つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 上海マスターズ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

中国の上海で開催されている上海マスターズ(Shanghai Masters)のシングルス3回戦で、錦織圭が敗退しました。

ATPランキング6位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 10位で第12シードのケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)に6-7、6-7で敗れました。
アンダーソンには錦織が2連勝中でしたが、今回のアンダーソンはかなりストローク力やコートカバリング力が向上していました。既に29歳ですが、今月初めてのトップ10位入り。最近ランキングアップしていることを窺わせる充実したプレー内容でした。

第1セットは両者ブレークチャンスを全く与えず安定してサービスゲームをキープしタイブレークに。
タイブレークでも全く互角の展開でしたが、9-8錦織リードの場面で決めに行ったストレートをエンドラインぎりぎりに返球され、このボールに詰まり返球が浅くなったところを厳しいショットで決められてしまいました。ここで決めていたら勝敗は恐らく逆になっていたでしょう。

第2セットは先にサービスゲームのブレークを許した錦織でしたが、直ぐに取り返してまたもタイブレークに。
このタイブレークでは早々にミニブレークされて、アンダーソンの一方的な展開になってしまいました。

1回戦で22本、2回戦で15本のサービスエースを取って上がってきた203cmの長身のアンダーソンに対して、錦織は6本しか許しませんでした。30cm以上の身長差のハンデがありながら良く戦ったと思います。
トップ4となった錦織に対する対策を対戦相手も色々と考えてきているようで、高くホップしてくるボディーへのセカンドサーブや、ストロークプレーに持ち込まないための早めの攻撃プレーが目立ちます。

このところの錦織選手のプレーには力みが見られ、ショットやフットワークの切れに欠けるように感じられます。
全米でのまさかの1回戦敗退を挽回しようとの気持ちが先走りしすぎているのではないでしょうか。
周りの期待の大きさは分かりますが、トップ10から落ちても構わないと言うくらいの、気楽な気持ちで戦うように切り替えるのも良いのではないかと思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

中国の上海で開催されている、上海マスターズのシングルス2回戦で錦織圭が敗退しました。

ATPランキング6位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 60位のジャック・ソック(Jack Sock)に6-7、4-6で敗れました。
ランキング上昇中の22歳。体調が完全でない状況で勝てるほど甘くはありませんでした。

楽天オープン後に錦織選手の公式ブログには、
2回戦の後から臀部を痛め、毎試合今日はちゃんと試合できるかなーという感じでした。

ここで1ヶ月ぐらい休みをとりたいっていうのが切実な思いですがこれから上海に向かいます。
怪我しないよう今年残りの3大会を戦い抜きます!
などど書かれていますから、上海はスキップした方が良かったのかもしれません。
年末のロンドンのファイナル出場の為のポイント稼ぎに無理することなく、ここで少し体を休めて来年の全豪オープンへ向けてコンディション調整を行って欲しいと思います。

上海マスターズではトップ8シードまでは2回戦からの出場となりましたが、第7シードの錦織だけでなく、第2シードのナダル第4シードのワウリンカ、第8シードのラオニチなども敗退しています。シーズン終盤で選手に疲れが出てきているようです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

上海マスターズ公式サイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

上海マスターズ(Shanghai Rolex Masters)のシングルス2回戦で、第14シードでATPランキング15位の錦織圭がATPランキング22位のサム・クエリー(Sam Querrey)に6-2、 1-6、4-6で敗退しました。
上海マスターズ シングルス2回戦 錦織圭が敗退


クエリーのサービスゲームで始まった第一セット、198cm、91kgの巨体から210kmを超えるサーブが決まり、早くも2個のサービスエースを取られてしまいますが、クエリーのファーストサーブの入る確率が低く、セカンドサーブはリターンのうまい錦織ペースに。いきなりサービスゲームをブレークしました。
2ゲーム目の錦織のサービスゲームでは直ぐにブレークバックされそうになりますが、ここを何とかキープ。
明らかにストロークで上回っている錦織に対して、クエリーは立ち上がりファーストサーブがあまり入らない状況でしたので、このまま一気に4ー0に。これで楽勝かと思ったら5ー2で錦織がメディカルタイムアウト。右足首からふくらはぎのマッサージを始めました。プレーの最中に足をひねったのでしょうか。心配しましたが、そのまま6ー2でこのセットは取りました。

第2セットに入るとクエリーのファーストサーブが入りだし、いきなりラブゲームでキープ、2ゲーム目の錦織のサービスゲームをブレークされて、今度はクエリーペースに。どうも足の具合が良くないのか踏ん張りが利かない感じで、横に振られた時にミスが多くなります。このセットはあきらめたのか、結局1-6で落としました。

錦織のサービスゲームで始まった第3セット、足の具合が悪い錦織は何とかキープしてのスタート。一方、クエリーは全く危なげなくキープするスタート。敗色濃厚と思われましたが、4ゲーム目のクエリーのサービスゲームを気力でブレークして3ー1に。しかし、4ー2から連続でブレークされて4-6で落としてしまいました。
最後は気力で頑張っていましたが、足がついてこない感じでした。このクラスの選手相手には体調が万全でないと勝てません。大きな故障にならないことを祈っています。

昨日の一回戦では地元中国人との対戦で、試合前には「釣魚島は中国のものだ」のヤジも飛んだようですが、今日の試合をライブストリーミングで見た感じでは、錦織の素晴らしいプレーには大きな拍手もあり、問題はないようでした。
スポニチ:錦織「スポーツと政治は別もの」尖閣問題ヤジに動じず

上海マスターズ 公式サイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天ジャパン・オープン・テニスで優勝した錦織圭は、直ぐに上海へ移動して上海マスターズ(Shanghai Rolex Masters)に出場していますが、本日シングルス一回戦で、地元中国選手に勝利しました。

第14シードでATPランキング15位の錦織圭が主催者推薦で179位のDi Wuに6-2, 6-4のストレートで勝利。
ファーストサーブの入る確率が65%でファーストサーブが入った時の得点確率が81%と非常にファーストサーブが安定していたようです。1時間12分と非常に短い試合でした。

この大会の本戦には添田豪も参加していますが、惜しくも一回戦で敗退しました。
ATPランキング55位の添田豪がATPランキング23位のフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に 2-6, 4-6で敗退。

2回戦ではATPランキング22位のサム・クエリー(Sam Querrey)と対戦します。
クエリーとの対戦成績は1勝2敗で負け越しています。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sam Querrey

クエリーは198cm、91kgのビッグサーバーで、錦織は今年トロントで行われたロジャーズ・カップでは、12本のサービスエースを決められ、クエリーのサービスゲームを一つもブレーク出来ずに2-6, 3-6で敗退しています。
しかし、ジャパンオープンでは196cm、90kgのビッグサーバーのラオニチを破っているので、今の錦織の調子なら勝つ可能性は十分にあると思います。

2回戦を突破して、シード選手が順当に勝ち上がると3回戦以降の対戦相手は、
3回戦で、第4シードでATPランキング6位のトマス・ベルディフ(Tomas Berdych)、
準々決勝で第5シードでATPランキング7位のジョー-ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)、
準決勝で 第2シードでATPランキング2位のノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)、
決勝で 第1シードでATPランキング1位のロジャー・フェデラー(Roger Federer)、
と対戦することになります。

ベルディフにはジャパン・オープンの準々決勝で勝っています、
ツォンガには2連勝中で、今年は全豪オープンで勝っています、
ジョコビッチに対しては対戦成績は一勝一敗ですが、昨年のスイスのバゼルの大会の準決勝で、2−6、7−6、6−0の逆転で勝っています。ジョコビッチが肩を痛めていたとは言え、昨年負け知らずの快進撃だったジョコビッチからの勝利は快挙でした。あれから1段も2段も実力アップした錦織ですから、勝つチャンスは十分にあります。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic

バゼルの大会では決勝戦でフェデラーに1-6, 3-6で完敗しました。錦織の実力がどの程度アップしたのかを確かめる意味でも、是非とも決勝戦まで進んで欲しいと期待しています。

上海マスターズ 公式サイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

中国の上海で行われているテニスのATPツアー 上海マスターズ(Shanghai Rolex Masters)の準々決勝で、錦織圭がATPランク18位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)に6−4,6−3で勝利し、準決勝に進出しました。
錦織圭 上海マスターズ


今日はネットのストリーミングで観戦しましたが、両者バラエティーに富んだショットの応酬で、素晴らしい試合でした。

ファーストセットの2ゲーム目の錦織の最初のサーブでブレークポイントになりましたが、何とかキープ。
2−2−からの5ゲーム目のドルゴポロフのサーブをブレークしましたが、次のゲームで0−40のピンチに、この2つを何とかしのいだのが大きく、それからは錦織のペースに。
トップ10のプレーヤーのようにここと言う時に勝負強くなりました。

ドルゴポロフの9本のサービスエースに対して、錦織は1本しかありませんでしたが、錦織のファーストサーブの確率が56%に対して、ドルゴポロフは47%しか入らなかったので、セカンドサーブを叩いて、ブレークを取ることが出来ました。

今回はマスターズの大会なので勝利ポイントも多く、今日の勝利で360ポイントを獲得しました。
松岡選手の46位を超えるどころか世界トップ30の仲間入りと言うところまできました。

ATPのサイトで現時点の30位から錦織の47位までのランキングを見ると下記の通りです。
ATP ランキング
30 Anderson, Kevin 1,245
31 Raonic, Milos 1,232
32 Dodig, Ivan 1,172
33 Llodra, Michael 1,165
34 Youzhny, Mikhail 1,165
35 Bellucci, Thomaz 1,145
36 Granollers, Marcel 1,141
37 Davydenko, Nikolay 1,115
38 Bogomolov Jr., Alex  1,076
39 Fognini, Fabio 1,075
40 Haase, Robin  1,001
41 Tursunov, Dmitry   983
42 Muller, Gilles 945
43 Seppi, Andreas 945
44 Young, Donald  943
45 Andujar, Pablo 930
46 Robredo, Tommy 905
47 Nishikori, Kei  885

準決勝は多分、アンディ・マレー(Andy Murray)になると思いますが、ATPのサイトを見ましたが、今までに対戦した事がないようです。
楽天ジャパンオープンの時のマレーのプレーを見ていると、190cmの長身から200kmを超えるサーブをガンガン打ってくるし、もちろんストロークも強力なので、ブレークするのはかなり難しいと思いますが、マレーも連戦の疲れがあるでしょうから、勝てる可能性もゼロではないと思います。

Nishikori Reaches First ATP World Tour Masters 1000 SF

錦織圭公式ブログ
錦織圭 Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

中国の上海で行われているテニスのATPツアー 上海マスターズ(Shanghai Rolex Masters)の3回戦で錦織圭がATPランク48位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に7-6, 4-6, 6-3で勝利し、準々決勝に進出しました。
最初は62%の確率で入っていたファーストサーブが、徐々に入らなくなり第3セットでは49%まで落ちましたが、何とか勝つ事が出来ました。

今回はマスターズの大会なので、勝利ポイントも多く、3回戦の勝利で180ポイントを獲得しました。
これで、確実に松岡選手の46位を超えて45位以上に入る事が出来ました。ついにプロジェクト45達成です。

ATPのサイトで現時点の39位から47位までのランキングを見ると下記の通りです。
ATP ランキング
39 Fognini, Fabio 1,075
40 Haase, Robin  1,001
41 Tursunov, Dmitry   983
42 Muller, Gilles 945
43 Seppi, Andreas 945
44 Young, Donald  943
45 Andujar, Pablo 930
46 Robredo, Tommy 905
47 Nishikori, Kei  885

準々決勝では、ATPランク18位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)と対戦します。
ATPのサイトを見ましたが、今までに対戦した事がないようです。
22歳でランキングをどんどん上げてきている好調の選手なので、かなりの強敵です。
厳しい戦いになると思いますが、是非打ち破ってベストフォー進出を期待したいと思います。

錦織圭公式ブログ
錦織圭 Facebook
Project 45 No Longer a Secret
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ