つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 予選

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は楽天・ジャパン・オープン・テニスの予選を観戦に行ってきました。
リニューアルした有明がどんな状況なのか見たいと言うのもありましたが、残念ながらコロシアムでの観戦チケットは売り切れでしたので、1,000円のコロシアム以外のコートの観戦ができるチケットを購入。

コロシアムのすぐ向かいに新しくできたショーコート(楽天カードアリーナ)で内山靖崇選手の予選ファイナルが行われていたのでそれを観戦しました。
ガラスの心臓の内山選手、第2セット5-4からのサービスゲームでマッチポイントを迎えますが、ストロークになるとビビッて振り切れずに何度もネットしてしまいましたが、最後良いサーブが連続で決まって勝ち切ることができました。
第1セットを取ってから逆転される内山選手の試合を何度も見てきたで、すごく心配しましたがなんとか勝ち切ることができました。

外の練習コートでは西岡選手が練習をしていて、練習後には多くのファンにサインをしていました。一流選手の練習を見れるのもジャパン・オープン観戦の楽しみの一つです。

ショーコートの観戦の後には広場にある大きなスクリーンでビールを飲みながらコロシアムでの試合を観戦。1,000円で随分と楽しませていただきました。
楽天・ジャパン・オープン・テニスの予選を観戦

楽天・ジャパン・オープン・テニスの予選を観戦

楽天・ジャパン・オープン・テニスの予選を観戦

楽天・ジャパン・オープン・テニスの予選を観戦

楽天・ジャパン・オープン・テニスの予選を観戦



楽天・ジャパン・オープン・テニス
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンの3戦目。錦織 が チリッチに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 7位のマリン・チリッチ(Marin Cilic)に6-3、2-6、3-6の逆転で敗れました。
試合前にマレーがワウリンカに勝った為に決勝ラウンドへの進出が確定していたので気楽に戦えたのか、出だしは極めて好調でした。
ファーストサーブインの確率が70%で、ファーストサーブが入った時のポイント率が75%。
安定したサービスゲームのキープとミスの無いプレーでチリッチのサービスゲームを2度ブレークして6-3で取りました。
しかし、第2セットに入ると明らかに調子がおかしくなり、フォアハンドストロークが大きくエンドラインをオーバーしたり、ネットしたりとミスショットが増加。ファーストサーブインの確率も55%と落ちて、サービスキープするのが苦しくなりました。
結局、この状況が戻らずに、第2、第3セットを連取されてしまいました。

怪我をしたのかと心配しましたが、メディカルタイムアウトを取らなかったので、単にマレー戦の疲れの影響だったのかもしれません。
第1セットを取ってほっとした後のトイレットブレークで、急に疲れが出てしまったのでしょうか。
身長が低い分体力消耗が激しく、どうしてもトップ選手との連戦が続くと疲労が蓄積してしまうのは仕方ない事かもしれません。

次のジョコビッチとの準決勝戦は、日本時間の明朝、NHKのBSで放送されます。
過去の対戦成績は錦織の2勝10敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Novak Djokovic
ジョコビッチは1日休養しいるので連戦の錦織にとっては不利ですが、きっと素晴らしいプレーで楽しませてくれるでしょう。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンで、錦織 が ワウリンカに勝ちました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 3位のスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に6-2、6-3のストレートで勝利。
ワウリンカのバックを回転にバリエーションのあるボールで攻めると、ワウリンカがミスを連発。
終始、錦織ペースの一方的な試合でした。31歳のワウリンカ、1年間のツアーでの疲れがたまってきているのでしょう。
錦織の調子が良かったと言うよりもワウリンカのミスに助けられた試合でした。

2戦目は16日にマレーと対戦します。
マレーとの過去の対戦成績は錦織の2勝7敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Andy Murray

今回の錦織のファーストサービスインの確率が47%。調子の悪いワウリンカには通用しましたが、マレー相手にはもう少し入れていかないとサービスゲームをキープするのが難しいと思われます。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は、有明コロシアムで昨日から本戦がスタートした東レ パン・パシフィックオープン・テニスの観戦に行ってきました。

コロシアムでの試合は、日本人選手の出場する予選の決勝2試合の後に、WC(主催者推薦)で出場の注目の若手 大坂なおみの試合が組まれました。
本戦のスターティングカードに選ばれたことからも主催者側の大坂選手にかける期待の大きさがうかがわれます。
予選決勝の第一試合は
尾崎里紗 (Risa Ozaki)がアナ・コニュー(Ana Konjuh)に4-6、0-6のストレートで敗退。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 尾崎里紗


予選決勝の第2試合は日比野菜緒 (Nao Hibino)がカテリナ・ボンダレンコ(Kateryna Bondarenko)に3-6、4-6のストレートで敗退。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 日比野菜緒

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 日比野菜緒

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 日比野菜緒

両選手共に出だしは互角でしたが今一歩力が及びませんでした。残念ながら日本人選手は一人も予選突破できませんでした。

本戦1回戦はWTAランキング182位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が40位のバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に5-7、2-6のストレートで敗れましたが、200kmを越えるファーストサーブと、チャンスボールを一撃で決める破壊力のあるストロークには観客を魅了するものがあります。破壊力のあるサーブやストロークに何度もスタンドがどよめいていました。

第1セットいきなりサービスゲームをブレークされて0-3の劣勢から一旦は追いつき、流れが大坂の方に傾きかけていましたが、ドロップショットやネットプレーなど多彩な攻撃でうまく交わされ、今一歩及びませんでした。

ドロップショットで何度もポイントを取られていたシーンが目立ちました。第一歩目の反応が遅いのか、ボールに追いついてからの処理が悪いのか、強いショットで相手を攻めているシーンでやられてしまい、勝敗を大きく左右するものとなっていました。このあたりの処理能力とストロークの精度向が必要と思われます。

1997年10月生まれの17歳。もう直ぐ18歳で出場試合数制限もなくなるので、一気にランクアップしてくると期待されます。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ


外の練習コートではウォズニアッキ選手が練習をしていました。
最初にラバーバンドでストレッチしてから、ショートラリー、ストロークと進めていました。生観戦は選手の練習を見れることも楽しみの一つです。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス ウォズニアッキ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス ウォズニアッキ


今日のシングルス1回戦ではATPランキング80位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が86位の土居美咲(Misaki Doi) に7-6、6-2で勝ちました。
二人はダブルスにペアを組んで出場していて、こちらは昨日1回戦を勝ち上がっています。

奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ
Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

錦織選手の怪我の具合が心配されますが、いよいよウインブルドンテニスの予選が明日から、本戦が29日から始まります。
公式サイトのエントリーリストを見ると沢山の選手が出場予定です。

本戦ダイレクトインは大体ランキング100位以内、予選は200位以内の選手が出場します。
女子選手は100ー200位の選手が多く、非常に沢山の選手が予選に出場予定です。
森田選手は500位以下ですが、怪我の救済のスペシャルランキング(SR)での予選への出場予定です。

男子選手は錦織と添田がダイレクトイン。伊藤、ダニエル、西岡、杉田、守屋が予選からの出場予定です。
女子選手は奈良がダイレクトイン。土居、穂積、江口、森田、伊達、尾崎、日比野、波型、桑田、大坂が予選からの出場となります。
怪我での出場辞退などによる繰り上がり出場の可能性もあるので、確定情報ではありません。


5位 錦織圭 (Kei Nishikori)
90位 添田豪 (Go Soeda)
予選から
101位 伊藤竜馬(Tatsuma Ito)
123位 ダニエル太郎(Taro Daniel)
142位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)
146位 杉田祐一(Yuichi Sugita)
173位 守屋宏紀(Hiroki Moriya)



58位 奈良くるみ(Kurumi Nara)
予選から
95位 土居美咲(Misaki Doi)
143位 江口実沙(Misa Eguchi)
575位 森田あゆみ(Ayumi Morita)
201位 クルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm)
165位 穂積絵莉(Eri Hozumi)
158位 日比野菜緒(Nao Hibino)
182位 波型純理(Junri Namigata)
171位 尾崎里紗(Risa Ozaki)
175位 桑田寛子(Hiroko Kuwata)
167位 大坂なおみ(Naomi Osaka)


ウインブルドンテニス公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンで行われているATPワールドツアー・ファイナルの予選3戦目で錦織圭がフェレールに勝ちました。
フェデラーがマレーに勝ち、準決勝へ進むことが決まりました。

本来はミロ・ラオニチ(Milos Raonic)との対戦の予定でしたが負傷で急遽フェレールに交代しました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が10位のダビッド・フェレール(David Ferrer) に4-6、6-4、6-1のフルセットで勝ちました。

第1セットは、錦織のサーブは2戦目よりもましでしたが、ダブルフォルトも多く、ほぼ互角のストローク戦。
錦織はフェレールのサービスゲームを1度ブレークしましたが、2ゲームブレークバックされ4-6で落としてしまいました。

第2セットに入ると錦織のファーストサーブが向上し安定してキープできると、ブレークチャンスを一度も与えずに、フェレールのサービスゲームを一度ブレークして6-4。

第3セットになると一方的な展開となり、フェレールのサービスゲームを3度ブレークして6-1で取りました。
今年は4回目の対戦となりましたがこれで4連勝。全てがフルセットでの勝利となりました。
粘り強いストロークが持ち味のフェレールも既に32歳。フルセットになると疲れが見えてきます。
逆に錦織はフィジカルトレーニングの成果か、非常にスタミナが付いてきました。

準決勝では多分、Aチーム一位通過のノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と戦うことが濃厚と思われます。

過去の対戦成績は2勝2敗の五分五分。今年は全米オープンで錦織が勝っていますが、パリマスターズではジョコビッチが勝っています。
ATP Head To Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic
予選の戦いぶりを見るとジョコビッチはかなり好調です。フェレール戦で調子を上げてきた錦織との最高レベルの戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ