つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:伊藤

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンではトップ8選手によるATPワールドツアー・ファイナルが行われていますが、慶応大学の日吉キャンパスでは下位のATPチャレンジャーツアー 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014が行われています。
賞金はロンドンの百分の一以下のトーナメントですが、このトーナメントの中から明日のATPツアーレベルの選手が出てくるかもしれません。観戦料金は無料ですのでテニスファンの方にはオススメです。
駅前の銀杏並木が色づき始めていました。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 銀杏並木


昨日は、昨年の全日本選手権で準優勝、アジア大会で優勝した19歳の西岡と第2シードの添田との対戦カードがあったので、慶応まで観戦に出かけました。

ATPランキング116位で第2シードの添田豪(Go Soeda)が 164位で第7シードの西岡良仁(Yoshihito Nishioka)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
西岡はサーブにスピードが全く無く、ファーストサーブインの確率が54%で、ポイント率が45%。全く相手にならない状況でした。

西岡には錦織と同じ盛田ファンドでIMGアカデミーへの留学と最近の活躍から期待していたのですが、添田の一方的な展開で、がっかりさせられた試合となってしまいました。どこか体の具合が悪いのかもしれません。

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 添田豪

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 西岡良仁


伊藤竜馬の試合は前の試合が長引いた影響で開始が遅く、観戦できませんでしたが残念ながら敗退しました。
ATPランキング103位で第1シードの伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が 180位で第8シードのチャン・ヒョン(Hyeon Chung)に4-6、2-6のストレートで敗れました。
チャン・ヒョンはランキングは下ですが、ランキングを今年初めの500位台から一気に上昇させて来ている伸び盛りの18歳。トップ100入りも近いかもしれません。
伊藤には今回優勝してトップ100入りを期待していたのですが、残念な結果になってしまいました。

今日は準決勝戦が行われ、添田が230位のキール・エドモンドKyle Edmundと対戦します。エドモンドもランキングは下ですが、19歳の伸び盛り。今年初めの300位台のランキングから順調に上げてきています。
決して侮れない相手ですが、勝ち抜いて明日の決勝に進むことを期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニス(US Open Official Site)の3日目のシングルス1回戦には伊藤が登場し勝ちましたが、奈良は2回戦で敗退となりました。



WTAランキング33位で第31シードの奈良くるみ(Kurumi Nara) が 58位のベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic)に4-6、6-4、1-6 で敗れました。
ランキングは下ですが17歳の伸び盛りの選手にやられてしまいました。
お互いにブレーク合戦の厳しい試合となりましたが、終盤に奈良に疲れが見えてきて、今一歩ボールに追いつくのが遅れるようになってしまいました。連戦で疲れているところに、真夏の天候がきつかったのでしょう。ベンチッチは若いだけ最後まで動きが落ちませんでした。
敗れはしましたが、今年の全てのグランドスラムで1回戦を勝ち抜いた実績は素晴らしいものです。



ATPランキング126位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が 51位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnsonに6-2、3-6、5-7、4-1の途中リタイアで勝ちました。
出だしの第一セットは良かったものの、サービス力のあるジョンソンに2、3セットを取られてしまいました。
第4セットも第1ゲームの伊藤のサービスゲームをブレークされてしまいますが、第2ゲームで、伊藤がネットに出てきたジョンソンの頭上にロブを上げたところ、ジャンプした後の着地の際に足首を捻ったようで、これが原因かひどい足の痙攣に見舞われてしまい、そのままリタイアとなってしまいました。

勝った伊藤は2回戦で、ATPランキング21位で第19シードのフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)と対戦します。
過去の対戦成績は伊藤の0勝2敗です。厳しい戦いとなると思いますが、何とか勝機を見出して欲しいと期待しています。
ATP Head to Head: Tatsuma Ito vs Feliciano Lopez

昨日は伊達と土居のダブルスの試合も行われ、二人とも1回戦を勝ち抜きました。



今日は錦織のシングルス2回戦が行われます。
ATPランキング11位で第10シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 48位のパブロ・アンドゥハル(Pablo Andujar)

過去の対戦成績は一勝一敗ですが、足の具合さえ問題なければ錦織が順当に勝ち上がると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Pablo Andujar

今日は奈良くるみと青山修子のペアのダブルスの試合も行われる予定です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は有明コロシアムで昨日からはじまった、テニスの国別対抗戦デビスカップのイスラエルとのワールドグループ入れ替え戦の観戦に行ってきました。

生錦織がお目当てでしたが、錦織のコンディションが良くなく、この日は添田豪と伊藤竜馬がシングルスに出場しました。
デビスカップのイスラエル戦


第1試合に出場したATPランキング53位の添田豪はイスラエルのNO1シングルスプレーヤーでATPランキング98位のデュディ・セラ(Dudi Sela)に6-2, 6-4, 3-6, 6-4で勝利しました。

第1セット開始早々からいきなり添田がサービスゲームをブレークされ、厳しい展開が予想されましたが、直ぐにブレークバックすると落ち着いて、そこからは添田ペースで、2セットを連取。
第3セットでは少し気が緩んだのか、セラのバックハンドのダウンザラインも決まり落としてしまいました。
第4セットは緊張感のある戦いでしたが、一つセラのサービスゲームをブレークした添田が逃げ切りました。
試合後のインタビューで添田は昨日から非常に緊張してしまったことを語っていました。

現在のランキングではかなり添田が上ですが、過去の対戦成績ではチャレンジャーレベルの大会で3連敗しているので、勝つ自信が無かったのでしょうか。
ATP Head To Head Go Soeda vs Dudi Sela
添田豪はクロアチア戦でイワン・ドディグに奇跡の大逆転勝利してから急に強くなりましたが、今回も最後の最後に強さを感じました。
デビスカップのイスラエル戦 添田が勝利

デビスカップのイスラエル戦 添田が勝利

デビスカップのイスラエル戦 添田が勝利

デビスカップのイスラエル戦 添田が勝利

デビスカップのイスラエル戦 添田が勝利



第2試合との合間には肩の故障で欠場となった錦織が挨拶。
デビスカップのイスラエル戦 錦織が挨拶



第2試合はATPランキング67位の伊藤竜馬がATPランキング223位のアミール・ワイントラウブ(Amir Weintraub)に3-6, 2-6, 4-6のストレートで敗れました。
ワイントラウブは188cmの長身から200kmを超えるスピードのサーブを打ちこんできますが、伊藤も200kmを超えるサーブで対抗。互角の戦いでしたが、要所要所でワイントラウブのバックハンドのダウンザラインがラインぎりぎりで決まり、伊藤のペースになることは一度も無く敗退してしまいました。

過去の対戦成績ではチャレンジャーレベルのツアーですが伊藤が2連勝でしたいましたので、勝てる実力は十分にあったと思いますが、錦織の交代としてのプレッシャーに負けてしまったのでしょうか。
ATP Head To Head Tatsuma Ito vs Amir Weintraub

登場してきたときから表情に緊張感があったので心配しましたが、心配通りになってしまいました。
せっかく追い込んだバックへのクロスをダウンザラインに決められるパターンが多かったので、監督の対策指示とかで何とかできなかったのかと悔やまれます。伊藤選手は精神的な弱さを感じさせられる敗退が多いのですが、今回もそのような印象を持ちました。
デビスカップのイスラエル戦 伊藤が敗退、

デビスカップのイスラエル戦 伊藤が敗退

デビスカップのイスラエル戦 伊藤が敗退

デビスカップのイスラエル戦 伊藤が敗退

デビスカップのイスラエル戦 伊藤が敗退


3日目のシングルスではワイントラウブと添田が対戦しますが、クロアチア戦で2mを超える長身のカルロビッチにやられてしまったように、背の低い日本人はどうしても長身のビッグサーバー選手との対戦は不利になります。
また、錦織はセラと対戦しますが、肩がどこまで回復しているか心配です。

従って、今日の2日目はイスラエルが得意としているダブルスで苦戦が予想されますが、伊藤竜馬と杉田祐一のペアには何としても勝利を期待したいところです。
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式ブログ
添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ
増田健太郎 公式ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年最後の4大大会の全米オープンテニスの本戦が来週始まります。
本戦シングルスのオーダーが発表されました。

各選手の対戦相手は下記の通りです。添田と森田が初戦からきつい相手となりました。

ATPランキング18位で第17シードの錦織圭 vs 予選勝ち上がり選手
ATPランキング55位の添田豪 vs 24位で第23シードのマーディ・フィッシュ(Mardy Fish)
ATPランキング67位の伊藤竜馬 vs 71位のマシュー・エブデン(Matthew Ebden)

WTAランキング94位の森田あゆみ vs 29位で第26シードのモニカ・ニクルスク(Monica Niculescu)
WTAランキング103位のクルム伊達公子 vs 51位のソフィア・アービッドソン(Sofia Arvidsson)

予選には杉田祐一、守屋宏紀、土居美咲、瀬間詠里花、瀬間友里加、奈良くるみ 、波形純理 、中村藍子などが参加しましたが、ほとんどの選手が一回戦敗退のなか、守屋宏紀が2回戦を勝ち上がり最終の3回戦に進出しました。勝ち上がっての本戦出場に期待しています。

Official Site of the 2012 US Open Tennis Championships
錦織圭公式 公式ブログ
添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニス(全仏オープン公式サイト)の日本人選手のシングルスは全て大会3日目に入りましたが、
森田あゆみが勝利したのみで、添田豪、伊藤竜馬、クルム伊達公子は初戦敗退しました。
森田あゆみ 3-6, 6-4, 6-3の逆転で 38位 ポローナ・エルコグ(Polona Hercog)に勝利
クルム伊達公子 3-6,1-6で 14位 フランチェスカ・スキアボーネ(Francesca Schiavone)に敗退
伊藤竜馬 1-6、5-7、0-6で 4位 アンディ・マレー(Andy Murray)に敗退
添田豪  1-6, 4-6, 4-6で 87位 ドミトリー・ツルスノフ(Dmitry Tursunov)に敗退

morita1森田はエルコグにはフェドカップで勝っているので、今回も期待できるのではと思っていましたが、見事逆転で勝ちました。森田はずいぶんと強くなってきました。
シングルス2回戦の対戦相手は初戦を6-0,6-0で勝ちあがった、絶好調の第2シード、マリア・シャラポアです。たぶん、センターコートで大観衆の前での戦いになると思います。森田のショットがどこまで通用するのか、今から楽しみです。ただ、シングルスの後のダブルス1回戦を体調不良で棄権したので、その後の回復の具合が気になります。
森田あゆみオフィシャルブログ

date1伊達 対スキアボーネの戦いは厳しいとは予想していましたが、ファーストセットのスタートのスキアボーネのサービスゲームをいきなりブレークして良いスタート。しかし、次の伊達のサービスゲームを本当に惜しいところで落としてしまいました。このゲームが非常に惜しかったと思います。その後、3-4からの伊達のサービスゲームもリードしていたのにブレークされてしまいました。そこから一気にスキアボーネペースになってしまいました。
伊達さんのブログ(伊達公子オフィシャルブログ)によると、ふくらはぎに痛みが出てしまったようです。確かに動きが悪く見えました。

ito1伊藤対マレーの戦いは2セット目に入って、少しマレーが脇腹を痛めたようで、調子が落ちたところに、伊藤の早いショットがびしばし決まり互角の勝負で、スタンドもかなり伊藤に声援を送ってくれましたが、力及ばずに落とすと、最後は一気に持っていかれてしまいました。伊藤選手はこのような気落ちしてから淡白な展開になってしまうケースが多いようです。そのあたりが気になりました。
増田健太郎コーチのブログ(増田健太郎公式ブログ )に現地の写真が掲載されています。
伊藤竜馬公式ブログ

soeda1添田の相手のツルスノフは現在のランキングこそ87位ですがキャリアハイ20位の壁は厚かったようです。
添田豪 公式ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

京都チャレンジャー(全日本室内テニス選手権)決勝で、
第3シードの伊藤竜馬がATPランキング104位のMalek Jaziriに5(5)-7,6-1,6-2の逆転で勝利し優勝しました。

伊藤はこの勝利で、キャリアハイの102位を更新して、90位台前半へ上がってくると思われます。

これで、錦織、添田、と合わせてシングルスのトップ100に3人がランクインと言う状況になります。
コンピューターによる世界ランキングが始まった1973年以降初めての快挙になります。

2012年 第48回島津全日本室内テニス選手権大会公式サイト
男子Live Score
女子Scoreboard

伊藤竜馬公式ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ