つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:ラウンドロビン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで行われているデビスカップの3チームでのラウンドロビンはフランスに1-2、セルビアに0-3の2敗で敗退、セルビアが2連勝で決勝トーナメントへ進出しました。

Davis Cup by Rakuten Finals
デビスカップ - 日本テニス協会

今年からはワールドカップ方式で参加国が一か所に集まって短期間に試合を行う方式に変わりました。全ての試合が3セットマッチとなったので選手への負担は大分軽くなったと思います。

今回は錦織が出場できてい状況で3試合のマッチなので、トップ選手のいるフランスやセルビアには全く歯が立たないと思っていましたが、かなりの善戦といえる戦いでした。
特に世界ランキング1位のフランスに対して17位の日本。さらに錦織が欠場の中でもしやと期待を持たせてくれた試合でした。

フランス戦
日本 1 - 2 フランス
1.内山靖崇がジョーウィルフリード・ツォンガに2-6、1-6のストレートで敗退
ツォンガのパワーテニスに全くかないませんでした。
内山選手は100位以内にランキングを上げてきましたが、主戦場がチャレンジャー大会で100位以下の選手が相手でトップレベルの選手とのプレーが少なく、ツォンガのボールについていくことができていませんでした。ATPツアーレベルでの試合をこなしていかないとこれ以上のランクアップは望めないと思われます。

2.西岡良仁がガエル・モンフィスに7-5、6-2のストレートで勝利。
正直、ATPランキング10位のモンフィスを圧倒するプレーに驚きました。
特にボールに対する予測が良く、うまくカウンターで返球していました。
フォアハンドの高く跳ねるスピン系のボールで深く返したり、バックハンドでのウイナーなどバリエーション豊富なショットが光りました。

3.マクラクラン勉/内山靖崇組がピエールユーグ・エルベール/ニコラ・マユ組に7-6、4-6、5-7のフルセットで敗退。
ツアーファイナルで優勝した世界NO1のダブルスペアに対して第1セットをタイブレークで取ったのでもしやと期待しましたが、最後はほんの少しの差で負けてしまいました。
最終セットは先にブレークされたのをブレークバックして追いついたのですが、5-5からの日本のサービスゲームで最後はダブルフォルトで落としてしまいました。
ビシッとファーストサーブが入っていたらと思うと悔やまれますが、最強ペアに対しての互角の戦いは立派でした。

セルビア戦
1.杉田祐一がフィリプ・クライノビッチに2-6、4-6のストレートで敗退
2年前には30位ほどにランキングを上げていた杉田ですが、そのころと比べてかなりプレーのレベルが落ちてしまっています。31歳と言う年齢的なものもあるのかもしれません。

2.西岡良仁がノバク・ジョコビッチに1-6、2-6のストレートで敗退
モンフィスに勝って好調の西岡でしたが流石にジョコビッチには歯が立ちませんでした。

3.マクラクラン勉/内山靖崇 がヤンコ・ティプサレビッチ/ビクトル・トロイツキに6-7、6-7のストレートで敗退。
ストレートでの敗退でしたが2セットともタイブレーク。この二人のペアは世界のトップペアと十分に勝負になると期待の持てる試合でした。

錦織選手が復帰してきたら十分に決勝トーナメントへ進出できる可能性があると期待できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているATPツアーファイナルのラウンドロビンの2試合目で錦織がアンダーソンに負け、1勝1敗となりました。
Nitto ATP Finals

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が6位の ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson)に 0-6、1-6のストレートで敗退。
第2セットの0-5まで連続11ゲームを連取される一方的な試合となってしまいました。
ファーストサブインの確率が45%で、ファーストサーブが入った時のポイント率が50%、セカンドサーブが入った時のポイント率が37%。
ファーストサーブの入りが悪くて、入っても威力がなく攻め込まれてしまい、サービスゲームがキープできませんでした。

大差で負けたのは痛いですが、今日の8位のドミニク・ティーム(Dominic Thiem)戦と、フェデラー対アンダーソン戦の結果により、決勝トーナメントへ進出の可能性が残っています。
ティームとの対戦成績は錦織の3勝1敗。今年のオーストリアでのインドアでの大会でストレートで勝っています。現在の順位は錦織の方が下ですが十分に勝てる可能性があります。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているATPツアーファイナルのラウンドロビンの1試合目で錦織がフェデラーに勝利しました。
Nitto ATP Finals

錦織選手はBoris Beckerグループに入り、フェデラー、ティーム、アンダーソンとの総当たりとなりますが、グループ内ランキングトップのフェデラーに勝ったことで、決勝トーナメントがぐっと近づきました。
次の試合はティームにストレートで勝ったアンダーソンとの対戦となります。

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)が 3位のロジャー・フェデラー(Roger Federer)に7-6、6-3で勝利。
第1セットはお互いにサービスゲームをキープしてのタイブレークを、錦織が7-4で取りました。
第2セットは第1ゲームでいきなり錦織がサービスゲームをブレークされてしまいますが、すぐにブレークバックし、さらにもう1ゲームブレークして6-3で勝ちました。
パリマスターズでの対戦ではフェデラーのファーストサーブでほとんどポイントが取れませんでしたが、何とか返球してフェデラーのミスにつなげることができました。37歳のフェデラー、連戦の疲れで動きに切れがなかったからなのか、ミスショットが目立ちました。

もう一つの試合は6位の ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson)が8位のドミニク・ティーム(Dominic Thiem)に 6-3、7-6で勝利。
13本のサービスエースを取ったアンダーソンは、ティームに一度もブレークチャンスを与えない、安定したサービスゲームのキープでした。
203cmのアンダーソンの強烈なサーブは錦織でもリターンに苦しみます。緊張感のある厳しい試合になると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ