つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 一回戦

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

右手首の負傷により5カ月ほど公式戦を欠場していた錦織選手が、アメリカのニューポートビーチで開催されているATPチャレンジャーツアーで復帰しましたが、残念ながら1回戦での敗退となりました。

ATPランク24位で、第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が238位のデニス・ノビコフ(Dennis Novikov)に3-6, 6-3, 4-6のフルセットで敗退。

第1セットをノビコフが、第2セットを錦織が取り、1−1−で迎えたファイナルセット、
3−4からの錦織のサービスゲームをブレークされ3−5となりますが、すぐにブレークバックして4−5に。しかし、次のサービスゲームを再度ブレークされてゲームセット。
ファーストサーブインの確率が第1セット52%、第2セット66%、第3セット54%。
ファーストサーブの入りが悪かったセットを落としたことになります。
怪我からの復帰間もなく、まだ思い切りサーブが打てていないのかもしれません。
体の動きにも、俊敏さが戻っていませんでした。ATPツアーレベルのプレーができるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

ノビコフは現在のランキングは238位ですが、キャリアハイ119位。193cmの長身からの強烈なサーブで、今回は15本のサービスエースを叩き込まれました。
錦織サイドとしては、復帰後の一回戦の相手としては、できればストローカータイプの選手ともう少し打ち合いをして慣らし運転をしたかったことでしょう。

ATPチャレンジャーの動画配信サイト ATP on LivestreamのPast Eventsに試合の動画がアップされていますが、普通の試合はせいぜい5、000回程度の再生回数ですが、今回の試合は3万回以上再生されていました。
[1/WC] Kei Nishikori (JPN) vs [Q] Dennis Novikov (USA)

日本だったら慶応チャレンジャーに錦織選手が出場したようなもので、超満員になっていたことでしょうが、会場は8割程度の入りのようでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年初めてのグランドスラム 全豪オープンテニスのシングルス1回戦が今日から始まります。
全豪オープンテニス 公式サイト

予選から添田豪と穂積絵莉が勝ち上がり、
男子は錦織圭、西岡良仁、添田豪、
女子は土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみ、日比野菜緒、尾崎里紗、穂積絵莉、
全員で9名が本戦出場となりました。

今回は非常にオーダーに恵まれていて、初戦でシード選手と対戦するのは第32シードと対戦する日比野選手だけ。日比野選手も含めて全員に1回戦勝ち上がりのチャンスがありそうです。

初日の今日は錦織圭、添田豪、土居美咲、奈良くるみ、日比野菜緒、穂積絵莉の6試合が行われます。

男子選手の対戦相手とATPランキング、
5位 錦織圭(Kei Nishikori)対 45位アンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)
過去の対戦成績は錦織の2勝1敗。

99位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 511位 アレックス・ボルト(Alex Bolt)
過去の対戦はありません。

139位 添田豪(Go Soeda) 対 56位 マレク・ジャジリ(Malek Jaziri)
過去の対戦はありません。

女子選手の対戦相手とWTAランキング、
42位 土居美咲(Misaki Doi) 対 66位 ポーリーン・パルメンティエ(Pauline Parmentier)
過去の対戦成績は土居の0勝2敗。

47位 大坂なおみ(Naomi Osaka)対 180位 ラクシカ・クムクム(Luksika Kumkhum)
過去の対戦成績は大坂の1勝0敗。

76位 奈良くるみ(Kurumi Nara)対 111位 ステファニー・ボーゲル(Stefanie Voegele)
過去の対戦成績は奈良の4勝0敗。

99位 日比野菜緒(Nao Hibino)対 35位 で第32シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)
過去の対戦成績は日比野の0勝1敗。

100位 尾崎里紗(Risa Ozaki)対 50位 サラ・エラーニ(Sara Errani)
過去の対戦はありません。

217位 穂積絵莉( Eri Hozumi)対 87位 カリナ・ビットヘフト(Carina Witthoeft)
過去の対戦はありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

今年3つ目のグランドスラム ウインブルドンテニスの男子シングルス一回戦で、錦織圭が勝利しましたが、伊藤竜馬、杉田祐一は敗退しました。

ATPランキング12位で第10シードの 錦織圭 (Kei Nishikori)が 73位のケニー・ド=シェッパー(Kenny De Schepper)に に6-4、7-6、7-5のストレートで勝ちました。
203cm、102kgの巨体のシェッパーに210kmを超える強烈なファーストサーブをガンガン決められましたが少ないチャンスをものにして、勝利を勝ち取りました。
現在の錦織は集中力が素晴らしく、自身のサービスゲームをブレークさせること無く、シェッパーに付け入る隙を与えませんでした。
2回戦では136位のデニス・クドラ(Denis Kudla)と対戦します。キャリアハイ90位の選手で、身長も180cmの選手ですので、今の錦織の調子なら危なげなく勝つと思われます。


ATPランキング145位の杉田祐一(Yuichi Sugita)は 26位で第19シードのフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)に6-7、6-7、6-7 と全てタイブレークのストレートで敗れました。
この試合、途中からロペスは連戦の影響からか、明らかに疲れが見えてきて、杉田のファーストサーブやストロークについてこれない状況で、ウィナーも杉田の方が多く、プレーだけを見ていると杉田が勝っているような試合でしたが、ここと言うところでゲームを取らせてくれません。さすがはこのランクの選手は肝心なところでの集中力が違いました。タイブレークを一つでも取っていれば、一気に杉田の勝利となっていたのではないかと思われます。本当に惜しい試合でした。


ATPランキング129位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が132位のシモーネ・ボレッリ(Simone Bolelli)に 5-7、 6-7、 6-3、6-7で敗れました。
第2セットと第4セットのタイブレークを落としたのが悔やまれます。集中力の差が出てしまったのでしょうか。
キャリアハイ36位の選手ですが、ここのところランキングを落としてきているので、勝てるのではないかと期待していましたが、惜しい試合を落としてしまいました。
初戦でトップ10の選手に当たることもあり得るので、今回のドローは恵まれたものでした。このようなチャンスを生かせなかったら、グランドスラムで勝つのはかなり難しいと思います。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ

Wimbledon - The Home of Tennis
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスのウィンブルドン選手権のシングルス一回戦の2日目は、錦織圭、添田豪、クルム伊達公子が突破しました。森田あゆみは残念ながら敗退しました。Wimbledon - The Home of Tennis

WTAランキング84位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) が 193位のカリーナ・ウィットホウト(Carina Witthoeft )に6-0、 6-2のストレートで勝ちました。伊達さんのショットはとにかく低く深く、オンラインボールも多く、相手の返球が浅くなるとネットに出て決める完璧な試合展開でした。予選勝ちあがりの18歳のウィットホウトはファーストサーブが入った時のポイント率がたったの35%。全くプレーをさせてもらえず、わずか44分であっという間に終わってしまいました。
日本の若手の女子選手も海外の長身選手に対する伊達さんのクレバーな戦い方を学んでほしいものです。
ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 クルム伊達公子が勝利 ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 クルム伊達公子が勝利 ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 クルム伊達公子が勝利 
2回戦ではWTAランキング 87位のアレクサンドラ・カダントゥ(Alexandra Cadantu)と対戦します。過去の対戦成績はありません。ランキング的には互角の相手だと思われますが、一回戦と同じように低く深いボールが決まれば伊達さんが有利だと思われます。勝てば3回戦で第一シードのセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)と対戦する事が予想されます。
過去に対戦成績はありませんが、2011年のウインブルドンで姉のヴィーナス・ウイリアムスに7-6、3-6、6-8で惜敗した戦いが思い出されます。ぜひとも勝ち抜いて、世界ナンバーワンのセリーナとの対戦を実現してもらいたいところです。

ATPランク11位で第12シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 110位のマシュー・エブデン(Matthew Ebden)に6-2、 6-4、6-3のストレートで勝ちました。ランキングが下の選手でもあり、終始相手を寄せ付けない危なげない勝利でした。錦織は相手のボールが甘くなるとしっかり構えて一発でしとめる強力なウイニングショットがあるので、このレベルの選手との戦いは安心して観戦できます。
ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 錦織圭が勝利 ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 錦織圭が勝利
錦織は2回戦でATPランキング84位のレオナルド・マイェール(Leonardo Mayer)と対戦します。
過去の対戦成績はありませんが、アルゼンチンの選手でクレーコートを得意としているようですので、芝のウインブルドンでは錦織が危なげなく勝つと思われます。


ATPランク129位の添田豪(Go Soeda)  が 108位のアンドレアス・ハイデル=マウアー(Andreas Haider-Maurer)に7-6、7-5、6-1で勝ちました。1、2、セット共に押し気味で先に相手のサービスゲームを先にブレークしたのですが、肝心のサービングフォーザセットでブレークされてしまい、もつれた展開になってしまいました。相手はかなりイージーミスが多くナーバスになっていたので、もう少し簡単に勝てて良い試合でした。それでも勝ちきった事が今後の大きな自信につながるでしょう。
ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 添田豪が勝利 ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 添田豪が勝利
添田は2回戦で9位のリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)と対戦します。過去の対戦成績はガスケの1勝0敗です。
ATP Head-To-Head:Go Soeda vs Richard Gasquet
昨年、フランスのマルセイユで行われた試合で0-6、2-6で完敗しています。今年の添田がどこまでの戦いが出来るかが楽しみです。


WTAランキング50位の森田あゆみ(Ayumi Morita)  が 71位のマリーナ・イラコビッチ(Marina Erakovic)に6-4、0-6、5-7の逆転で敗れました。錦織の試合と時間が重なったためか、WOWOWの中継がなかったので、どのような試合展開だったのか分かりませんが、森田は手首を痛めていたようなので、いまひとつ実力が発揮できなかったのかもしれません。まだ、ダブルスの試合が残っているので、そちらでの勝利を期待します。
ウィンブルドン テニス シングルス一回戦 森田あゆみが敗退


今年のウインブルドンは芝が滑るようで、怪我人が続出で波乱の状況です。
ナダルの1回戦敗退に続き、男子第3シードのフェデラーが敗退、第6シードのツォンガは試合途中で棄権。
女子第2シードのアザレンカが2回戦を棄権、第3シードのシャラポアが2回戦敗退となってしまいました。

今日は1回戦を勝ち抜いた3選手が1回戦と同じ伊達、錦織、添田の順番で登場します。3選手が揃って3回戦へ進めるようにWOWOWで応援したいと思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップを終えたばかりの伊藤竜馬が既にフランスへ移動し試合に出場しています。フランスのモンペリエで行われている男子テニスツアーの南フランス・オープンのシングルス一回戦で、ATPランキング84位の伊藤竜馬が98位のエドゥアール・ロジェ=ヴァセラン(Edouard Roger-Vasselin)に3-6、7-6、7-5の逆転で勝ちました。
第一セットはヴァセランの2つのサービスゲームをブレークしますが逆に3つのゲームをブレークバックされ3-6で落とします。
第2セットはお互いにサービスキープでタイブレークに。タイブレークを7−5でとって第3セットへ。
第3セットは、ヴァセランのサービスゲームを一つブレークして7−5でとって勝利しました。

2回戦ではATPランキング105位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)と対戦します。
南フランス・オープン公式サイト ライブスコア

伊藤竜馬公式ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年最初の4大大会 全豪オープンテニスが始まります。
予選は既に始まっており、日本人選手が多数出場しましたが残念ながら全員予選敗退でした。

本戦へは男女ともに3名がダイレクトインしています。日本期待の錦織は第16シードで出場しています。

公式サイト(Australian Open Tennis Championships)には、既にドローが発表されています。
初戦にシード選手と対戦するのは伊達さんだけなので、比較的恵まれたドローではないかと思われます。
特に男子の添田と伊藤は対戦相手がランキング100位以下の選手ですので、地元オーストラリアの選手なので油断はできませんが、普段の実力が出せれば勝つことが出来ると思われます。

ひざの怪我が心配される錦織はエキシビション大会のクーヨン・クラシックに出場して勝利しているので、戦えるレベルまで回復してきていると思われます。シード通りベスト16までは勝ち上がってほしいところです。

日本人選手の初戦の対戦相手とランキングは次の通りです、
ATPランキング18位で16シードの錦織圭 対 61位のヴィクトル・ハネスク(Victor Hanescu)
ATPランキング73位の添田豪  対 349位のルーク・サビル(Luke Saville)
ATPランキング85位の伊藤竜馬 対 191位のジョン・ミルマン(John Millman)

WTAランキング81位の森田あゆみ 対 52位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)
WTAランキング92位の土居美咲 対 61位のペトラ・マルティッチ(Petra Martic)
WTAランキング112位の伊達公子  対 12位で第12シードのナディア・ペトロワ(Nadia Petrova)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

森田あゆみオフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ