念ながら棄権となってしまいました。
1回戦を見逃していたので、楽しみにしていたので残念ですが、ウインブルドンの事を考えると、棄権したのが得策でしょう。

先日、アメリカのフォーブス誌が発表したスポーツ長者番付で、錦織選手が日本人アスリートでトップになった事がニュースになっていましたが、元データのforbes.comのデータを見つけました。

錦織選手は3,350万ドル(約36億円)で、アスリート全体で29位。
テニス選手では、フェデラー、ジョコビッチ、ナダルに続く4番目に入っています。
Forbes The World's Highest-Paid Athletes
Rank Name Pay Salary/Winnings Endorsements Sport
#4 Roger Federer $67.8 M $7.8 M $60 M Tennis
#6 Novak Djokovic $55.8 M $21.8 M $34 M Tennis
#21 Rafael Nadal $37.5 M $5.5 M $32 M Tennis
#29 Kei Nishikori $33.5 M $3.5 M $30 M Tennis

グランドスラムで活躍したらスポンサーからボーナスが支払われるでしょうから、更にアップが期待できます。
ウインブルドンでの活躍が楽しみです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催されている、バルセロナオープン・バンコ・サバデル 決勝で錦織圭がナダルに敗れ準優勝となりました。

ATPランキング6位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 5位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に4-6、5-7で敗退。
全盛期の調子を取り戻してきているナダルのトップスピンストロークがエンドラインぎりぎりに決まり、錦織のフレームショットが目立ちました。
実際のボールは相当に強烈な回転で、コートの状況により跳ねる角度が異なったりと、大きなバウンドの変化に対して、スイートスポットで捉えることが難しかったのかと思われます。

それでも、過去の対戦成績が1勝8敗と大きく負け越しているナダルに対してほぼ互角の戦いでした。

勝負事にレバタラはありませんが、第一セットの出だしのナダルのサービスゲームをブレークしておけば、また、第2セットの出だしのナダルのサービスゲームをブレークした直後のサービスゲームをきっちりキープしておけば、もしかしたら勝てたかもしれません。

13回のブレークチャンスで3回のブレーク。ジョコビッチと同様、ブレークチャンスはあっても、なかなかブレークさせてくれませんでした。 そのあたりがトップ4との差なのかもしれません。

負けはしましたが、錦織はクレーコートでのスキルをかなり向上させてきています。全仏での活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ