つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ラフプレー

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

日大のアメフトのタックル事件に続いて今度は大阪体育大学浪商高校のハンドボール試合中の、ラフプレーが問題となっています。
驚くのは試合前のインスタグラムへの投稿。
「試合前日。浪商のハンドボール部員が、桃高の阿倍選手を名指しした上で「つぶす」「殺す」などと発言した内容を含むインスタグラムの動画を上げている―。」
高体連が隠蔽した「第2の日大タックル事件」衝撃映像を公開!-現代ビジネス


このような投稿がされると言うことは狙って行ったのではないかと疑われますし、試合の映像を見る限りでは、ラフプレーをした選手が倒れた選手をいたわる様子がありません。
サッカーの試合では倒した選手が倒れた選手を気遣って引き起こす場面を見かけますが、ハンドボールではそのような習慣がないのでしょうか。

日大のアメフトの加害者の選手は付属高校出身でしたが、今回の高校は大阪体育大学の付属高校です。大阪体育大学はハンドボールの強豪校のようですし、日大のようなことにならないためにも、付属校では先ずはフェアプレー教育を徹底すべきではないでしょうか?
ハンドボール部(男子)-大阪体育大学

今回のワールドカップサッカーではブラジルのネイマール選手の姑息なプレーが印象に残りましたが、そのブラジルでは強盗発生率が日本の約400倍のようです。
フェアプレーポイントでセネガルに上回ってベスト16に進出した日本。スポーツでのフェアプレー精神も安全な国造りのためには重要な要素かもしれません。
VARは見た!「ダイバー」 ネイマールは世間を敵に回して帰宅-sportiva
ブラジルの強盗発生率、日本の約400倍! 安全対策は?-産経ニュース
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

日大アメフトのラフプレーの件で、加害選手、監督・コーチ、学長の記者会見と続きました。

テレビ放送の行われていない試合での出来事で、昔だったら、映像もなく大きな問題とならなかったでしょうが、大学の経営にまで影響を及ぼしそうな大事件となってしまいました。

個人的には、今時まだこんな理不尽なスポーツの指導がなされていたのかと驚きましたが、今回の経緯を見て行くと、非常に勉強になることの多い事例だと思いました。

(1)SNSの普及で事実の隠ぺいが難しくなった
関学大の小野宏ディレクターの話では「試合当日は、私もスタンドで見ていたが、視界から完全に離れたところで起こったので、誰1人気づかなかった」とあります。
『殺人タックル』はSNS通じ発覚 関学大・小野宏ディレクター明かす「試合当日、誰も気づかなかった…」-zakzak
観客がスマホ片手に試合を見ながら撮影している時代です、テレビ中継が無くても汚いプレーは直ぐにSNSで拡散されてしまいます。学校の品格を汚さないようなフェアプレーの徹底はこれから益々重要となってくると思われます。

新聞やテレビなどの既存メディアの記者がいくら頑張っても、全国の個人がスマホで撮影しSNSで拡散するスピード、量にはかなわない時代となっています。


(2)加害選手、監督・コーチ、学長の記者会見
加害選手の会見は経緯を追って詳細に説明するもので内容に信ぴょう性が感じられましたが、監督・コーチの記者会見では「指示はしていない」と否定するだけで具体的な納得できる説明がされず、質問にもしどろもどろと言う状況でした。
学長の会見に至ってはただ謝るだけで、何も新しい事実は発表されませんでした。

もしも、今日の記者会見で学長が、
「監督の意図が違ったとしても、結果的に傷害事件となるようなプレーをさせるに至ったことを重く受け止め、学校として教育者として資格がないと判断し、監督ならびに理事の職も解任した。」
などと発表していたら、今回の件も大きく終息に向かっていたことでしょう。

また、監督・コーチの記者会見の司会者の横柄さが目立ちましたが、過去の不祥事会見でも非難の声上がっていたようです。
日大司会者、過去の不祥事会見でも非難の声上がっていた-SANSPO.COM
なんと、その時の事件が「日大名誉教授が元暴力団幹部からの2000万円を借金していた問題の謝罪会見」とあります。
今回の事件は、「選手がまるでヤクザの鉄砲玉のように扱われている」と、ネットで話題になっている時に、暴力団がらみの事件での謝罪会見で評判の悪かった司会者が出てくると言うのも、明らかな人選ミスだと思われます。
日本一のマンモス大学で、このような稚拙な対応がされることが不思議でなりません。


(3)日本大学には危機管理学部がある
まるでパロディーのようですが、日本大学 には危機管理学部があり、
日本大学 | 危機管理学部
「人を、社会を、未来を守る。」とあります。
伝統ある学校を、未来ある青年を守るために、今回の件を最高のケーススタディーとして危機管理学部の教授陣が適切なアドバイスを行って対応していればこのような大ごとにはならなかったのではないでしょうか。


(4)傷害事件として捜査は警察に任せるべきでは
例えスポーツの場で起きたことでも、ルール違反の傷害行為は傷害事件として被害届を出して、あとの捜査は警察に任せる方が良いのではないでしょうか。

加害選手の記者会見では冒頭に20歳の学生なのでアップで写すのは控えるように弁護士の方から依頼がありましたが、テレビではそれを無視してアップして放送していました。
もしかして、現場のカメラマンは映したくないのに会社の命令でやっているのかもしれませんが、それでは日大と同じ体質と言うことになってしまいます。

監督・コーチの会見でも質問は一つずつと言われているのに、無視して同じような質問を何度も繰り返していました。
何度も記事の捏造事件などの不祥事を起こしているマスコミが、人民裁判のように他人を責め続けると言うのもいかがなものかと思います。


(5)プロスポーツ
日大のアメフトの報道を見ていると、朝から晩までの長時間の練習を行っているようですが、運動能力の高い人が、それほどスポーツに打ち込むなら、アマチュアスポーツではなく職業としてプロを目指すべきなのではないでしょうか。

例えばJリーグ所属チームのジュニアチームでしたら、選手は財産ですから大切に育ててくれるでしょうし、根性論ではなく指導のプロが科学的な育成プログラムに基づいて指導をしていると思います。

中学生のころから米国のIMGアカデミーで指導を受け、トッププレーヤーとなった錦織選手は37億円ほどの稼ぎがあります。
「世界で最も稼ぐスポーツ選手」首位は2年連続ロナウド 年収102億円-Forbes

今の時代は、仕事においては、いつでも転職できるような実力をつけておかないと、パワハラに負けて心身症になったり、上司の言われるがままに不正行為を働いてしまったりと言うことになりかねません。
スポーツの世界でも最終的にはプロとなって、いつでもチームを変われるような実力をつけることを目標とすべきだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンオリンピックに、女子サッカーやバレーボールは出場していますが、女子バスケットはどうなったかと思ったら、惜しくもオリンピック出場予選で敗退したようですが、その予選の韓国戦での韓国選手のラフプレーがかなりひどかったようで、その動画ビデオがネットで話題になっているようです。
サーチナ:女子バスケ、韓国人選手による日本人選手へのラフプレーに批判の声

Youtubeで、ニュースで紹介されている、「女子バスケ日本vs韓国 韓国選手のラフプレー」の動画ビデオを探して見てみましたが、あまりにもひどいプレーに驚きました。
もし日本人選手が国際試合でこのようなプレーをしたら、日本国内でもかなり批判されて選手生命も危うくなると思いますが、韓国ではこのようなプレーをしてでもオリンピックへ行こうとする行為はとがめられないのでしょうか。
また、日本のテレビのスポーツニュースで見た記憶が無いのですが、これほどひどい行為がなぜ大きなニュースにならなかったのか不思議です。
接触プレーのあるバスケットでは当たり前の行為なのでしょうか。

オリンピックのサッカーの試合に連日夢中になっていますが、このようなものを見せられると、オリンピックの応援に熱くなりすぎるのも問題かと思わされました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ