つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: パン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

吉祥寺から井の頭公園へと向かう道を少し入ったところで、ウインドウにパンで出来たリースを飾っているパン屋さん、EPEE (エペ)を見つけました。
中では食事が出来るようになっていています。
ネットで調べたら、
「ブーランジェリー(パン)とビストロ(料理)のランデヴーを楽しめるお店」
となっていました。

ブリオッシュとチーズの入ったハード系のパンを買いました。本格的な手作りのパンの味わいがありました。
吉祥寺 EPEE (エペ)のパン

吉祥寺 EPEE (エペ)のパン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は銀座 木村屋でランチをいただきました。
銀座へはしょっちゅう行っていますが、木村屋で食事をするのは初めてでした。
このビルは1階がパンの売店で、2階がカフェ、3階がグリル、4階がレストランになっています。
今回は3階のグリルへ入りました。

ハンバーグとビーフシチューにサラダの付いたセットでパンは食べ放題。
とりあえず味見して見たかったので、全種類のパンを食べたらお腹がいっぱいになってしまいました。
銀座 木村屋3階のグリルでランチ

銀座 木村屋3階のグリルでランチ パンは食べ放題

1階の売店には沢山のお客さんが入っていました。土地の高い銀座の一等地で単価の安いパンを売って商売になるとはたいしたものです。

銀座 木村屋 フロア案内
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

pan


昨日は梅屋敷の書道教室へ行った帰りに、パン屋さんブーランジェリー・ボヌールの石釜で焼いたパンを買って帰ってきました。
お店の看板にあった、「秋の夜長にワインを片手にパンはいかが?^ロ^」に影響を受けまして、ボジョレヌーボーとオリーブ、クリームチーズを買って帰り、フレンチな雰囲気のランチにしました。
富士山の溶岩で作った石窯で焼いたフランスパンは、パリッと固く仕上がっていて、ぜひもう一度食べてみたくなる美味でした。

ネットで調べたら、通販もやっているようです。また、三軒茶屋にもお店があるようです。

ブーランジェリー・ボヌール

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

一昨日は、有明コロシアムで行われている、東レ パン・パシフィック・オープン・テニスの予選を観に行ってきました。ホームページのクオリファイ観戦整理券をプリントして持っていけば無料で観戦できることができるのですが、予選とは言っても、世界ランク100位以内の選手が出てくるので、非常にお得です。
センターコートの、第三試合から観ました。予選第1シードのKatarina Srebotnik(カタリナ・スレボトニク)対Hsuan Hwang の試合は、さすがに世界ランキングのスレボトニクの26位の実力はすごいものでした。ちなみに、カテリーナ・シュレボトニックは杉山愛とダブルスを組んでいる選手です。
この試合を観た後で、クルム伊達公子対田中真梨の試合を見たので、ボールのスピードが、非常に遅く感じました。伊達さんが、400位台の選手に苦戦していたので、これはとても予選突破は無理だなと思っていたら、何と昨日、ランク48位の23歳のキャシー・デラクアに勝ったそうで、びっくりしました。多分、相手のボールが早いと、ライジングでのリターンがさらに威力を増すのだと思います。この勢いで今日も勝ってしまったら、本戦が面白くなると思いますが、相手が若い成長中の選手なので難しいかもしれません。
帰り際に、外のコートを見たら、明日に備えて、コーチと練習をしている選手がいました。こういうのが見れるのも楽しみです。

参考:公式サイトで予選の無料入場券が手に入ります。
東レ パン・パシフィック・オープン・テニス 公式サイト
カテリーナ・シュレボトニック 東レ パン・パシフィック・オープン・テニス
カテリーナ・シュレボトニック 東レ パン・パシフィック・オープン・テニス
クルム伊達公子 東レ パン・パシフィック・オープン・テニス
クルム伊達公子 東レ パン・パシフィック・オープン・テニス
田中真梨 東レ パン・パシフィック・オープン・テニス
東レ パン・パシフィック・オープン・テニス練習

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ