つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: マレー

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス準々決勝でアンディ・マレーに敗退した錦織圭のブログが、昨日(12日)付けで更新されました。
錦織圭 公式ブログ

マレー戦に関して悔やまれる点として、
「悔やむポイントとしては3セット目のタイブレークでしたね。
あそこでもう一踏ん張りできてればそのまま流れに乗れてたかもしれません。
反省点はたくさんありますがテニスに自信が戻ってきたのは感じてるのですごく収穫のあったフレンチでした。
やっと感覚が良くなってきたのでもう1大会ぐらいクレーで戦いたかったという思いがありますが次は芝です。
毎年芝でのプレーは最初は模索しながらのなのでウィンブルドンまでにはいい感覚で望めるようにしたいです!!」

とありました。
今年のクレーシーズンは出だしが良くありませんでしたが、最後はずいぶんと良い感じになっていたようです。

来週のゲリー・ウェバー・オープンからウインブルドンの芝での大会の準備が始まります。
ウインブルドンでの活躍が楽しみです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス準々決勝で錦織圭が第1シードで1位のアンディ・マレーに敗退しました。
>>Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が第1シードで1位のアンディ・マレー(Andy Murrayに6-2、1-6、6-7、1-6の逆転で敗退。
好調なスタートを切り錦織のペースで進んだ第1セット、マレーに1度もブレークチャンスすら与えずに6-2で取りました。

しかし、第2セットの1-1からのマレーのサービスゲーム。
40-40からのファーストサーブでタイムバイオレーションをとられたマレーのセコンドサーブが甘く入ります。
これを決めに行った錦織のショットがアウト。
怒りを力に変えたマレーのテンションが一気に上がりこのゲームをキープ。
「今日一番やってはいけないミス」と解説の松岡さんが指摘した通り、このゲームで大きく潮目が変わってしまいました。
これ以降、リズムが狂ってしまった錦織がミスを重ね、ファーストサーブも入らなくなり、5ゲーム連取されて1-6で落としました。

第3セットは何とか互角の展開でタイブレークに持ち込みましたが、タイブレークに入るとミスの連発で1ポイントも取れずに落とすとラケットをコートに叩きつけてしまいました。

第4セットは出だしのマレーのサービスゲームをいきなりブレークしての好調なスタートでしたが、次の自分のサービスゲームをブレークバックされると、そのまま6連取されて1-6で落としました。
錦織に再逆転する気力は残っていませんでした。

この試合、マレーのプレーは粘り強さはありましたが、それほど素晴らしいものではありませんでした。
ストロークのウイナーを決めて勝ち抜いて行く錦織は、ショットが決まれば勝てるしミスになれば敗戦となります。ストロークミスがサービスに影響し、フットワークのリズムも崩れてしまう負のスパイラルに陥ってしまいました。

最近の錦織選手の表情に明るさが無いのが気になります。
トップ8から落ちた事ですし、もう少し気楽にプレーしたら躍動感も戻ってくるのではないでしょうか。

恋人との関係が上手くいっていないことも気力低下の原因の一つかもしれません。
錦織圭 モデル恋人閉め出され…全仏で起きていた異例の事態 女性自身|Yahoo!ニュース

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンの2戦目で、錦織 が マレーに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 1位のアンディー・マレー(Andy Murray)に7-6、 4-6、4-6の逆転で敗れました。
序盤は錦織がマレーを前後左右に振り回して押し気味の展開。マレーのサービスゲームではブレークチャンスがありながらもブレークできずにタイブレークに。緊張したゲーム展開の中でタイブレークをもぎ取ったのは見事でした。
しかし、第2セットはいきなり錦織のサービスゲームをブレークされてしまう展開で、途中追いつくも、結局4-6で落とすと、第3セットは一気に1-5の劣勢に、4-5までは追い上げましたが、届きませんでした。

第2セットの出だしでもう少し集中してスタートできていれば形勢は逆転していたのではないかと思われますが、そうさせないのが、ナンバー1の実力なのでしょう。
それにしても、いくら振り回されてもあきらめないマレーの体力には本当に驚くべきものがありました。
錦織は実力的にはマレーにかなり近付いていると思われました。
決勝ラウンドへ進んでリベンジしてくれる事に期待したいと思います。

3戦目はチリッチと対戦します。日本時間の明朝、NHKのBSで放送されます。
過去の対戦成績は錦織の7勝5敗。
マレー戦での体力消耗十分にが回復していないかの不安が少しばかり心配です。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Marin Cilic


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンで、錦織 が ワウリンカに勝ちました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 3位のスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に6-2、6-3のストレートで勝利。
ワウリンカのバックを回転にバリエーションのあるボールで攻めると、ワウリンカがミスを連発。
終始、錦織ペースの一方的な試合でした。31歳のワウリンカ、1年間のツアーでの疲れがたまってきているのでしょう。
錦織の調子が良かったと言うよりもワウリンカのミスに助けられた試合でした。

2戦目は16日にマレーと対戦します。
マレーとの過去の対戦成績は錦織の2勝7敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Andy Murray

今回の錦織のファーストサービスインの確率が47%。調子の悪いワウリンカには通用しましたが、マレー相手にはもう少し入れていかないとサービスゲームをキープするのが難しいと思われます。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのパリで開催されていたBNPパリバ・マスターズ(BNP Paribas Masters)のシングルス3回戦で錦織圭がツォンガに敗退。
決勝戦はマレーがイズナー に勝ち優勝し、ジョコビッチを抜いてランキング1位となりました。

第5シードの錦織圭(Kei Nishikori)が第11シードの ジョー-ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)に6-0、3-6、6-7の逆転で敗退。
第1セットはツォンガのファーストサーブの入りが悪く、ストロークミスも多く一方的な展開で6-0で取りました。
第2セットに入るとツォンガのファーストサーブの入りが良くなり、ブレークチャンスが無く、逆にブレークされて3-6で落としました。
第3セットは錦織はファーストサーブが入らずに苦しみながらもキープし、先にツォンガのサービスゲームをブレークし、マッチポイントのチャンスもありました。しかし、ここを取りきれ無かったことが大きく勝敗を分けてしまいました。
その後ブレークバックされて追いつかれると、押され気味となり、タイブレークも3-7で落としてしまいました。

先日のスイスのバーゼルでのチリッチ戦でもセットポイントを握りながら惜しくも取れませんでした。
連戦の疲れの影響か、少し勝負強さが落ちてきているようです。

今年もいよいよ、11月13ー20日にロンドンで開催される、ATPツアーファイナル(Barclays ATP World Tour Finals)を残すのみとなりました。
しっかり休養して、トップ選手相手にきっと素晴らしい試合を見せてくれる事でしょう。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス準々決勝で、錦織圭がマレーに勝ち、ワウリンカとの準決勝に進みました。
US Open Official Site

ATPランキング7位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori) が2位で第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray)に1-6、6-4、4-6、6-1、7-5のフルセットで勝利。
第1セットは第1ゲームのマレーのサービスゲームで40-0のブレークチャンスを生かすことが出来ずにキープされると、力みが出たのかミスの多い錦織が1ゲームしか取れず、1-6で落としました。

第2セットは3-3からの7ゲーム目の錦織のサービスゲームで40-30となったところで雨による中断。
結果的にはこの中断が錦織に有利に働いたようです。多分、マイケル・チャンからのアドバイスが良かったと思われます。
ここから無理に決めに行ってアウトしていたストロークが安定してきて互角の展開に。
第2セットを錦織、第3セットをマレーが、第4セットを錦織が取り、ファイナルセットに。

ファイナルセットは第4セットの勢いのまま先にブレークした錦織が4-2とリードしましたが、勝ちを意識して硬くなったのか、ブレークバックされて4-5と逆転されてしまいました。ここから再度集中力を高めた錦織が3セット連取して7-5で勝利をものにしました。

勝利の瞬間に、ここは通過点と言う意識を思わせる小さなガッツポーズでした。
今日の試合では、ドロップショットとネットプレーを多用していました。ディフェンスの優れたマレーをストローク戦だけで勝つのは難しいと見たのでしょう。この作戦が非常に功を奏していました。コーチ陣との連携が非常に上手くいっているようです。


準決勝の対戦相手は3位で第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)。
過去の対戦成績は錦織の2勝3敗。
直近では7月にカナダのトロントで開催されたロジャーズ・カップでストレートで勝っています。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Stan Wawrinka
錦織選手はインタビューではデルポトロの方が戦いにくいと言っていました。
直近での勝利で、ワウリンカなら勝てそうだとの思いがあるようですが、油断は禁物です。
もし、ワウリンカに勝つと、来週発表されるランキングでキャリアハイの4位を更新し、3位に上がってくると思われます。見逃せない戦いです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ