つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: メンフィスオープン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス決勝で錦織圭が優勝し、四連覇を達成しました。

今朝は早起きしてWOWOWで錦織の四連覇達成を生観戦しました。
メンフィス・オープンのシングルスで錦織圭が優勝し、四連覇を達成


ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 145位のテイラー・フリッツ(Taylor Fritz)に6-4、6-4のストレートで勝ちました。
フリッツのサービスゲームで始まった第1セット。アグレッシブにプレーしてくるフリッツに押され、いきなりサービスゲームをブレークされ0ー3になる少し不安の出だしでした。
しかし、準決勝同様にフリッツのプレースタイルに慣れてきてからは完全に錦織ペースに。
試合中に相手のプレーを分析し、攻略して行く力はさすがでした。
最後はチャンスボールを引き出し、エアーケイで決めての優勝。錦織ファンを大きく沸かせてくれました。
これでこの大会四連覇となりました。
18歳のフリッツの活躍で、非常に盛り上がった大会となりました。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス準決勝で錦織圭が勝ち上がりました。

ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)に3-6、6-3、6-3の逆転で勝ちました。
第1セットは、クエリーの左右へ振り分ける高速サーブの調子が良く、フラットで打ち込んでくる強力なフォアハンドストロークも決められてしまい、サービスゲームをブレークするチャンスはありましたがブレークする事が出来ず、逆に1ゲームブレークされて落としてしまいました。
しかし、錦織は慌てることなく、徐々にクエリーのサービスにアジャストし錦織ペースに。第2セット以降はサービスゲームを安定してキープして勝ちました。試合中に調整していくところはさすがでした。

決勝戦では145位のテイラー・フリッツ(Taylor Fritz)と対戦します。

フリッツは18歳の主催者推薦の新人選手。今回が始めての対戦です。193cmの長身からのサーブがガンガン入ってくると、準決勝同様に苦戦するかもしれません。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス準々決勝で錦織圭が勝ち上がりました。西岡良仁は敗退しました。

ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 93位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)に6-2,6-4のストレートで勝ちました。
2回戦と同様に第2セットの5ー4のサービングフォーザマッチのゲームでブレークされそうになりましたが、今度はきっちり勝ちきりました。

準決勝では58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の4勝3敗。直近では3連勝中ですが侮れない相手です。
198cmの長身のクエリーは準々決勝の西岡戦では11本のサービスエースを取っています。サービスリターンが勝負の鍵となると思われます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Sam Querrey


ATPランキング130位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)に3-6、4-6のストレートで敗退しました。
西岡はだいぶ実力アップしていて、善戦はしましたが、まだ実力差は大きく感じられました。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス2回戦で錦織圭と西岡良仁が勝ち上がりました。

ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 124位のライアン・ハリソン(Ryan Harrison)に6-2,7-5のストレートで勝ちました。
安定したサービスキープで一方的に押し捲っていたので、最後まで一気に行くかと思われましたが、第2セットの5-4のサービングフォーザマッチのゲームで、ハリソンにブレークされてしまいました。
少しばかり冷やりとさせられましたが、続く2ゲームをしっかり連取して勝ちました。
大会3連勝中の錦織としては、優勝してもランキングポイントが変わらないと言う厳しい状況ですから、1回戦で負けるわけには行きません。

3回戦はATPランキング93位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4連勝中。
今の錦織なら問題なく勝ってくれるでしょう。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Mikhail Kukushkin


ATPランキング130位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が82位のイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)に6-1、6-3のストレートで勝ちました。
この勝利で西岡はトップ100入りが見えてきました。

3回戦は58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)と対戦します。
過去の対戦はありません。
198cmの長身選手。西岡とは30cm近い身長差があります。サービスリターンがかなり厳しいと思われますが、返球する事が出来て、ストローク戦に持っていければ勝機も見えてくると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ