つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: フェデラー

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの4大大会ウインブルドンのシングルス準々決勝、錦織圭がフェデラーに敗退。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 3位で第2シードの ロジャー・フェデラー(Roger Federer)に6-4、1-6、4-6、4-6で敗退。
第1セットは、ミスの多いフェデラーに助けられサービスゲームをブレークするスタートで、そのリードを守り切って6-4で取りましたが、フェデラーの調子が上がってきて徐々に押される展開へ。

第2セット以降はテンポの速いフェデラーのプレーに完全に圧倒され、3セットを連取されてしまいました。

サービス力があるフェデラーのサービスゲームをブレークできなくても、自分のサービスゲームをキープできてさえいればタイブレークに持ち込むことができますが、ファーストサーブインの確率が57%。これではフェデラー相手にサービスゲームをキープすることはできません。
今回は比較的短時間で準々決勝まで勝ち上がってきて体力の消耗も少なく、第1セットを取る好調なスタートでしたので、もしやと期待していましたが、芝の王者は甘くはありませんでした。

下位の選手相手には、レシーブ力のある錦織はブレークされてもすぐに取り返せますが、ジョコビッチ、ナダル、フェデラー相手には相手のサービスゲームをブレークするのは非常に困難なので、サービスゲームのキープは必須。これ以上のランクアップにはサービス力の向上が必須と言えます。

フェデラーは準決勝でナダルにセットカウント3-1で勝っています。
ランキング3位のフェデラーはウインブルドンでは第2シード、錦織はランキングは4位ですがウインブルドンでは第8シード。
今の錦織の実力からすれば善戦と言えるのかもしれません。

これから全米へ向けて得意のハードコートシーズンが始まります。ツアーファイナル出場へ向けてこれからの活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの4大大会ウインブルドンのシングルス4回戦、錦織圭が勝利。今日の準々決勝でフェデラーと対戦。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 58位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)に6-3、3-6、6-3、6-4で勝利。
第1セットは2-1からのククシュキンのサービスゲームをブレークしてそのまま逃げ切って、6-3でとりましたが、第1セット後半からリターンゲームでハードヒットした時のミスが目立つようになりました。リードしたことでさらに攻撃的に行ったようですが、ミスが多くククシュキンに楽にゲームをキープさせたことによって、調子を上げさせてしまいました。
その流れのまま第2セットへ。3-4から錦織圭のサービスゲームをブレークされ、3-6で落としました。

第3セットは少し丁寧にプレーするようになった錦織が、今度は逆に4-3からのククシュキンのサービスゲームをブレークして、3-6でとりました。

第4セットは、いきなりククシュキンのサービスゲームをブレークしますが、サーブの安定しない錦織もブレークされるブレーク合戦となり、3-2に。
ここから何とかサービスゲームをキープして逃げ切り6-4で勝ちました。

3回戦では好調で70%以上入っていたファーストサーブの入りが急に悪くなり、第1セットこそファーストサーブインの確率が64%でしたが、第2セット以降は60%を割り込んでしまいました。
もう少しサーブのスタッツを上げていかないと、準々決勝以降を勝ち抜いて行くのは難しいと思います。

準々決勝では3位で第2シードの ロジャー・フェデラー(Roger Federer)と対戦します。
ATPツアーでの過去の対戦成績は錦織の3勝7敗。
フェデラーは4回戦を1時間14分でストレートで勝ち上がってきています。かなり調子がよさそうです。
錦織のファーストサーブが入りサービスゲームをキープしていければ、勝機も見いだせると思われます。
積極的にサービスダッシュしてくるフェデラーに対して、リターンのうまい錦織がどのような返球を見せるか、今日の試合観戦が楽しみです。
ウインブルドンのシングルス4回戦、錦織圭が勝利。今日の準々決勝でフェデラーと対戦。


錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているATPツアーファイナルのラウンドロビンの1試合目で錦織がフェデラーに勝利しました。
Nitto ATP Finals

錦織選手はBoris Beckerグループに入り、フェデラー、ティーム、アンダーソンとの総当たりとなりますが、グループ内ランキングトップのフェデラーに勝ったことで、決勝トーナメントがぐっと近づきました。
次の試合はティームにストレートで勝ったアンダーソンとの対戦となります。

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が 3位のロジャー・フェデラー(Roger Federer)に7-6、6-3で勝利。
第1セットはお互いにサービスゲームをキープしてのタイブレークを、錦織が7-4で取りました。
第2セットは第1ゲームでいきなり錦織がサービスゲームをブレークされてしまいますが、すぐにブレークバックし、さらにもう1ゲームブレークして6-3で勝ちました。
パリマスターズでの対戦ではフェデラーのファーストサーブでほとんどポイントが取れませんでしたが、何とか返球してフェデラーのミスにつなげることができました。37歳のフェデラー、連戦の疲れで動きに切れがなかったからなのか、ミスショットが目立ちました。

もう一つの試合は6位の ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson)が8位のドミニク・ティーム(Dominic Thiem)に 6-3、7-6で勝利。
13本のサービスエースを取ったアンダーソンは、ティームに一度もブレークチャンスを与えない、安定したサービスゲームのキープでした。
203cmのアンダーソンの強烈なサーブは錦織でもリターンに苦しみます。緊張感のある厳しい試合になると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今日(11日)からイギリスのロンドンでATPツアーファイナルが始まります。
Nitto ATP Finals

今年のツアーファイナルレースポイントで自力では出場枠の上位8位に入れなかった錦織ですが、デルポトロとナダルの欠場により、錦織とイズナーが繰上り出場となりました。

本大会は8選手が2チームに分かれてラウンドロビン(総当たり)方式で行われ、上位2名が決勝トーナメントに進みます。

錦織選手はBoris Beckerグループに入り、フェデラー、ティーム、アンダーソンと戦います。
現在のランキングでは錦織選手がグループ内の最下位ですが、過去の対戦成績ではティームとアンダーソンには勝ち越しています。
ジョコビッチとズべレフと違うチームに入った点ではドローに恵まれたと言えますし、このところ調子を上げているのでますし、十分に決勝トーナメントに進める可能性があります。

大会初日の11日午後8時(日本時間の12日朝5時)にフェデラーと対戦の予定です。苦手としている相手ですが、どのような戦いをするか楽しみです。

Boris Beckerグループの選手
錦織圭(Kei Nishikori)
ATPランキング9位。

ロジャー・フェデラー(Roger Federer)
ATPランキング3位。過去の対戦成績は2勝7敗。現在6連敗中。

ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson)
ATPランキング6位。過去の対戦成績は5勝3敗。今年は1勝2敗。

ドミニク・ティーム(Dominic Thiem)
ATPランキング8位。過去の対戦成績は3勝1敗。今年は1勝1敗。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのパリで開催されているロレックス・パリ・マスターズの準々決勝で、錦織圭がフェデラーに敗退しました。
ATPランキング11位で第10シードの錦織圭(Kei Nishikori)が3位で第3シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)に4-6、4-6のストレートで敗退。
錦織のサービスゲームで始まった第1セット、4-4からの錦織のサービスゲームをブレークされて、4-6で落としました。
第2セットは第1ゲームでいきなりブレークされると、そのままお互いにサービスゲームをキープして、4-6で落としました。

第1セットに一度、フェデラーのサービスゲームでのブレークチャンスがありました。このチャンスにブレークできていたらもう少し競った試合になったかもしれませんが、明らかな実力差を感じました。
ストローク戦では錦織選手がわずかに勝っているようですが、サービス、ネットプレーの差が大きくブレークするのはかなり難しく、タイブレークに持ち込む以外に勝機はなさそうです。
フェデラーやジョコビッチ相手だと、セカンドサーブでは一気に攻め込まれてしまうので、ファーストサーブが8割以上入らないと勝つチャンスは無いような気がします。

敗れはしましたが、本大会では3回戦で、先日のオーストリアのウィーンの決勝戦で敗退していた、203 cmの長身のケビン・アンダーソンにリベンジを果たし、ロンドンでのツアーファイナルへ向けて9位に入ることができ、デルポトロが怪我で欠場すれば出場できるところまで順位を上げてきました。
1月の全豪を欠場し、復帰したチャレンジャー戦での一回戦敗退から始まった今シーズン、よくこのレベルまでランキングを上げてきました。素晴らしい一年だったと思います。来年の更なる活躍が楽しみです。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭がフェデラーに敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が17位で第17シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)に7-6、4-6、1-6、6-4、3-6のフルセットで敗退。
 この試合、第1セットの戦い方が試合結果に大きく左右したと思われます。
 フェデラーのサービスゲームで始まった第1セット、出だしからストローク好調の錦織ペースでフェデラーのサービスゲームを2連続でブレークし4-0。
ここから、お互いにサービスゲームをキープして5-2。7ゲーム目ではフェデラーがラブゲームキープ。フェデラーの調子も徐々にアップしてきました。

 ここで、プレッシャーを感じたからなのか大きくリードしている安心感からなのか、次の錦織のサービングフォーザマッチのゲームで、15-0からのアドサイドでゆるいスライスサーブを打ってネットダッシュしてアウト、30-15でもサービスでネットダッシュして今度はネット。その後きわどい判定もあって、このゲームを落としてしまいました。
 フェデラーのバックサイドをトップスピンやスライスのバリエーション豊富なストロークで攻めて優勢に進めてきた錦織が、このサービスダッシュで自らリズムを崩してしまいました。このセットは結局はタイブレークで錦織が取りましたが、ここでの消耗が結局は試合後半の疲労につながったと思われます。

 5-2 15-0から強いサーブをワイドに打ってこのポイントを取りサービスゲームをキープして、6-2でこのセットを取っていたら、試合の流れは大きく錦織へ行っていたでしょう。

 結果論なので、あのサービスダッシュが決まっていたら、流石に錦織と言う事になってたでしょうが、一方的に優勢な試合展開での同様のシーンを何度も目にしているので、書かせていただきました。

 スコア的にはフルセットでしたが、勢い付いたフェデラーは観客の応援も後押しにし、その後は安定したサービスゲームのキープ、錦織はアドサイドでポイントをほとんど取れなくなってしまい、ほぼ一方的なゲーム展開となってしまいました。

これで対フェデラー4連敗となりました。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ