つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ブリスベン国際

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年のテニスが開幕、錦織圭と大坂なおみの出場するブリスベン国際が始まりました。
ブリスベン国際

本大会へは両選手ともに第2シードで2回戦からの出場となります。

既にシングルス1回戦が行われ、予選から勝ち上がって本選出場した内山靖崇が、102位のウゴ・ウンベルに6-4, 7-6のストレート勝利し2回戦に進みましたが、初戦からシード選手との対戦となってしまった西岡良仁は第6シードのグリゴール・ディミトロフに3-6, 4-6のストレートで敗退しました。

2回戦の対戦カードは、
ATPランキング9位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 63位のデニス・クドラ(Denis Kudla)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。

185位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama) 対 14位で第3シードのカイル・エドモンド(Kyle Edmund)
過去の対戦はありません。

WTAランキング5位で第2シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 247位のデスタニー・アイアバ(Destanee Aiava)
過去の対戦はありません。
ランキングは低いですが、地元オーストラリアの伸び盛りの若手選手、侮れません。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

内山靖崇公式ブログTwitter

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのブリスベンで行われているブリスベン国際男子のシングルス準々決勝で錦織圭が敗退しました。

ATPランキング8位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が18位で第7シードのバーナード・トミック(Bernard Tomic)に 3-6、6-1、3-6で敗退しました。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中でしたが、地元オーストラリアファンの後押しもあり、トミックに押し切られてしまいました。
第一セットは9本のサービスエースを取られて一方的な流れでしたが、第2セットを取り返し流れ引き寄せたかに見えました。しかし、第3セットは2つのサービスゲームをブレークされて敗れてしまいました。
この試合展開で勝ちきれないとグランドスラムでの優勝は難しいのではないでしょうか。
錦織は今大会はダブルスにも出場していて準決勝へ進んでいます。順決勝戦は明日行われる予定です。

錦織選手は日清食品、 ユニクロ、ジャガー、その他多数のスポンサーのCM撮影に、チャリティーやトンネルズの番組など、オフシーズンが忙しすぎて体調を完全にリフレッシュできていないのではないかと心配です。

テニス選手は寿命が短いですから短期間に稼ぐ事も重要でしょうが、良い成績を残す事を最優先で活動して欲しいものです。

錦織は敗れましたが、次回のランキング発表では、現在の8位からダビッド・フェレールを抜いて7位へ上昇すると思われます。

また、女子選手では日比野菜緒(Nao Hibino)がニュージーランドのオークランドで行われているASBクラシックで準々決勝で敗退しました。
準々決勝まで勝ち進んだ事で、日比野は次回のランキング発表では、現在の66位から自己最高を更新し50位台にアップしてくると思われます。フェドカップに初めて選抜されていますし、これからの活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

日比野菜緒 - Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今週、オーストラリアのブリスベンで始まりましたブリスベン国際男子に出場している錦織選手が初戦のシングルス2回戦に勝利し、準々決勝へ進みました。
今シーズンの初戦で白星発進、全豪オープンへ向けて良いスタートが切れました。

ATPランキング8位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が65位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)に 6-3、6-4のストレートで勝ちました。

準々決勝では18位で第7シードのバーナード・トミック(Bernard Tomic)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織が2連勝中です。背は高いですが、ビッグサーバーではなく、体調さえ万全なら勝てると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Bernard Tomic

今回の勝利で、次回のランキング発表では、現在の8位からダビッド・フェレールを抜いて7位へ上昇すると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのブリスベンで行われているブリスベン国際のシングルス準々決勝で、錦織がバーナード・トミックに勝ち準決勝に進みました。

ATPランキング5位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori) が ATPランキング53位のバーナード・トミック(Bernard Tomic)に6-0、6-4で勝利。

一度もブレークチャンスを与えない、1時間もかからない、一方的な試合でした。
準決勝ではATPランキング8位のミロ・ラオニチ(Milos Raonic)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の4勝1敗。ハードコートですし錦織が有利と思われますが、ラオニチのビッグサーブが炸裂すると勝敗は分かりません。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Milos Raonic

錦織圭は今日はダブルスの準決勝もあり、シングルスの後に行われています行われます。
Brisbane International Tennis

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのブリスベンで行われているブリスベン国際のシングルス2回戦で、錦織圭がスティーブ・ジョンソンに勝ち準々決勝に進みました。
錦織圭は第2シードで2回戦からの出場なので、この試合が今シーズンの初めての試合となりましたが、危なげない勝利でした。

ATPランキング5位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 37位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)に6-4、7-5で勝利。1ゲームもブレークさせない安定した試合展開でした。
これでジョンソンとの対戦成績は錦織の2連勝となりました。
ジョンソンは錦織と同じ1989年の12月生まれの25歳。しっかり同世代のこのレベルのランキングの選手に勝ち越しておくのは重要だと思われます。

準々決勝ではATPランキング53位のバーナード・トミック(Bernard Tomic)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の1勝0敗ですが、地元オーストラリアの期待の若手で、196cmの長身選手。決して侮ることは出来ません。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Bernard Tomic

錦織圭は明日はシングルス準々決勝とダブルス準決勝の2試合が入っています。タフな一日となりそうです。
Brisbane International Tennis

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ2015年のテニスが始まりました。

今月末には、全豪オープンテニスが開幕し、男子では錦織、添田、伊藤、女子では奈良、伊達の本戦出場が予想されますが、錦織選手は既にオーストラリアに渡り、今週はブリスベンでのブリスベン国際に出場しています。
Brisbane International Tennis

錦織はシングルスは第2シードで2回戦からの出場となり、明日試合が行われる予定です。本大会にはダブルスにもエントリーしていて、昨日行われた一回戦に勝っています。
シングルスの2回戦ではスティーブ・ジョンソンと対戦します。
ATPランキング5位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 37位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)
ジョンソンは錦織と同じ1989年の12月生まれの25歳。過去の対戦成績は錦織の1勝0敗ですが、順調にランキングアップしていて好調のようなので油断することは出来ません。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Steve Johnson

錦織さんはオフタイムもエンジョイしているようで、ATPのオフィシャルサイトにはローンパイン・コアラ・サンクチュアリでコアラを抱っこしている写真が掲載されていました。
Nishikori Aiming For Solid Start

伊藤竜馬はインドのチェンナイで行われているチェンナイオープンに出場しています。
Aircel Chennai Open 2015
今日行われる予定の1回戦では地元出身のラマナサンと対戦します。
ATPランキング87位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) 対 285位のランクマー・ラマナサン(Ramkumar Ramanathan)
過去の対戦はありません。ランキングは低いですが地元出身の若手ですので、調子に乗らせると苦戦するかもしれません。


女子の奈良くるみはニュージーランドのオークランドで行われているASBクラシックに出場し、昨日行われたシングルス1回戦でWTAランキング68位のキキ・ベルテンス(Kiki Bertens)に勝って2回戦に進んでいます。
ASB Classic | Festival of Tennis
2回戦ではヴィーナス・ウィリアムズと対戦します。
WTAランキング45位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 19位で第3シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)
過去の対戦成績は奈良の0勝1敗。昨年のウインブルドンで負けていますが、ファーーストセットはタイブレークまで持ち込んでいます。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Venus Williams

ASBクラシックには江口実沙(Misa Eguchi)が予選に出場していましたが、惜しくも3回戦で敗退してしまいました。本人のブログによると、腹筋を痛めているようです。昨年の全日本選手権で優勝したり、ここの所実力をアップしてきている期待の選手ですので、大きな怪我にならなければ良いのですが。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
江口実沙オフィシャルブログ

Australian Open Tennis Championships
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ