つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ムチュア

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているATP1000の大会、ムチュア・マドリッド・オープンのシングルス1回戦で錦織圭がジョコビッチに敗退しました。

ATPランキング20位の錦織圭 (Kei Nishikori)が12位で第10シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に 5-7、4-6のストレートで敗退。

第1セットの出だしはジョコビッチにミスが多くみられ、先に錦織がブレークに成功しましたが、すぐにブレークバックされ徐々にジョコビッチのペースに。

第1セットは5-6からの錦織のサービスゲームをブレークされ、
第2セットは4-5からの錦織のサービスゲームをブレークされました。

集中力をアップして鋭いファーストサーブそ入れてくるジョコビッチに対して、緊張からなのかファーストサーブの入りが悪くなる錦織。勝負所での集中力の差が出たように見えた試合でした。

エンドラインやサイドラインぎりぎりに入るストロークの打ち合いでの見ごたえのある試合で、負けはしましたが、ジョコビッチ相手に互角の戦いができるところまで戻ってくることができましたので、今シーズンのこれからが楽しみです。

ダニエル・太郎がイスタンブール・オープンで優勝しましたし、今年の全仏での、日本人選手の活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭が勝利。準々決勝へ進みました。
Mutua Madrid Open

ジョコビッチとの準々決勝はNHKのBS1で今夜の午後7時から生中継される予定です。

ATPランキング8位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が30位のダビッド・フェレール(David Ferrer)に6-4、6-3のストレートで勝利。
予想通り激しい打ち合いの試合になりましたが、出だしから特にバックハンドのダウンザラインが好調の錦織がフェレールを振り回して、ウイナーで決める展開で、危なげなく勝つことができました。
積極的なネットプレーも見られました。

準々決勝では2位で第2シードのノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝11敗。
2014年の全米オープンで勝利して以来連敗しています。
威力の無い錦織のサービスだと、厳しいリターンで攻撃されキープに苦労すると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic

3回戦以上に激しい打ち合いとなると思われます。全仏を前にして手首の痛みが再発しないか心配です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス決勝で、ATPランキング12位で第10シードの錦織圭(Kei Nishikori)が、ATPランキング1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal )に6-2、4-6、0-3の途中棄権で敗退しました。
この試合もネットのライブストリーミングで生観戦しようと思い、仮眠を取ったらそのまま朝まで寝てしまい、目が覚めた時には既に試合が終わっていました。
準決勝のフェレール戦ではマッサージで何とか持ちこたえていたようですが、今回はだめだったようです。
第2セットの途中までは一方的な展開だったようなので、大変に残念な敗退でした。


錦織選手が最新のATPランキングで9位に入ってきましたが、トップ10選手の身長と対戦成績を調べてみました。
ちなみに 錦織選手は178 cmで、24歳 (29.12.1989)です。

身長に関しては170cm代の選手が2名、180cm代が4名、190cm代が4名となっています。
特にトップ4が180cm代で、その次の5位に175 cmのフェレールがいるのがで、178cmの錦織でもまだまだ上が狙えます。
身長が高い方がサービスが入る確率が高くなるので有利に思われますが、ストロークになれば敏捷性も必要となってくるので、現状ですと185cmくらいが理想的な身長なのかもしれません。

年齢を見ると、10位に一歳年下のラオニッチがいますが、錦織より上位の選手は全て年上です。

対戦成績を見ると、ナダル、ワウリンカ、デルポトロ、マレーの4選手には一度も勝った事が無いですが、今回のフェレールやナダルとの対戦で見せたプレーが出来れば、勝つことが出来ると思われます。
フェレールのキャリアハイ3位を次の目標として狙って欲しいと思います。

体調を万全に戻して、全豪オープンで活躍してくれることを期待しています。

1位 ナダル 185 cm 27 (03.06.1986) 0勝7敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Rafael Nadal

2位 ジョコビッチ 188 cm  26 (22.05.1987) 1勝1敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic

3位 ワウリンカ 183 cm  29 (28.03.1985) 0勝2敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Stanislas Wawrinka

4位 フェデラー 185 cm  32 (08.08.1981) 2勝1敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

5位 フェレール 175 cm  32 (02.04.1982) 4勝3敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs David Ferrer

6位 ベルディヒ 196cm  28 (17.09.1985) 3勝1敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Tomas Berdych

7位 デルポトロ 198cm 25 (23.09.1988) 0勝4敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Juan Martin Del Potro

8位 マレー 190 cm 27 (15.05.1987) 0勝3敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Andy Murray

10位 ラオニッチ 196 cm 23 (27.12.1990) 2勝0敗
 ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Milos Raonic
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス準決勝で、ATPランキング12位で第10シードの錦織圭(Kei Nishikori)がATPランキング5位で第5シードのダビッド・フェレール(David Ferrer)に7-6 (5), 5-7, 6-3のフルセットで勝ち、決勝戦へ進みました。
3時間近い長い試合でした。
この試合もネットのライブストリーミングで生観戦しました。

第1セットはフェレールにサービスゲームをブレークされましたが、ブレークバックして追いつきそのままタイブレークへ。タイブレークでは先にミニブレークをとり、ブレークバックされて追いつかれますが、6−5からのフェレールのサービスをブレークして、7−5で取りました。

第2セットは先にフェレールにブレークされて、すぐに追いつきましたが、5−5−から再度ブレークされてしまい、次のフェレールのサービスゲームをキープされて、5−7で取られました。
クレーコートの戦いですが錦織もフェレールもエンドラインから下がらずに速いテンポでの激しい打ち合いとなっていました。

不覚にも第3セットへの休憩タイムに眠ってしまい、気づいた時には試合は終わっていて錦織が勝っていましたので、残念ながら第3セットの状況はわかりません。
この勝利でフェレールとの対戦成績は4勝3敗と勝ち越しとなりました。
来週のATPランキングでは9位に入ってくると思われます。8位はマレーで、ポイント差が大きいので優勝しても8位に入ることはできないようです。

錦織は準々決勝と同様に、メディカルタイムアウトを取り、マッサージをしてもらっていました。痛み止めの薬も飲んでいたようです。無理してケガが悪化したのではないかと心配になります。


決勝戦ではATPランキング1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal )と対戦します。
ナダルとの過去の対戦成績は6連敗中です。クレーを得意とするナダルに体が万全でない状況で勝つのは難しいと思われますが、テンポの早いテニスでガンガン攻めて行くと思われます。強くなった錦織が王者ナダルにどこまで通用するか、見るのが楽しみです。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Rafael Nadal


Mutua Madrid Open 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス準々決勝で、ATPランキング12位で第10シードの錦織圭(Kei Nishikori)がATPランキング29位のフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)に6-4、6-4のストレートで勝ち、準決勝へ進みました。
これで、来週のATPランキングではトップ10入りするのではないかと思われます。

このところ、全豪オープン以降テニスの観戦はあまりしていなかったのですが、錦織のトップ10入りがかかる試合と言うことで、ネットのライブストリーミングで第2セットから生観戦しました。
ムチュア・マドリッド・オープンのシングルス準々決勝 錦織圭


錦織は第1、第2セット共に、ロペスのサービスゲームをブレークして、自分のサービスゲームは全てキープして勝ちました。果敢にネットへつめて来るロペスに対して、見事なパッシングを決めていました。クレーコートでもショットの決定力が光っています。
第2セット後半では体を痛めたようで、メディカルタイムアウトを取って、マッサージをしてもらっていましたので心配しましたが、4ー4からのロペスのサービスゲームをブレークしてそのままストレートで1時間半ほどで勝つことが出来ました。このセットを落としていると危ないところでした。
今日の準決勝までに度の程度体調が回復してくれるのかが心配ですが、マイアミの大会でフェレールとフェデラーを破って準決勝に進んだのに、股関節痛のために棄権したのが思い出されます。

準決勝ではATPランキング5位で第5シードのダビッド・フェレール(David Ferrer)と対戦します。
フェレールとの過去の対戦成績は3勝3敗で互角ですが、体の具合が悪い状態ではクレーを得意とするフェレールに勝つのは難しいと思われます。もう直ぐ全仏が始まるので、無理して大きな怪我にならないようにして欲しいと思います。

ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs David Ferrer

Mutua Madrid Open 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ