人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

右手首の負傷により5カ月ほど公式戦を欠場していた錦織選手が、アメリカのニューポートビーチで開催されているATPチャレンジャーツアーで復帰しましたが、残念ながら1回戦での敗退となりました。

ATPランク24位で、第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が238位のデニス・ノビコフ(Dennis Novikov)に3-6, 6-3, 4-6のフルセットで敗退。

第1セットをノビコフが、第2セットを錦織が取り、1−1−で迎えたファイナルセット、
3−4からの錦織のサービスゲームをブレークされ3−5となりますが、すぐにブレークバックして4−5に。しかし、次のサービスゲームを再度ブレークされてゲームセット。
ファーストサーブインの確率が第1セット52%、第2セット66%、第3セット54%。
ファーストサーブの入りが悪かったセットを落としたことになります。
怪我からの復帰間もなく、まだ思い切りサーブが打てていないのかもしれません。
体の動きにも、俊敏さが戻っていませんでした。ATPツアーレベルのプレーができるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

ノビコフは現在のランキングは238位ですが、キャリアハイ119位。193cmの長身からの強烈なサーブで、今回は15本のサービスエースを叩き込まれました。
錦織サイドとしては、復帰後の一回戦の相手としては、できればストローカータイプの選手ともう少し打ち合いをして慣らし運転をしたかったことでしょう。

ATPチャレンジャーの動画配信サイト ATP on LivestreamのPast Eventsに試合の動画がアップされていますが、普通の試合はせいぜい5、000回程度の再生回数ですが、今回の試合は3万回以上再生されていました。
[1/WC] Kei Nishikori (JPN) vs [Q] Dennis Novikov (USA)

日本だったら慶応チャレンジャーに錦織選手が出場したようなもので、超満員になっていたことでしょうが、会場は8割程度の入りのようでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook