つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: ワールドツアー

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の準決勝。錦織がジョコビッチに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 2位のノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、1-6のストレートで敗退。
会場に登場したときの錦織選手が俯き加減で、表情に精気がなくすごく心配でした。
やはり、試合が始まると、ジョコビッチの左右の振り回しに対して反応が鈍く、ヒッティングポイントに入って力強く振り抜く事が出来ず、ミスショットとなるか、威力の無いショットが餌食となっていました。

錦織のファーストサーブも勢いが無く、レシーブが得意なジョコビッチに強烈なショットで返球され、ほとんどサービスゲームのキープが出来ませんでした。

今回はマレー戦の疲れが最後まで影響してしまったようです。準決勝進出が決まっていた、チリッチ戦では少し手を抜いてジョコビッチとの準決勝に体力を温存するような作戦もあったのではないかと思われます。

身長の低い錦織選手はサービスエースで得点を重ねる長身選手と比べると、体力消耗が激しく不利となる事は致し方ありません。観客には申し訳ありませんが、時には体力を消耗しないために試合を棄てる様な戦略も必要となってくるのではないでしょうか。

錦織選手の年内の公式戦は終了しましたが、2つのエキジビションマッチが日本で開催されます。
11月26日に有明コロシアムで 日清食品ドリームテニス
12月2日〜12月4日にさいたまスーパーアリーナでインターナショナルプレミアテニスリーグ(IPTL)
日清食品ドリームテニスの方は全ての席のチケットが既に売り切れでした。
IPTLの方はまだ残っていますが、すごく高額な料金設定となっています。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンの3戦目。錦織 が チリッチに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 7位のマリン・チリッチ(Marin Cilic)に6-3、2-6、3-6の逆転で敗れました。
試合前にマレーがワウリンカに勝った為に決勝ラウンドへの進出が確定していたので気楽に戦えたのか、出だしは極めて好調でした。
ファーストサーブインの確率が70%で、ファーストサーブが入った時のポイント率が75%。
安定したサービスゲームのキープとミスの無いプレーでチリッチのサービスゲームを2度ブレークして6-3で取りました。
しかし、第2セットに入ると明らかに調子がおかしくなり、フォアハンドストロークが大きくエンドラインをオーバーしたり、ネットしたりとミスショットが増加。ファーストサーブインの確率も55%と落ちて、サービスキープするのが苦しくなりました。
結局、この状況が戻らずに、第2、第3セットを連取されてしまいました。

怪我をしたのかと心配しましたが、メディカルタイムアウトを取らなかったので、単にマレー戦の疲れの影響だったのかもしれません。
第1セットを取ってほっとした後のトイレットブレークで、急に疲れが出てしまったのでしょうか。
身長が低い分体力消耗が激しく、どうしてもトップ選手との連戦が続くと疲労が蓄積してしまうのは仕方ない事かもしれません。

次のジョコビッチとの準決勝戦は、日本時間の明朝、NHKのBSで放送されます。
過去の対戦成績は錦織の2勝10敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Novak Djokovic
ジョコビッチは1日休養しいるので連戦の錦織にとっては不利ですが、きっと素晴らしいプレーで楽しませてくれるでしょう。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンの2戦目で、錦織 が マレーに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 1位のアンディー・マレー(Andy Murray)に7-6、 4-6、4-6の逆転で敗れました。
序盤は錦織がマレーを前後左右に振り回して押し気味の展開。マレーのサービスゲームではブレークチャンスがありながらもブレークできずにタイブレークに。緊張したゲーム展開の中でタイブレークをもぎ取ったのは見事でした。
しかし、第2セットはいきなり錦織のサービスゲームをブレークされてしまう展開で、途中追いつくも、結局4-6で落とすと、第3セットは一気に1-5の劣勢に、4-5までは追い上げましたが、届きませんでした。

第2セットの出だしでもう少し集中してスタートできていれば形勢は逆転していたのではないかと思われますが、そうさせないのが、ナンバー1の実力なのでしょう。
それにしても、いくら振り回されてもあきらめないマレーの体力には本当に驚くべきものがありました。
錦織は実力的にはマレーにかなり近付いていると思われました。
決勝ラウンドへ進んでリベンジしてくれる事に期待したいと思います。

3戦目はチリッチと対戦します。日本時間の明朝、NHKのBSで放送されます。
過去の対戦成績は錦織の7勝5敗。
マレー戦での体力消耗十分にが回復していないかの不安が少しばかり心配です。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Marin Cilic


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンで、錦織 が ワウリンカに勝ちました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 3位のスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に6-2、6-3のストレートで勝利。
ワウリンカのバックを回転にバリエーションのあるボールで攻めると、ワウリンカがミスを連発。
終始、錦織ペースの一方的な試合でした。31歳のワウリンカ、1年間のツアーでの疲れがたまってきているのでしょう。
錦織の調子が良かったと言うよりもワウリンカのミスに助けられた試合でした。

2戦目は16日にマレーと対戦します。
マレーとの過去の対戦成績は錦織の2勝7敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Andy Murray

今回の錦織のファーストサービスインの確率が47%。調子の悪いワウリンカには通用しましたが、マレー相手にはもう少し入れていかないとサービスゲームをキープするのが難しいと思われます。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズの予選で、錦織 対 ワウリンカの試合が今夜行われ、NHKのBSで放送されます。

予選は4人ずつの二つのグループに分かれてラウンドロビン(総当り)形式で試合が行われます。
錦織は同組のマレー、ワウリンカ、チリッチと対戦します。
Barclays ATP World Tour Finals

過去の対戦成績では、どの選手にも勝ったことはありますが、勝ち越しているチリッチには今年2連敗していますし、かなり厳しい戦いになると思われます。

錦織対マレー 2勝7敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Andy Murray

錦織対ワウリンカ 2勝4敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Stan Wawrinka

錦織対チリッチ 7勝5敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Marin Cilic

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンで行われているATPワールドツアー・ファイナルの準決勝で錦織圭がジョコビッチに敗けました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が1位のノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic) に1-6、6-3、0-6のフルセットで敗れました。

第1セット、錦織はサーブが甘く、2セットブレークされて1-6で落としました。

第2セットに入ると錦織のサーブやストローク、サービスリターンも向上し、2ゲームブレークして6-3で取りました。

第3セットの最初のジョコビッチのサービスゲーム。第二セット後半からの好調なストロークで攻め、40-15と2度のブレークのチャンスがありましたが、決めに行ったボールがネットしてしまい取りきれませんでした。これを潮目に錦織にミスが目立ち始め、ストロークミスやダブルフォルトで自滅の形で0-6で落としてしまいました。

さすがに世界No1のジョコビッチのディフェンスを打ち破ることは容易ではありませんでした。

もう一つの準決勝戦でもワウリンカがフェデラーに対してマッチポイントを握りましたが勝ち切ることができませんでした。さすがにトップ3選手は土壇場での強さが違います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ