つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: プレーオフ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップのプレーオフのボスニア・ヘルツェゴビナ戦、日本が4-0で勝利。
国別ランキングで日本が16位で、ボスニア・ヘルツェゴビナが27位の下位ランク国相手でしたが、全てストレートで1セットも取られない完勝でした。
Davis Cup

日本は錦織圭が欠場で第1シングルスがダニエル太郎でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナもシングルスランキングトップの26位のダミール・ズムル が欠場していたので助かりました。

また、靭のコートはサーフェスを塗り替えたばかりで、球足が遅くなっていたのも日本に有利だったようです。

来年からデビスカップはサッカーのワールドカップのように全ての国のチームが一国に集まって、決勝トーナメントを戦うようになりました。
今回の勝利で、日本は来年2月にホームかアウェーで予選を戦い、そこで勝つと11月に開催される決勝トーナメント出場することができます。

第1試合
ATPランク75位のダニエル太郎(Taro Daniel)が267位のトミスラフ・ブルキッチ(Tomislav Brkic)に6-4、6-2、7-6のストレートで勝利。
第1,2セットは一度もブレークチャンスすら与えない、完璧な試合展開でした。
第3セットは5-5からブルキッチのサービスゲームをブレークしての6-5からのダニエルのサービングフォーザマッチで、少し緊張してしまったのかブレークバックされてタイブレークへ。
タイブレークではラッキーなネットインなどもあり7-3で取ることができました。

スペインから日本へ拠点を移して、攻撃型テニスへ進化中のダニエル、サービスの威力が大幅にアップし、サービスエースが15本、エースにならなくても3本目で決めるプレーも多く、以前のエンドライン後方へ下がっての守り中心のテニスから完全に脱皮することができていました。
ネットプレーやドロップショットなどショットのバリエーションも増えて、チャンスボールに対する決定力が大幅にアップしています。
楽天オープンでの活躍がが楽しみです。

第2試合
172位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が78位のミルジャ・バシッチ(Mirza Basic)に6-4、6-3、6-3のストレートで勝利。
第2セットまでは一度もブレークチャンスすら与えない、西岡ペースの試合展開でした。
第3セットでは少し競った場面もありましたが、バシッチのサービスゲームを3ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて、6-3で取りました。
西岡は怪我のブランクのために落としているので現在のランキングは172位ですがキャリアハイは58位。完全に調子を取り戻して来た西岡がホームのアドバンテージもあり危なげない勝利でした。
これからの活躍が楽しみです。

第3試合
マクラクラン勉(Ben Mclachlan)/内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)組がトミスラフ・ブルキッチ(Tomislav Brkic)/ナルマン・ファティッチ(Nerman Fatic)組に6-2、6-4、6-4のストレートで勝利。
圧倒的なサーブ力の差で、日本チームが全てのサービスゲームをキープしての危なげのない勝利でした。
ダブルス専門でランキング21位でグランドスラムでも活躍しているのマクラクラン勉は、サーブだけでなくレシーブ力でもプレーのレベルが違いました。
昨年の楽天オープンでの優勝ペア、安心して見ることができました。

4試合目
既に3勝で日本チームの勝利が確定しての消化試合で、3セットマッチのプレーとなりました。
277位の綿貫陽介(YosukeWatanuki)が955位のダルコ・ボヤノビッチ(Darko Bojanovic)に6-1、6-3のストレートで勝利。
強烈なトップスピンボールが深く決まり、ストロークで圧倒していました。
ランキング955位の下位選手相手でしたが、大観衆の中でのデビスカップデビュー戦を勝利で飾れたのは今後につながると思われます。

18歳で全日本テニス選手権で優勝してから注目されている綿貫選手ですが、好調な時のプレーのレベルには素晴らしいものがありますが、なかなかATPツアーレベルへ上がってくることができていません。今回の経験がランクアップにつながることに期待したいと思います。

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram
西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
内山靖崇公式ブログTwitter
綿貫陽介TwitterInstagram

デビスカップ JTA 公式サイト
楽天・ジャパン・オープン・テニス
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

9月16日(金曜日)から大阪の靱テニスセンターでテニスの国別対抗戦 デビスカップのワールドグループのプレーオフが行われます。

デビスカップ JTA 公式サイトのチケット情報から、「チケットぴあ」を見てみましたが、初日と最終日のシングルスの試合は、錦織人気のお陰でしょうが、車いす席以外は既に全て売り切れとなっていました。


対戦相手はウクライナで、チーム別の世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。
Current Ranking | Davis Cup
ウクライナはATPランキング57位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)が出場メンバーに入っていないので日本が有利のように思われますが、錦織に続く選手のレベルが低い日本は苦戦が予想されます。

ウクライナはATPランキング84位のマルチェンコと85位のスタホフスキーがシングルスNO1、2に出てくると思われます。
マルチェンコは全米オープンでベスト16まで勝ち上がっていて調子が良さそうで、来週発表のランキングでは50位あたりに上がってくると思われます。要注意です。

過去の対戦を見ると、マルチェンコに対しては錦織、西岡がともに1勝0敗。
193cmの長身のスタホフスキーに対しては、錦織が0勝2敗、西岡が0勝1敗と不利な成績となっています。
杉田とダニエルは過去の対戦がありません。

錦織がスタホフスキーに負けたのは2011年、最近は211cmのカルロビッチのサービスを上手くリターンしているくらいですから、多分2勝は硬いと思われますが、問題はNO2シングルス。
杉田、西岡、ダニエルの誰をシングルスに出場させるか、監督の采配が勝敗を大きく左右すると思われます。

また、毎回ダブルス要員として出場していた内山選手が今回は入っていないので、ダブルス出場選手も非常に興味深い選択となります。


過去のATPツアーでの対戦成績
錦織 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Illya Marchenko
錦織 対 スタホフスキー 0勝2敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sergiy Stakhovsky

西岡 対 マルチェンコ 1勝0敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Illya Marchenko
西岡 対 スタホフスキー0勝1敗。
ATP Head to Head: Yuichi Sugita vs Sergiy Stakhovsky


日本の出場予定選手のATPランキング
7位 錦織圭 (Kei Nishikori) 
82位 杉田祐一(Yuichi Sugita)
85位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)
101位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナの出場予定選手のATPランキング
84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)
85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)
308位 アルチョム・スミルノフ(Artem Smirnov)
667位 ダニロ・カレニチェンコ(Danylo Kalenichenko)


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダのトロントで開催されていた、ロジャーズ・カップのシングルス決勝戦で、錦織がジョコビッチに敗退。準優勝となりました。

ATPランキング6位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が1位で第1シードのノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic) に3-6、5-7のストレートで敗れました。
このところのジョコビッチ戦では、善戦はするが勝てない試合が続いています。
錦織も良いショットを放っていましたが、ジョコビッチのストロークの方が僅かに質が高く、スピン量の変化をつけたショットなどによりミスをさせられてしまっていました。
体調万全状態のジョコビッチに勝つのは相当に難しそうです。

もう直ぐオリンピックが始まります。トップ選手の多くが欠場しておりメダルの可能性もありますが、日本での秋のシーズンを万全な体調ですごせるように、過密スケジュールでの怪我の無いように戦って欲しいと思います。

9月16日から18日に大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで開催されるデビスカップワールドグループのプレーオフ 日本 対ウクライナ戦のサポーターズシートのチケットの抽選受付が8月6日(土曜日)に始まります。
錦織人気で多くのファンが応援に駆けつけることでしょう。

デビスカップ|JTA
World Group Play-offs

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップワールドグループのプレーオフ 日本 対ウクライナ戦が、9月16日から18日に大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで開催されます。
デビスカップ|JTA
World Group Play-offs

ウインブルドンテニスのシングルス4回戦で怪我の為に途中リタイアした錦織選手が万全の体調で出場出来るか心配ですが、もし出場したら大勢のファンが集まる事でしょう。

チームの世界ランキングでは日本が16位でウクライナが21位。少しばかり日本が上ですが、日本は錦織に続く選手のレベルが低いので苦戦が予想されます。
Current Ranking
現在のランキングでトップ1、2選手が出場すると仮定すると、
ナンバーワンシングルスで錦織が2勝
ナンバー2シングルスで西岡が2敗。
ダブルスでの勝敗で決まる事となります。

日本のトップ選手のATPランキング
6位 錦織圭 (Kei Nishikori) 

93位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)

106位 杉田祐一(Yuichi Sugita)

113位 ダニエル太郎(Taro Daniel)


ウクライナのトップ選手のATPランキング
37位 アレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)

84位 イリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)

85位 セルジー・スタホフスキー(Sergiy Stakhovsky)

ヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦のオーストリア戦にはドルゴポロフは出場しませんでした。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

南米コロンビアのペレイラ(Pereira)で開催されていました、デビスカップのワールドグループのプレーオフ(World Group Play-offs )コロンビア戦の3日目のシングルスで日本が2連勝し、ワールドグループ残留が決まりました。

今回はアウェーでの戦いで苦戦が予想されましたが、最終決戦となったNO2同士の対決でランキング的に1ランク低いダニエル太郎が勝利したことの貢献度が非常に高い試合でした。
結果的にはワールドランキング14位の日本チームの、24位のコロンビアチームに対しての順当な勝利でした。

1試合目のシングルスNO1同士の対決は、ATPランキング6位の錦織圭(Kei Nishikori)が 59位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に 6-4, 6-2, 7-6のストレートで勝ちました。最終セットこそタイブレークにもつれこみましたが、終始安定してサービスゲームをキープし、一度もゲームをブレークさせない負ける気のしない試合展開でした。
過去の対戦成績も錦織が圧勝していますし初日に対戦したサウスポーのファジャよりも戦いやすかったのではないでしょうか。

2試合目のシングルスのNO2同士の対決は、ATPランキング124位のダニエル太郎(Taro Daniel)が 123位のアレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)に 7-6、6-3、6-2で勝ちました。第1セット序盤はファジャに強打やドロップショットで責められる展開でいきなり0-3と押される展開でしたが、徐々にダニエルのトップスピンのストロークが深く決まるようになり、ダニエルペースに。
ファジャのバックを攻めることにより、長いストローク戦はほとんどをダニエルが取れるような展開に。
終盤では明らかにファジャに疲れが見えてきて一方的な展開となり、一気に勝利をもぎ取りました。

ダニエルは以前見たときにはトップスピンストロークがほとんどでしたが、今日の終盤ではフラット系のウイニングショットも何本か決めていました。サービスエースも6本ありましたし、攻撃力がかなり向上してきているようです。
従来強かったディフェンス力に攻撃力が加わったことで、これからのランキングアップが期待されます。

スペインを拠点にしているダニエルはスペイン語で試合後のインタビューに答えていました。日本語よりも流暢なようでした。彼は英語、日本語、スペイン語に加えて最近はロシア語も出来るようになってきているそうです。テニスの世界ツアーで活躍するには語学力も重要です。

錦織が最年長のチームで、更に2日目のダブルスで錦織を出さず3日目に温存して勝利できたことで、日本のデビスカップチームも大きな節目を迎えました。来年のワールドグループでの活躍が期待されます。

日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)(シングルス6位、ダブルス416位)
ダニエル太郎(Taro Daniel)(シングルス124位、ダブルス1129位)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)(シングルス145位、ダブルス920位)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)(シングルス222位、ダブルス217位)



コロンビアチーム
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(シングルス59位、ダブルス97位)
アレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)(シングルス123位、ダブルス581位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス27位)
ロベルト・ファラ(Robert Farah)(ダブルス29位)


テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

内山靖崇公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

南米コロンビアのペレイラ(Pereira)で行われているデビスカップのワールドグループのプレーオフ(World Group Play-offs )コロンビア戦の二日目のダブルスに敗け、1勝2敗となりました。

錦織の投入はせず、西岡良仁/内山靖崇 対 フアン・セバスチャン・キャバル/ロベルト・ファラで行われました。
残念ながら7-6、2-6、3-6、2-6の逆転で敗退しました。
第1セットは西岡のサービスゲームを苦しみながらも何とかキープしてタイブレークに持ち込み取ることが出来ましたが、第2セット以降は西岡のサービスゲームがブレークされ、内山はレシーブミスが多く、全く歯が立ちませんでした。ボレーも二人ともミスが多く、ダブルス専門の相手チームと比べてかなり見劣りしました。
やはり、ダブルス専門でグランドスラムでも実績を残している相手を負かすことは出来ませんでした。

昨日のジャパン・ウィメンズ・オープンテニスのダブルスの決勝戦では 土居美咲/ 奈良くるみ組 が全く良いところがなくて敗退しました。シングルスとダブルスでは戦略面でも技術面でもかなりの違いがあります。
フェドカップでもデビスカップでも、ダブルス専門の選手が育ってこないと、勝ち抜いて行くのはかなり難しいと思われます。

日本時間の今日の深夜から3日目のシングルスNO1、NO2同士の対戦が行われます。
初日のダニエルのヒラルドとの戦いぶりを見ると、最終日のシングルスNO2対決で勝てる可能性は十分にあると思われます。今日の試合が楽しみです。

日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)(シングルス6位、ダブルス416位)
ダニエル太郎(Taro Daniel)(シングルス124位、ダブルス1129位)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)(シングルス145位、ダブルス920位)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)(シングルス222位、ダブルス217位)


コロンビアチーム
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(シングルス59位、ダブルス97位)
アレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)(シングルス123位、ダブルス581位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス27位)
ロベルト・ファラ(Robert Farah)(ダブルス29位)



テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

内山靖崇公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ