人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス準決勝で錦織圭が敗退、3位決定戦へ。
Rio 2016 Drawsheet

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が2位で第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray)に1-6、4-6のストレートで敗退。
やはり、マレーには全く歯が立ちませんでした。
準々決勝までの対戦相手でしたら決まっていたショットを、マレーにはカウンターショットで決められてしまいます。
サービス力、ディフェンス力でマレーがかなり上回っていました。
錦織のファーストサーブインの確率が60%に対してマレーが76%。
錦織のセカンドサーブはマレーに簡単に打ち込まれてしまうので、少なくともファーストサーブインを70%以上に上げていかないと、マレー相手にサービスゲームをキープするのは難しいと思われます。
ジョコビッチとマレーの2強に勝つにはまだまだレベルアップが必要のようです。

3位決定戦では5位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝9敗。
ファーストサーブがもう少し入って、ストロークの精度も上げて行かないと勝つのは難しいと思われます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Rafael Nadal


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook