つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: フランス

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで行われているデビスカップの3チームでのラウンドロビンはフランスに1-2、セルビアに0-3の2敗で敗退、セルビアが2連勝で決勝トーナメントへ進出しました。

Davis Cup by Rakuten Finals
デビスカップ - 日本テニス協会

今年からはワールドカップ方式で参加国が一か所に集まって短期間に試合を行う方式に変わりました。全ての試合が3セットマッチとなったので選手への負担は大分軽くなったと思います。

今回は錦織が出場できてい状況で3試合のマッチなので、トップ選手のいるフランスやセルビアには全く歯が立たないと思っていましたが、かなりの善戦といえる戦いでした。
特に世界ランキング1位のフランスに対して17位の日本。さらに錦織が欠場の中でもしやと期待を持たせてくれた試合でした。

フランス戦
日本 1 - 2 フランス
1.内山靖崇がジョーウィルフリード・ツォンガに2-6、1-6のストレートで敗退
ツォンガのパワーテニスに全くかないませんでした。
内山選手は100位以内にランキングを上げてきましたが、主戦場がチャレンジャー大会で100位以下の選手が相手でトップレベルの選手とのプレーが少なく、ツォンガのボールについていくことができていませんでした。ATPツアーレベルでの試合をこなしていかないとこれ以上のランクアップは望めないと思われます。

2.西岡良仁がガエル・モンフィスに7-5、6-2のストレートで勝利。
正直、ATPランキング10位のモンフィスを圧倒するプレーに驚きました。
特にボールに対する予測が良く、うまくカウンターで返球していました。
フォアハンドの高く跳ねるスピン系のボールで深く返したり、バックハンドでのウイナーなどバリエーション豊富なショットが光りました。

3.マクラクラン勉/内山靖崇組がピエールユーグ・エルベール/ニコラ・マユ組に7-6、4-6、5-7のフルセットで敗退。
ツアーファイナルで優勝した世界NO1のダブルスペアに対して第1セットをタイブレークで取ったのでもしやと期待しましたが、最後はほんの少しの差で負けてしまいました。
最終セットは先にブレークされたのをブレークバックして追いついたのですが、5-5からの日本のサービスゲームで最後はダブルフォルトで落としてしまいました。
ビシッとファーストサーブが入っていたらと思うと悔やまれますが、最強ペアに対しての互角の戦いは立派でした。

セルビア戦
1.杉田祐一がフィリプ・クライノビッチに2-6、4-6のストレートで敗退
2年前には30位ほどにランキングを上げていた杉田ですが、そのころと比べてかなりプレーのレベルが落ちてしまっています。31歳と言う年齢的なものもあるのかもしれません。

2.西岡良仁がノバク・ジョコビッチに1-6、2-6のストレートで敗退
モンフィスに勝って好調の西岡でしたが流石にジョコビッチには歯が立ちませんでした。

3.マクラクラン勉/内山靖崇 がヤンコ・ティプサレビッチ/ビクトル・トロイツキに6-7、6-7のストレートで敗退。
ストレートでの敗退でしたが2セットともタイブレーク。この二人のペアは世界のトップペアと十分に勝負になると期待の持てる試合でした。

錦織選手が復帰してきたら十分に決勝トーナメントへ進出できる可能性があると期待できます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明コロシアムで開催されていたテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループの1回戦で日本チームがフランスに1勝4敗で敗れ、来年はプレーオフの入れ替え戦に進むことになりました。
Davis Cup

今回は、仕事の都合で初日のシングルス2を観戦しました。
錦織選手が欠場なので、会場はがらがらかと思ったら、ほぼ満員の観客に驚きました。
いつもは自由席の最上段席も指定席となっていました。錦織選手が出場すると思ってチケットを購入した人も多かった事でしょう。
デビスカップのワールドグループの1回戦で日本チームがフランスに敗退


ツォンガやモンフィスが出てこなくても、選手層の厚いフランス相手には錦織選手が出ない日本チームでは全く歯が立ちませんでした。
初日のシングルス1、2と2日目のダブルスの全てがストレートでの敗退で勝負が付いてしまいましたが、どの試合もスコアほどには一方的な試合ではありませんでした。

シングルス1
ダニエル太郎(Taro Daniel)がリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)に2-6、3-6、2-6のストレートで敗退。
以前よりもサービスやストロークの威力は向上しているように思いますが、ガスケの攻撃力に対しては勝機が全く見出せませんでした。

シングルス2
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)がジル・シモン(Gilles SIMON)に3-6、3-6、4-6のストレートで敗退。
シモンのサービスゲームを3度ブレーク。かなり良い戦いを見せていましたが、。重要な場面でのショットの精度の違いが出てしまいました。
デビスカップのワールドグループの1回戦で日本チームがフランスに敗退

デビスカップのワールドグループの1回戦で日本チームがフランスに敗退

デビスカップのワールドグループの1回戦で日本チームがフランスに敗退


ダブルス
杉田祐一(Yuichi Sugita)/内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)組がピエールユーグ・エルベール(Pierre-Hugues Herbert )/ニコラ・マユ(Nicolas Mahut)に3-6、4-6、4-6のストレートで敗退。
この試合は勝てる可能性のあった本当に惜しい試合でした。途中、エルベールが大きく崩れ、サーブが入らず、ストロークでもミスを連発してくれる願っても無いチャンスがありましたが、とりきる事が出来ませんでした。
緊張した場面ではむしろもいつもよりも良いショットを出せるくらいでないと、なかなかトップレベルの選手に勝つことは出来ません。

シングルス3
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)がニコラ・マユ(Nicolas Mahut)に1-6、1-1、途中棄権で敗退。

シングルス4
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)がピエールユーグ・エルベール(Pierre-Hugues Herbert )に 6-4、6-4のストレートで勝利。
勝負が付いてからの消化試合ですが、内山選手が最後に1勝しました。
内山選手の試合は何度か観戦しましたが、勝てそうな試合を落としてしまったと印象が強く残っています。
この勝利を自信につなげて欲しいものです。

9月の入れ替え戦では、ダブルスだけでも錦織選手が出場してくれる事を期待したいと思います。

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

内山靖崇公式ブログ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンオリンピック、昨日の女子サッカーなでしこジャパンの準決勝のフランスとの試合は、終盤防戦一方でしたが、よく勝ちきりました。NHKのニュースサイトにあの感動的なゴールシーンの動画ビデオがアップされていました。
NHK NEWSweb:なでしこ決勝進出 メダル確定
それにしても、宮間の低い正確なキック力は大したものです。

決勝で対戦するアメリカ対カナダの準決勝の試合の動画ビデオもアップされていました。
NHK NEWSweb:なでしこ 決勝はアメリカと


今夜の男子サッカーの準決勝に出場する男子サッカーチームの練習の様子の動画ビデオもアップされています。
NHK NEWSweb:サッカー男子 準決勝前に調整

NHK NEWSweb:スポーツニュース一覧
ただ、アップされているのは一週間だけで、それ以上古いものは削除されていってしまうようです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ


デイリースポーツonline:ナダルら薬物疑惑と人形劇 スペイン、仏TVに抗議
記事によると、ナダルのドーピング疑惑をほのめかすフランスの風刺人形劇のテレビ放送があったようで、スペイン外務省がフランスのスポーツ省に抗議文を送付したようです。

先日話題となった、イスラエル出身のスーパーモデル、バー・ラファエリ(Bar Refaeli)との水着ショットを見ると、流石にすごい体なので、そのような疑惑を持たれるのも分からないではないですが、
Sports Illustrated:2012 Swimsuit Issue
ナダルは2008年に北京オリンピックのシングルスで優勝しているので、当然ドーピング検査は受けているでしょうから、その可能性は薄いのではないでしょうか。潔白である事を祈っています。

今年はオリンピックの年ですが、選手は薬だけでなく、薬物を与えられて育った豚肉を食べないようにするなどの注意も必要のようです。
中国ではそのようなお達しが出ているようです。
五輪代表選手は豚肉禁止との指令=ドーピング薬物で育てられた中国のブタ―米華字メディア

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フランスで行われている、女子テニスツアーの下部大会ITF Poitiersの決勝で、クルム伊達公子が、WTAランク58位のエレナ・バルタチャ(Elena Baltacha)に7-6,6-4で勝利し、優勝しました。

この大会は下部大会ですが、第1シードにはWTAランク30位の選手が出場しているようなレベルの高い大会です。
8月に怪我をして以来、初戦敗退が続いていましたが、勝ち始めると一気に優勝してしまうところは流石に違います。

次は台湾での試合に出場するようです。
昨年の後半で大量に獲得していたポイントが消えてしまったので、ITFのツアーでポイントを獲得しておかないと、来年の戦いが厳しくなるので、最後の追い込みをかけているのだと思います。

クルム伊達公子 オフィシャルブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロイターのネットサイトに、
「仏銀株が下落、フランスの銀行や国債格下げめぐる憶測で」
「日本国債にも強まる格下げ圧力、長期金利1%割れ定着に市場懐疑的」
との記事が掲載されていました。

国債の格下げでアメリカのドルが暴落しましたが、今度は日本やフランス国債の格下げでユーロや円安が一気に進むと言うことになるのでしょうか?
通貨はどこも信用できないと言うことで、金価格がますます上昇するのでしょうか?

国債の格下げマネーゲームの様な状況になって来ました。

ロイター:仏銀株が下落、フランスの銀行や国債格下げめぐる憶測で
ロイター:日本国債にも強まる格下げ圧力、長期金利1%割れ定着に市場懐疑的
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ