つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: パンパシフィック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日行われた東レ パン・パシフィックオープン・テニスのシングルス1回戦で、奈良、伊達の二人とも敗退し、日本人選手はいなくなりました。

予選には沢山の日本人選手が出場しましたが、誰も本戦へ勝ち上がることが出来なかったので、本戦出場は奈良と伊達の二人でした。


WTAランキング37位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 18位のカルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro)に1-6、6-2、2-6のフルセットで負けました。
奈良はファーストサービスインの確率が85%でしたが、ファーストが入った時のポイント獲得率が49%でした。威力の無いサーブをたたかれてしまったようです。


WTAランキング86位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 24位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)が6-3、0-6、2-6のフルセットで負けました。
伊達さんのブログを読むと肩の調子が悪いようでしたので、勝つのは難しいと思っていましたが、昨日は第2セットで右足の付け根に痛みを生じていたようです。
もうそろそろ年齢的なことを考えて、ヒンギスのようにダブルス一本にした方が良いのではないでしょうか。


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日から東レ パン・パシフィックオープン・テニスの本戦が始まりますが、予選は一昨日から行われています。

一昨日の予選1回戦には用事があって行けなかったので、残念ながらスタンフォードの大会でサマンサ・ストーサーに勝って話題になった、16歳で180cmの長身選手 大坂なおみの試合を見ることが出来ませんでした。
1回戦で青山修子に敗退してしまいましたが、試合後のインタビューによると、青山選手のフォア・バック両方両手打のフラットなストロークについていけなかったようです。

広場のステージでは奈良くるみと古閑美保のトークショーが行われ、大勢の人が集まっていました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 広場

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 奈良くるみと古閑美保のトークショー


2回戦は有明コロシアムで行われた試合を一通り観戦しました。
第1試合
WTAランキング132位の江口実沙(Misa Eguchi)が271位の青山修子(Shuko Aoyama)に3-6、6-4、6-1の逆転で勝ちました。
2セット目から観戦しましたが、ほとんど互角の戦いでした。
173cmの江口と青山は20cm近い身長差。江口の跳ねるボールを肩口で返球を続ける青山に、徐々に疲れが出てきて逆転されました。
江口は勝ちましたが、センターへの甘い返球が多く、動きもあまり俊敏でなく感じました。動きの良い青山との対戦だから余計にそう感じたのかもしれませんが。
3回戦の99位のジャーミラ・ガイドソバ(Jarmila Gajdosova)戦では、もう少し厳しいコースを打ち分けていかないと勝利は難しいと思われます。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子


第2試合
WTAランキング395位の澤柳璃子(Riko Sawayanagi)が 180位のアナスタシャ・ロディオノワ(Anastasia Rodionova)に7-6、4-6、0-6の逆転で敗れました。
浮き沈みの激しい試合で、第1セットは先にブレークしてリードしますが、逆転されまた追いついてタイブレークのシーソーゲーム。タイブレークではロディオノバがいきなりダブルフォルトしてくれて、終始リードして7-4で取りました 。
ここまでは良かったのですが、第2セットから徐々にロディオノバのペースに、終盤は一方的な試合となってしまいました。
澤柳は振られた時のショットの正確性に欠けていました。まだ若くて体幹が弱いのでしょうか、奈良のような切り替えしてエースを取るようなストロークを出せていれば、展開は変わっていたかもしれません。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 澤柳璃子 対 アナスタシャ・ロディオノワ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 澤柳璃子 対 アナスタシャ・ロディオノワ


第3試合
WTAランキング248位の波形純理(Junri Namigata)が188位の尾崎里紗(Risa Ozaki)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
ランキングでは尾崎の方が上ですが、サービス・ストローク全ての面で波形の方が勝っていました。
フェドカップメンバーに選ばれた尾崎を注目していたのですが、大きなスタジアムで上がってしまったのでしょうか、動きが良くありませんでした。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 波形純理 対 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 波形純理 対 尾崎里紗


3回戦を勝ち抜くのは厳しいでしょうが、何とか一人でも多く本戦出場を出来ることを祈っています。


本戦ダイレクトインの奈良と伊達の対戦相手は既に決まっています、
WTAランキング37位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 18位のカルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro)
過去の対戦成績はありません。地元の応援をバックにきっと勝ってくれると期待しています。

WTAランキング86位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 24位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)
過去の対戦成績は伊達の0勝1敗で、2010年にシドニーでフルセットで敗れています。
伊達さんのブログを読むと肩の調子が悪いようです。元ランキング1位のアザレンカ相手に、万全でない体調で戦うのは厳しいと思われます。

WTA Head to Head:Kimiko Date-Krumm vs Victoria Azarenka

奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニスはいよいよ今日、決勝を迎えます。
先日は伊達さんの観客の応援に対する態度が、話題になっていましたが、昨日、現場で応援していたテニス仲間に会う機会があり、うかがったところ、まさか自分達に怒っているとは思わなかったようです。失敗した自分自身に向かって気合を入れているのだとばかり思っていたようです。もし、せっかく一生懸命に応援している自分たちが怒られていると知ったら、もう応援する気にもならなかった事でしょう。

Youtubeには伊達さんの「シャラップ!」、「ため息ばっかり!」などと観客に対して激怒したシーンの動画が沢山アップされていますし、この件に対しての批判の記事なども見かけられます。
SANSPO.COM:【甘口辛口】ため息連続でも…観客に「シャラップ」はない


以前にデビスカップの観戦に行った時に、試合の前に松岡修造さんが出てきて、「ため息」は絶対だめですと注意していたのが思い出されました。それ以来、私も注意していますが、ついつい思わず出てしまうことがあります。今回は、タイブレークの最初のサーブでいきなりダブルフォルト。あのシーンで「あー!」とため息がついつい出てしまうのは仕方が無いことです。

どのような緊張した場面でも普段練習してきた事を冷静に実行できるかどうかがトッププレーヤーとの差です。男子の添田豪や伊藤竜馬が、ここと言う場面で失敗し、崩れて行ってしまうシーンを何度か観戦しています。日本人選手にはもう少し精神力を鍛える必要があるようです。

それにしても観客に対して、「シャラップ!」(Shut up.)(黙れ!)とはひどい話。ペナルティーを取られてもおかしくないのではないでしょうか。私は伊達さんの復帰以来、東京有明国際女子オープンなど、何度もコートに足を運んで応援してきましたが、今回の件には本当にがっかりさせられました。


「過去と他人は変えることができないけれど、自分は変わることが出来る。」
観客の応援を気持ち良いものにするためには、肝心なときにミスをしないプレーを見せるしかないのではないでしょうか。ミスした時の観客のため息は、「よし!負けないぞ!」と自分の発奮材料に変えていく、そのくらいの気持ちの切り替えが出来ないなら、これからプレーを続けていくのは難しいのではないでしょうか。そろそろ引き時かもしれません。


今日は、WTAランキング 11位のペトラ・クヴィトバ(Petra Kvitova) 対 9位のアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerberの)の決勝戦が行われます。
大会の公式サイトを見ると Winnerには$426,000の賞金となっていますから、優勝すると4千万円ほどの賞金をもらえるようです。賞金に見合った観客を魅了するプレーを見せてくれることを期待しています。
東レ パン・パシフィック・テニス - TORAY PPO TENNIS
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニスのシングルス2回戦では、クルム伊達公子、森田あゆみ、土居美咲の3人が全員敗退となってしまいました。この大会はシード選手が2回戦から登場してきます。さすがにシードの壁は厚かったようです。今の女子選手のランキングレベルからすると、妥当な結果と言えます。


WTAランキング60位のクルム伊達 公子(Kimiko Date-Krumm)が 17位で第12シードのサマンサ・ストザー(Samantha Stosur)に3-6, 6(2)-7のストレーとで敗れました。
第2セットではタイブレークまで持ち込みましたが、さすがに勝たせてはくれませんでした。


WTAランキング62位の森田あゆみ(Ayumi Morita )が10位で第6シードのイェレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic)に4-6, 1-6のストレーとで敗れました。
森田はファーストサーブの確率が47%で、ファーストサーブが入った時のポイント率が58%。ファーストサーブからガンガンたたかれてしまったようです。


WTAランキング95位の土居美咲(Misaki Doi)が21位で第15シードのソラナ・キルスチャ(Sorana Cirstea)に1-6、2-6のストレートで敗れました。
土居はファーストサーブの確率が55%で、ファーストサーブが入った時のポイント率が48%。土居もファーストサーブからガンガンたたかれてしまったようです。

トップランキングの選手相手だと、甘いサーブは簡単にたたかれてしまいます。逆に長身選手が多いので、相手のサービスゲームはなかなか攻略するのが難しくなります。
一発で決めさせないための強烈なサービスリターンに対する対応力が鍵になると思われます。

東レ パン・パシフィック・テニス - TORAY PPO TENNIS

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日から本戦が始まった、東レ・パンパシフィック・オープン テニスのシングルス1回戦でクルム伊達公子、森田あゆみ、土居美咲の3人が1回戦を勝利し、2回戦に進みました。

予選に勝利して本戦入りしていた期待の新人、尾崎里紗は、残念ながらポン・シュアイに完敗してしまいました。

WTAランキング196位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が37位のポン・シュアイ(Shuai Peng)に2-6、1-6のストレートで敗れました。
第1、2セットともに、尾崎はポン・シュアイのサービスゲームを一つブレークしましたが、3ゲームブレークバックされてしまいました。
尾崎はファーストサーブインの確率が64%とそれほど悪くはありませんでしたが、ファーストサーブが入った時のポイント率が29%。ファーストからガンガンと攻められてゲームにならなかったようです。予選決勝を観戦しましたが、かなり良いサービスを打っていたように見えたのですが、連戦の疲れが出たのか、このクラスの相手には通用しなかったようです。


WTAランキング60位のクルム伊達 公子(Kimiko Date-Krumm)が145位のアナスタシャ・ロディオノワ(Anastasia Rodionova )に6-2、4-1 途中リタイアで勝ちました。
この試合は第2セットからネットのライブストリーミングで観戦しましたが、伊達の速くて深いストロークにロディオノワがついてこれていませんでした。第2セット途中でロディオノワがサーブを打った時に、体を痛めてしまったようで、メディカルタイムアウトを取り治療の後に再開しましたが、結局棄権となってしまいました。
現在の日本の女子のランキングは伊達さんがトップ、1回戦の勝利で更にランキングを上げて来るでしょう。若手女子選手にも負けないようにがんばって欲しいものです。
東レ・パンパシフィック・オープンのシングルス1回戦 クルム伊達公子

東レ・パンパシフィック・オープンのシングルス1回戦 クルム伊達公子


WTAランキング62位の森田あゆみ(Ayumi Morita )が38位のローラ・ロブソン(Laura Robson )に7-6、6-3のストレートで勝ちました。
第1セットはお互いにサービスゲームを2ゲームブレークしあってタイブレークへ。タイブレークでは森田が7-4で取りました。
第2セットは森田が全てのサービスゲームをキープして、ロブソンのサービスゲームを一つブレークして勝ちました。ランキング38位の左利きで180cmの長身の強敵相手に良く勝ちをもぎ取りました。


WTAランキング95位の土居美咲(Misaki Doi)が55位のバーバラ・レプシェンコ(Varvara Lepchenko )に6-7、6-0、7-5の逆転で勝ちました。
第1セットはお互いにサービスゲームを2ゲームブレークしあってタイブレークへ。タイブレークを土居は3-7で落としてしまいました。
第2セットは土居の一方的な展開で6-0で取り、最終セットに。
第3セットはブレーク合戦となりました。土居が3個のサービスゲームのブレークを許しましたが、4つブレークバックして7-5で勝ちきりました。ランキング元19位で左利き、180cmの長身選手相手に良く勝ちをもぎ取りました。


昨日のシングルス1回戦には奈良くるみ(Kurumi Nara)が登場しましたが、残念ながら WTAランキング39位のエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)に6-2、5-7、3-6の逆転で敗退しました。

東レ パン・パシフィック・テニス - TORAY PPO TENNIS

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
川原コーチの遠征記
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は今日から本戦が始まる東レ・パンパシフィック・オープンの予選に出場している、期待の新人 尾崎里紗(Risa Ozaki)の試合の観戦に有明へ。
尾崎は無事に予選2回戦に勝利し、本戦入りを決めました。

WTAランキング200位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が87位のシルビア・ソレル=エスピノーサ(Silvia Soler-Espinosa)に6-1、6-4のストレートで勝ちました。
ランキング的には格上の相手ですが、終始危なげ無い試合展開でした。サービスは日本人選手にしてはかなり威力がありますし、特にフォアハンドの決定力に素晴らしいものがあります。時折見せるネットプレーにも決定力があります。攻められた時に少しミスが目立ちましたが、このあたりのディフェンス力を向上させて行けば、ランキング急上昇は間違いありません。
本戦ではWTAランキング38位のポン・シュアイ(Shuai Peng)と対戦します。強敵ですが全く歯が立たないような相手ではないので、勝てる可能性もあると思われます。本戦での戦いが楽しみです。
東レ パン・パシフィック・テニス - TORAY PPO TENNIS

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス 尾崎里紗が予選を突破し本戦へ


尾崎里紗さんはブログは持っていないようですが、所属する神戸ロイヤルヒルテニスクラブの川原コーチのブログに尾崎里紗さんの活躍が詳しく書かれています。
川原コーチの遠征記

尾崎の試合の後は1番コートへ。WTAランキング55位のマリーナ・イラコビッチ(Marina Erakovic)が207位のアランチャ・パーラ=サントンハ(Arantxa Parra Santonja)に7-5、7-6(4)で勝ちました。サントンハはシングルスでは予選敗退ですが、伊達さんとダブルスに出場しています。

このレベルの試合がたった1000円で、ほとんど観客がいない状況で、コートの直ぐ近くで観戦できます。また、練習コートでは本戦出場選手の練習を見ることが出来ます。ジャパンオープンも同様ですが、予選の観戦がオススメです。

東レ・パンパシフィック・オープン テニス マリーナ・イラコビッチ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス マリーナ・イラコビッチ

東レ・パンパシフィック・オープン テニス アランチャ・パーラ=サントンハ


東レ・パンパシフィック・オープン 練習

東レ・パンパシフィック・オープン 練習


今回は、帽子に尾崎里紗さんとマリーナ・イラコビッチのサインさんにサインをしてもらいました。
東レ・パンパシフィック・オープン 尾崎里紗とマリーナ・イラコビッチのサイン



本戦のシングルスには、森田あゆみ、クルム伊達公子、土居美咲、奈良くるみ、尾崎里紗の5名が出場します。


東レ・パンパシフィック・オープンはWTAのプレミア5レベルの大会で、今年で30周年ですが、来年の同じ時期のプレミア5大会は李 娜(リー・ナ)の出身地である武漢市で開催されます。
WTAの公式サイトで来年のスケジュールを見ると、
The 2013 & 2014 WTA Calendars - News | WTA Tennis English
~ Week 38: Relocation of Premier 5 event to Wuhan, China (from Tokyo)
と書かれています。
東レ・パンパシフィック・オープンは来年も開催はされますが、9月15日に前倒しされて、広州やソウルで開催される大会と同じ週の開催になるようです。
プレミア大会ではなくなるので、出場選手のレベルは大幅にダウンすると思われます。
【テニス】東レ、来年も開催:球技:スポーツ:スポーツ報知

その次の週には北京での大会が男女同時開催されます。
All details of ATP 2014 Calendar and PDF Printable Tennis calendar/schedule of 2014
こちらは男子のジャパンオープンと同じ週の開催となりますが、北京の方が賞金が遥かに良いので、トップ選手は北京優先となってしまいます。経済で日本は中国に抜かれています。日本で大会を行うよりも、WTAにとってはメリットが大きいのでしょう。

これから7年後のオリンピックへ向けて、もう一つ屋内スタジアムが建設されると聞いています。7年後にはずいぶんと様変わりすることと思われるので、スタジアムなどの写真を撮っておきました。現在イベントスペースに利用されている、広場が無くなってしまうのかも知れません。
有明テニスの森公園 マップ

有明テニスの森公園

有明コロシアム

有明テニスの森公園 広場


屋内スタジアムがもう一つ出来たら、前倒しした東レ・パンパシフィック・オープンにジャパンオープンのスケジュールも合わせて、同時開催にするのもよいのではないでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ