つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: マドリッドオープン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭が勝利。準々決勝へ進みました。
Mutua Madrid Open

ジョコビッチとの準々決勝はNHKのBS1で今夜の午後7時から生中継される予定です。

ATPランキング8位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が30位のダビッド・フェレール(David Ferrer)に6-4、6-3のストレートで勝利。
予想通り激しい打ち合いの試合になりましたが、出だしから特にバックハンドのダウンザラインが好調の錦織がフェレールを振り回して、ウイナーで決める展開で、危なげなく勝つことができました。
積極的なネットプレーも見られました。

準々決勝では2位で第2シードのノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝11敗。
2014年の全米オープンで勝利して以来連敗しています。
威力の無い錦織のサービスだと、厳しいリターンで攻撃されキープに苦労すると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic

3回戦以上に激しい打ち合いとなると思われます。全仏を前にして手首の痛みが再発しないか心配です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利。3回戦へ進みました。
Mutua Madrid Open

3回戦はNHKのBS1で今夜の午後7時から生中継される予定です。

ATPランキング8位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が40位のディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman)に1-6、6-0、6-4の逆転で勝利。
第6シードで2回戦からの登場となった錦織。
ブランク後の久しぶりの試合でコンディションが心配されましたが、やはり出だしは調子が悪く、第1セットは1-6で落としてしまいます。
第2セットからは本来の調子を取り戻して、6-0、6-4と連取して勝利。
この勝利で対シュワルツマン2連勝としました。

3回戦では30位のダビッド・フェレール(David Ferrer)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の8勝4敗。手首が大丈夫なら勝てる相手ですが、フェレールは2回戦をツォンガの棄権で勝ち上がってきているので、体力的にはかなり不利となります。
激しい打ち合いの試合になると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs David Ferrer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッド・で開催中の男子テニスツアーのムチュア・マドリッド・オープンの準々決勝で、錦織圭が勝利し、準決勝へ進みました。

ATPランキング6位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 21位のニック・キリオス(Nick Kyrgios)に6-7、7-6、6-3の逆転で勝ちました。
第一セットはサービスの調子の良いキリオスに9本のサービスエースを決められる状況でしたが、錦織もしっかりサービスゲームをキープしてタイブレークへ。タイブレークでは錦織が先にミニブレークを取りましたが、逆転されて惜しいところで落としてしまいました。

第2セットもお互いにサービスゲームをキープする拮抗した試合展開でしたが、タイブレークでは錦織がキリオスのサービスコースを上手く読んで、一気に7-1で取りました。

この勢いのまま、第3セットは錦織が押し気味に試合を進め、キリオスのサービスゲームを一つブレークして6-3で取りました。
最終ゲームはマッチポイントを握ってから少し硬くなったのかミスが続き冷やりとしましたが、何とか取りきる事が出来ました。

成長著しい若手筆頭のキリオスですが、少し気性が荒いところがあり、終盤になりミスが多くなってきた事に助けられました。

いよいよ次の準決勝はノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)との対戦となります。
ジョコビッチは好調のようで、2回戦から1セットも落とさずに全てストレートで危なげなく勝ち上がってきています。
過去の対戦成績は錦織の2勝7敗で、6連敗中。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Novak Djokovic
なかなか勝つのは難しそうですが、攻略のためにどのような戦略で挑むのか観戦するのが楽しみです。
今夜の準決勝はNHKが地上波で放送します。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス決勝で、ATPランキング12位で第10シードの錦織圭(Kei Nishikori)が、ATPランキング1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal )に6-2、4-6、0-3の途中棄権で敗退しました。
この試合もネットのライブストリーミングで生観戦しようと思い、仮眠を取ったらそのまま朝まで寝てしまい、目が覚めた時には既に試合が終わっていました。
準決勝のフェレール戦ではマッサージで何とか持ちこたえていたようですが、今回はだめだったようです。
第2セットの途中までは一方的な展開だったようなので、大変に残念な敗退でした。


錦織選手が最新のATPランキングで9位に入ってきましたが、トップ10選手の身長と対戦成績を調べてみました。
ちなみに 錦織選手は178 cmで、24歳 (29.12.1989)です。

身長に関しては170cm代の選手が2名、180cm代が4名、190cm代が4名となっています。
特にトップ4が180cm代で、その次の5位に175 cmのフェレールがいるのがで、178cmの錦織でもまだまだ上が狙えます。
身長が高い方がサービスが入る確率が高くなるので有利に思われますが、ストロークになれば敏捷性も必要となってくるので、現状ですと185cmくらいが理想的な身長なのかもしれません。

年齢を見ると、10位に一歳年下のラオニッチがいますが、錦織より上位の選手は全て年上です。

対戦成績を見ると、ナダル、ワウリンカ、デルポトロ、マレーの4選手には一度も勝った事が無いですが、今回のフェレールやナダルとの対戦で見せたプレーが出来れば、勝つことが出来ると思われます。
フェレールのキャリアハイ3位を次の目標として狙って欲しいと思います。

体調を万全に戻して、全豪オープンで活躍してくれることを期待しています。

1位 ナダル 185 cm 27 (03.06.1986) 0勝7敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Rafael Nadal

2位 ジョコビッチ 188 cm  26 (22.05.1987) 1勝1敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic

3位 ワウリンカ 183 cm  29 (28.03.1985) 0勝2敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Stanislas Wawrinka

4位 フェデラー 185 cm  32 (08.08.1981) 2勝1敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

5位 フェレール 175 cm  32 (02.04.1982) 4勝3敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs David Ferrer

6位 ベルディヒ 196cm  28 (17.09.1985) 3勝1敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Tomas Berdych

7位 デルポトロ 198cm 25 (23.09.1988) 0勝4敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Juan Martin Del Potro

8位 マレー 190 cm 27 (15.05.1987) 0勝3敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Andy Murray

10位 ラオニッチ 196 cm 23 (27.12.1990) 2勝0敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Milos Raonic
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ